scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

またしても旅の途上

今年から有給休暇が一週間増えました。社長が太っ腹になったのではなくて、法律でそう決まっているのです。私は今年の夏に大台に載るのですが、その年齢になると年間五週間の有給休暇を与えることが義務付けられているのです。

で、休暇が増えたはいいのですが、今しか取得できるチャンスがなかったので、取ってしまうことにしました。六月の休暇というのは初めてです。実はヨーロッパでは一番美しい時期。まだ夏休みが始まっていないので子供づれも少なくホテルも見つけやすいのです。

何も考えすにふらっと旅をしています。今回の旅では、やはり「森の詩 Cantum Silvae トリネアの真珠」関係の構想の助けと取材になったらいいな、などと考えております。



というわけで、現在イタリアのストレーザにいます(^^)
関連記事 (Category: 旅の話 / スイス・ヨーロッパ案内)
  0 trackback
Category : 旅の話 / スイス・ヨーロッパ案内

Comment

says...
「休んでいるとライバルに水をあけられてしまう
休暇なんて増えても落ち着かない、仕事仕事出世出世」
みたいな人はいないんですか?
2017.06.11 09:37 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

そういう方は、こんなド田舎で弱小会社に勤めていないで、チューリヒあたりで月給120万くらい貰っています(^^)

コメントありがとうございました😊
2017.06.11 19:03 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
夕さん、お久しぶりです!
創作の糧になる旅、作品に生かされるのを楽しみにしています!
自分では全然書けない世界を描ける経験と才能と文学性。感服。
作品、まだ全部じゃなく部分的にしか読めていないのだけれど(ごめん)、作品を彩どる背景とか空気とかが行間から読み取れて。
学者の目と作家の目が共存しているんだよね、夕さんの作品は。
これからも世界を股にかけて創作して下さいネ。
2017.06.14 18:47 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

こちらこそご無沙汰しています。
今、中世の街並みの残るイタリアの小さい町にいます。

雷雨を眺めているのだけれど、それも絵になる〜。

もっとも狙ってネタを探すとそう都合よくは転がっていないです(^^)
でもそろそろ、中世に戻りたいので、せめて描写の素になる様に取材して帰ります。

戻ったら、また連絡するね。
コメントありがとうございました。
2017.06.14 20:12 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
夕さん、こんばんぽ(*´∀`*)ノん

ヨーロッパの方は有給やお休みが確保しやすいシステムなのでしょうか?
日本ではプレミアムフライデーとか試していますがなかなか浸透せず働かないといけない民族みたいです(笑)
実際にプレミアムフライデーを活用している企業は少なく僕の会社もそんな話すらでません。
それをしてしまうと色々とお客さんへの納期が遅れてしますとか問題も発生致しますのでなかなか難しいですね。

それより今もご旅行中でしょうか?
このお写真は島のような感じですね。
日本にある軍艦島ってあるのですが一度行ってみたいところですね。
是非、パツキン美女とは言わず橋本マナミあたりと・・・
2017.06.17 17:40 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

日本が特殊なんだと思いますよ。
有給休暇は完全消化が基本です。病欠は別枠ですし。

ただし、日本と違って犯罪でもしない限り正社員はクビにならないというようなシステムはありませんので、楽だというわけでもないと思います。期待される成果を出さないとすぐクビにされますし、残業しないと通常の仕事が終わらない人は無能扱いですから。

さて、先ほど帰宅しましたよ。
行っていたのは北イタリアですね。写真は最初に行ったストレーザから見たボロメ諸島のベッラ島ですね。
高級リゾートですが、日本人にはあまり知られていないかもなあ。欧米でもハリウッド系の有名人が集うセレブ度は少し低いかな。
軍艦島よりはロマンティックですが、有名人と行って「さすが」と言ってもらいたいならやはりコモ湖あたりでしょうね。
まあ、超セレブと比較されて、さらに取られちゃうと困りますかね?

コメントありがとうございました。
2017.06.17 19:40 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1440-10274cde