scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

シュピューラー

ええと、本日の記事は、尾籠ですので、お食事中の方はお読みにならない方がよろしいかとおもいます。といっても、べつに生々しい話ではありませんが。

というわけで、若干スクロール用空間を……。




















そう、トイレで使う商品のお話です。「えっ。あの八少女 夕さんがトイレに行くの? ショック!」という方はさすがにどこにもいらっしゃらないかと思いますが、お通じの件を話題にするのはどんなものかと若干迷ったことも付け加えておきましょう。もっとも、冗談とは言え、風呂場で「はらり」なんて小説を発表してしまったブログですからね。何でもありでしょう。

今の日本の都会だと、どこに行ってもウォシュレットがついているじゃないですか。私が子供の頃は、そんなもののある家はありませんでしたし、当時は「洋式なんて汚いから和式にしか入らない」なんて事を言っている人も多かったのですよ。今は時代が変わったようですね。

ヨーロッパで、というか日本以外の国で、ウォシュレットを見たらかなりラッキーだと思ってください。今は売り出していますけれど、実際についているのを見たことはありません。今まで一回も。

イスラム系の国の田舎だと、紙がなくて常備してある水と自分の左手で綺麗にするらしいですが、私は幸いその事態にもなったことはありません。いや、慣れの問題だと思いますが、やっぱり抵抗ありますよ。

で、ヨーロッパでは通常どうなっているのかというと、普通に紙を使うか、いわゆるウエットティシューを使うのですね。普通のウェットティシューと違ってトイレに流してもいいというものがありまして、「ただし一度に三枚までにしてね」と書いてあったりします。

トイレのお供

スイスのトイレは、基本的にどこも水圧が高いので、これでもいいのですが、例えばポルトガル辺りだと「トイレットペーパーも流さないでください」という所もあります。そういう場合、このウェットティシューは論外です。

それに、いくら流してもいいとは言え、このトイレ用ウェットティシューは長い目で見ると環境問題になっているのですよ。浄化の大きな負担になっているのですって。

私は、環境保護狂ではないのですが、やはり毎日のことですので地球に負担をかけ続けていると知っているのに続けるのは抵抗があります。それに、私は経費毒という問題にも敏感でして、たまになら全然氣にしませんが、毎日なんだかわからない化学薬品が肌に触れているのもなと思ってしまうのです。

じゃあ、高くても自宅にウォシュレットを取り付けるかというと、そんなことはしませんよ。電氣を無駄にしないというのも、ポリシーですから。

トイレのお供

それで、考えたのですよ。ウォシュレットがないと生きていけない現代の日本人が、海外旅行に行く時に使う便利用品が絶対売り出されているはずだろうと。で、見つけました。幾種類もありました。二つほど買ったのです。というのは、ひとつは会社に置きっぱなしにしているからなのです。

どちらも中に水や温水を入れて、手で押すとノズルから水が出てくるという商品です。電源がいりませんので水さえあれば永久に使えます。バッテリーチャージみたいな手間もありません。水は使用する時に入れればいいので、持ち運ぶときは軽いです。

最初に買ったのが紫色の方で、水量たっぷりというのが売りでした。それに、ノズル部分が頑丈で全然壊れそうもありません。

でも、ちょっとみかけが微妙な感じです。しかも、ノズルを取り外して専用袋に入れても、いかにも大きくて邪魔です。しかも、トイレの個室の中に水道があればいいですが、普通は外にありますよね。取り出してこれに水を入れてセットするのはかなり恥ずかしいのですよ。そういうわけで、持ち運びはしたくなくなってしまったのです。これは自宅専用になりました。もっとも頑丈なので、いつまでも壊れません。このどぎつい紫をいつまでも使い続けるんだろうか……。

トイレのお供

次に買ったのは、「シュピューラー」という商品です。入る水の容量は少ないんですが、実際には使い方の工夫次第で、この量でも十分だったのですよ。

これね、さすがに日本製でして、もう一つの商品で私の持った全ての不満が解消されているんです。ノズルを引き出して使うのですが、これをしまってしまうともう本当に何のボトルかわからないんです。水を入れるときにも、ノズルは仕舞ったままでいいので、なんのボトルに水を入れているのかわかりにくいのも○。色も白くてどぎつさがありませんし、それにこの小ささがポイントです。バックの中で全く邪魔になりません。旅行用と会社用と二つ買って愛用しています。

うちの会社のトイレは、男女別の個室にたった一つの便器と洗面台、その洗面台の上に棚という作りになっていて、棚の中におきっぱなしにした「シュピューラー」を取り出して、温水を設置、それから使用、そのあとに濯いで拭いてしまう、という一連の作業が密室内で可能。

ずっとその洗面棚に入れっぱなしだったのですが、だれからも「これ何?」と訊かれたことはありませんでした。本当にただの普通の空ボトルに見えるんですよね。たぶんバックに忍ばせていて、なんかの拍子に誰かに見られても興味を惹くことはないと思います。そういうことって、実はとても重要なんだよなあと思いました。

(ただ、残念ながら、ある日なくなってしまったのです。ゴミだと思われて捨てられてしまったのか、それとも「これは便利だ」と盗まれてしまったのか、なんか訊いて回るのも嫌だったので、黙ってもう一つ購入してそれからは置きっ放しにしないようにしました)

海外旅行で「ウォシュレットないと困る!」と思われる方、これ、本当におすすめですよ。ま、旅行程度なら、流せるウェットティッシュでも問題ないでしょうが。

関連記事 (Category: 生活のあれこれ)
  0 trackback
Category : 生活のあれこれ

Comment

says...
夕さんはトイレに行ってもマシュマロしか出ないのかと…
でもマシュマロもベタベタするので洗浄は大事ですよね
それにしてもいろいろなものがあるもんなんですね
あんまり言うと下ネタになってしまいそうなので止めておきますです///
2017.07.23 14:09 | URL | #- [edit]
says...
こんにちは。

え。マシュマロ?
なんて素敵な表現。バラの花びら食べて、マシュマロが出るんですね(笑)
って、マシュマロ食べられなくなるじゃないですか!
こっちじゃほとんど見かけませんが。

尾籠な話は、いろいろとグッズもあるようですが、ふだんブログ上ではみかけませんね〜。
マシュマロ系の人だけがブログをやっているのかな。

コメントありがとうこざいました。
2017.07.23 16:58 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
ワタシはソフトクリーム系です……って、すみません(平謝り)

そういえば上海のトイレは、紙を流せなかったなぁ。お下品になるので、これ以上は書きませんが(笑)
自宅も職場も駅も、立ち回り先はどこもかしこもウオシュレットばっかりです。いや、ホントにありがたい。
2017.07.25 12:48 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
こんばんは。

チョコレート味の……ごめんなさい、もうやめるから殴らないでください(笑)

上海ですか。ああ、偏見はいけないけれど、そういうイメージあり。

しばらく日本に行かないで、久しぶりに行くとびっくりしますよ。
そして、三週間くらい滞在するとすっかり慣れてしまって、たまにものすごく綺麗なのにウォシュレットがないと「ええっ、ないの?」的なありえない驚き方をします。困ったものです。

日本の方が海外旅行に行くと、最初に思う事じゃないかしらと考えたり。

コメントありがとうございました。
2017.07.25 17:22 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
このところ、
なんだかよくわかんないけど忙しくて
精神的にブログを見るのが辛い日々が1ヶ月くらい続いてしまったので
御無沙汰してしまい、ごめんなさいでしたm(;m;)m
昨日辺りから急に大丈夫になったので
勝手ばかりですが(汗)またこれからもよろしくお願いしますm(^v^*)m

おお!!これ!超便利じゃないですか!!!
なんとなく携帯用があるとは聞いてたんですが
こういうことだったんですね~~~

なんというか・・・
普段、ウォシュレットでお尻を甘やかしてると
無いと出ない的な感じになっちゃって
出先で無いと困るんですよね~(;m;)
日本国内でも無い地域は何処に行っても無い事も多いし
波照間の宿のは(あるにはある)3~4年前から壊れたのか
動いてないしなーー・・・
家も買おうかなあ~~~・・・
車に1つと旅行用に1つ・・・
2017.07.26 05:15 | URL | #- [edit]
says...
・・・まあ。私は男性なのであまり気にしませんが。
どこでも慣れの問題だと思います。
若い頃はどこの国のトイレでもいけたなあ。。。
私の若い頃のウォシュレットはなかったですからね。
・・・年齢がバレるな。
2017.07.26 12:06 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

お疲れさまです。お姑さまの入院やら、ご旅行、お誕生会などで大忙しでしたよね。
でも、ブログはきちんと更新なさっていらっしゃったのでほんとうに大変なのにすごいと驚いていたんです。
お忙しい時は本当にお身体を優先して無理なさらないでくださいませ!
こちらこそコメントはご無沙汰になってしまっていますが、楽しく拝見しています。

そして、この手動ウォシュレット、本当に便利なんですよ。
電動のものも売っていますけれど、重さや電池の事や音の事など色々と考えると、こういうシンプルなのがベストです。
とにかく軽いし小さくて目立ちません。本当にオススメです。

そうか、日本でも田舎だとまだ付いていないところも多いのですね。
日本以外だと、どこにも付いていないので、なくてもショックはありませんが、日本であるつもりでないと困りますよね。

ぜひぜひゲットしてお役立てくださいませ!

コメントありがとうございました。
2017.07.26 20:08 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

ここ15年くらいの事だと思うんですよ、こんなに日本にウォシュレットが普及したのって。
それまでは、自宅では普通かもしれないけれど、外出先にあったら珍しい、って感じだった記憶があります。

なければないで、なんとかなる時もあります。
それにヨーロッパのある程度のホテルなどではビデなんてものがあるところもあって。
習慣は国によって様々です。

でも、これひとつあると、びっくりするほど便利です(笑)

コメントありがとうございました。
2017.07.26 20:12 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
トイレ話、かなり盛り上がっていますね。
実は、こちらに頂いたコメントのお返事にも書いておりましたが、スペインから帰ってきて最も感動したのはトイレットペーパーの紙の柔らかさでした! いや~日本っていい国だなぁと思いました。
何しろ、私の若い頃、というのか子どもの頃、ウォッシュレットどころの騒ぎではなく、トイレに置いてあった紙は、四角い箱に置いてあって、まさに「ちり紙・はな紙」って奴でしたし、しばしば新聞紙になっていました(紙がないときは新聞紙をごしごしして柔らかくして使う)。トイレは基本的に家の中になかったり(だから夜は怖いので一人で行けない)、もちろん、くみ取り式でしたし、まぁ、お風呂も五右衛門風呂でしたから、年齢がバレるどころの騒ぎじゃないのですが。
だから、まぁ、家のトイレには基本、ウォッシュレットがついていますが、無くてもあまり気にならない方です。でもあったら有り難い気はしますよね。

そんなので、旅先でも今更少々のことにはめげないのですが(何しろ、山の中に行くことが多いので、日本国内でもなかなかの場所に出会うことが多くて)、トイレ環境って、すごく大事だなぁと思います。衛生面というのもあるけれど、精神的にも、トイレが綺麗だったり気を遣っている感じがあると何だかほっとするなぁと思ったりして。
そう言えば、私が初めて中国に行ったとき、上海駅前の公衆トイレは、例の溝が掘ってあるだけのやつでした。今ではまるきり近代化されましたが、噂通りでびっくりした覚えがあります。
そして、ビデ。実はこれ、今まで一度も使ったことないのですが、これって、実はどうやって使うのかよく分からないのです。まさに今更聞けない使い方ってやつでしょうか。って、夕さんに聞くのも変ですが(あ、気にしないでくださいね!)……う~む。
あ~トイレ話って、実はかなり奥深い。

でもこれ、便利そうでいいですね。
2017.07.30 10:39 | URL | #nLQskDKw [edit]
says...
こんにちは。

お疲れは少し癒えましたか?

そうそう、トイレットペーパーも違うんですよね。
というか、昔はさほど差がなかったように思うんですが、最近の日本での一般の方がトイレに求める要求が高すぎてああなっているような。

私が日本を離れた頃は、まだ某デパートの何階のトイレが素晴らしすぎると話題になったりするくらいで、外でトイレに行くと残念なのが普通だったように思うんです。いまや、どこいってもうそのように綺麗ですよね。

でも、彩洋さん の汲み取りや外のトイレは驚かないけれど、五右衛門風呂? すごいなあ。
あれって逆に尊敬します。ほら、板をちゃんと踏めないとリアル五右衛門になってしまいそうじゃないですか。
私はそういうことがとてもトロいので、「さあ、どうぞ」と言って一人にされてしまったらきっと入れない(笑)
という話はさておき。

ビデは、実は私も一度も本来の使い方をしたことはないです。
あれって、ホテルにあるのをみると場合によって蛇口の位置が高かったり低かったり、慣れていないととんでもないことをしそうで怖いんですよ。ちなみに、連れ合いも使ったことないそうです。ドイツ語圏の家庭にはないものらしいです。
でも、ずっと女性専用だと思っていたのですが、実は日本のウォシュレットのように、男性も使うものなんですって。目的によって前向き立ったり後ろ向きだったり、座る姿勢も変えるらしいです。多目的なんですね。でも、今はシャワーなどがあるので、あまり必要じゃないのでは……。

トイレ話、奥深いんですけれど、みなさんなさいませんよね(笑)

あ、シュピューラー、便利です。ビデがあるところでも、前述のように大変なことをしちゃうのが怖くて使えない時に、これひとつあると安心です。持ち運ぶにも小さくて軽いし。

コメントありがとうございました。
2017.07.30 15:14 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1041-e6f0fdce