2017 02 123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 03

過去のことではなくて

Posted by 八少女 夕

今日は別ののんきな記事を予約投稿しようとしていたのですが、よく考えたら3月11日であまりにもノーテンキかなと思いそちらの記事は別の日にアップすることにしました。

周りを見て、「不謹慎と言われるかもしれないから」という動機で記事を書くのは好きではないのですが、それでも、ここしばらく思っていることを書くのに、この日は最適です。

こちらのドキュメンタリーで、関東大震災の時に何が起こったかを見ました。地震による被害だけでなく、その後起こった火事、それから熱風の竜巻で多くの方が犠牲になったこと。あまりにも痛ましい再現ドラマでしたが、もし同じことが再び起こるならば、その場に残ってはいけないのだと強烈に印象づけてくれる番組でした。東日本大震災の再現ドラマも、いざという時に生死を分ける正しい判断をするために、つらくても放映し、情報を共有した方がいいのでしょうね。

日本に住む方にとっては地震・火山・津波・台風など大きな自然災害は、過去のことや他人事ではなく、明日自分の身に起こるかもしれないつらい現実です。

一昨日、スイスの中央部で地震がありました。私の住む東部では「あれ。脱水機動いていたっけ」と勘違いする程度のわずかな揺れで、おそらく日本なら毎週あるぐらい。アルプス山脈という大きな地殻変動があったところにしては、スイスは地震が少ないのです。歴史上の最大の地震カタストロフィはおそらく中世にあったバーゼルの大地震でしょうか。

少し南に行くと、イタリアでは何度も大きな地震災害が起きていますから、ヨーロッパにいれば安全というわけでもないのですが、四つのプレートの真上に住む日本の方々からしてみたら「安全なところから何か言っているヤツがいる」存在なのかなと思います。

海がないので、津波の被害にあうこともまず考えられません。それだったら、おそらく雪崩に巻き込まれるか、ダムが決壊して巻き込まれる可能性の方がずっと大きいかと思います。

東日本大震災の起こった日、私はスイスにいましたので、あの日がどんなだったかの実感はありません。テレビで観たこと、家族や友人から聞いたことから、頭で理解していただけです。世界が変わってしまったと国中で人びとが悲しみ怯えていたその氣持ちを本当の意味では共有していません。

「311が風化していっている」という話をあちこちで聞きます。まだ被災地は復興していないし、大きな問題が依然として残っているのに、まるで何事もないかのように扱われているという話も聞きますし、私自身が日本に帰国する度にそれを思います。

昨年の一時帰国の時に「シン・ゴジラ」を観に行ったのですが、あの作品を見ながら「その解決策、フクシマに使えたらいいのに」と思った観客はたぶん私だけではないと思います。

目に見えない健康被害を受けている方、行方不明の方を未だ探し続けていらっしゃるご家族、避難先でのいじめに耐える子供たち、風評被害と戦う農家の皆さん、その他、あの震災で人生の青写真が大きく変わってしまった人びとのことを考えると心は痛みます。それでいながら、あまりにも問題が大きすぎて、手を差し伸べることが不可能に思えてしまい、氣がつくと考えないようにしている自分がいます。

見えないように蓋をしても、それは解決にはつながらないことはわかっています。でも、ヨーロッパで暮らしていれば、テロやなだれ込む移民の問題のほうがずっと身近な脅威で、問題意識や何かをしなくてはという想いは、なかなか祖国に向いていきません。ましてや、帰国する度に「なんともない」顔を見せる東京の姿は、よけいに私の忘却に言い訳を与えてしまうのです。

そして、3月11日がめぐってくると、その日だけ殊勝な顔をする自分がいて、そのことに腹立ちを感じます。それは大きな偽善でしかないと思うから。

「○年前のこの日に、あんなことがあったんだよ」と、過去の話として語り継げる、それも、「私は何も出来ないのに、しかも忘れている」という後ろめたさを感じずに話せる日が来てほしいと切に願います。それと同時に、普段は忘れているとしても、何かこちらからでも出来ることがあったら、積極的にしたいなと……また、この日だけ思うしようもない自分なのでした。
.11 2017 思うこと trackback0
☜ 【小説】人にはふさわしき贈り物を  HOME  【小説】樋水龍神縁起 東国放浪記  鬼の栖 ☞

Category

⇐ 樅の木のゆくえ

Strohwitwe生活の終わり ⇒

comment

says... ""
ま、人は忘れる生き物です。
・・・というか、あんな未曾有な天災があれば、
忘れないとやってられないです。
忘れられなければ、トラウマになって日常生活に支障をきたします。
風化するのはある意味、自然現象なんで仕方ないんですよね。
それを忘れないために、歴史があり、マスコミがあるんだと思います。


私は~~。
すぐ忘れる方なんですよね。
それよりも次に災害があったら、
自分はどうしよっかな~~。
・・・と考えているだけのつまらない人です。

2017.03.11 07:49[edit]
says... "そうですね"
そうですね、今日は3.11ですね。
特番などを見てそうかと思い出しますが、残念ながら普段はすっかり忘れかけています。あれから多くの震災もあったし、原発を巡る情勢も変わったんですけどね。
つい毎日の雑事への対応に追われてしまうんですよね。
うん、いかんなぁ。
2017.03.11 10:19[edit]
says... ">>LandMさん"
こんばんは。

そうですね。
忘れるということは、ある意味でトラウマやストレスからの開放として必要なことかもしれません。
医学的、心理学的に。
とくに身近で体験なさった方はそうかもしれません。

日本の場合は本当に「次は自分の番かも」なんですよね。
北海道から沖縄まで全部……。

なんにせよ、最低限の備えは必要かもしれませんね。
もちろん何もないに越したことはないですけれど。

コメントありがとうございました。
2017.03.11 21:05[edit]
says... ">>TOM-Fさん"
こんばんは。

母が先ほど「朝からずっと特番よ」と言っていました。
3.11という日付を見ると思い出しますが、やはり成田から東京に向かい、被災地じゃないところだけを見て、被災者でない方だけと話していると、そういうことが意識にも上らなかったりするんですよね。

阪神大震災もそうでしたが、建物や高速道路はまた新しくできても、それでお終いではないんですよね。

コメントありがとうございました。
2017.03.11 21:19[edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.03.12 08:48[edit]
says... ">>鍵コメMさま"
こんばんは。

そうだったんですか。あの震災でそんなお辛いことが。
お家やお仕事だって失われたのはお辛かったでしょうが、それ以上に……。

今、復興した土地に行くと、何事もなかったかのように新しいタールで舗装された道や新しい立派なビルが経っていますけれど、そんな風にリニューアルできないこと、忘れることによってしか救いの得られないもの、ありますよね。

今、目の前にいる方、一人一人は、それぞれにつらいこと(もちろん震災に限らず)を抱えていらして、それはもちろん看板に掲げて歩いているわけではないから、なかなかわかっていただけないこともあるでしょうけれど、少なくとも直面したら、本当におっしゃるように「出来る範囲で」寄り添って差し上げるしかないと思います。

少なくとも追い討ちをかけるようなことは絶対にしないこと、それにおっしゃるように耳障りのいい内容のない言葉だけ発して、自分だけいい氣持ちにならないように、自ら戒めなくてはいけないと思います。

わざわざ辛い体験をお話しくださって、ありがとうございました。

2017.03.12 17:15[edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.03.13 12:59[edit]
says... ">>鍵コメC様"
こんばんは。

うう、ありがとうございます。

なんか、自分でちょっと嫌なのが、「3月11日」とか「9月11日」とか「1月17日」とか、そういうみんなが言及する日になると「私も忘れていないわ」的なアピールに走りがちなところです。もう、普段は、完膚なきまでに忘れているんですから。

そういう特別な日が近づくと、テレビやネットでも話題が増えて、自分が忘れていた間もずっと苦しんでいた方が沢山いて、さらいま追い討ちをかけられようとしているのを知ったりして、なんだか本当に遣る瀬ない思いになります。

とにかく出来ることは続けていきたいと思いますが……。はあ。

いろいろと考えさせられますね。

コメントありがとうございました。
2017.03.13 22:28[edit]

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1407-ce46d4b4

このブログについて

八少女 夕
ブロフ画像 by 天水 清太さん Thanks!

名前 : 八少女 夕(やおとめ・ゆう)
スイス在住の女性です。

最近の記事+コメント

カテゴリ

古いもの順に表示されます。小説を最初から読みたい方のためにこの設定にしました。


ユーザータグ

ユーザータグごと表示では、新しい順に表示されます。

別館 Anex

小説をどうしても縦書きで読みたい方のために。PDF置き場として別館をつくりました。

いただきもの

ブログのお友達

勝手に決めたブロとも&リンク先さんの総称です。


こんな記事が人氣

たくさんの拍手、ありがとうございます。

最新トラックバック

全記事&月別アーカイブ

全ての記事を表示する


ページジャンプ
/total ページ
Script presented by 遊んだら仲間だ。 篇GAME

島根びいきしてます

応援団に入っちゃいました。 頑張れ、島根
島根県公認 島根応援サイト リメンバ〜 しまね

バロメータ

来てくださってありがとう!

ブロとも一覧