scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

ポルトとガイア

「Infante 323とポルトの世界」カテゴリーの記事です。オリジナル小説「Infante 323 黄金の枷」にはモデルとなったポルトの街が時々登場しますが、フィクションの部分と現実との混同を避けるためにあくまでも「Pの街」として書いています。そういうわけで、本文中には挿入できなかったポルトの写真をこのカテゴリーにてお見せしています。

ポルトからガイアを臨む

遠くから見ると一つの街のように見えますが、ポルトはドウロ河の東岸だけ、橋を渡った先にある街はヴィラ・ノヴァ・デ・ガイア(ガイア)です。

ポルトは、リスボンに次ぐポルトガル人口の二番目に多い都市ですが、第三位は実はガイアなのです。行政上はこうやって別れていますが、観光客にとってはガイアもポルトの一部みたいなものですね。

CALEMの倉庫

ガイアにはたくさんのポートワインの倉庫兼販売所が並んでいます。ポルト観光の目玉の一つで、多くの会社がショールームを持っていて、試飲と販売をしています。同じ世界観を使っているこの街の普通の住人、よく山西左紀さんのところのミクと共演させていただいているジョゼがよくポートワインの試飲に行っている倉庫街というのは、ここのことです。

この写真は、CALEM社の倉庫で、ここは一日に何回か試飲と倉庫を案内するツアーがあります。おすすめは、私も行った夜のファドを聴かせてくれるツアーですね。以前写真をお見せした、23の外見のモデルとなったギターラ奏者は、このファドツアーで弾いていた方でした。

ガイアからポルトを臨む

ガイアの河岸からは、ポルトの美しい街並をみることが出来ます。かつてはポートワインを運んでいた小型平底帆船ラベロが観光用に浮かんでいて、とても絵になるので毎回ここで写真を撮ってしまいます。素人でも絵はがきのような写真が撮れるスポット。おすすめですよ!

ガイアの街並

河岸は、常にたくさんの観光客で賑わっていますが、ほんの一つ、小路を入っていくと、途端に誰もいない静かな空間になります。今回の作品中で、マイアが23とこの静かな一画を歩いたときのことを思い出していました。

この記事を読んで「Infante 323 黄金の枷」が読みたくなった方は……

「Infante 323 黄金の枷」「Infante 323 黄金の枷」をはじめから読む
あらすじと登場人物




【次回予告】「Infante 323 黄金の枷」 (17)遠出

 マイアは不安になった。ちょうど電車は県境へとさしかかっていた。国を離れたこともないが、県の外に出たことも一度もなかった。もし、《監視人たち》が私を追っているとしたらどうなるんだろう。ううん。ミゲルは《監視人たち》は絶対に危害を加えたりはしない、ただ見ているだけだって言ってた。だから、そんなに心配しなくても……。


休暇を一人で過ごしているマイアは、出来心を起こして電車に乗ってみます。D河(ドウロ河)沿いの葡萄畑でいっぱいの渓谷。生まれてはじめて街を離れるマイアを待っていたのは……。

来月末に発表予定です。お楽しみに!
関連記事 (Category: 黄金の枷 とポルトの世界)
  0 trackback
Category : 黄金の枷 とポルトの世界

Comment

says...
ガイアの町って、メイコの家があるところですよね。日本を追われるように飛び出したメイコにとって、ここが第2の故郷なんですね。ということは、ミクにとってもこのガイアの町が今の故郷なんだ。
設定の時に、ドウロ河をメトロで渡るシーンを書きたくなって対岸に住む設定にしたんですが、そこはポルトじゃなかったというわけですね。すっかりポルトの町のガイア地区だと思ってました。(今頃何を言うか!)
でも、ポートワインの産地だし、川岸からはポルトの町並みが絵のように見えるみたいだし・・・ま、いいとしましょう。
白い壁の路地の写真、素敵です。シ~ンとしていて、白いシャツの23とマイアのデートのシーンを思い浮かべます。
「待って。ねぇ、待って」
 23は振り向いた。
「どうした?」

そしてサキは、今にも向こうからメイコとミクが仲よさそうに並んで歩いて来そうな気もするのです。

お、予想通り何かが起こりそうな予告ですね。楽しみにしています。
2015.07.04 11:43 | URL | #0t8Ai07g [edit]
says...
路地はいいですよね~。安全な街なら、旅行中絶対に歩いてみたくなります。これ何だろっていうような扉とか外階段とか、ちょっとしたゴミ捨て場とか、何気ないものがとっても気になる場所ですね。
そうか、そんなところを歩いたんだ、マイアと23。その光景を思わず想像してしまいました。
え? マイア、町を出ようと思うんですね。あ、これは夕さんが常々仰っておられる「そこを越えちゃダメ!ライン」ですか? わぁ、何が起こるんだろ。すごく興味津々です。

ポートワインはうちに1本あるのですが、もう10年以上前に買ったものだわ。
阪神百貨店のワインフェアで友人とバカ飲みして、ちょっと酔っぱらいながら買った思い出の1品^^; 今度開けてみようかな。腐ってないかしら……
2015.07.04 11:45 | URL | #nLQskDKw [edit]
says...
こんちには。

そうです、そうです。あの橋を渡った先は、もうガイアなんです。
でも、なんだろう。行政上の区切りというだけで、観光客にとってはどちらも同じポルト、ですかね。
ポートワインの倉庫街は「ポルト観光」の目玉ですし。

「どこに住んでいるの」と訊かれて、海外で訊かれたら「ポルト」と答えると思います。でも、ポルトで「どこに住んでいるの」と訊かれたら「ガイア」と答えるでしょうね。海外では神奈川に住んでいても「東京(の近く)」と答えるみたいな感じでしょうか。

この人けのない白い壁の裏道、いい感じですよね。ちょっと迷路みたいになっている一画なんです。でも、二本くらい先は、観光客がいっぱい歩いているところなんですよ。どこか別の世界に紛れ込んだような、白昼夢的な感覚、写真に映っているといいなあと思って撮っていました。

うん。メイコとミクも楽しそうに歩いていそうです。ジョゼやマヌエルあたりも、ウロウロしているかもしれませんね。

あ、予告。そうなんです。お花畑脳のマイアが、ちょびっとやらかします。また読んでくださると嬉しいです。

コメントありがとうございました。
2015.07.04 16:02 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんにちは。

そうなんです。どのガイドブックにも出て来るようなメジャーな観光地だけでなくて、こういうさりげない路地裏も強く心に残るんですよね。特にガイアのこの辺りは、ポートワイン倉庫が多いので長くて真っ白な壁が迷路のように交差していて、ちよっと特殊な感じです。ポルト旧市街の路地裏はもう少し人の生活臭に溢れている感じ。どちらも大好きです。

そう、それにポルトのいいところは、本当に安全なのです。昼間はもちろん、夜でも大丈夫なくらい。これがリスボン辺りだと、もう少し留意しないといけないかもしれません。

次回ですが、ええ、あんまり大したことは起こりませんが、「コンスタンサがいなくなっても大丈夫でしょ」には出来なかった理由は、何となくわかると思います(笑)

ポートワイン、保存状態にもよりますが、普通のワインよりずっともちます。
開けたあとも、ヴィンテージの場合は三日ほどで飲まないといけないらしいですが、普通のポートワインの場合は閉めておけば数ヶ月は大丈夫らしいですよ。もし、それでも余ってしまった場合は、リンゴなどを煮てお菓子にするととても風味がいいと思います。飲んだ感想、教えてくださいね。

コメントありがとうございました。
2015.07.04 16:12 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
海岸沿いの断崖にへばりつく様に発展した港町。世界遺産でしたっけ。当に世界を変えた街です。歴史の重みが違いますな。
2015.07.05 13:38 | URL | #eRuZ.D2c [edit]
says...
こんばんは。

そうなんです。世界遺産です。
エンリケ航海王子に縁の深い街として、大航海時代へのノスタルジーも並ならぬものがあるようです。
21世紀の今行っても、その面影が感じられるのってすごいことですよね。

コメントありがとうございました。
2015.07.05 16:12 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1076-9c06dbcb