scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

アフタヌーンティーはいかが

まだ続いています。先日の週末ロンドン旅行の話。

とても短い旅行だったので、あちこち行けることはないと判断して、むしろ普段は行かないようなことにトライしようと思った旅でした。リアル友でもある創作仲間のうたかたまほろさんが、忙しいのに二日間も丸々私のために時間を割いてくれたので実現したあれこれですが、このメイフェアのミレニアムホテルでのアフタヌーンティーは、正に彼女なしでは出来なかったことの一つです。予約しておいてくれたのです。

アフタヌーンティー

1990年に学生の時の貧乏旅行で少し長くロンドンに滞在した時は、物価の高さにおののき、食べるものと言ったら中華料理かスーパーで買う三角サンドというようなものばかりで、アフタヌーンティーなどという贅沢はとても出来ませんでした。

もちろんお茶に4500円払うのは、いまでも贅沢なのですが、でも、スイスの外食の高さに慣れている私には、「ハレの日としては大いにあり!」のつもりで「Go!」だったのです。しかも、まほろさんが、半額クーポンをゲットしてくれたというので、なおさらです。結果的には、まほろさんにご馳走になってしまったので、私はタダで食べてしまいました。ううう。ごめんなさい。ウルトラ幸せな時間でした。

さて、このアフタヌーンティーには、ドレスコードがありました。「スマートカジュアル」です。ジャケット&パンツか、ワンピース、足元はパンブスという感じでしょうか。まあ、ディナーとは違うので、さほど厳格ではないのかもしれませんが、それでもジーンズとスニーカーでは行けません。これを考えるだけでも、90年代の貧乏学生は行かなくてよかったのです。

でも、いまの私は、旅にはそれなりの服装もたいてい入れているので、これも問題なし。といっても、どうしても行きの荷物を8キロ以下におさめたかったので、持っていく服装のチョイスには大いに悩みましたけれど。

たとえ、ホテルは超貧乏レベルでも、ホテルのアフタヌーンティーや、オプショナルツアー、それに自分用お土産は我慢をせずにバンバン使う。必要な時には、少しマシな服装でちょっとだけ化ける。こういうことが出来るようになっただけでも、大人になってよかったなと思います。

アフタヌーンティー

スコーンに付けるのはクロテッドクリームと、ジャム、それにレモンカード。私は、普段滅多に食べられないレモンカードが好きなので、ジャムには手を付けず、レモンカードだけを攻めてきました。(結局、全然大人じゃない……)
関連記事 (Category: 美味しい話)
  0 trackback
Category : 美味しい話

Comment

says...
アフタヌーン・ティですかぁ。優雅ですね。
自作にはそういうシーンを書きまくっていながら、当の本人はまた未体験なんですよね、実は。
ドレスコードとか、いろいろと敷居が高い店もありますからね。
値引きなしだと、4500円ですか。うわ~、ウチの姫に奢ってもらおう(笑)
ホテルとかは抑えて、こういうところにお金を使うという旅行も、合理的でいいですね。私もそういうパターンは多いです。とくに「お一人様」のときは、そうですね。
2015.11.18 10:34 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
こんばんは。

日本では二回ほど食べたことあるのですが、本場イギリスでは初めてのトライでした。
やはり、敷居高いし、行くからには「日本人って(冷笑)」みたいな事態は避けたいと(笑)
それと、一緒に行く人いないと、アフタヌーンティは悲しすぎますよね。

ええ、あの姫様におごってもらうのはベストな選択。
私は、青い目の殿様に……いや、粗相があったらと思うとお茶も喉を通らないかも。

今回のホテルはお一人さまとは言え、「ロンドンのど真ん中であの値段ということは、なるほど」という悲しいクオリティでしたが少なくとも眠れたし、いいやい。その分、お買い物や贅沢三昧、楽しめました。その分、今度ポルトでまた例の豪華ホテルに泊まります……。

コメントありがとうございました。
2015.11.18 21:41 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1151-4d815b27