scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

「食べたきゃ作れ」の海外生活

食いしん坊が止まりません。またしてもこんな記事。あ、ここはお料理ブログではありません。だから見栄えのことは見逃してくださいね。

日本にいたら、「ああ、和菓子が食べたい」と思ったらお氣に入りの和菓子屋へ行けばいいですよね。「もう夜遅いし」という場合や、「日本橋まで行ってられっか」という時でも、地元の和菓子屋やスーパーやコンビニにでもいけば、何かは手に入れられるはずです。

でも、こちらにはお氣にいりの和菓子屋どころか、コンビニもない。「こし餡がいい」「私は粒あん」というような選択も不可能です。手に入らないものをどうしても食べたければ、作る。

というわけで、日本では一度も作ったことのなかったものを、時おり作っています。

例えばこれ。あんこ餅。

どうしても、どうしても、和菓子が食べたくなったのは、あれです。TOM-Fさんのリクエストの掌編を書いていた時。「水牡丹」はいくらなんでもハードルが高かったので、こうなったら「餡子ならなんでもいいや」状態。
あんこ餅

まず餡子を作らなくてはいけません。もちろん小豆から。小豆は州都のクールに行った時に見つけたので買っておきました。

豆を煮るというのは時間がかかりますが、圧力鍋があるのでまだマシです。小豆は一晩漬けておくという手間はいらないのですが、渋きりと言って、一度煮た水を捨ててえぐみをとる必要があって、これは少し面倒くさい。でも、「どうしても餡子が食べたい!」と燃えているときなので、頑張ります。

小豆

煮えた小豆に砂糖を投入して、餡子を作ります。ここで砂糖はきび砂糖を使用します。白砂糖よりまろやかで複雑な甘味になるのです。白砂糖よりも健康にもいいですしね。豆を潰していくのですが、漉すのは省略。買うときは断然「こし餡派」ですが、自分で作るので「味さえすればいいや」なんです。

そして、白玉粉に小麦粉を少し混ぜて餅を作ります。こちらはそれほど面倒もかかりません。そして、餡を包んでフライパンで焼くだけ。余った餡子は、冷凍しておきます。あと二回くらいは、餡子を作らずに食べられますからね。

肉まん

他に、日本にいたら絶対に作らないものといったら、中華点心。先日は、春巻きを作りましたが、今週は肉まん。これはまだ発表していませんが、けいさんのリクエストを書いていてどうしても食べたくなってしまったもの。

肉まんは、前にレシピを見たときは止めたんですけれど、今回再びレシピを見たら、パンづくりをするようになって常備するようになったものが使えてハードルが低くなっていました。

皮はNETで調べてベーキングパウダーを使う簡単なもの。具の方は周富徳氏のレシピを参考にしました。我が家にあった小麦粉が全粒粉だったので、皮が茶色っぽくて出来上がった時「全然そそられないな」と思ったのですが、ひと口食べてみて「ぐわあ、中華街の味!」と騒いでしまいました。

簡単に手に入らないからこそ、こんな見かけの食べ物でも幸せになれるんだなと、ちょっとしみじみ。あ、連れ合いは初めて食べた肉まんに「おいしい」と感動していましたよ。

今回、作っていて思ったんですが、次回から瓶で皮の生地を伸ばすのは止めて、麺棒を買おう……。
関連記事 (Category: 美味しい話)
  0 trackback
Category : 美味しい話

Comment

says...
それっぽい!おいしそう
ヨーロッパには色々な種類の豆があるみたいですが
他の豆であんこを作ったりはしないんですか
2016.07.09 09:52 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは、こしあん派のGTです :)

美味しそうなあんこ餅ですね!、どんな味なのかも想像できます…、きっと焼き色が付いたところは香ばしくてカリカリしてて、甘い餡子と相俟ってきっと美味しいに違いありません、もちっとした食感とカリッとした歯ざわり、そして餡子の重い甘さ、これは幸せになれます、そして肉まん!、全粒粉の方が美味しそうですね、いつもの白いのも良いんですが、こっちのは味が濃厚そうで美味しそうです、きっと皮がもちっとしてて、そしてほんのりと甘くて、その皮と餡の肉の旨みとがもう…絶妙なんだろうなぁ…、ああ食べたい!、スイスの山々を眺めながら餅と肉まんでピクニック、楽しそう?ですね、たぶん(笑)

ではでは、想像だけですが、ごちそうさまでした! :)
2016.07.09 11:56 | URL | #mQop/nM. [edit]
says...
 饅頭も良いけど鯛焼きもええど。何と言ってもあの形。ヨーロッパなら大受けするんではなかろうか。
 あんこは小豆も良いけど緑豆でウグイスと言う手もあるのう。白いんげんもいいかも。ちょっとジャム混ぜてやれば向うの人にもなじみやすいのではないかと想像。知らんけど。ああ、お腹がすいてきた。晩飯食ったばかりだって言うのに、何想像させんねん。
2016.07.09 12:15 | URL | #eRuZ.D2c [edit]
says...
あんこや中華点心のほかにも、わたしが日本で普通に食べている「麦とろご飯」とか「冷やし中華」とかいったものをスイスで再現するにはどうすればいいのか、考えただけで頭痛がしてきました。

茨城名物の「あんこう鍋」、うまいですよ。(なにを飯テロを(゜゜☆\(^^;
2016.07.09 15:10 | URL | #0MyT0dLg [edit]
says...
わぁ あんこ餅おいしそう!

私もこしあん派です。(*^^*)
あんことして使うには向きませんが、水ようかんなら煮て柔らかくなった小豆を、煮た水の中でポテトマッシャーみたいなもので荒くつぶしてザルで濾すと簡単に皮と分けられますよ。
ミキサーでもできますが皮を粉々にしてしまわないように加減が難しいです。
(-_-;)

海外に住んでいる友達も豆腐を作ったり大葉を育てたりしています。
大変だって言いながら案外楽しそうだったり。
私は海外に行ったことがないのでいつもいろんなことを聞かせてもらっています。
日本に居ていつでも手に入ることを感謝しないとですね。
2016.07.09 16:07 | URL | #8tY9vXl2 [edit]
says...
こんばんは。

お、こんなのでも合格ですか?
味はまあまあでした。

白インゲン豆みたいなのがありまして、それで白あん&黄身餡を作ったことがあります。
それはまあまあでした。
それに、この間レッドキドニービーンズを茹でたんですけれど、まあ、小豆の代用になるかもって思いました。
おそらく、きび砂糖の代わりに黒糖を使ったら、違いは全くわからなくなるかも。

コメントありがとうございました。
2016.07.09 22:39 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こちらにもありがとうございます。

いやぁ、この写真。
こんななら載せるなってぐらい見かけはアレですけれど、味はそこそこでした。
そりゃお店を出すにはなんですけれど、私は十分幸せでしたよ。

で、日本にいたときは「こんなものが作れるはずはない」と思っていたものが、実は意外と簡単だということがわかりました。
見かけを完璧に作るのは、ものすごくハードルが高いんですけれど。

あ、ピクニックには向きませんよ(笑)
蒸篭で蒸した手のほかほかを食べたいですから。
餡子餅も温かいうちの方が美味しかったです。

ピクニックはやはりパンとチーズとザルツィッツとワインでしょうか。

コメントありがとうございました。
2016.07.09 22:44 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

あはは、鯛焼きは二つ理由があって無理です。
ひとつは型がないこと。もう一つはこのあたりは都市ガスが通っていないので、電氣、それも凸凹がないガラスのトッププレートのコンロで調理するんです。

緑豆はないですね。空豆も枝豆も見た事ないなあ。白あんは白いんげん豆みたいなので何とかなります。私は黄身餡が好きなので、時々作っていますよ。

あと、餡子の代わりに日本でいうモンブラン(こちらではフェルミセルと言います)に使うマロンペーストをつかうことも出来ますね。

ふふ、もっと和菓子が食べたくなりましたか? さあ、今すぐ和菓子屋さんへGO!
(回し者か!)

コメントありがとうございました。

2016.07.09 22:51 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

麦とろろご飯は無理ですね。
とろろ芋ないですから。
麦はあるけれど。

冷やし中華はですね。パスタに重曹を入れて茹でることでかんすいの役割を果たし、中華麺っぽい味とコシにできるんですよ。これに卵とかハムとか胡瓜とか椎茸などを用意し、醤油、レモンもしくはホワイト・バルサミコ酢、もしくはタヒン(中東の胡麻ペースト)などの組み合わせでかなりそれっぽい味に出来ます。

ま、日本の方がよく送ってくれるそうめんで冷やし素麺作る方が簡単ですけれど。

あんこう鍋か。実は日本でも食べたことがないので、さほど羨ましくないです。知らないって恐ろしい。
でも、時おり、日本の和牛や黒豚もしくは比内地鶏のような本当に美味しい肉が恋しくなることはありますよ。

コメントありがとうございました。
2016.07.09 23:21 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

あ、ポテトマッシャーのようなもののかわりに、ブラウン・マルチクイックという回転ミキサーのようなもので潰しているんですけれど、皮も一緒に潰れてしまっているかも。
たぶん皮を食べた方が繊維としてお腹にもいいと思うので、こし餡は日本に行ったときの楽しみにすると思います。
(ザルでちゃんと漉す手間が惜しいのかも……orz)

今日は久しぶりに日本人のお宅にお邪魔して
先日日本から持って帰っていらしたタケノコでタケノコご飯をいただきました。
本当に美味しかったです。
友人がサンショウを育てていて、それが最高でした。

海外に住んでいると、普段はそれほど意識していなくてもやはり日本人なんだなあと思うことがけっこうあります。
秋に一時帰国するので、その時には思う存分食べようと思っています。

コメントありがとうございました。
2016.07.09 23:27 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
夕さん、ニマニマです~^^
さすが夕さんは作られるのですね。
私のお友達もなんでも作っちゃうんですよ。魔法使いみたい。
あ、夕さんも魔法使いだった・・・

メルボルンでは日本の食材はほぼ何でもそろうので、みなさん、あまり不自由は感じていらっしゃらない。欲を言えば、というのはあるみたいですけれど。
私の住んでいる田舎はなんにもないのですけれど、幸いなことに(?)私はあんまり食にはこだわらない方なので、問題なく暮らしております。
逆に、日本食が恋しくないかと問われて、うーん…とか反応すると、裏を勘ぐられて焦ります(^^;)

お。夕さんキャラと徹さんが肉まんバトルですと?(←あってる?)
楽しみだー^^
2016.07.10 00:18 | URL | #- [edit]
says...
こんにちは。

あ、私は魔法使いにはなれないので、こんな情けないビジュアルの物を作っちゃうのです。
それに、私はピンポイント(笑)

たぶんけいさんと感覚が近いのか、基本的には日本食そのものはそんなに「必要」ではないようです。
うち、連れ合いがさほど和食が好きではないので、普段はほとんど和食とは関係のない生活を続けて、特に苦痛は感じません。

こちらもチューリヒやジュネーヴなどの大きめの都市には日本料理店や和の食材を用意しているお店もあります。
田舎だと、まあ、キッコーマン醤油くらいはどんな田舎でも手に入りますが、豆腐は硬いし、場合によってはハーブ入りなんてありえない方法で売られているので「無理して食べないでも、日本に帰国したときでいいや」と思いますね。

でも、時おり「無性にこれが食べたい!」ってなることがあるんですよ。
まあ、今回みたいに自分で書いたことが引き金になることもありますけれど、NETで見たとか、思い出したとか、いろいろ。
そうなると作ってしまいます。

あ、徹さんはお行儀いいんですけれど、うちのキャラが、例によって……もごもご

コメントありがとうございました。
2016.07.10 15:04 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
焼き色の入ったあんこ餅、おいしそうです。
私は好んで食べる食品が少ないのですが(これ、人間としてどうよ><)和菓子は大好きなので、常に手に入らない場所に行くのは心細いです。
でも、そうかあ~、手に入らなければ作っちゃえと言うのは、名言。
夕さんならその辺で売ってあるものよりもきっとおいしいものを作れそうな気がします。
あんこって、ヨーロッパの人たちにはどう感じるんだろう……と思ったんですが、ご主人が喜んでくれて、何だかうれしい。
豆を砂糖で煮るって、そちらではあまりないかもしれないけど、豆じゃなくてこういう食べ物だ、と言ってしまえば、案外受け入れられるのかも^^
ところで、日本の食べ物で、ヨーロッパに人がどうしてもダメなものって、あるのでしょうか。
ちょっと知りたかったり・・・。(納豆はダメそうですよね^^;)
2016.07.10 22:53 | URL | #GCA3nAmE [edit]
says...
こんばんは。

和菓子もいろいろあるんですが、たとえば水ようかんや葛きりなどだと、さほどハードルが高くないかと思います。
それに白玉粉や上新粉が手に入れば、お団子の類いもわりと簡単に。
それよりも難しい和菓子だと手に負えなくなる可能性も(笑)

今はヨーロッパの大都市にはたいてい日本食料品店がありますので、和食がないと生きていけない方でもたいてい大丈夫だと思います。問題は田舎ですね。

私のようなビジュアルの物しか作れないのは論外ですが、みなさんけっこう手作りなさっているようです。

餡子は私の連れ合いは好きなんですけれど、実はあの人は餅が苦手です。
だから羊羹だとぱくぱくいきますが、「餅」がついていると私の独り占めです。
そして彼が死ぬほど嫌いなのは寒天。
もともとあんみつを注文して、混ぜずに上から食べてしまい、簡単だけが残った時のトラウマみたいで。

連れ合いはともかく、ヨーロッパでは餡子はあまり好評ではありません。
豆から出来ているというのが不評の原因です。特に女性は嫌がります。
ガスが出ると信じ込んでいる方が多いんですね。
豆といわなければ、けっこう喜びますけれど。

嫌がられる物は、納豆(腐った豆)やイナゴや蜂の子(昆虫)、くさや(匂い)などは予想通りですけれど
海藻サラダ、朝ご飯のみそ汁(香りが苦手らしい)、すき焼き用の生卵など意外な所にNGがあるんですよ。

私も彼の前では極力生卵ご飯は食べないようにしています。
一人の時は大喜びで食べていますが。

コメントありがとうございました。
2016.07.11 21:48 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1290-0f73c0be