scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

人生のポイント獲得

あいかわらず、ポケモンGOをやっている私です。ネットニュースを読むと誰も彼もがやっているみたいですが、周りの感触だと実際はそうでもないですよね。とくに創作系ブログをお持ちの方は、けっこう関心が薄い。もちろん今日もポケモンGOの布教で書いている記事ではありません。単にちょっと絡めて考えたことを。

私のように普段まったくゲームをやらない人でもポケモンGOはやっているタイプは、確かにいるようで、「なぜその人たちはハマるのか」というような記事を読んだんですよ。うろ覚えですけれど、要は、「目の前に出現した何かを自分のものにできるチャンスを逃すのががまんならない人間の性質に上手く訴えたゲームだ」というような論調でした。

そうかもしれません。それに、つまらないスズメや芋虫みたいなポケモンでもコツコツと捕まえることで、経験値が上がっていき、レベルアップするってことも。それが普段の生活と直結しているというのも大きいかもしれません。けっこう忙しい生活の中で、ずっとゲーム機の前に座っているわけにはいきませんが、通勤はいずれにせよ毎日するわけでその時間内で楽しめるわけですから。

で、話はようやくこれから本題です。

ゲームにしろ、趣味にしろ、仕事にしろ、人間関係にしろ、「ポイントを獲得してステージが上がる」っていうのは、誰もが求めることなんじゃないかなと思ったんですよ。

ゲームは、簡単ではないかもしれませんが、リセットもできるし放り投げることもできます。趣味もまあ、そうですね。どちらもどのくらいの生き甲斐になっているかによって、その人生における重要性は変わってきますけれど。

職業や家族・人間関係などは、「選択を失敗した」「思ったようにはレベルアップ不可能」と思ってもそんな簡単には放り投げられなくて、ずっと深く悩んだりすることになります。

だからこそ、その代替としての別の「ポイント獲得&ステージ向上」をそれぞれに求めるのかもしれないなと思ったりします。

例えば、Twitterやインスタのフォロアー数、SNSの友達数や「いいね!」の獲得に夢中になってしまうことや、戻りますけれどポケモンの捕獲に目の色を変えてしまうこと、果てはおつき合いする異性の獲得数やステータスをその舞台に選ぶことも。もうひとつ例を挙げると、ブログで小説を発表して、「読んでもらえるか」「感想をいただけるか」「拍手をもらった!」と一喜一憂することもそういう行為なのかもしれません。

いや、反対に小説の方がメインの願いで、代替行為が仕事やら家事だったりする場合もあります。それのどれがよくてどれが悪いというわけではありません。基本的には。誰かに迷惑をかけていない限り、それはその人の人生ですから。

そして、どこかでポイントがたくさん獲得できて、さらにステージがどんどん上がると、他のことはどんどん念頭から追い出されていく、そんな風に感じます。婚外恋愛にうつつを抜かして、家族をないがしろにするなんとこともあるでしょうし、ポケモンGOに夢中になりすぎて仕事が疎かになることもあるでしょう。どこかでは小説がガンガン更新されるようになり、また別のどこかでは連載途中なのに広告が出っぱなしになる。

では、自分はどうなのかなと考えると、まだポケモンGOは仕事や家族や旅行や、そして何よりも小説ほどの価値は持っていないようです。SNSの「いいね!」がなくても焦ることもないですし、異性にモテるなんてことはハナから勝負しようと思ったことも無し。

結局のところ、私は実人生でやりたいことをやって、そこそこのポイントを獲得し、レベルアップしてきて、上にはずーっと上がいようとも氣にせずに暮らせる、かなり恵まれた幸せな状態にいるのかもしれないなと思いました。
関連記事 (Category: 思うこと)
  0 trackback
Category : 思うこと

Comment

says...
確かにポイント集めということではまさに良いゲームだと思います。
色々な場所に行くきっかけにもなるかもしれませんし、
地道にポイントを集めるのは人の心理を突いてますからね。

・・・生憎、全く興味が湧かないのですが。
もともとポケモン自体人生で一度もやったことがないので。。。
ポケモン世代なのに。。。

それでも流行っているのは良いことですね~~。
楽しいのも良いことです。
私は今のところ小説で一杯いっぱいですね。
2016.09.03 07:24 | URL | #- [edit]
says...
 道端でパフォーマンスを繰り広げる大道芸人をゲットし、ネットに晒すのだ。訪問者のイイネが経験値。一定数超えるとレベルアップ。レベルの上がった大道芸人を口説いてステージに上げ、勝ち残るとボーナスポイント。そしてプロデューサーの八少女さんウハウハ。
2016.09.03 14:07 | URL | #eRuZ.D2c [edit]
says...
こんばんは。

まあ、別に無理してやることもないゲームですよ。
ゲームって、基本はやりたい人がやればいいんで、ブームだからという理由でやることはないと思います(笑)
外出が億劫でなくなるという意味では、出不精にはいいかなと思います。
私とっても出不精なんで。
ちなみに私もポケモンどころかゲームをまったくやらない人でソリティアぐらいしか。

私はポケモン自体は通勤時にやっているのであまり関係ないんですが
それ以外のことがいろいろとあって、小説はあまり進んでいないです。
プロでないのが幸いで、時間のある時に粛々と進めようと思っています。

コメントありがとうございました。
2016.09.03 22:33 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

あはははは。いい案ですが、うちの大道芸人たちって4人しかいない。ポケモンGOの150種類以上と比較するつもりはないですが、あまりに少ない? あ、全作品のキャラでもいい? だったら250人はいるはず。

そういうウハウハで暮らせたらいいなあ。
(考えるだけ、時間の無駄とも言う)

コメントありがとうございました。
2016.09.03 22:39 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
やればやるほどレベルが上がるのはどのゲームも同じですが
移動中も常に気になるのがいいんでしょうね

ただ、現実逃避(?)にハマりすぎる人が増えると社会的にはちょっと困るのかなとも思ったり…
突き詰めると麻薬とあまり変わらない気もするし…
私は特に困らないのでいいのですが
2016.09.04 06:43 | URL | #- [edit]
says...
私もポケモンGOしてますよ♪
ウォーキングがてらやったら楽しいです٩(ˊᗜˋ*)وただ最近暑くてウォーキングする気が起きず放置気味(´・_・`)涼しくなったらまた再開しようかと思ってます。
一緒にやってる人がいると楽しいかもです。うちでは父がやり始めたので「こっちでたよー」とか「あそこでレアポケモンとったよー」とか会話が弾みます♪友達にも勧めたんですが、「自分は絶対周りが見えなくなって人にぶつかるからやらない」って断られてしまいました(ーー;)

ぬ?八少女さんツイッターされてます??もしされてたらフォローミーですよ(๑˃̵ᴗ˂̵)و 私もやってるんです♪でもお友達少なくて寂しい(´・_・`)
ブログやsnsで反応もらえることは嬉しいですが、あまりたくさんの人が集まってしまうと逆にプレッシャーになりますよね(^_^;)言いたいことも制限されてしまったり、のめり込んでしまって世界がそこ中心になってしまってる人を見ると考えものだと思います。といいつつ、私はブログ放置なのでもっと創作したいなぁでも何にも頭に浮かばないわーorzと落ち込んだりしてます(ーー;)自分のブログなんで好きにすればいいんですけどね(^_^;)
2016.09.04 13:21 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

そうですね。
あくまで私の場合ですが、通勤中にできるのがいいかなと思います。
反対に言うと、家でもできてしまって、さらにそれに夢中になると他のことをやる時間がなくなるじゃないですか。
外じゃないとできないので、家では普通に暮らせると(笑)

どんなことであれ、現実逃避にハマるのは困りものですよね。
やはり、普通の社会生活ができてこそだとは思います。
反対にだからこそ、私は他のゲームには手を出さないんだと思います。
けっこうハマる性格なんで。

コメントありがとうございました。

2016.09.04 19:57 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

おお。創作系のブログのお友だちでポケモンGOやっていると伺ったのはたおるさんが初めてかも。
ご主人がとか、弟さんがとかいうお話はあったんですけれど。

私は、いい歳してかわいいものに弱く、最初に出てきたフシギダネやゼニガメがかわいいので何となく続けてしまっています。
あ、最近いろいろと強いのも出てくるようになりましたが、きもち悪いのもいますね。図鑑用にひとつはキープしますが、あとは博士に送ってしまいます(笑)

私はウルトラ出不精なんですが、ポケモンGOのおかげでけっこう出かけるようになりました。
ド田舎なので、本当の通勤途上だけだと、ポケボールも不足するし。
ああ、そうか、そちらは今は暑くてそれどころじゃないですよね。
こちらはかなり爽やかなので亀の歩みですが、少しずつ続けています。

そして、私はFacebookはするんですが、Twitterやインスタはやっていないんです。
嫌だというわけではないんですが、発信したいこともないし、いろいろとアカウントが多すぎると思っていて。
Facebookは、リアルの友人に近況を報せるというスタンスでやっていて、ブログとすみ分けています。

作品を発表する場と交流する場がブログ中心になっていますね。
エブリスタは最近放置でログインもしていないので、そろそろ何かしようかなと思っていますが、反対にブログの方で風呂敷を広げすぎているので、少し片付けてからと思って、どうもままなりません。もっと散らかっていく感じです。

そうですよ、ブログも、それにその他のいろいろなアカウントも、ご自分の好きなようになさるのが一番ですし、どれにどう時間をかけるべきなんて決まりはないんですよね。

お互いに楽しくやりましょうね。

コメントありがとうございました。
2016.09.04 20:09 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
初めまして! みんもっこす と申します。
ポケモンGOの中に、人生と社会を見る・・!
とっても 面白い記事でした。
(ちなみに、私はドラクエとFFの世代なのでポケモンはやってませんが…)

ゲームでは、ボールを当て損ねる=失敗=ムダ となってしまいますが、
人生では、むしろ、失敗して成長することも目的。
そんな、いろんな人生を、自由に書く事ができるから、
小説はゲームよりも面白いんじゃないのかな?

なんて思う事ができました。
いいきっかけを ありがとうございました。
2016.09.07 15:22 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。そして、はじめまして。

時々お邪魔しては読み逃げしていました。
ドラクエやファイナルファンタジー、皆さんやっていらっしゃいますよね。
実は、どちらもやったことがなくて、こちらで日本ゲームオタクに「え。日本人なのに?」と驚かれています。

本来のポケモンは、一度も遊んだことがなく、更にアニメも見ていなかったので、ピカチュウしか知らなかったのですが、なぜかポケモンGOだけはまだ脱落せずにやっています。なぜなのかしら。

さて、本題の方ですが、ゲームそのものも、失敗を重ねて慣れて上手になる部分もありますし、それは例えばスポーツでも同じかなと思います。ただ、それが人生における経験にはならないというのはその通りだと思います。
人生の方は、ゲームのようにリセットはできませんけれど、一つひとつの経験を重ねて成長するのですよね。

小説は、人によって書く題材がまったく違って、「エンターテーメントしか書かない」方もいますけれど、私の場合は「人生のことをひとつのテーマに沿って書く」ことにしているので、経験も失敗もまったく無駄にならないなと思っています。

あ、ステージはまったく上がりませんけれど(笑)

こんなふうに、小説のこと以外でも、興味深い意見の交換ができるのもブログの楽しみですよね。

これからもどうぞよろしくお願いします。

コメントありがとうございました。
2016.09.07 22:01 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1315-c7eb166e