scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

リゼロッテと村の四季 あらすじと登場人物

【あらすじ】
ドイツ人の少女リゼロッテは、健康になるためにスイスの小さいカンポ・ルドゥンツ村にやってきた。彼女が、スイスの田舎で大人や仲間たちとの交流を通して、世界を理解していく様子を描く。

【登場人物】
(年齢は第一話時点のもの)
◆リゼロッテ(リロ)・ハイトマン(Liselotte Heitmann)11歳
 紫がかった灰色の瞳。透き通るような白い肌にローズの唇。焦げ茶の長くて細い髪。ドイツで生まれたが病弱で医者に空氣のいいところで療養するように言われて、この村の館に住むことになった。

◆ジオン・カドゥフ(Gion Caduff)9歳
 焦げ茶の瞳に、黒くて硬い髪。比較的短いが、ボサボサ。ずんぐりした体型で太い眉。農家の三男で薄汚れた服を着ている。勉強は苦手。

◆テオドール・ハイトマン(Theodor Heitmann)45歳
 リゼロッテの父親。裕福な商人。医者の妻が、別の医者とアメリカに駆け落ちしたが、本人も忙しいのでリゼロッテの教育は使用人に任せっきりである。三週間に一度くらい、週末に訪れ、リゼロッテと過ごす。女優のドロレス・ラングとつき合っている。スイスを田舎と馬鹿にしてTeodorと綴られるのを毛嫌いしている。

◆ハンス=ユルク・スピーザー(Hans-Jürg Spieser)13歳
 村の子供たちのリーダー的存在。もの静かで優秀。ギムナジウムへの進学を勧められている。ブルネットで黒い瞳。背が高い。

◆ドーラ・カドゥフ(Dora Caduff)12歳
 ジオンの姉。ちゃきちゃきしている。リゼロッテの面倒をよく見る。

◆マルク・モーザー(Marc Moser)12歳
 小さい子供たちにつらくあたったり、ハンス=ユルクにつっかかる村の問題児。

[ハイトマン家の使用人たち]
◆ヨハンナ・ヘーファーマイアー(Johanna Höfermeyer)36歳
 リゼロッテの家庭教師。

◆カロリーネ・エグリ(Caroline Egli)41歳
 カンポ・ルドゥンツ村出身の家政婦。

◆ロルフ・エグリ(Rolf Egli)47歳
 カロリーネの夫で、力仕事を請け負っている。

[カンポ・ルドゥンツ村の大人たち]
◆ヨーゼフ・チャルナー(Josef Tscharner)38歳
 カンポ・ルドゥンツ村の牧師。

◆アナリース・チャルナー=スピーザー(Annalise Tscharner-Spieser)32歳
 牧師夫人。ハンス=ユルクの叔母。

◆タニア・ギーシュ(Tania Gies)
 美容師で豪快な姉さん。

◆パウル・モーザー(Paul Moser)
 マルクの父親。イェーニッシュで村の鼻つまみ的存在。

◆マティアス&ベアトリス・カドゥフ
 ジオンたちの両親。酪農家。ハイトマンのことを「金持ちのSchwab(シュヴァブ)」と言い放つ。

◆パウル・カドゥフ(Paul Caduff)18歳 & クルディン・カドゥフ(Curdin Caduff)17歳
 ジオンたちの兄。

[カンポ・ルドゥンツ村の子供たち]
◆アネット・スピーザー(Anet Spieser)10歳
 ハンス=ユルクの妹。おしゃま。
◆アドリアン・ブッフリ(Adrian Buchli)11歳
◆ルカ・ムッティ(Luca Mutti)8歳
関連記事 (Category: 小説・リゼロッテと村の四季)
  0 trackback
Category : 小説・リゼロッテと村の四季

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1115-a8755dea