scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

名づけは大切

今日は、ちょっと思ったことなどを。

日本のテレビなどは一切観ない環境にいるので、何があるのかはネットのニュースで知ることだけです。だから、私が感じることと、実際の日本にいる方が感じることに温度差があるのかなあとも思うんですけれど。


ネットで見聞きする限り、とあるタレントと某バンドボーカルの不倫を発端にした騒ぎ、ずいぶん大きく取り上げているなあと思います。正直言って、そりゃ、快く思わない視聴者もいるだろうけれど、そこまで騒ぐほど日本には他に大事なニュースがないのかと。

でも、今日書きたいのはその件じゃありません。

その某というボーカルの所属するバンドの名前です。初めて目にしたとき、信じられませんでした。なんて名前だと。とても売れているのですね。そして、「音楽さえ素晴らしければ、私生活やバンドの名前は関係ないでしょ」という意見もあって、それについて否定するつもりはありません。

むしろ、眼を惹くから、その方がいいんだという考えもあるかもしれません。

でも、私はそういう考え方はしない人間です。私は、そのバンドの音楽は聴いたことがありませんし、今後も聴く予定はありません。ましてや購入する予定はまったくありません。だからいい音楽なのかはここでは論じません。

単純に、「結婚したばかりなのに、他の女性と好ましくない関係になった」という人が、そういう名をもつバンドのボーカルだとニュースで読んで「名は体を表す、そのままじゃない」と思ったのです。

誘われることは1000%ないでしょうけれど、そのような名前のバンドの人に「つきあわない」的なことを言われたとして、ほいほいついて行くつもりには全くなれません。子どもの頃からよく知っていて、バンド名なんか関係なくよく知っているという場合は別ですけれど、全く初対面でよく知らない場合、名前やタイトルって、判断材料になると思うのです。つまり、自分がこれから活動していこうとする、顔になるバンド名に、そういう言葉を遣おうと思う人とは親しくなりたくないないと思ってしまうのです。

これは個人名にも言えます。というか、もともとの発想は個人名に関する、私の頑固ともいえるこだわりにあるんだと思います。

それは、おそらく子どもの頃に夢中になった、様々な国の神話や考え方に共通してある「名前がその人間の本質を表す」という考え方を、いまだにもち続けているからじゃないかなと思います。「真実の名前を知っている人間には従わなくてはいけない」とか「運命はつけられた名前に沿って進む」とかその手の考え方ですね。かっこいいとか響きがいいとかではなく、もちろんシャレなんて軽いものでもなく、もっとも大切な言霊として扱うべきだと思っているのです。

私が小説で名前を付ける時には、その響きや意味が、現在作ろうとしているキャラクターにふさわしいものを探します。これだけたくさん作り出していると、一つ一つに「言霊」とまで思ってつけてはいませんが、何でもいいと思ってつけることもありません。そのことによって、読む側も「たぶんこういうキャラ」と想像をつけやすくする意図があるからです。読者というものは、作者である自分ほどそのキャラクターを読み解くのに熱心ではありません。薔薇を背負いそうなキャラに「みよ」、地味で貧乏なキャラに「麗華」とつけてしまうと読者は意図したようには読んでくれなくなる可能性があります。そういう意味でも、名づけは、とても大切なのです。

そして、ブログ名も同じように大切だと思っています。このブログの名は「scribo ergo sum」にしました。わかりやすくはありませんが、「どういう意味だろう」ともう少し詳しく見て下さった方には、私がいいたいことが伝わるタイトルだと思っています。ちなみに「書くからこそ私は存在する」という意味です。

謙遜は日本人の美徳だといいますが、それが行き過ぎて、たとえば「読むに値しない駄文の置き場」といったブログ名をつけてしまうと、意図を誤解されて読んでもらう前に「それなら読む必要ないか」と回れ右されてしまうと思うのです。読んでほしいのに決まっているから公開しているのに、そんなブログ名にするのは天の邪鬼です。

とても親しくなって、ブログ名なんて関係ない、そこを訪問すると決めている時には、もうブログ名や見た目の印象については氣にしません。でも、偶然見つけたブログや足跡から辿ってみたようなブログでは、ぱっと見というのはとても大切だと思うのです。印象のとても悪いブログ名や、反対に極端に卑屈な印象のブログで、長い記事や小説を読もうかなと思うことはまずないのですよね。

それに、先ほどの言霊の話に戻りますが、自分のブログ名が、発表されていく作品とそこで紡がれる人びととの交流の運命を決めていくんじゃないのかなと、そんな風に日頃思っているのです。

あまりにもひどいと感じてしまうバンド名が話題になっているのを見て、こんなことを改めて考えたのでした。
関連記事 (Category: 思うこと)
  0 trackback
Category : 思うこと

Comment

says...
 名前なんてどうでも良いけど、あんな名前を付けること事態がゲスの極みですよ。売る為なら何しても良いって。アーティストと言う呼び方は嫌いなんですが、芸術家気取るなら後々責任持てる名前にしといた方が良いのではなかろうか。ポ〇ノグ〇フティなんてのも酷いもんだと思ったが、あれが可愛く見えるわ。
 たまたまラジオで垂れ流されたので歌は聞いた事があります。巧いかどうかは知らないが、個人的にはひでぇ歌。あれが売れるってんだから日本の音楽業界の劣化は目を覆わんばかり。ま、CD売り上げも何とか48が席巻してる始末だしね。推して知るべし。
 ニュースについても全く同意見ですね。くだらない。どーでも良い事がニュース画面を多いつくしています。正直、芸能人が浮気しようが離婚しようが知った事か。一方で大切なニュースはほんとにチョイです。チョイでもやればまだ増し。全くスルーも多々。大体クローバル社会なんぞと言ってる時代に某最大手新聞の国際面が普段で2ページ、下手すると1ページしかない(しかもその半分が広告)なんて有様です。悲しいかな。
2016.02.06 06:25 | URL | #eRuZ.D2c [edit]
says...
ああ、サキも同じような印象を持ちましたね。
何故にこんな名前を?まず1番にそう感じました。スキャンダルについてはどうでもいいことだと思ったんですけれど。
言霊、ですか・・・、そこまで強くは意識しませんがキャラクターの名付けにはそれなりに苦労します。少なくとも自分が入り込んで創作しようと考えるメインクラスはそれなりに考えます。普通のどこにある名前を付ける場合でも、何度も呼びかけてなじみ具合を見てから決定します。
“「読むに値しない駄文の置き場」といったブログ名”・・・あいたたた~!
サキのブログ、Debris circusってそんな感じで付けてるんですよね。
サキは日本人だったんだ。あらためてそう感じました。
でもcircusには少し希望を込めたつもりです。
2016.02.06 12:11 | URL | #0t8Ai07g [edit]
says...
ウケ狙いなんでしょうけど、私もあのバンド名はどうかと思います。すくなくとも、彼らの音楽を聞こうという気持ちには、なれそうもありません。

作品のタイトルやキャラの名前、私も拘りまくります。もしかしたら、本文を書いている時間よりも、そっちにかけている時間の方が長いかも(笑)
やはり読者さんに「素敵」とか「かわいい」とか「かっこいい」って、思ってほしいですからね。だいいち、自分が好きになれる名前でなければ、モチベーションも湧きませんし。

名前は大事ですよ、ほんと。
2016.02.06 16:34 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
こんばんは。

もう日本では有名になってしまっていて、本人たちに引き合わされて「こちらがその……」と紹介されても「えっ?」と戸惑うことなんてなくなっているのかもしれませんけれど。
私は初めてニュースでそのバンド名を目にしたので、何かの間違いかと思って読み直してしまいました。
バンドメンバーもよく反対しませんでしたね。
あんな名前で有名になるなら、ならないほうがいいかも。

音楽的に誰が聴いてもも心打たれるような何か突出したものがあるなら、あそこまで酷い名前を付けて目立つ必要もないのかなと思いますけれどね。握手券商法もそうですが、アーティストやアイドルを通してお金儲けをしてはいけないとは思いませんけれど、できれば本業で勝負してもらいたいなあと思います。ちょっと悲しい風潮ですよね。

ニュースになることとその騒ぎ方を見ていると、日本とヨーロッパの各国には確固たる違いがあります。
大きなお金が動くからなのか、それとも誰かの意志が働いているからなのかわかりませんが、日本の報道は視聴者を少し馬鹿にしすぎていないかなと思うことが多いです。特にここ数年は酷いように思います。

コメントありがとうございました。
2016.02.06 18:52 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

そう、目立とうとしておかしな名前を付けるのはわかりますけれど、いくらなんでも酷い名前ですよね?
スキャンダルそのものは、当人たちには悪いですけれど「よくあること」程度だと思うんですけれど。
そんなに騒ぐほどのこととも思えないし。

メインキャラクターの名付けでどのくらい想いを入れているかで、たぶんその小説ってどのくらい自分にとって重みがあるか決まってしまうと思っていたりします。言霊とかそこまでのことではなくて、単純に心理的に。

生みの親が大切に思えないものを、他の人が熱狂してくれると期待するのは間違っているとも思っています。
サキさんがシスカをとても大切に想って書いたその強さが文章となって私たち読者の心を打った、そういう流れってあると思うんですよ。

「Debris circus」、「駄文置き場」とかそんな風には全く響きません。若干、サキさんらしいシニカルさは感じますけれど。
シニカルと卑屈はちょっと違うと思うんですよ。素敵なブログ名だと思いますよ。
それに、サキさんの雑記で、ご自分の小説のことを語られる時に、とても真摯に書いていらっしゃるのを感じています。
「つまらないどうでもいい文章」と思っていたら、あんな文は書けませんよね。

まあ、私たちはどうひっくりかえっても日本人の部分は捨てられませんけれど……。
でも、自分の言葉で、自分の作品の未来を限定するようなことをわざわざ書く必要はないですよね。
むしろ自分で自分の援軍になった方が(笑)

コメントありがとうございました。
2016.02.06 19:10 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

あ、TOM-Fさんも?ということは、誰も彼もが熱狂しているほど売れているわけでもない?
まあ、売上トップといっても、最近は握手券つきが占めてしまうことも多いと聞きますし、売れていると音楽性はあまり関係ないのかも。
ネットニュースのタイトル、短くなるように略すんですが、新婚なのに夫に不貞を働かれた女性に至っては「ゲス妻」ですって。途中を省略しても意味は通じますけれど……。

さて、TOM-Fさんが名前系統にものすごくこだわっていらっしゃるのは、納得です。
その甲斐あって、ぴったりな名前が多いですよね。
私も、TOM-Fさんへのお返しのとある人物の名前であれこれ。
素敵とかそういうのではなく、歴史的に間違いないかしら、みたいなこだわりで(笑)
そんなもんにやたらと時間をかけるな! ですね。

でも、本当におっしゃる通りです。
自分が好きだと心からハマってこそ、勢いと熱さのある文章が書けるわけで。その熱さがあるからこそ、あとで熱冷ましをして(冷静になって)削っても、まだ読者の心を打つ部分が残るんだろうなと思います。
というわけで、こだわりのTOM-Fさん節、ますます期待しておりますので。

コメントありがとうございました。
2016.02.06 19:20 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
私も、この騒動になるまでこのグループ事は「変な名前~」くらいにしか気に留めていませんでした。
うん、まったく。この名前からまず、敬遠してしまいます。
でもこんな妙な、聞いたらちょっと気力をそがれる名前を付けるバンドってあるんですよね。
ありゃりゃ~って感じです。
このグループは、何となくノリでつけたみたいですね。

私は出勤前の30分くらいしかTVを見ないんですが、その貴重な時間、ずっとこんな不倫報道で、正直うんざりでした。それ程日本は平和なんだ……と勘違いしてしまいそうですが、大事なニュースはきっともっとあるはず。

あ、話は戻りますが、名前というのは本当に大事ですよね。
私もキャラの名前はとても時間をかけます。(自分の子供と同じくらいの気持ちで)

最近はどうやっても読めないキラキラネームがありますが、あれにも時々本当に驚かされます。
どう見てもそれ、人の名前じゃないよね、的な。
親がまだ、子供なのかなあ・・・とか、子供の名前を見てどうしても思ってしまいますね。

この夕さんのブログ名、夕さんの気持ちがこもった、良い名前だと思います。
人に寄ってもらおうと思うなら、やっぱり引き寄せる言霊、必要ですもんね。
2016.02.06 20:48 | URL | #GCA3nAmE [edit]
says...
こんばんは。

へえ〜、ノリでこんな名前を付けてしまったんですか。
女性もメンバーにいるのに、よく嫌がらなかったなあ。
自分だったら名乗るのちょっと嫌じゃありません、こんなの?

そう、SM○P騒動もそうですけれど、ニュースにするなとは言いませんがいくらなんでも長々と騒ぎすぎじゃないかなと思います。それも次々と。今度はまたどうでもいいタレントの三角関係で騒いでいるみたいだし。

その間に国会では、日本の将来を決めるような法案がどんどん可決されていくし、国際情勢もたぶんタレントの不倫よりずっと重要なことが、いろいろとおこっていると思うんですけれど、いいんですかねぇ。

キャラクターの名前、大切ですよね。
limeさんが毎回とても大切につけていらっしゃるの、よくわかります。
年末の「鈴音くん」もそうですけれど、大切な人間に贈る一番最初でもっとも大切なプレゼントだから特別なものを一生懸命考える、そのスタンスでつけますよね。

もっとも、現実のキラキラネームは、その「特別」がおかしな方向に(笑)
想像力が少し足りない親がいるのかなと思います。
幼稚園に通う「黄熊(ぷう)くん」想像図は可愛いかもしれませんが、その子が大人になって会社の営業として名刺を差し出す時のこととか想像していませんよね、きっと。

謙遜って、日本人の美徳ですけれど、それが行き過ぎて「そんなこと思ってもいないのに書くな」ってこと、たまに目にします。ツンデレが流行っている世の中とはいえ、あまり天の邪鬼なことを書いていると「面倒くさいからここに寄るのはやめよう」と思われるかなあと感じています。ブログ名、褒めていただき嬉しいです。limeさんの「Door」も素敵なセンスですよね。次はどんなお話への扉を開こうかって、イメージがさっとわきます。

コメントありがとうございました。
2016.02.06 21:42 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
SMAPの解散騒ぎの時にも思いましたが、あれはどう見てもマスコミが悪いですよね。あの時、伊勢谷友介氏(私の中で、ファンではないが気になる有名人のひとり)が「あほらし。そんなことよりももっと大事なニュースがあるだろ」と呟いたことが小さく記事になっていましたが、ほんとに、その通りです。芸能人のスキャンダルはある程度織り込み済みのところがあると思うし、それをあんなに大騒ぎすることなのかって、そっちの方に呆れます。そしてそれを煽り立てる有象無象の顔を出さない名無したち。いや、そういうのがいるから、マスコミも乗るんでしょうね。情けないことに。

名前のことですが……最近、バンドや個人の歌手たちの名前も顔も一切覚えられません。問題となっているバンドのメンバーの写真と名前、あるいは他のグループでも、それを線でつなぐ問題が出たら、1問も答えられないだろうなぁ~。興味がないというのもあるけれど、何よりもあまりにも出入りが激しくて覚えられない^^; だからインパクトのある名前をつけられたんでしょうかね。
でも子どもに「あくまちゃん」って名前をつけるように、ちょっと許容範囲を越えた命名でしたね。多分「なんだかな~」「あんまり気持ちよくない」と思った人も多いでしょうから。人前に出るには、やはり色んな配慮が必要でしょうし。

しかし! 小説の中の人物の名前を適当に付けている私には……夕さんみたいに読み手さんへの配慮がなかったかも!と反省。あ~、あのおばちゃんに花という名前はまずかったかぁ~(^_^;) いや、昔は可憐だったのでいいことにしようっと!
2016.02.07 07:40 | URL | #nLQskDKw [edit]
says...
 こんばんは。
僕 この騒動が起こるまで 此のグループ知らなかったのですよ。
騒動の時 グループ名を聞いて 此れは何って困惑状態で まったく音楽活動をしているグルーブだとは… 結びつきませんでした。
何というか…露悪趣味を目指すのであれば いいセンスとウイットがなければ嫌悪感を持たれるのですよね。
露悪趣味 エログロ 此の類は難しいですよ。

あははっーーーー 僕 ブログ名 凄くいい加減につけました…
ブログ登録する段になって ブログ名という欄で… 其の場で付けたのですよね。
少し奇を衒いすぎたかなと反省…
2016.02.07 10:36 | URL | #- [edit]
says...
そして、こんな間合い記事にまで、ありがとうございます。

そう、どう考えても正論なその「あほらし……」に対してまた噛み付いている人たちがいるとまたまたニュースになっていて、頭を抱えましたよ。

そして、バンドの話に戻りますが、本来は、音楽や訴えかけるもので勝負すべきだと思うのですよ。まあ、有名になるために若干の話題づくりもいいんでしょうけれど。でも、最近の日本の音楽シーンで売れているのは、話題づくりをしたものばかりという感じがしますよね。握手券目当てに大量にCD買わせたりとか、その手のファンやコンサートの動員をふやすためにひとつのグループに名前も覚えられないほど多くのメンバーを所属させたり。

今、記事にしているバンドも、話題づくりの部分が見え隠れして、拒否反応しめす私です。彼らが三十年後にも有名でいられるためには、やはり話題だけではなくて本来の意味での音楽性が必要なんでしょう。そうなったら聴いてもいいかな。

で、小説の名付けの件ですけれど、彩洋さんのところは、そう言うのも含めてひっかけなのでは?
なんといってもミステリーですからねぇ。
正直言って、あの名前がはじめに出てきたとき、あんなおばちゃんで、あんな役目だとは考えませんでしたもの。
結末をどんでん返しするためには、あれでよかったんではないでしょうか。

コメントありがとうございました。
2016.02.07 13:47 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんにちは。

そうか。紅白にも出て、某有名アイドルグループにも楽曲を提供していると言うから、日本では知らないものはいないぐらいに有名だったのかと思っていましたが、ウゾさんをはじめとする皆さんのコメントを読む限り、この騒動までは知らない人も結構いる程度の有名さだったのですね。

名前とやっていることがこんな風に一致してしまうと、シャレだと思って面白がっていた人も醒めてしまうんじゃないかなあと思います。少なくともこれから「このバンド、いいよね。応援しよう」と言うのは、なんだか憚られる感じ。
元々のファンだった人は関係ないのかもしれませんが。

ブログを登録する段になって、名前を考えたの、一緒ですね!
そう、「ブログを作るか」「小説ブログにしよう」ぐらいは思ってもそれ以上はあまり考えていなくて。
「え? ブログ名? それにハンドルネーム?」としばらく固まりました。

でも、ウゾさんのブログ名、らしくて、とても素敵ですよ。
あのブログ名だけで「え? ここには何があるの?」と興味湧きますよ。
なんせそれでトリビュート小説ができちゃうくらいですもの。

コメントありがとうございました。
2016.02.07 13:57 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
・・・不倫小説を書いている私のあまり言えた義理ではないのですが。
不倫は罪ではないので、別にやればいいとは思うのですが。
まあ、芸のある人や国会議員がやるようなことではないかな。。。
とは、思います。
・・・というが、それが公共の倫理ってものですからね。
テレビに映る立場の人は公共の電波をつかって芸を見せる人。
人格も問われるわけなので、不倫とか不道徳なことはやっていはいけないってことですね。

不道徳結構。不倫は結構。
だけど、テレビなどに出るなら控える。
それは常識というものですからね。


名前は大切ですね。
私も今の名前で落ち着いていますけど。
名前で方向性が決まりますからね。
個人的にはLandM創作所というの名前は気にっております。
小説だけではなく、絵もゲームも創作する場所ということで。
2016.02.12 08:13 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

どうでしょうね。確かに刑事罰の対象ではないですが、民事訴訟の対象となる行為です。それに、心の問題と捉えても、決して褒められた行為ではありませんよね。
たまにいますけれど「私はどちらも大切にしているから悪いことはしていない」という二股以上の方、本当に両方を幸せにしていると思っていたら相当おめでたいと思いますね。これは有名人はダメ、一般人ならいいということではなくて、本人の人格や品格の問題だと私は思っています。ま、でも、芸能人がそれで修羅場になろうと、私には関係がないとは思っています。そんなニュースばかりいつまでも追いたいと思うほど暇ではないですね。

で、本題の名前のことです。
ブログの名前は、その活動の指針になるものなのですよね。
LandMさんのところは、あくまでひとりではなくてチームで活動しているということがはっきりさせていらっしゃるわけですよね。ブログのデザインや見せ方にしても、考え抜かれて作られているなといつも思っています。
こういうことって、とても大切ですよね。

コメントありがとうございました。
2016.02.13 00:13 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1192-c4bca215