scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

ポルト旅行から帰って来ました

ポルト

土曜日に無事に自宅に帰り着きました。もう五回目のポルト。何度行ってもいい街だなあ。たぶんまた来年も行ってしまうと思います。向こうの人たちも「また来年」と言うし(笑)

そもそもポルトに行くようになったきっかけは、連れ合いが20年前にかつて行った事があってその話を聴いて「私も一度行きたいな」と。それからまさか毎年通う事になるとは思いませんでしたが。

これだけ通うようになったのは街自体を大好きというのもあると思いますが、どう考えても旅行中に出来てしまった独自世界「黄金の枷」ワールドのロケ地なので行くだけでワクワクしてしまうというのもあると思うんです。あ、痛たたた。でも、いいんです。本当の事だもの。

でも、よく考えるとこの街からインスピレーションをもらっているのは実は「黄金の枷」シリーズだけではなく、一見何の関係もないはずの「郷愁の丘」の原イメージも……。本人もすっかり忘れていたのですが、最初にイメージしたヘンリー・グレゴリー・スコットの立ち居振る舞いのモデルにした人がいて、その人を見ながら「あ、こんなところにいた」と思いました。そうか。あの作品の原案もここだったかと……。ま、読者のみなさまには、そんなことは関係ないですけれど。

戦利品

今回は、日本で購入したものすごく使いやすいソフトスーツケースを持っていきました。機内持ち込み可能サイズで、実際に行きは持ち込みました。なんせそのサイズの半分を空けていったんですもの。8キロなかったって事です。帰りは結構重くなりました。

帰りには、空港の免税店でも少し買ったりしたので、チューリヒで預けた荷物を受け取ってからその免税品も突っ込んだら本当にパンパン、そして重くなりました。でも入ってしまったので驚きです。

写真を撮るために買ってきたお土産を並べたのですが、その量に自分でのけぞりました。そんなに買った記憶はないんですけれど。(毎回これだ)

ほとんどは自分用です。いつもの「(オリキャラ・インファンテ323御用達の)Real Saboaria」の石鹸がたくさん右手に見えています。ポートワインの小瓶は、LBV(Late bottled vintage)もので、いわゆるヴィンテージと同じ味なのにお買い得なのです。それに何本かの各種ポルトガル産アルコールの小瓶。CDは今回は4タイトル。二つは自分で狙っていったもので、二つは現地の友達のおすすめです。それに革の小銭入れも見えています。カニの爪のタパスと、作品上で何回か使っているお菓子オヴォシュ・モーレシュも。

戦利品・指輪

これはフィリグラーナ細工の指輪。私は服装はかなり無頓着なんですが、アクセサリーはわりと好きで、今回も何か小さいものを買いたいなと思っていました。初日に見つけて一目惚れして買ったのがこの指輪。銀細工に24金でコーティングしてあります。

以上、戦利品の報告でした。
関連記事 (Category: 黄金の枷 とポルトの世界)
  0 trackback
Category : 黄金の枷 とポルトの世界

Comment

says...
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.04.03 06:34 | | # [edit]
says...
夕さん、こんばんぽ(*´∀`*)ノん

旅行お疲れ様でした~♪
ポルト綺麗で良いですねヽ(*´∀`)ノ
何が良いといえばこの港!!
僕、港が好きなのですね~♪
やはり旅行は創作のネタにもなるから良いですね。
旅行や娯楽は創作のネタ、癒し楽しさ気分転換など色々詰まっているからどんどんやっちゃいましょう(笑)
夕さんの創作源はやはりそこにあるのだとそう感じましたヽ(*´∀`)ノ
2017.04.03 14:59 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは、そして、ただいま。

そうですね。自己聖地巡礼? 変な日本語だ。

本当はないんだけれど、ドラガォンの館があると決めている場所にまた立ってきましたし、マイアたちが結婚したという設定の教会も行ってきたし、それにドラガォンの館の内部イメージを決めたお城、またギマラインスに行ったので再び見てきたのですよ。完璧に聖地巡礼コースだったかも(笑)

「ファインダーの向こうに」が完結した時にはまだ私の脳内にいなかったグレッグは、去年のポルトでとある人の立ち居振る舞いを見ているうちに生まれて来た人なんです。彼女が恋しているTOM-Fさんちの某ジャーナリストとは正反対のタイプで、でも、その内向きな感じが私のテーマと上手に重なって「おお、こんな話になりそう」って、思いついたのでした。

もっとも、そのきっかけを実は今回行くまですっかり忘れていました。話が暴走すると、よくきっかけを忘れちゃうんですよね〜。

これまでも、ストーリーの舞台となったお氣に入りの旅先がいくつかあるんですけれど(ヴィルが蝶子に恋している事をぐるぐる悩んでいたスペインのカルモナとか・笑)、ポルトは他の街とは比べ物にならないくらいに特別になってしまいましたね。

今日は出勤はじめでした。そして、空っぽだった冷蔵庫のために買い物に行き、一週間分の下ごしらえなどをして、なんか泣きそうな月曜日ですが、そろそろ通常空間に復帰できそうです。また、よろしくお願いします。

コメントありがとうございました。
2017.04.03 20:06 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

くすくす。素敵でしょう。
この船、昔はポートワインの運搬に使われていたらしいのですが、今は100%観光用です。
でも、絵になるんですよ〜。

ポルトのよさは、見てよし、歩いてよし、食べてよし、飲んでよし、買ってよしと
もうなんでもアリなところなんです。
しかも、リスボンと較べて首都ではないせいか犯罪に遭う危険もほとんどなく、街のサイズも歩けるちょうどよさ。
そしてポルトガルは物価が安いのです。
超おすすめです。

そして、どこに行ってもなぜか創作に結びついてしまうのが私です(笑)
これをやっているから人生楽しくやっていけるんですよね〜。

次の休暇まで頑張って働きます!

コメントありがとうございました。
2017.04.03 20:10 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
遅くなりましたが、おかえりなさ~い。
夕さんのポルト行き、もう何回目になるんでしょうね(あ、5回目か)。最初に行かれたときから記事を拝見させていただいているので、夕さん=ポルトの式が出来上がってしまっています。マイアとずっと一緒でしたもの。
今回も充分に楽しまれたようですね。記事から伝わってきます。

あ、おみやげ、凄い!
サキがスペインで買ってきた物よりはずっと厳選され、洗練された感じですね。オヴォシュ・モーレシュもあるし。
こんど、サキのおみやげ写真もUPしてみましょうか?カオスですよ!

そうそうオヴォシュ・モーレシュと言えばミクですが、ミクは今ミュンヘンにいます。そしてそのあとはポルトでの展開になります。
サキの代わりにミクがポルトへ行ってくれるんですよ。ミクにとっては帰るんですけれど。
2017.04.04 11:23 | URL | #0t8Ai07g [edit]
says...
こんばんは。

自分でも何回目かわからなくなってきちゃったんですよ。
スペインにも結構行きましたが、ついに追い越したかな?

行く度に自分用のお土産を買い込みます。海外はお土産を配る風習がないので義母のものだけは買いますが、基本は自分用(笑)
毎年行くので、本当はもう何もいらないはずなのに、なぜか毎年こんな事に。
オヴォシュ・モーレシュは、去年はアヴェイロで買ったんですが、ポルトでも売っているお店がありました。

ミク、ミュンヘンでどうなったんでしょうね。
そして、ポルトに帰って来て、進展するのかな?
楽しみにしていますね。
私も、エレクトラの事でも書こうかなあ、そのうちに。

コメントありがとうございました。
2017.04.04 18:14 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
旅行から無事帰ってこれたんですね。
お疲れ様でした。無事に帰ってこれて何よりです。
(ノД`)・゜・。

馴染みのところへ行くのも良いですよね。
色々な側面も観れますしね。
思い出や感慨深いものもあると思いますからね。
私も旅行行きたいなあ。。。
・・・と思うけど、出不精だから行かない。。。
夕さんの旅行を楽しく見ております。
('◇')ゞ
2017.04.05 04:23 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

たぶん私と連れ合いは同じところにばかり行き過ぎかも。
でも、馴染みのところというのはとてもいいものなんですよね。
旅先でありつつ「ただいま」という心持ちでもあるのです。

私はおそらく旅をするために日々の仕事を頑張るタイプ。
旅が一番好きかもしれませんね。

コメントありがとうございました。
2017.04.05 20:49 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1416-278a79c3