scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

某キャラクターの風貌

すみません。はじめから謝っておきます。今日の記事は時間稼ぎです。しょーもないな。

つい先日、大海彩洋さんにscriviamo! 2017の参加作品を読ませていただいて、コメント欄でお話ししていて氣がついたんですけれど、「郷愁の丘」まだ主人公のひとりの風貌を描写していませんでしたね。っていうか、本編ではまだ登場していなくて、番外編「最後の晩餐」では本人目線だったので、描写するところがなかったんですけれど。

で、何もここで開示することもないとは思うんですけれど(小説を読んでもらえ、設定なんかいちいち語るなって、話もあって)、でも、隠すほどのことでもないし、しょっちゅう読んでくださる方に脳内イメージを植え付けてしまえ、ということで、私が頭に浮かべている風貌をここでお見せしちゃいます。

そう、「書きます」ではなくて、「見せます」なんですよ。下のYoutubeのジャケット絵、この方が私の中のヘンリー・G・スコット(グレッグ)のイメージなんです。表情も含めて。この方は、前にもご紹介しましたが、最近私が大好きなサン=プルーというフランスの作曲家です。


Le Départ
Album "Le Piano sous la Mer" (1972) by Christian Langlade a.k.a Saint-Preux.


Final
Album "La Passion" (1973) by Christian Langlade a.k.a Saint-Preux.

彩洋さんは、もっと若くてカッコいい男性をイメージされていたように思いますが、(あ、サン=プルーがカッコ良くないという意味ではなく!)身もふたもなく言うと「野暮ったくていまいち自信の無さそうなヒゲのおっさん」です。こういう人が、実は私の心の琴線に触れるんですよ。そういえば「黄金の枷」シリーズの23もヒゲ面だったな。べつに髭フェチでもないんですけれど、毎朝ブラウンの電動ひげ剃り機で完璧に剃っているようなエリートっぽい男性って、私の小説ではあまり表には出てこないようにも思います。そういえば、グレッグの対比として登場するためにまたしてもお借りしているTOM-Fさんのところの超有名ニュースキャスターは、きっと身だしなみを完璧に整えているエリートですよね。

上の二つは、単にサン=プルーの顔をお見せしたくて選んだ曲ですが、下は「郷愁の丘」のエンディングテーマとして、勝手にマイ・プレイリストに入れている曲です。


Saint-Preux: Le Piano d'Abigail 1ere partie
関連記事 (Category: 構想・テーマ・キャラクター)
  0 trackback
Category : 構想・テーマ・キャラクター
Tag : キャラクター紹介

Comment

says...
サン=プルー、以前に紹介なさっていた「The last opera」をウォークマンに入れていて、小説書きながらときどき聞かせてもらっています。
クラシックのエッセンスがちりばめられた音楽で、耳触りがとてもいいですよね。心地よすぎて、睡眠不足のときは子守唄になるので、まずいですけど(笑)

なるほど、なるほど。八少女夕さんのお好みのタイプは、ちょっと頼りなげで、とても優しそうな男性なんですね(ってそういうことじゃないかw)
アフリカの大自然のなかで、こういう男性に出会ったら、そりゃクラッときますよね。

そうそう、ウチの朴念仁ニュースキャスターのビジュアルは、映画「JFK」で検事を演じていたケヴィン・コスナーです。あと映画「アンタッチャブル」の役人とか。
ザ・アメリカン・エリートって感じでしょ。そのくせ、プライベートでは残念な人ってのが、ワタシ的にはツボなんですよ(笑)
2017.02.02 11:45 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
こんばんは。

おお、TOM-Fさんにも氣にいっていただけましたか。
そうなんです。とても心地いい音楽ですよね。
ちょっと映画音楽っぽいところもあるので、BGMとしてはいい感じですよね。

そして、私の好みの男性は、もっとラテン系で……なんてことはどうでもいいのでしたね(笑)
ただ、惚れ惚れするいい男って、ほっておいてもみんなが寄ってくるし、才能があったら成功するだろうし、なんか物語を書く隙がないんですよね。
ましてやジョルジアみたいにこじれていて、自分の殻から出るのだってようやくな人間が近寄れるかというと、ほとんど無理(除く・マッテオ兄ちゃん)
だから私が書く人物は、多かれ少なかれ、みんな「ぐるぐる」しています。ま、そういう小説ブログだし(開き直り?)

ああ、そうでしたよね。ケヴィン・コスナー、カッコいいですよね。
「ボディガード」ではズキューンとやられましたよ。
しかし、なんでいまだに独身なんだろうなあ、ジョセフ。謎。
その後のお話もそろそろ読みたいな〜。綾乃ともご無沙汰しているし(おねだり)

しょーもないネタに反応してくださり、コメントありがとうございました。
2017.02.02 21:38 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
十分にいい男に見えますよ。「むさい」=「いい男ではない」ということにはなりませんからね~(*^_^*)(と、私とか夕さんが言っても、あまり説得力が無いのか)
いや、私は全然スコット博士が若いイケメンだとは思っていませんでした(そんな、きっぱり言っていいのかしら.でも、夕さんのタイプはなんとなくイメージしていましたから)。
あ、でも人物紹介記事の中に37歳と書いてあったので、私の感覚では全然若いですけれども(ネイサンは40歳、そしてうちの数いるおっちゃんたちは40~70台を網羅)。それに、この風貌なら十分にナイスガイです。しかも私のイメージの中のネイサンはもっとむさいおっちゃんです。で、このむさいネイサンと野暮ったくて自信なさげなスコット、両者ひげ付き、これから一緒にシマウマを見に行くってところを考えると、結構楽しいですね(*^_^*)

でもTOM-Fさんの「ザ・アメリカンエリートなのに残念な人」ってのにも1票です(^^)
私もこの手の残念系、かなりツボります。えぇ、ジョルジョ・ヴォルテラをみて頂いたら分かるとおり、かなりいい男で、一見どこにも隙が無いのに、実は相当残念ポイントがあるという……暴君だし(世間で言う実は格好いい暴君ではない)、料理については小姑みたいにうるさいし、どこか打たれ弱いし、全然駄目じゃん、ってのが私もツボなんですよ~
要するに、人間として生理的に駄目というようなのは別にして、外見だけでも中身だけでも決まらない、誰かをツボらせる「なにがしかの魅力」があればいいような気がしています。
でも、実際の人物としては、むさくて自信はなさげだけれど優しい男のほうが、一見パーフェクトなのに実は残念な男よりも、絶対アドバンテージはあると思いますねぇ。こちらもう乙女な年齢じゃないし(^^) 後者は、残念な部分がどこで、その残念を打ち消す何かがあるかどうか、ってのが大事なのかな。
2017.02.03 05:00 | URL | #nLQskDKw [edit]
says...
こんばんは。

あはは、サン=プルーはいい男だと思います。
あんな素敵な音楽を作れるのだからそうに決まっている。

でも、外見だけ似せてイメージした誰かさんは、まあ「いい男」ではないだろうな。
「いい人」ですけれどね。一字ですが大きな違いだなあ。
これ、あれですよ。「いい人なんだけれどねぇ」「お友だちでいましょうね」と言われるという意味での「いい人」です。

そして、今から謝っておきますが、この人、全然ナイスガイじゃないので簡単にはお友だちになれないです。喧嘩は全くしませんけれど、そもそもネイサンの方が友達になりたいと思うタイプじゃないと思います。嫌いとか感じ悪いというような強い感情ももたれずに、後から「あれ、ところで、どこで逢った人だっけ」と詳細を忘れられるタイプなんです。そのかわりにちゃんと速攻で親しいお友だちになれるもう少し取っ付きのいい連中を投入しますので、ご安心ください(?)

TOM-Fさんのところのジョセフにしろ、竹流にしろ、「○○なのに残念」という残念の割合がかなり低いキャラクターは、それはかなりポイント高いんじゃないでしょうか。なんせ竹流もどんなに残念ポイントがあっても真だけでなく珠恵ねえさんをはじめとして女の方もみんな離れたくないみたいだし。あ、ジョセフは何でまだ一人なんでしょうねぇ。マッテオみたいに遊び足りないわけでもなさそうなのに。

うちの主人公にはそういうのあんまりいないなあ。サブキャラにはちょこちょこいますが、どちらかというと「笑える」タイプばかり。(拓人とか、レオポルドとか)とくにニューヨークシリーズは、人からお借りしたキャラ以外に萌えキャラは全然いませんね。絵にもなりにくいみたいで、イラスト化もさっぱりですしねぇ。

彩洋さんに反論するみたいになっちゃいますけれど、一見パーフェクトで少し残念な人、つまり竹流系の人はアドバンテージ高いですよ。その証拠にあれだけモテているじゃないですか! 本命にだって(笑)
「誠実で優しいけれど、いい人ってだけじゃね、悪いけれど」「女は少し悪い男に惹かれるの」っていうのもある種の真実で、「いい人だけ」の人は「かなりパーフェクト+ちょい残念」の人ほど報われない悲しい現実もあったりするんですよ。そこに、「だけどこの世の中には一人くらい蓼喰ふ虫もいる」という夢物語を書くのが、私は好きなんですよね〜。

まあ、こういう物語を書きたくなってきたということ自体、歳とったってことなんですよねぇ。orz

コメントありがとうございました。
2017.02.03 23:21 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
ああ、確かに風貌のイメージはありますよね。
おぼろげなので、まあ具体的に描いてくれたら固定化するのですけどね。
基本的にはじめに描いてもらえたらそれで。。。ということもあるのですが。私の場合、心理描写中心なので、なかなか外観の描写はないのですよね。読むヒトのイメージに任せてますね。
(^_^;)
2017.02.06 09:15 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

外見が重要なこともあれば、どうでもいいこともあるので、作品によりけりですが、他の方は「かっこいい」もしくは「美人」などの場合により描写が多くなるように思います。私は逆ですね。どちらかというと「素敵!」と言ってもらえないタイプの人の方が重要な役割を果たすことが多いので、それはイメージが湧きやすくなるように描写を入れます。
もっとも今回はイレギュラーで、まだその描写がでてくる前にコラボで登場してしまったのでちょっと慌てました(笑)

そういえばLandMさんのところは、イラストがあるものは別として外見が具体的じゃないキャラが多いですね、たしかに。
重点が別のところに置かれていて、そういうものが必要ではない小説なんですよね。

コメントありがとうございました。
2017.02.06 22:06 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1384-39e8ce1d