2017 02 123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 03

【小説】大道芸人たち Artistas callejeros 番外編 〜 風の音

Posted by 八少女 夕

scriviamo!


scriviamo!の第十三弾です。

けいさんは、当ブログの55555Hitのお祝いも兼ねて「大道芸人たち Artistas callejeros」のあるシーンを別視点で目撃した作品を書いてくださいました。ありがとうございます!


けいさんの書いてくださった小説『旅人たちの一コマ (scriviamo! 2015)』

けいさんは、オーストラリア在住の小説を書くブロガーさん。心に響く素敵なキャラクターが溢れる、青春小説をお得意となさっていらっしゃいます。読後感の爽やかさと、ハートフル度は、ブログのお友だちの中でも群を抜いていらっしゃいます。雑記を読んでいても感じることですが、なんというのか、お人柄がにじみ出ているのです。まさにタイトル通り「憩」の場所なのですよね。2月12日に、40000Hitを迎えられました。おめでとうございます!

海外在住ということで、勝手に親しみを持ってそれを押し付けているのですが、それも嫌がらずにつき合ってくださっています。いつもありがとうございます。

さて、「scriviamo!」初参加のけいさんが書いてくださったのは、このブログで一番知名度が高い「大道芸人たち Artistas callejeros」に関連する作品。「●●が○○に△△した」あのシーンです。ってわかりませんよね。これです。自分でも好きなシーンなので、注目していただけて、さらにけいさんらしい優しい視線でリライトしていただけて感激です。端から見ると、そうなっていたんですね(笑)

というわけで、この目撃者を捕まえちゃうことにしました。折角なので、私もけいさんの作品の中で最初に読破した代表作「夢叶」を使わせていただくだけでなく、勝手にとあるキャラとコラボさせていただくことにしました。作品を読んでいる時から注目していた、あの人です。

なお、この作品には、「大道芸人たち Artistas callejeros」第一部(チャプター4)のネタバレが含まれています。大したネタバレではありませんし、すでに既読の方の間では既成事実となっているので「今さら」ですが、「まだ知りたくない!」という方がいらっしゃいましたら、お氣をつけ下さいませ。あ、あと「夢叶」もちょっとだけネタバレです、すみません!


【大道芸人たちを知らない方のために】
「大道芸人たち Artistas callejeros」は2012年に当ブログで連載していた長編小説です。興味のある方は下のリンクからどうぞ

「大道芸人たち Artistas callejeros」を読む このブログで読む
縦書きPDF置き場「scribo ergo sum anex」へ行く 縦書きPDFで読む(別館に置いてあります)
あらすじと登場人物

「scriviamo! 2015」について
「scriviamo! 2015」の作品を全部読む
「scriviamo! 2014」の作品を全部読む
「scriviamo! 2013」の作品を全部読む



【小説】大道芸人たち Artistas callejeros 番外編
風の音 - Featuring「夢叶」
——Special thanks to Kei san


 ゆっくりと階段をひとつひとつ踏みしめて登った。心地よい風が耳元で秋だよと囁く。サン・ベノア自然地学保護区にある遊歩型美術館に行こうと口にしたのは蝶子だった。ここは、南仏プロヴァンス、ディーニュ・レ・バン。今ごろはニースで稼いでいるはずだった。実際に、稔とレネは今ごろどこかの広場で稼ぎながら待っていることだろう。

 蝶子は、前を行くヴィルの背中を見上げた。青い空、赤い岩肌、オリーブ色の乾いた樹々。何と暖かく、心地よく美しく見えることだろう。この男の存在する世界。アンモナイトや恐竜の眠る、太古の秘密を抱くこの土地で、彼女は今を生きていることを感じる。迷う必要はなかった。苦しむこともなかった。これでいいのだと魂が告げるのだから。

 彼が振り向いた。そして、蝶子が少し遅れているのを見て、手を差し出した。あたり前のごとく。昨日までは、見つめることしか出来なかった。諦め、去っていこうとすらした。彼もまた、迷いを取り去ったことを感じて、蝶子は手を伸ばした。二つの、銀の同じデザインの指輪が、強いプロヴァンスの光に輝いた。二人は、階段の曲がり角に立ち、赤茶色の屋根の並ぶディーニュの街を見下ろした。

 風の音に耳を傾けた。

 人生とは、何と不思議なものなのだろう。閉ざされていた扉が開かれた時の、思いもしなかった光景に心は踊る。フルートが吹ければそれでいい、ずっと一人でもかまわないと信じていた。世界は散文的で、生き抜くための環境に過ぎなかった。

 だが、それは大きな間違いだった。蝶子は大切な仲間と出会い、そして愛する男とも出会った。風は告げる。美しく生きよと。世界は光に満ちている。そして優しく暖かい。

 ヴィルが蝶子の向こう側、階段の先を見たので、彼女も振り向いた。そこには一人の青年が立っていて、信じられないという表情をしていた。蝶子はこの青年にはまったく見覚えがなかった。だが、それはいつものこと、彼女は関心のない人間の顔は全く憶えておらず、大学の同級生であった稔の顔すら忘れていたことを未だにいじられるくらいだから、逢ったことのある人だと言われても不思議はないと考えた。

ヴェル ?」蝶子が訊くとヴィルは「知らないカイネ・アーヌング 」と短く答えた。それが、ドイツ語だったので、その見知らぬ青年は笑って「こんにちはグリュエツィ 」と言った。蝶子は首を傾げた。どこかで聞いたことのある挨拶だが何語なのだろう。

「スイス人か」
「ええ。ドイツの方だとは思いませんでした」
二人の会話で、蝶子にも納得がいった。二人はドイツ語で話している。先ほどのはスイス・ジャーマンの挨拶なのだ。

「申し訳ないが、どこで逢ったんだろうか、大道芸をしている時に見ていたのか?」
そうヴィルが訊くと、青年は首を振った。
「いいえ。僕は昨日着いたばかりなんです。駅であなたたちをみかけました。はじめまして、僕はロジャーと言います」

 ヴィルは無表情に頷き「ヴィルだ。よろしく」と言った。蝶子は、赤面もののシーンを見られていたことへの恥ずかしさは全く見せずににっこりと微笑むと、ヴィルとつないでいた手を離してロジャーと握手をした。
「蝶子よ。よろしく」

「ここは、素敵ですね」
青年は言った。

「プロヴァンスは、はじめてなのか?」
「ええ。バーゼルに住んでいるのに、休暇で南フランスへ行こうと思ったのは初めてなんですよ。隣町がフランスだというのに。ここは、まるで別世界だ」
「俺もプロヴァンスは好きだ。風通しが良くて、酒もうまい」

「南フランスがはじめてなら、普段はどこへ休暇に行っているの?」
蝶子が訊くと、ロジャーは笑った。
「遠い所ばかり。南アフリカ、カナダ、カンボジア、それに、休暇ではないけれど、学生時代にかなり長いことオーストラリアにもいたな。ここの赤い岩肌は、あの国を思い出させる……」

「エアーズロックかしら?」
蝶子が訊くとロジャーは頷いた。
「あなたは、日本人ですか?」
「ええ。日本人よ。どうして?」
「僕は、あそこで日本人と友達になったんだ。とてもいいヤツで、またいつか逢えたらいいと思っている。今、彼のことを思い出しながら、ここを歩いていたんです」

 そういうと、彼は、小さく歌を口ずさみだした。蝶子とヴィルは、顔を見合わせた。それからヴィルが下のパートをハミングでなぞった。ロジャーは目を丸くして二人を見た。

「どうしてこの曲を?」
その曲は、ロジャーの日本の友人がエアーズロックで作曲したばかりだと聴かせてくれたオリジナル曲だった。なぜ南仏で出会った見知らぬ人たちが歌えるんだろう。

 蝶子はウィンクした。
「それ、私たちのレパートリーにも入っているのよ。スクランプシャスの『The Sound of Wind』でしょ?」

 スクランプシャスは、日本でとても人氣のあるバンドで、最近はアメリカでもじわじわと人氣が広がっている。ヨーロッパでも、ツアーが予定されているので、いずれはこちらでブレイクするだろう。日本に帰国した時に、稔が大喜びでデビューアルバム『Scrumptious』のCDと楽譜を買ってきたのだ。

「じゃあ、ショーゴは、デビューしたんですか? 夢を叶えたんですね?」
「ショーゴって、ボーカルの田島祥吾のことよね。ええ、彼は今や大スターよ」

 ロジャーは、微笑んで大きく息をついた。
「ウルルで、彼は僕にこう言ったんですよ。『夢を誰かに話すと、その夢は叶う』って。本当だったんだ」
ロジャーは、ヘーゼルナッツ色の瞳を輝かせた。

「あんたも、彼に夢を話したのか?」
「ええ。『世界を駆けるジャーナリストになる』ってね。あの頃、僕はただの学生でしたが、今は、本当に新聞社に勤めている。まだ『世界の……』にはなっていないけれど、言われてみれば、少しずつ進んでいますね」

「じゃあ、きっと叶うわ。だって、ここで私たちに夢を話しているもの」

 蝶子は、フルートを取り出すと、ディーニュの街へと降りてゆくプロヴァンスの風に向かって、『The Sound of Wind』を演奏しはじめた。ロジャーとヴィルがそのメロディを追う。通りかかった人たちも、微笑みながらその演奏に耳を傾けていた。

 風は、地球をめぐっていた。アボリジニたちの聖地で生まれた歌が、世界をめぐり、南仏で出会う。秋の優しい光が、旅人たちを見つめている。ひと時の出会いを祝福しながら。

(初出:2015年2月 書き下ろし)

追記


お借りしたロジャーというキャラは、私の住むグラウビュンデン州でしか話されていないロマンシュ語も話すことのできるスイス人。いつかは共演させていただきたいと願っていたので、お許しなく勝手にお借りしちゃいました。

スクランプシャスというバンドの田島祥吾という青年こそ『夢叶』の主人公です。ロジャーと祥吾が語り合うウルル(エアーズロック)のシーンに感動したのは昨日のことのよう。同じ赤い岩肌のある場所で、彼のことを無理矢理思い出していただくことにしました。

Musée Promenade de Digne les Bains
.23 2015 scriviamo! 2015 trackback0
☜ 妄想だけで終わりそうな話  HOME  描写の話 ☞

Category

⇐ 【小説】その色鮮やかなひと口を -3 - 

【小説】午後の訪問者 ⇒

comment

says... ""
わっわっわ! 夕さん、ありがとうございます。
なんか、素敵に紹介していただき、そちらもテレまする~

おおお! みちったのはロジャーでしたかあ。捕まった^^
赤面シーン(?)を物ともしない蝶子さんが相変わらず素敵です。
遊歩型美術館、水が豊かで綺麗なところですね。高台からの街の景色も素敵です。

南仏が舞台で、スイス人とドイツ人と日本人が出会う。フランス人は?
な、ガイジンだらけの世界、Ausでも日常に起こります。
メルボルンで楽しめる、世界各国料理のレストラン。
オーストラリアン料理は? というパターンも(^^;)

ロジャーと田島が一緒に過ごしたのは2泊3日でしたが、濃い出会いでした。なつかし(3年近くも前だ @@)
あれからロジャーも一歩一歩進んでいるのですね。近況をありがとうございます。うるる。
私もロジャーが気に入っちゃって、田島をヨーロッパに路上に送り、スイスで再会、という案もメモったのですが、本編が長くなりすぎてボツになってしまいました。きっと今でも良い友人です。Euroツアーに行ったときに再会させてあげたいですね。

てか、Artistas callejeros のレパートリーに、スクランプシャスの『The Sound of Wind』が入っているとは!
ヴィルとロジャーが歌ったら、発音めっちゃ良さそうですね! 聴いてみたい。
稔さんがアルバムのCDと楽譜を買っていたとは。いつの間にっ。
稔さんグッドチョイス。二枚目と三枚目もよろしく。じゃなくて(^^;)

風~。良いですねえ。南仏の風も、Ausの風も、優しく纏うのは同じなのですよね。
素敵な出会いのお話をありがとうございました^^
2015.02.23 11:47[edit]
says... ""
更新、お疲れ様でした。
ヴィルと蝶子、ういういしい感じがいいですね。なんか、かわいい。
音楽もまた、距離や時間を越えて人と人を結ぶ共通の「言語」なんですね。なんか、素敵なお話だなぁ。
あ、ジャーナリスト養成なら、NY在住のウチの野暮天にお任せ下さい。社会人も受け入れていますので(笑)
2015.02.23 12:35[edit]
says... ">>けいさん"
こんばんは。

無断で、ロジャー、お借りした上、プチネタバレ、失礼しました!
でも、題名から言って、夢が叶うのは、ばらしても……いいですよね?

ヴィルも蝶子も「恥ずかしい」と顔を赤らめる、みたいな可愛いキャラじゃないですよね(笑)

そして、フランス人は、きっと通りかかって歌を聴いているとか(笑)

ロジャーのその後、一応読み返したけれど、特に祥吾と連絡を取っている感じではなかったので「デビューを知らなかった」設定を勝手に創っちゃいました、すみません。それと職歴も。でも、まあ、「バーゼルの新聞社には一瞬だけいた」くらいでスルーしていただけるかなと。本当はバーゼル方言で挨拶させようかとも思ったんですが、ロマンシュ語が話せるという特別な設定にひっかかっていまして、この人の両親は絶対にグラウビュンデン出身で、少なくとも一人はロマンシュ語が母国語に違いないと決めつけて、スイスジャーマンもうちの近くの方言です。それに、21歳の学生が数年後にもう世界的ジャーナリストになっているというのも不自然なので、一応まだ途中ということにしちゃいました。違っていたら、適当にスルーしてくださいませ。

あの列車エピソードの翌日ということは、四人は最初の日本行きから帰って来たばかり。外伝(もっと後の話)では、何回か日本に来ているんですが(コラボのための御都合主義で)、きっとその時には二枚目と三枚目のアルバムも発売されていたのではないでしょうか。購入はきっとその折に(笑)

この曲のために、ディーニュの高台を探しましたよ。風は、オーストラリアでもヨーロッパでも。また次の出会いを夢みて、ですね。

素敵な作品でのご参加と、コラボ、そして、コメント、どうもありがとうございました!
2015.02.23 21:08[edit]
says... ">>TOM-Fさん"
こんばんは。

ええ、あの翌日ですので、まだ枯れる前の「熱々」状態です。本編では書かなかった、二人のデートを書いてみました。目撃されていましたが(笑)

けいさんの作品にスイス人ロジャーが登場した時から、かなり注目していましたので、今回無理矢理交流させちゃいました。

あ、マンハッタンでジャーナリズム・スクールの講師をしていた方が……。しかもジュネーヴに出没しているし。あ、いや、新しい弟子とりはいいですから、TOM-Fさん、その講師の方のプライヴェートの方もなにとぞよろしく。西海岸でも動きがありましたし(笑)

コメントありがとうございました。
2015.02.23 21:14[edit]
says... ""
2人のデート、はっきりとサキも目撃させてもらいました。
ずいぶん久しぶりなのに、ちゃんとヴィルと蝶子なんですね。さすが夕さん、キャラがぶれないなぁ。甘さはほとんど感じられませんが、見かけよりずっと濃密なのでしょうね。2人の手が繋がったときの様子を想像してしまいます。
そこに登場した彼は本来お邪魔虫なのでしょうが、この2人にかかるとまったくそんなことは感じさせませんね。冷静に、何事もなかったかのように、ごく自然に、音楽が登場し、夢を語り、そしてそれは叶う。
久しぶりに彼等に出会えて嬉しかったです。
2015.02.24 14:54[edit]
says... ">>サキさん"
こんばんは。

いや〜、私のデートじゃないけれど、恥ずかしいですよね〜。
目撃されていたか……。

でも、本人たちは相変わらず平然としているんですよね。
「大道芸人たち」は、書こうとすると、すっとキャラが戻ってくるので不思議なんですよ。完全に独立しているのですよね。久しぶりに書いたら、「あ、書きたい」と思いました。

そういえば、最近、「大道芸人たち」を書くと、稔ばかりが前面に出ていたような氣がするのですが、今回は、久しぶりにこの二人。そして、たぶん一番「ラブラブ」な一日を書きました。

そんな一日でも、彼ららしく、それに、いつも音楽と風景があって、新しい出会いがある。「大道芸人たち」ワールドはこうですよね(笑)

彼らとの再会を楽しんでいただけて嬉しいです。

コメントありがとうございました。
2015.02.24 22:05[edit]
says... "ちょっと久しぶりな"
蝶子とヴィルで何だか嬉しかったです。蝶子はやっぱり蝶子で、ちょっと安心。
前半の2人、じゃなくて蝶子の気持ちの書いたとこ、「風の音」以下、いいなぁと思いました。そうそう、この間の描写の話じゃありませんが、夕さんはこうしてさりげないところににくいなぁと思わせる描写を入れておられますよね。いつもいいなぁ~と思いながら拝読しているのでした(あ、一番好きなのはオラトリオ……←妙に頭から離れないシーンです)。
そんなことより、こちらもまた見事なコラボでしたね~。夕さんとけいさんにしかできないコラボだと思いました。そうそう、うちら、どっぷり在関西在住者には書けない景色と心の動き、世界って広いはずなのに「どうしてここで偶然出会う?」って感じは、日本から離れたところで暮らす夕さんとけいさんならではの感慨なのかなぁと思いました。ほんと、どうしてこの人とここで会うのかしらってこと、ありますものね。
大きな夢が叶いますように。そして……ちょっと引っかかったのが「枯れる前の……」
え? もう熟年夫婦?? そりゃうちのTとMは熟年夫婦だけれど(違う!)、この二人に熟年夫婦という言葉は……いや、でも、恋人になってからはともかく、仲間であった期間が長いから、「枯れる」こともあるのかな。三味線も、枯れてからの方がいい味出るし……??
2015.02.24 23:38[edit]
says... ""
読んでる私の方が恥ずかしくなりました
あんなところを見られるなんて…///
でも見る側ならちょっとなってみたいようにも…
それにしても国際色豊かですね
2015.02.25 07:49[edit]
says... ">>彩洋さん"
こんばんは。

そうなんですよ。私も「ひっさしぶり〜」感がすごかった「大道芸人たち」でした。

「風の音……」以下のところ、書いていて「もしかして、これが情景ってやつ?」と思っていました。
よくあるじゃないですか。「心理描写を書け」とか「情景描写を書け」とか。どう違うんだかいまいちわからないまま書いているんですが、今回は、「情景かな?」みたいな。
そう、よくわからないで書く私。

見えているものって、そこを通る人全員に同じだと思うんですが、それで何を感じるかは千差万別なのかなあと思うんですよ。この場合、蝶子は「ラブラブ二日目」なので、同じ風景も違うように見えるかなあ、と思って書きました。褒めていただけて嬉しいです。ガッツポーズ(笑)

「どうしてここで出会う?」はただの御都合主義ですが、でも、そうであってもおかしくないキャラはロジャーかなと思いました。日本人チームは、こんな所にいるはずないよね、って思っちゃいまして。

ところで、蝶子とヴィルって、全然甘さのないカップルじゃないですか。始めから枯れているって感じで(笑)
M氏みたいに「本当は甘えたいのに、ひねくれてしまって、それができない」みたいな感じじゃなくて「なんでわざわざ人前でベタベタしなくちゃいけないわけ?」的に。その分、密室ではこれまた何のてらいもなくスキンシップ(とりたきゃ)とってそうだし、その手のストレスはなさそうです。

「森の詩 Cantum Silvae - 貴婦人の十字架」が終わったら、第二部を始めたいなあと思っているんですけれどね〜。その時にはまた読んでくださると嬉しいです。

コメントありがとうございました。
2015.02.25 21:09[edit]
says... ">>ダメ子さん"
こんばんは。

そう、それも一度ならず、二度も同じ人に目撃されているし。

見る側ならいいですか? 「もういい加減にしろ!」じゃなくて?

あ、国際色は、いつも豊かですね。ま、外国だし(笑)

コメントありがとうございました。
2015.02.25 21:11[edit]

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1005-fef39282

このブログについて

八少女 夕
ブロフ画像 by 天水 清太さん Thanks!

名前 : 八少女 夕(やおとめ・ゆう)
スイス在住の女性です。

最近の記事+コメント

カテゴリ

古いもの順に表示されます。小説を最初から読みたい方のためにこの設定にしました。


ユーザータグ

ユーザータグごと表示では、新しい順に表示されます。

別館 Anex

小説をどうしても縦書きで読みたい方のために。PDF置き場として別館をつくりました。

いただきもの

ブログのお友達

勝手に決めたブロとも&リンク先さんの総称です。


こんな記事が人氣

たくさんの拍手、ありがとうございます。

最新トラックバック

全記事&月別アーカイブ

全ての記事を表示する


ページジャンプ
/total ページ
Script presented by 遊んだら仲間だ。 篇GAME

島根びいきしてます

応援団に入っちゃいました。 頑張れ、島根
島根県公認 島根応援サイト リメンバ〜 しまね

バロメータ

来てくださってありがとう!

ブロとも一覧