scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

【動画】「森の詩 Cantum Silvae」続編のPVです

本日ご紹介するのは、プロモーション動画の第二弾、といっても本当はこちらが最初に作った渾身の動画(笑)です。そう、自作小説「森の詩 Cantum Silvae - 貴婦人の十字架」の続編にあたる「森の詩 Cantum Silvae - トリネアの真珠」のご紹介です。

まずは動画をどうぞ。



この動画に使わせていただいたイラストは、リアルの友人であり、私の作品にたくさんのイラストを描いてくださっている創作の友でもあるうたかたまほろさんが描きおろしてくださいました。そう、この間のロンドンは、彼女に逢いに行ったのです。ロンドンでの一番のお土産が、実はこのイラストでした。まほろさん、本当にありがとうございます!

素晴らしいでしょう? ザッカやマリア=フェリシアまで描いてくださったんですよ。そして、ラウラは結婚後の水色バージョンで描いていただきました。伯爵夫人になって、少し薄幸さが減っています。

「森の詩 Cantum Silvae - 貴婦人の十字架」by うたかたまほろさん
このイラストの著作権はうたかたまほろさんにあります。無断転用は固くお断りします。

動画を見ていただくとおわかりかと思いますが、ここにはいないキャラクターをもう一人描いていただいています。このイラストにいるキャラクターは「森の詩 Cantum Silvae - 貴婦人の十字架」に出てきたおなじみのキャラクターだけですが、実は続編の主要キャラクターとあらすじは彼女に話していて、続編にしか出てこない三名のことも彼女は知っているのです。動画にはそのうちの一人が登場しています。

PVをご覧になると、三人の大体の立ち位置はおわかりかと思います。

さて、PVの最後に「coming soon」とか書いていますが、これはほとんど嘘です。まだ導入部しか書いていません。今、また中世の本を再び読んでいる状態で、書くのは来年以降です。おそらく再来年。「書く書く詐欺」のまま、ブログを去ったら、このままになっちゃうかも。でも、この動画を見て読みたいと思ってくださる方の声が多ければ、予定より早く書いて早めに公表しようかと思っています。



この記事を読んで「森の詩 Cantum Silvae - 貴婦人の十字架」を読みたくなった方へ

「森の詩 Cantum Silvae - 貴婦人の十字架」を読むこのブログではじめからまとめて読む
あらすじと登場人物
関連記事 (Category: Cantum Silvaeの世界)
  0 trackback
Category : Cantum Silvaeの世界
Tag : 動画 いただきもの

Comment

says...
さすが渾身の動画ですね。
情報量が多くて、三回も見返してしまいました。
イラストも美しいし、思わせぶりな台詞も、作品の興味を惹かれます。
三人組はもちろんのこと、ザッカやマリア=フェリシア姫もご健在のようで(笑) しかもちら見せの新ヒロイン(じゃない?)がまた、なんとも魅力的な御方だし。これはいよいよ、マツケン……もとい、レオポルド陛下の婚活も終了フラグ?
連載してくださったら、必ず読ませていただきますので、よろしくお願いします。
2015.12.19 11:09 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
しばし絶句です。う~む。さすがに素晴らしい。音楽もイメージを駆り立てる素晴らしい選択ですね。ワクワクさせるなぁ。使われている写真や言葉の数々も想像力を掻き立てるものでした。写真の選択って本当に難しいだろうなぁ。でもすごい。私も何回か見返しちゃいました。
ザッカのその後は気になるなぁ。彼らが帰って来たってのがいいですね。なんか、映画の「2」とかの呼び文句、ついつい見に行っちゃうんだよな~
それにしても夕さんはこんな素敵なイラストを描いてくださるお友だちが沢山いて羨ましい。
私ももちろん、どの先でもcoming soon、お待ちしていますよ(*^_^*)
2015.12.19 12:00 | URL | #nLQskDKw [edit]
says...
こんばんは。

くすくす。いかに本人が面白がってのめり込んで作っていたかがおわかりでしょうか。
この時間を執筆にまわしたら、書きかけの作品一つくらい終わっていたかも(笑)
たった一分なんですけれどね〜。

後半なんて、「トリネアの真珠」じゃなくてさらにその続編にしろみたいに、妄想だけはいろいろとかっとんでいるんですけれど、まだ全然骨組みにもなっていません。もし分けるなら、後半は「柘榴の影」ですが、実は動画つくったら妙に満足しちゃってこのままお蔵入りいでもいいかも〜と、ちらっと思いました。

ちらっと出てきたあの娘は、ええと、このシリーズの伝統に則り、「なんだかいまいち」なヒロインだったりします。
名前はエレオノーラといいます。ディランの旦那は、いつも婚活は終了させるつもりでいるんです! これまでしていないけれど(笑)でも、動画のセリフでもおわかりのようにちょっとガッカリぎみ?

ザッカやマリア=フェリシアは、前回の退場のし方が、少しあっさりしすぎだったので、「もっと知りたい」な皆様のご要望にお応えすることにしました。

というわけで、こういうことを書かないとそのまま書かなくなりそうなので、公表しましたが、先は長いので大変お待たせすることになると思います。来年になったら取りかかろうと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

コメントありがとうございました。
2015.12.19 16:23 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

この音楽ですね。実は……手持ちの音楽の中で一分程度で終わる曲で探して見つけましたが、ぴったりでした。
もともとは、真耶をヴィオラ奏者にしたあとで「ヴィオラの曲なんて知らないぞ」ということで買ったアルバムに入っていたんですけれど、ユーリ・バシュメット、すごいです。

写真は、こちらはニューヨークのものよりずっと簡単でした。こっちは十分ロケハンしていたんですね(笑)
停めてよく見ると中世にはなかったものが写っていますが、その辺は見なかったことに。

ザッカとルーヴランのその後は、読者の皆様の感想から「やっぱり書くか」の方向にしたんです。
そして、新ヒロインはセンヴリ王国に属するというところまでは決めてあったのですが、あとからもう一つ新しい王国(モデル・スペイン)が加わりました。で、構成はどんどん複雑に。というわけでまだちゃんと骨組みが決まっていない状態なんですが、イラストをいただいたら我慢できずに遊んでしまいました。

うたかたまほろさんは、私が唯一「挿絵描いて〜」とお願いできるリアルの友人です。大学で同じ学科だったのですが、彼女がいなければブログは始めていなかったので、「scribo ergo sum」の恩人でもあります。

このイラストにはこんなにたくさんの人物を書いていただいたんですが、実はそう依頼したんです。とても大きな負担だったと思うんですけれど、思ったよりも数倍素晴らしいクオリティで描いてくださって、しかもレイヤーの分かれている状態でくださったので、ただ一枚公開するんじゃなくてもっといろいろ使いたいと思ってしまったんです。

で、こんな大きな風呂敷を広げてしまったので、本当に真面目に執筆することにしましょう(実は、まだこのままなかったことにする案もあった)
かなりお待たせすることになると思いますが、発表したらぜひよろしくお願いします。

コメントありがとうございました。
2015.12.19 16:41 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
これはすごい! ゾクゾクワクワクします!
夕さんッたら、更に腕をあげましたね!って、こっちが最初なんですか。
プロの腕前。流石です。
曲もいいし、動画のテンポも文字の入れ方も、全部カッコいい。
そしてさらに、この素晴らしいイラスト! 一人描くだけでもすごいのに、なんと全員!ザッカもいる~w
何気にザッカ、すごくいい^^
それから……気になりますね。もう一人の謎の登場人物。
彼女(?)がその物語で大きな位置を占めることになりそうな予感。

いやあ、本当に夕さんを雇って予告PV作ってもらいたいくらいですw
公開前に予告PVかあ・・・。
うん、いいなあ。これはブログ小説の新たな試み!
でも手を出したらきっとハマってしまう事になりそうだから、ぐっと我慢。まずは次回作を練らなきゃ><
素敵なPV、そしてイラストを堪能させていただきました。
また何回か見せていただきますね^^ う~ん、やっぱりうらやましいなあ~~。
2015.12.19 19:20 | URL | #GCA3nAmE [edit]
says...
こんばんは。

って、limeさん、いったいなんて時間に! 寝てください……。

PVお氣に召して嬉しいです。
iMovieって、自分の手持ちの(家族の休暇とか)動画や写真を使って、それっぽく動画を作るためのツールみたいなんですよ。
だから、映画の予告編っぽいテンプレートがいくつも入っているんです。
始めから全部自分で作るとなるとだいぶ敷居が高いんですが、テンプレートからアレンジしていくとそんなに難しくないんです。
もっともこれは初めて作ったもので、アプリケーションの使い方を試行錯誤しながら(説明書を読んでからやれという話でもあったりして)作っていたので、ものすごく時間がかかりました。一分の動画に何日かけたんだろう。中編が書けちゃうくらい時間かかりましたよ。

でも、どうしても作りたかったのはやはりいただいたイラストをご紹介したかったからですね。
このイラスト、photoshop形式でいただいたんでレイヤーごとに動かしたりして、個別に使えたのです。
ザッカ、すごくいいですよね。
Youtubeにアップロードするときも、どんなに試しても必ずザッカとマリア=フェリシアのコマが自動的に表紙になってしまう。
iMovie、そんなにこのコマが好きか! みたいな(笑)

そして、もう一人の登場人物、はい、「森の詩 Cantum Silvae」の例によって「ぱっとしないヒロイン」(の一人)ですね。
エレオノーラ、またの名をジューリオと言います。

予告PV、作り方はわかったので、お申し付けいただければ、いくらでも作りますよ。あ、素材はくださいね〜。
イラスト、limeさんならご自分で作り放題だからなあ。
それこそうらやましい。
あ、でも、私にあれほど素晴らしいイラストが描けたら、小説そっちのけでPVにハマりすぎてしまうから
描けなくてよかったのかも……。

あ!こんなところで恐縮ですが、実はいただいたマイアのイラストを使った「Infante 323 黄金の枷」のPVも作ったんです。
limeさんのお許しがあれば、こちらも公開してみたいと思っているんですけれど……。
問題があるようでしたら、おっしゃってくださいね。

コメントありがとうございました。
2015.12.19 20:13 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
おおおおおおおおおお……
こ、これは……
素晴らしい動画が素晴らしいうたかたまほろ様のイラストが素晴らしい
選曲が素晴らしいすべてが素晴らしい……
地図がアニメーションになってる……
おお……

ファンタジー(とか異世界)と一口にいってもいろいろありますよね。
夕さんの思い描かれているファンタジーは
このような感じなのかと。
夕さんの中にあるであろう、外からは見えない、感覚的なものが
ズバっと入り込んでくるような動画でした。
やっぱり、何ていうか夕さんは感性が高みにあるというか、独創的で、
そして気品がありますよ……
うまくいえないんですけれど、そういう夕さんの資質が溶け合って
素晴らしい作品群があるのだと改めて思わされるような動画でした。

エレオノーラ、またの名をジューリオという新ヒロインですが、
別名が男姫ジュリアとちょっと似てる……?
髪も黒髪ですし……
あと、コメント欄で夕さんが仰ってるように、どちらかというと控え目な感じの
女性っていうのが、イラストからバッチリ伝わってくるようでした。

うたかたまほろ様のイラストがまた、夕さんの世界観にすごく
フィットしてるんですよね……
ザッカは氷の宰相らしく濃紺の服、マリア=フェリシア姫は炎のような赤、と
対照的で、続編の立ち位置なのかな〜とか、想像力を掻き立てられます……!

何だか新たに男性二名が登場予定?
それともこれは、王様とマックスの台詞?
むむむ…

続編ゆっくり期待しております!
わ、わたしも動画、が、頑張るんだ……(げっそり)
2015.12.20 08:06 | URL | #- [edit]
says...
「Infante 323 黄金の枷」のPVに、マイアのイラストを使ってくださるのですね^^
うれしいです~。どんどんつかってください!(って、一枚しか描いてなかった><)
これは新たに、PVカテゴリーが必要ですね!

・・・うお、もうできてた。動画カテ!!
2015.12.20 09:21 | URL | #GCA3nAmE [edit]
says...
こんばんは。

わ〜い。canariaさんに褒めていただいてとても嬉しいです。
なんせ動画作成の動機はこのイラストを活用したいというのに加えて「canariaさんちのみたいなのを作ってみたいよぉ」だったのですから。

最初は、canariaさんがお使いになっていたBGM素材のところも行って検討し、三曲ほどピックアップしたりしたのですが、最終的に自分の手持ちの曲の方が合うことがわかり、こっちを採用しました。
実は、スペオキというわけでもなく、持っていたことすらも忘れていた曲だったのですが、短さに魅かれて聴いてみたらぴったりだったという(笑)

地図がアニメになっているのはiMovieさまさまです。
こういう素材がはじめからあるんですね。私も初めて見たときは芸の細かさに感動しましたよ。

私の作品は、基本的に文字だけでしか表現していないので、おそらく私の頭の中で展開している絵柄と、読者の皆様のそれはかなり乖離しているんじゃないかと常々思っているんですよ。

まほろさんには「こういう感じ」とくどくど説明して(一部はなんとわがままにも描き直していただき!)この素晴らしいイラストになっているんですけれど、彼女はこの「森の詩 Cantum Silvae」と近い近世ヨーロッパ世界のイラストをたくさん描かれている方なので、私の意図を説明した以上に見事に再現してくださったのです。

残りの写真は、私が旅行に行く度に「こういう光景だよ。描写のために撮っておくか」と撮りためたもので構成されていますから、ますます脳内ただ漏れ状態になったかなと思っています。

で、みなさんのイメージを、文章では持って来れなかった分を動画で無理やり私のイメージに引きずる姑息な手段となっています。ああ、でも、動画づくりって、それだけで楽しいですよね。文字で表現するのとはまた別のワクワクがあります。プロの作家がいきなり映画監督になることがありますけれど、その理由がちらっとわかったように思います。

そして、canariaさん、よくぞ氣がついてくださいました!
ジューリオと言う名前、男の名前なんですけれど、エレオノーラが男装時の偽名としてこれを名乗りだしたのは《男姫》ジュリアに憧れていたからなんですよ。でも、黒髪は同じ、名前はちなんでいても、超絶美女だったジュリアと較べて、このお姫様は若干「残念系」です(笑)

残りの登場人物については、あまり詳しくここで語ると、本当にそれで満足して書かなくなりそうなので、ちょっとだけですが、「貴公子とお付き」というのは完全なる新キャラです。マックスが「死を想え」とか中二病的に呟くのもなかなか笑えて捨てがたいですが、あの人はああいうキャラなんでそうもいかず。

新キャラ二人は、カンタリア王国の第二王子エルナンドとそれに付き添っているヴィダルという名前であることだけ開示さておきますね。どのセリフを誰が誰をイメージして使っているのかはひ・み・つ。(すみません、壊れています)

いずれにしても新年になりましたら真面目に書き出そうと思います。いままだ結末もちゃんとしていない酷い状態なんで。すみません、こんななのに、大風呂敷ひろげてます。お待たせしますが、読んでいただけると思うと励みになります。

そして、canariaさんの新動画、とっても楽しみです。
どっちのだろう。もうじきだから「千年相姦」のほうかしら。でも「侵蝕恋愛」の新作も観たい〜。
もしかして、この間チラ見させていただいた、もう一つの作品のかも?

全部楽しみにしていますので!

コメントありがとうございました。
2015.12.20 12:38 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんにちは。

わざわざの再コメント恐れ入ります!
そして、ご快諾いただき嬉しいです。
一枚とおっしゃいますが、あのイラスト、情報ぎっしりで、さらに解像度が高くてクローズアップできるのでとても動画向きなんです。
何カットにも使わせていただきました!
本当にありがとうございます。

少し間を空けて、公開させていただきたいと思います。

ありがとうございます。

P.S. 動画、カテゴリにするほどはたくさん作らないだろうなと思ったんで、代わりにユーザータグで(笑)
でも、この調子なら本当にカテゴリにしてもいいかも。
2015.12.20 12:44 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
すごい動画ですね。
絵もとってもきれい!

動画も作られるんですね。しかもすごい力作!
私も動画を作りますが、本当はあまり気乗りしてないのでほとんど紙芝居です。(^^;)

作品はまだ読んでいないのですがすごく読みたいです!
たくさんの作品があって、甘いお菓子をゆっくりといただくみたいな幸せです。
2015.12.20 16:37 | URL | #8tY9vXl2 [edit]
says...
こんばんは。

お。こちらも見てくださったのですね。
実は、これは完全に「coming soon」詐欺でして、まだ全然書いていません。
この動画で語られている前作が、今年の前半まで連載していた「森の詩 Cantum Silvae - 貴婦人の十字架」という小説でした。こちらの方はきちんと完結しましたので、お時間がありましたらどうぞ(笑)

動画は、つい最近始めたお遊びです。
普段から親しくしていただいている創作のお友だちが作っていらしたのを観て、また、友人にイラストを描いていただいたので、どうしても作りたくなってしまったのです。

お忙しい師走にいらしていただけて僥倖です。
どうぞご無理のありませんよう。

コメントありがとうございました。
2015.12.20 18:01 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
ああ~、ここまでやって無かったことには出来ないでしょう。
無理です。
新キャラ、気になりますね。
そしてマリア=フェリシアです。おお、やはり美しい。
そしてザッカ!イメージそのままだなぁ。
この二人が登場するシーンに期待です。
後の登場人物は言わずもがな、ですね。あまりにアレなので語らないでおきます。
鬼気迫るBGM、たたみかけるシーンの展開、意味深な台詞、ついつい深読みしてしまいます。上手く作られるなぁ・・・。
「coming soon」
新たな旅に期待です。
2015.12.21 14:19 | URL | #0t8Ai07g [edit]
says...
こんばんは。

実は、これを作って「超満足。もう書かなくてもいいや」な心地になってしまったのですが、やっぱり皆さんが期待してくださるので真面目に構想を始めました。「なんでラウラまで同行することになったんだっけ」というところで詰まってます(笑)

このザッカのクオリティはすごいですよね。
本当に私もこんな感じだと想像していたまんまなんですよ。
マリア=フェリシアは、美人ですよね。iMovieはヒロインと勘違いしたのか、どんなに頑張ってもこのコマが表紙になってしまいます。なんで〜。

このイラスト、本当にあらゆるキャラがいて、いろいろな使い方ができるので、これからも時々使わせていただこうと思っているのです。その第一弾がこの動画なんです。

意味深な中二的セリフは、あちこちに散りばめる予定ですが、それが似合うキャラになるといいなあ。あ、でも、お氣楽マックスは「死を想え」とかいわないな(笑)

完全な「coming soon」詐欺ですけれど、少なくとも実現するように頑張ります。

コメントありがとうございました。
2015.12.21 22:32 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
素敵なPV動画、堪能しました。
夕さんは作家として以外に、構成やキャラ設定に選曲の能力にも優れているので、映画監督の才能もあるんじゃって、本気で思います。
現地調査っぷりの、前のめり方は一緒に行った某所で確認したし(笑)、その記事も読みましたよ。
マルチな才能だと。
本当に羨ましい……。イメージ・イラスト使ってくれて、ありがとうございます。
ロンドンに来てくれた時の経験は、一生の思い出です。

某ご兄弟については、どちらも面白いと思いつつ、弟くんの方を練りつつ描いている途中です。

危険な関係のパブ(バー?)の人間模様は、すごくいい。
イラスト書かせてもらったこともあり、気になってます。
イギリスでは、LGBT の権利が声高になっていますが、スイスでは、どうでしょうか。
街の中心部にはなくて、保守派だったら来ないだろう、そのバーには、ずっとずっとそこで営業してねとエールを送りたいです。
2016.01.11 04:51 | URL | #HfMzn2gY [edit]
says...
こんばんは。

って、なんて時間に! ちゃんと寝てます?

それに、ごめんなさい。「公開しました」って連絡するの、すっかり忘れていました。
ご覧のように、大反響でみなさんに羨ましがられました。まほろさんのおかげてす、ありがとう〜!

イラスト以外の部分について、ほめていただいて嬉しいです。
映画監督っていいなあってちょっと思いました。
「この人をキャスティングしよう」「ここはこういう感じで演技して」「ここでこういう背景で」
「こういう風に撮って」「こういうセルにして」「音楽はこれ」
って感じで、脳内にある映像を自由に実現していくの、本当に楽しいだろうなあって。

たった一分でも、ものすごく楽しかったので、これが二時間、しかもみんなが観てくれて、って本当にニヤニヤが止まらないでしょうね。

エ……もといヴィダル、描いてくださっているのですね!
楽しみ楽しみ。
罵倒、レオ人氣を目指して、頑張って書きたいのですが、今は企画中なのでちょっとお休み。
三月になったら書き出そうと思っています。

そして、「酒場にて」も読んでくださったのですね。

そうそう、日本の読者の方は、微妙なことなので敢えてコメントは避けるみたいだけれど、この「親が知らなかった」云々は、実は実話を元にしているんです。こういうことも、自分のテーマの中では大切なことだからタブーにはせずに書いていこうと思っているんですよ。

イギリスもそうだと思うけど、日本と較べると、LGBTの人たちはもう少し市民権を得ているように感じます。なんというのか日本だと「面白おかしく」オーブンにするか、隠すか、どちらかに寄りがちだけれど、それよりはもう少しありのままで過ごせる余地があるって感じでしょうか。権利という視点で言えば、日本よりは恵まれていると思います。でも、差別や偏見がない訳ではないし、オープンな分、摩擦ももう少し日常的にあるように思う。

私は、「いい」「悪い」という分け方ではなく、どちらかというと「みんな」という存在から抜け出してしまった「はぐれもの」を自分に近い存在として取り上げるし応援するという立場なのだけれど、『dangerous liaison』はそのたまり場として、かなり便利に使っています。

それでも傷ついてしまう人もいるから、作品として取り上げる時には少しナーバスになりますね。

この件、取り上げてくれてありがとう。

今年もどうぞよろしくね。
コメントありがとうございました。
2016.01.11 22:50 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1162-1e7f6878