scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

【キャラクター紹介】結城拓人

発表済みの作品や、まだ発表していない作品のキャラクターをちょこちょこっと紹介して、作品に親しみを持ってもらおうかな、という姑息な企画の第二回目。「樋水龍神縁起 Dum Spiro Spero」や「大道芸人たち Artistas callejeros」などあちこちの長編に出てくるサブキャラの拓人について書いてみようと思います。

関係ないけれど、彼も出てくる60,000Hit記念掌編第一弾、やっと書き上がりました〜。これから校正。




【基本情報】
 作品群:「樋水龍神縁起 Dum Spiro Spero」
「大道芸人たち Artistas callejeros」シリーズ
 名前:結城拓人 (ゆうき・たくと)
 居住地: 東京都港区
 年齢:「樋水龍神縁起 Dum Spiro Spero」では28歳
「大道芸人たち Artistas callejeros」では33歳
 職業:ピアニスト

* * *

上記の長編二本では、サブキャラですが、「大道芸人たち」の外伝集にメインキャラとしてよく登場しています。
結城拓人 by 羽桜さん
このイラストの著作権は羽桜さんにあります。二次利用は固くお断りします。

著名な指揮者の息子で、幼少の頃からピアノの才能を示し、最年少でS国際ピアノコンクールで優勝し、その後も順調なキャリアを重ねています。もっとも、二十代の前半は「テクニックは素晴らしいけれど、まだ芸術家ではない」「どちらかというとアイドルピアニスト」といわれていました。T芸術大学卒業後、ミュンヘンに留学していました。帰国後は、主にコンサートピアニストとして生計を立てています。

羽毛のような茶色がかった髪の毛、人好きのする笑顔、ピアニストとして恵まれた大きい手のひらに細くて長い指、若いころから金銭的苦労をした事がないので、かなりの確率でブランドものを着用しています。

見かけがよく、さらに本人も相当軽い浮ついた人柄で、「女たらし」として鳴らしています。ターゲットと定めた女性にはかなりマメにアプローチしますが、一人の女性とは一度しかつき合わない妙なポリシーの持ち主。つき合った女性の名前も真面目に憶えずに連番で語ったりする人でなしですが、意外と相手から恨まれないお得な性格です。(モメる率は2%以下)

その一方で、ピアノに関する事には妥協せず、とことん突き詰めます。三十代になってからは芸術的な深みも徐々に増しています。

頭が上がらないのは、はとこにあたるヴィオラ奏者の園城真耶。何年も続けている二カ月に一度のジョイントコンサートの他、共演する機会も何かと多く、プライヴェートでも行動を共にする事が多いため、カップルだと思っている人も多いようですが、今のところ恋愛関係にはありません。ただ、どちらも「芸術の鬼」であり、いざとなったら恋人よりもお互いを優先するほど強い結びつきがあります。

港区の東京の夜景が一望できる億ションに一人暮らしをしています。掃除はお手伝いさんに一任。冷蔵庫にはモエ・エ・シャンドン数本とチーズやキャビアの類いしか入っていない事が多い模様。基本的に口説いた女性はホテルに連れて行くのですが、過去に一度本氣になった女性を連れてきて、ピアノを弾きながら夜景を見せたことがあります。
樋水龍神縁起 Dum Spiro Spero - 即興曲
このイラストの著作権は羽桜さんにあります。二次利用は固くお断りします。

【参考】
「樋水龍神縁起 Dum Spiro Spero」を読む樋水龍神縁起 Dum Spiro Spero
 
 
「大道芸人たち Artistas callejeros」を読む大道芸人たち Artistas callejeros
大道芸人たち 外伝集
関連記事 (Category: 構想・テーマ・キャラクター)
  0 trackback
Category : 構想・テーマ・キャラクター
Tag : キャラクター紹介

Comment

says...
おお、結城拓人。
一見ちゃらけた感じなのに、ピアノを弾くときの真摯さと、本気になった女の子への接し方の意外な(失礼)真面目さで、私の中では妙に好感度が高いキャラなんですよね。爽やかな印象のある、羽桜さんのイラストの影響もありそうですけど。
ううむ、瑠水ちゃんも、ラウラも……いや、それは言うまい(笑)

お、記念小説が書きあがったんですね。拓人「も」ということは、もしや……ふむふむ、これは公開が楽しみです。
2015.06.08 12:19 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
こんばんは。

そうそう。そういえば拓人は、もともと主役だったボツストーリーからの使い回しなんで、主役並に美味しい所が残っているのですよ。ボツストーリーでは、瑠水の立ち位置のヒロインとはハッピーエンドだったんですが、「Dum Spiro Spero」では、ご存知の通りの展開に(笑)

あ、ラウラウもね。いや〜、なぜモテたのか説得性ゼロの瑠水と違って、ラウラは頑張っている割には二人だけですしね。ちょっと大物だったんで目立ったけれど。瑠水は、ほうれん草やパスタを茹でているあの方のお許しが……ね。

そうなんです。TOM-Fさんのリクエスト分が書き上がりました。金魚の糞として拓人も登場でございます。「森の詩 Cantum Silvae - 貴婦人の十字架」の完結を先にしますので、来月まで寝かせることになっちゃいますが、もう少々お待ちくださいね。

コメントありがとうございました。
2015.06.08 20:00 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
一回しか付き合わないってのは…///
ファンの女の人たちの方も有名人との思い出作りってことで気にしないのかなあ…
でも女性の名前を憶えないってのはひどい反面
写真をスクラップにして全部覚えているより、ロマンチックかもと思ったり…
音楽もその場限りなのと関係があるんでしょうか?

園城さんとの今後が密かに気になるキャラです
2015.06.09 08:58 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

ええ、たいがい、とんでもないヤツですよね。
でも、写真スクラップブックは、ちょっと怖いです。
女の人たちのほとんどは、そうですねぇ。ほとんどは二度目はないとわかってやっているからいいんじゃないですか。
(本当か?)
モテる男の頭の中はよくわかりません。今度モテ君にインタビューしてみたいです。

あ〜、真耶と、どうなるんでしょうね。
どうにもならないのかも!
来月あたり、また登場しますので〜。

コメントありがとうございました。

2015.06.09 18:41 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
この方、いろんなところでお見かけして、面白い設定だなといつも思っていました。(まだ本編が読めていなくてごめんなさい><)
ピアニストというと、スマートな紳士という感じがするのに、たらし設定なのがいいですね^^
ピアニストって、すごく憧れるキャラなんですが、なかなか音楽業界に疎いと手が出せない設定でもあります。夕さんや大海さんがうらやましい限り。
また番外で登場する彼に、注目したいと思います。
2015.06.09 22:28 | URL | #GCA3nAmE [edit]
says...
今度は拓人なんですね。音楽関係で攻めておられる?わけじゃないか。でも、このラインナップ(って2人目かな)がちょっとわたし的にはツボです。
拓人のことは結構わかっているつもりではあるけれど、これって小説の中身で語られたらそうでもないのに(いや、そうでもなくもないか)、こうして人物紹介として書かれると「なんて奴! 女の敵」ってことになりそうなのがちょっと可哀そう(^^) 思えば、結果的に瑠水にふられた下りがあるから、みんな納得していたのかしら。なんだかんだと言っても、かわいい奴ってことにしてもらえて。そう考えたら、ちょっと優柔不断な瑠水もいい仕事をしたってことかしら?
もめる率2%以下に結構受けていた私でした(なんで? いや、何だか、これこそテクニックだなぁと。うちの竹流も揉めない人のはずだけれど、結構泣かせていると思うから……)。あ、でも、真耶の存在も大きいかな。もう仕方のない奴ね!って部分が、真耶との関係(つまり音楽に向かい合う真剣さ)で許されているのかなぁ……
何にしても、やっぱり憎めない、お得な人です(^^)
2015.06.10 14:45 | URL | #nLQskDKw [edit]
says...
こんばんは。

いやいや、お氣になさらないでください、この人はわざわざ読むまでもなくこのまんま(笑)
外伝ではメインに据えることもありますが、長編の中ではいつもサブキャラなんです。
「そんなやついるか」を極めた美味しい設定です。
メインで、ここまで恵まれていると反感買うかもしれませんが、サブで失恋したりもしているので、まあ、いいかと。
イラストを描いてくださった羽桜さんも氣にいってくださって、いっぱい描いてくださったので、その麗しいイラストのおかげでさらに得をしているずるいヤツです。

ピアノを弾けるキャラは、私のところには三人ほど(残りは22とヴィルですね)いますが、この人が一番おちゃらけていていろいろ書きやすいです。
でも、本当のピアニストの方は、もっと真面目な方が多いですよね。彩洋さんのところの慎一もふくめて……。
彩洋さんのように、ピアノや芸術がメインになる話だと、私の知識だと少し難しいのですが、こちらで書いているのは「職業はそうだけれど、書いている内容は別」でして、そんなにボロが出ていないといいなあ、と思って書いています。もちろん「わかってないなあ」と思いながらお読みになっていらっしゃる方もいるとは思いますけれど……。

でも、懲りずに拓人、来月の頭に登場します。読んでいただけたら嬉しいです。

コメントありがとうございました。

2015.06.10 18:46 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

あはは、音楽関係ではなくて「書いてもネタバレにならないあさってのキャラ」つながりです。
拓人に関しては、隠すことはなんにもないし!
あ、作品上でも十分「女の敵! なんてやつ!」ですよ〜。でも、瑠水もたいがいで「なにやっとんねん」ですよね。

もめる率が2%以下におさまっているのは、竹流のように本人に人徳があるからではありません。
憶えていらっしゃるかどうかわかりませんが「親衛隊」と呼ばれるファンというか追っかけグループがいて、独占しようとしたり騒ごうとするような女に対して一致団結して「拓人様に迷惑をかけないで!」ってやってくれるからなんですね。
あと、勝手に「真耶さんと婚約しているらしいし」と思い込んでいる人が多い。
お得なヤツであることは間違いないですね(笑)

次は誰にしようかなあ。あまりマイナーなキャラも困りますしねぇ。

コメントありがとうございました。
2015.06.10 19:05 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1065-b1df81e7