scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

【写真】20枚の写真

scriviamo!


「scriviamo! 2017」の第三弾です。ポール・ブリッツさんは、引き続きプランBでのご参加もしてくださいました。プランBは、まず先に私が書き(描き)、それに対して参加者のブロガーさんが創作作品や記事などを書いてくださる参加方法です。下記のようなリクエストをいただいています。

「これはないだろう」というような無理難題をお待ち申し上げております。


SなんだかMなんだかよくわからないポールさんですが、どうやったら無理難題を出せるのか、しかも失礼にならないように。最初はいつだったか嫁に出したうちの美穂とポールさんところのポールに波風でも立てるかなどという案も考えたんですが、つまんなかったので却下。

というわけで、こちらが書く小説での挑戦はやめました。下に書くことを読んだ方は「ひどい」とお思いになるかもしれませんけれど、私だってやりたくて無理難題を考えだしているわけじゃないんですよ。あくまでもご希望なので(笑)


「scriviamo! 2017」について
「scriviamo! 2017」の作品を全部読む
「scriviamo! 2016」の作品を全部読む
「scriviamo! 2015」の作品を全部読む
「scriviamo! 2014」の作品を全部読む
「scriviamo! 2013」の作品を全部読む



20枚の写真
——Special thanks to Paul Blitz-san


scriviamo!は、イラストや写真などでも参加できるので、それを使ってちょっと変わったお題を出したいと思います。

以前、66666Hit記念で、みなさまから募集した35個の名詞を使って小説を書いていただく企画をやったことがありますが、あれの写真編をやってみたいと思います。

下に表示されているのは、すべて私が撮った写真です。20枚あります。スイスのものもありますし、他の国のものもあります。

この写真のうち、少なくとも5枚を使って、その情景に上手く合うようなストーリーを作っていただきたいと思います。

写真には、純粋に写真に興味を持ってくださる方のために、下に説明文が添えてありますが、それがどこのものか、実際にどういうシチュエーションで撮ったものかは無視してくださってけっこうです。目で見た写真とストーリーがマッチしていればそれでOKです。順番ももちろん関係ありません。

もちろん20枚全部を使っても構いません。複数の作品にしていただいても構いません。(一篇に写真5枚以上は必須ですが)

写真の著作権は放棄しませんが、この企画で使う場合に限り、ご自由にダウンロードして作品に貼付けていただいてけっこうです。

ちなみに、ポールさん以外の方で「面白いから私もやりたい」と思われる方もどうぞご自由にご参戦ください。



scriviamo! 2017 Photos (1)
教会の祭壇です。聖母子像ですね。

scriviamo! 2017 Photos (2)
こちらはホテルのレストラン。

scriviamo! 2017 Photos (3)
八月になるとトウモロコシがぐんぐん育って、背の高さを超えると「夏も終わりだ」と実感することになります。

scriviamo! 2017 Photos (4)
昔の街並の残る旧市街は壁で囲まれていて、そこに入るのにこうした門を通っていくことが多いです。

scriviamo! 2017 Photos (5)
秋のエンガディンは金色に色づいた落葉松が印象的です。

scriviamo! 2017 Photos (6)
とある公園にて。黄葉の下でまどろむ彫像。何を夢見ているのでしょう。

scriviamo! 2017 Photos (7)
空港はいつもドラマの予感。長距離フライトがあまり好きではなくなった今でも、ここに来るのはやはりちょっぴりときめきます。

scriviamo! 2017 Photos (8)
雪の止んだ月夜。普段よりも幻想的な光ですね。

scriviamo! 2017 Photos (9)
ホテルのロビーにて。私たちの旅行では、ここでいろいろとドラマが生まれているのです。

scriviamo! 2017 Photos (10)
これもホテル。でも、立派なお屋敷もこういう感じなんじゃないかしら。

scriviamo! 2017 Photos (11)
ちょっと特殊な写真ですね。

scriviamo! 2017 Photos (12)
これはイタリアとの国境です。時おり誰もいません。フリーバス。

scriviamo! 2017 Photos (13)
これはマッジョーレ湖ですかね。南国の明るさにあふれた湖水です。

scriviamo! 2017 Photos (14)
時計博物館で撮った写真です。アンティークのものですけれど、自宅にあったらちょっとこわいなあ。

scriviamo! 2017 Photos (15)
これも冬の夜。なんてことのない光景ですけれど心うたれたのでパチリ。

scriviamo! 2017 Photos (16)
これはポルトで撮った写真。洗濯物は生活感あふれています。カラフルなところが氣にいりました。

scriviamo! 2017 Photos (17)
ポルトの夜景です。

scriviamo! 2017 Photos (18)
会社の近くにある教会の外にある彫刻。レンギョウの花の咲く季節ですね。

scriviamo! 2017 Photos (19)
イタリアとの国境に近いブレガリア地方にて。黄色いバスはこの辺りの唯一の公共交通機関です。

scriviamo! 2017 Photos (20)
我が家の近くにて。たまにこういう空の色が見られます。


【追記】
ポール・ブリッツさんがお名前のごとく稲妻スピードでお返しを書いてくださいました。しかも物足りないからとご自分でハードルをあげられたようです。ありがとうございました!

ポールさんの書いてくださった小説「キングも知らない


関連記事 (Category: scriviamo! 2017)
  0 trackback
Category : scriviamo! 2017

Comment

says...
どれも素敵な写真ですね。

なかでも秋の二枚、マッジョーレ湖、会社近くの教会の写真に惹かれました。
公園の黄葉は銀杏でしょうか?
それと、鍵、時計、冬の夜、ポルトの写真は、素材って感じがします。

いま取りかかっているscriviamo!用の小説に、何枚か使わせていただきますね。
2017.01.12 04:11 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
その喧嘩買った!(笑)
2017.01.12 14:27 | URL | #0MyT0dLg [edit]
says...
こんばんは。

色がきれいに出るとウデを隠してくれますよね。
会社の近くの教会は、ものすごく独創的な形をした現代建築で、その外にこういう彫刻があります。
レンギョウがきれいに暈けてくれたので、お氣にいりの写真になりました。

公園のはご指摘の通り銀杏です。私の住むところにはなくて、これはイタリア側、ルガーノの写真です。

あ、TOM-Fさんも使ってくださいますか。
どんな組み合わせになるのか、楽しみにしていますね。

コメント、ありがとうございました。
2017.01.12 22:14 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

あはははは。ポールさん、燃えているなあ。
楽しみにしていますね。

コメントと、報復宣言(?)ありがとうございました。
2017.01.12 22:16 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
写真だ!
このアイデアもいいですね。やっぱり夕さん、企画や提案の発想が素敵。
どの写真も魅力的だけど、お題だと思ったらすごく難しいですね(笑)
日本の写真だったら、もしかしたらこういうの、チャレンジしてたかも!
素敵なお題でした^^(自分が受けてないから、ただ楽しむw)
2017.01.12 22:50 | URL | #GCA3nAmE [edit]
says...
夕さん、どもどもです^^ 少しづつブログ復帰です^^
写真素敵…(*u_u)

ー 私も空港大好きです。夕さんはやはり Swissair を撮られるんですね。私も Qantas を撮るのでなぜかほぉと思っちゃいました。
ー 雪のやんだ月夜ー幻想的ーその場に居たいですー
ー 国境には興味津々です。今も国境のない大陸に住んでいるので。州境を通過するだけで感慨深くなる。国境の通過って…?
ー ポルトのぎっちり干してある洗濯物と衛星アンテナがウけた。ここで生きてるって感じがします。
ー 冬の月夜。見たのは月ではなくて、お家の屋根(すみません)。夕さん宅?ご近所? なぜかというと、とんがっているから。これは雪対策でしょうか? うちの方はうちもそうなのですが、平屋で三角トップの緩い屋根なので、このシャープな屋根に目が行ってしまいました。

以上、5ピックでした^^
2017.01.13 02:18 | URL | #- [edit]
says...
う~~む。やはり良い写真ですねえ。
(*´▽`*)

私はヨーロッパ圏内には行ったことがないですからね。
こういう写真は嬉しいですね。
日本にもアジアにもない文化・・・。。。
そういうものが感じられる写真ですね。
2017.01.13 12:30 | URL | #- [edit]
says...
これはなかなか面白い企画ですね。
写真もそれぞれ素敵です。上手に撮られるなぁ。
サキが下手くそなだけに羨ましいです。
中でもスイスエアーと鍵に、なんだか反応してしまいます。

ポールさんのレシーブを楽しみに待ってます。
なんかハイテンションだし!
サキはレシーブを済ませたのでちょっと余裕です。
2017.01.13 12:40 | URL | #0t8Ai07g [edit]
says...
書いたぜ~。

疲れたぜ~。

ちょっとハンディつけたぜ~(笑)
2017.01.14 14:49 | URL | #0MyT0dLg [edit]
says...
こんばんは。
昨夜は珍しく飲み会で、返信が遅くなりました。すみません。

そうですね。
けっこうひどいことをしていると思ったんですが、ポールさんには簡単すぎたそうです。

日本の写真かあ。
来年は日本編と海外編とわけてみようかな。

単純に写真の記事としても楽しんでいただければいいかなと思って書いたので
楽しんでいただければ嬉しいです。

コメントありがとうございました。
2017.01.14 19:26 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。
昨夜は珍しく飲み会で、返信が遅くなりました。すみません。
お疲れはでていませんか?

写真、下手なくせに好きで、つい最近また新しいカメラ買ってしまいました。
ここにあるのは、新しいカメラで撮ったものはないんですけれど。

Swissの機体を撮ったのは、私がそれに乗ったからなんです。
チューリヒ空港って、スイスのゲートが固まっていて、他の会社の機体はずっと遠く(笑)
日本に来て「おお、JALとANAがいっぱいいる!」って興奮しました。(子供か)

「雪のやんだ月夜」この写真は、自分でも氣にいっているんですが、偶然の産物で、どうやったらまた撮れるのかわからないんです。自宅の台所から見える光景で、いま正にこういう感じなんですけれど。

国境は、笑っちゃいますよ。
もっと物々しいものだと思っていたんですけれど、県境と変わりなくて。
前はそれでもパスポート位は見てくれたんですが、最近は人もいないです。
でも、違法な移民が増えたので、また逆行するかもしれませんね。

ポルトの洗濯物とアンテナは、正に生活って感じがしますよね。

そして屋根ですけれど。
うちのすぐ前ですね。
真っ平らだと屋根が危険なのですが、あまり急高配でも危険なので微妙な傾きのはずです。よくわからないんですけれど。
屋根からの雪や、家の前の雪でけが人がでると、住んでいる人の責任になるので、みなさん対策には余念がないんですよ。

面白がってみていただけて嬉しいです。
コメントありがとうございました。
2017.01.14 20:14 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

日本の馴染みのある光景や、アジアの独特の光景も大好きなのですが、やはり住んでいる周りの写真が多くなるので、私の写真の圧倒的多数はヨーロッパのものになりますねぇ。

私にとっては日常の写真が多いのですが、日本のみなさんにとってはかなり異国の写真になるんでしょうね。
喜んでいただけてありがたいです。

コメントありがとうございました。
2017.01.14 21:39 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

写真って本当に奥深い世界で、やってもやっても、写真の上手な方のようなものが撮れないんですが、
たまに(レベルは全然違っても)「お。これはかなり氣にいったかも!」な写真がとれるんです。
そして、ウデのない人には、カメラも大切で、私はいろいろと失敗した結果
可能な限りオートマ車に近い、でも、最後のところは自分で変えられる、そういうカメラを探すようになりましたよ。

空港の写真って、旅立つ前の「いくぞ!」というトキメキが甦るので私も好きなんです。

ポールさんのテンション、ええ、すごく高いですね。
「簡単すぎ」たそうですよ。
ともあれ、遊んでいただけてありがたいことです。

コメントありがとうございました。
2017.01.14 21:47 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

早いのと、意地で全部使うのは予想していましたが……ポールさんらしいなあ。

ありがとうございました。
後ほど、あちらにコメントと、こちらにリンクを追加させていただきますね。

素晴らしい作品でのご参加、ありがとうございました。
2017.01.14 22:06 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1376-ff4a9ce9