scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

【小説】それもまた奇跡

今週は「十二ヶ月のアクセサリー」六月分を発表します。六月のテーマは「メダイ」です。「なんだそれ」と思われる方もあるかと思います。カトリックで使われるお守りのようなメダルのことです。

宗教的なもの、とくに「奇跡を起こすメダル」の話をするとアレルギー反応を示される方もあります。特に私がカトリックを公言しているので警戒なさる方もあるかもしれませんが、今回の話はとくに信仰心や奇跡とは関係のない話ですのでご安心ください。むしろどちらかというと「塞翁が馬」的なストーリーですね。

全く必要のない情報ですが、出てくる男性が勤めている「健康食品の会社」の社長は「郷愁の丘」のヒロインの兄、マッテオ・ダンジェロだという設定です。でも、この作品には出てきませんし、これはただの読み切りです(笑)


短編小説集「十二ヶ月のアクセサリー」をまとめて読む 短編小説集「十二ヶ月のアクセサリー」をまとめて読む



それもまた奇跡

 ケイトは、行ったばかりのデパート、ボン・マルシェの方に戻った。その近くにある『奇跡のメダイのノートルダム教会』に寄ってくるように、トレイシーに懇願されていたことを思い出したのだ。

 彼女自身はカトリックではなく真面目なキリスト教徒とはお世辞にも言えなかったし、聖母出現だの、奇跡を起こすメダルなどというものはナンセンスだと思っていたが、それを信じて待っている人間のために、デパートの帰り道に寄るくらいのことを断るほど偏狭ではなかった。でも、くだらないと思っていたせいか、もう少しで忘れるところだった。

「何それ?」
パリに行くと話した時に、トレイシーがおずおずと口にした願いを耳にしたケイトは、何を買ってくればいいのか全く理解できなかったので問い直した。

「奇跡を起こすメダルよ。楕円形でね。表に聖母マリア像と『原罪無くして宿り給いし聖マリア、御身に寄り頼み奉るわれらのために祈り給え』って意味のフランス語が、裏には十字架とM、それにジーザスと聖母マリアの心臓が打出されているの。パリの教会で買う事ができるの」

「一つの教会でしか買えないの?」
「他のカトリックの教会で置いているところもあるかもしれないけれど、似ていて違うものとあなたは見分けがつかないでしょう? 道端で売っているものや、通販などだと偽物がほとんどよ。そもそも転売は禁止されているの。だから、本家の教会で買って来てほしいの」

 トレイシーは、現在入院中でパリに自ら行くことはできない。奇跡が必要なほどの重病でもないので、わざわざ家族が行くこともない。要するに親友が行くついでに欲しいと言ってみたのだろう。ケイトは、「わかったわ」と頷いた。

「ところで、その教会にそのメダイとやらは一種類しかないの?」
「いいえ。銀色だったり、ブルーだったり、いろいろとあるみたいだけれど、その教会で売っていればどれも本物だわ。このお金で買えるものを買ってきて。おつりはあなたにあげるから、好きなものを買ってね」

 彼女の手渡してくれたドル紙幣は、とっくにユーロに両替した。これで買って行かなかったら詐欺になってしまう。六月の日差しは刺すように強い。今日はとても暑い。何も考えずにタンクトップできてしまったけれど、その教会にこの格好で入れるかなあ。ケイトは先ほど暑くてしまったスカーフをカバンから取り出して、申しわけ程度に肩から羽織った。

 白い教会の門は、先ほど通り過ぎたところだった。中に入り、きょろきょろと見回した。熱心な信者なら教会で祈ってからメダイを買いに行くのだろうが、ケイトはそれを省略して売店に直行した。ボン・マルシェでの買い物にはあれほど時間をかけたのに、しかも、この後にスケジュールが詰まっているわけでもないのに、ひどい態度だ。敬虔なカトリックだった亡き祖母が知ったら、さぞ憤慨したことだろう。

 メダイはどこにありますかと訊く必要もなかった。壁際にたくさんぶら下がっていて、人びとが次々と買い求めていた。ケイトは近づいて見て驚いだ。一つ一つを結構な値段で売っているのかと思ったのだが、多いものは50個ほどがビニール袋にどさっと入っている。それでいて15ユーロほどの値段だから、ほぼ材料費だろう。最もいいものも一つ六ユーロなので、商売として売っているのではないようだ。

 ふーん。よくわからないけれど、とにかく買って帰ろう。

 トレイシーが身につけるように、一番高い一つ入りのものを一つ、それから彼女が他の人にプレゼントできるように大入袋を一つ買った。それに、信じていないのにどうかと思うが、試しに十個入りのものを自分用に買った。これはトレイシーから預かった金額ではなく、自分のお財布から出したつもりで。

 
* * *

 
 こんな踏んだり蹴ったりの旅は生まれて初めて。ケイトは心底腹を立ててシャルルドゴール空港のベンチにうずくまった。ケチがつき始めたのは、ボン・マルシェに行った水曜日からだ。

 ホテルに戻るとフロントの感じの悪い男に「さっさとチェックアウトしろ」と言われた。金曜日まで六泊する予約だから今日チェックアウトするはずはないと答えると、予約は三泊だけで昨夜までだという。

 そんなはずがあるかと予約確認書を見たら、どういうわけか本当に三泊分だけだった。慌ててインターネットで探してなんとか残りの三泊分の宿を確保したが、少し郊外で足の便が悪かった。そのせいで帰りの空港行きバスに乗り遅れた。

 次のバスで空港に向かうと、飛行機には乗れないという。まだチェックインは締め切っていないのになぜと問いただすと、ダブルブッキングでもう席がないという。次の便に代わりの席を用意してくれるというが、それでは乗り継ぎ便に間に合わなくなり、最終的には八時間も遅れることになった。

「はあ。本当に腹がたつ。こっちで八時間遅れるなら、まだパリ観光ができるのに」
ケイトは、使い切ろうと買い物をしてしまったために残り少ないユーロで、バゲットサンドイッチとオレンジジュースを買い、ゲート前のベンチで食べた。

 財布の中は、わずかなコインと、水曜日に買って財布に突っ込んだ『奇跡を起こすメダイ』だけが虚しい音を立てていた。
「そういえば、これを買いに行ったっけ。奇跡が起こるって言われたけれど、反対じゃない。礼拝堂に行かずにこれだけ買いに行ったのがいけなかったのかしら」
サンドイッチをかじりながら、ケイトはメダイをながめて首をかしげた。

「失礼。この席は空いていますか」
その声に振り向くと、スーツを着た小柄な男が立っていた。周りを見回すと、確かにもう空いているベンチはほとんどなく、ケイトは隣の席に置いていた彼女の手荷物を足ものとに置き直して「どうぞ」と言った。

 男は「ありがとう」と言って腰かけた。それからケイトの手元のメダイを見て話しかけた。
「カトリックですか」

「え。いいえ。母方の祖母はカトリックでしたが、私はプロテスタントで洗礼を受けています。もっとも、大人になってからは冠婚葬祭以外では一度も教会に行っていないかも。これは、友人に頼まれて買いに行ったついでに、つい自分用に買ってしまっただけ」
「どこで?」
「『奇跡のメダイのノートルダム教会』よ。他にもあるの?」

 男は身を乗り出してきた。
「ええ。同じデザインのものはあちこちの教会で売っています。けれど、いわゆる『奇跡を起こすメダイ』は、その教会で買ったものだけなんです。通信販売などはなく、しかもプレゼントは構わないが転売は禁止されていて、インターネットなどで売っているものでは奇跡は期待できないんです。では、あなたは本物を買われたんですね。羨ましい」

「あなたはカトリック? これを買いそびれたの?」
そうケイトが訊くと、男は頷いた。
「ええ。こちらにはビジネスで来て、昨日、やっと時間が空いたので買いに行ったんですが、教会が見つからなくて探している間に売店が閉まってしまったんですよ。闘病している母に頼まれたんですが、買えなくて残念です」

 ケイトは、それを聞くとカバンからビニール袋を取り出した。十個もいらないと思っていたところだったから。中から五個とりだすと、男に渡した。「どうぞ」

「え。そんなつもりではなかったんですが、本当にいいんですか? お支払いしますが、おいくらでしょうか」
「転売すると効果がなくなるんでしょう? 大した値段じゃなかったし、プレゼントするわ。お母さん、早く治るといいわね」

 男は、「ありがとう」と言って頭を下げた。
「お礼にご馳走させていただけませんか。目的地はニューヨークですか? それともどこかへ乗り継ぎですか?」

「ロサンゼルスまで行かなくちゃいけないの。実は、前の便にオーバーブッキングで乗れなくて、ニューヨークで四時間も待たなくちゃいけないの」

「でしたら、空港の近くのおいしいレストランにご案内しましょう。空港内よりもおいしいものが食べられますし」
「ありがとう。じゃあ、お言葉に甘えて遠慮なく」

「僕は、ブライアン・スミスと言います」
「私は、ケイト・アンダーソンよ。よろしく」

 搭乗の案内が始まった。ファーストクラスとビジネスクラスから先にと言われ、ケイトはブライアンが立ち上がったのを座ったまま見送った。
「エコノミーなんですか?」
「ええ」

「ちょっと待ってください」
ブライアンは、カウンターに行くと何かを係員と話してからケイトに来るように合図した。なんだろう?

 ケイトがカウンターに行くと、係員が彼女の搭乗券の提示を求めた。
「こちらのスミスさまのマイレージで、ビジネスクラスにアップグレードをいたしますね」
「え? そんな、悪いです」
「いいんですよ。どっちにしても、マイレージは使い切れないんですから」

 係員の計らいで、ブライアンの隣の席にしてもらい、ニューヨークまでのフライトで彼とずっと話すことになった。話は面白いし、感じのいい人だ。

 話しているうちに、彼は健康食品の販売で有名な会社の重役であることがわかった。ふ~ん。道理でマイレージを捨てちゃってもなんでもないわけだ。ケイトはちらりと彼の上質なスーツを眺めた。若いのにすごいなあ。エリートってやつかあ。パリに遊びに行くのに五年も旅費を貯めなくてはならないケイトとは、随分と違う世界に住んでいる。

「ロサンゼルス市内にお住まいなんですか? 実は、今度の土曜日にロスの母の家に行く予定なんですよ。もしお時間があったら一緒にいかがですか。メダイを譲ってくれたご本人に母は会いたがるはずですから」
ブライアンはニコニコと笑いかけた。

 ええっ。これっきり二度と会わないはずだと思っていたけれど、この人そうじゃないの? いやいや、失礼な想像をしちゃダメよね。こんなにお金持ちで有能そうで性格も良さげな人は、放っておいても女性が群がるだろうし。まあ、ものすごくかっこいいってわけじゃないけれど……。

「ええと。その日は、私もトレイシーに会ってメダイを渡す予定なんです。彼女は今月いっぱいUCLAのリハビリ科にいて、そこなら我が家からそんなに遠くないし、それに彼女はこれを待っていると思うので……」

 その後でもいいなら、という前にブライアンは身を乗り出してきた。
「UCLAメディカル・センター? トレイシーさんはそこに入院しているんですね。なんて奇遇なんだろう」

 あ。トレイシーのお見舞いにも行くのね。ま、そうだろうなぁ。それじゃ、きっと彼女に夢中になるな。男性は、みんなトレイシーみたいな美人が好きだし、ましてや入院中の儚い感じは破壊力抜群だもん。よけいな期待しないでよかった。うんうん。

 ケイトは、変に安心して、自分の幸運の取り分を大いに楽しむことにした。すなわち、このビジネスクラスのフライトと、ニューヨークのレストランでの豪勢なランチだ。五個全て足しても五ユーロに満たないメダルと引き換えのラッキーとしては、奇跡とまではいかないけれど十分お釣りがくるだろう。ホテルを追い出されたことやフライトの遅れを差し引いても。

 ブライアンが連れて行ってくれたのは、予想に反して高価そうに見えないイタリア・レストランだったが、何もかも信じられないくらいおいしかった。食事がまずいことで有名な空港界隈にこんなにおいしいレストランがあるなんて。さほど値もはりそうになかったので、ケイトは安心して食べたいものをオーダーした。おいしいワインに、もちろん終わりのドルチェまで。もっともその食事で一番よかったのは、ブライアンとの楽しくて興味深い会話だった。

* * *


「ケイト! 奇跡をありがとう」
土曜日に、約束通りにメディカル・センターへ行くと、トレイシーが待ち構えていた。

「トレイシー。私があれをちゃんと買えたって、どうしてわかるのよ」
ケイトは笑いながら、『奇跡を起こすメダイ』を鞄から取り出してトレイシーの透き通るように白い手のひらに置いた。

「だって、スミスさんが全部話してくれたもの。そしてね。私たち、おかげで婚約したの!」
トレイシーの発言に、ケイトはずっこけた。いくらなんでも展開が早すぎる。

「え? も、もう?」
「ふふ。私たち、ずっとお互いにいいなって思っていたのよ。でも、ケイトの冒険のおかげで、月曜日からずっと個人的に話をすることになって……」

 えっ、月曜日? ケイトは首を傾げた。
「ミスター・スミスったら、あの翌々日にもうここに来たの?」

 トレイシーは、きょとんとしてから、笑い出した。
「ごめんなさい。説明不足だったわね。私の言っているのは、あなたが出会ったブライアン・スミスさんの弟のダニーのことよ。ここで療法士をしているの。そもそも、あの『奇跡を起こすメダイ』のことを教えてくれたのもダニーなの。あなたとお兄さんがバリで知り合って、しかもメダイを譲ってもらったと聞いて、翌日に興奮して話に来たのよ。それがきっかけで、私たち、お互いにいいなと思っていたことがわかって」

 ケイトは、なるほど、と思った。婚約したのは弟さんか。ケイトはうっとりするトレイシーのますます綺麗な横顔を眺めた。
「今週に入ってから、私の回復のめざましさに、先生たちも驚いているわよ。やはり『奇跡を起こすメダイ』なのね。ケイト、本当にありがとう」
いや、それはメダイのおかげというか、愛の力なんじゃ……。そういう無粋なことは、この際言わないほうがいいのかな。

「で。ミスター・ブライアン・スミスは、お見舞いに来たの?」
「いいえ。でも、昨日ダニーがあなたの来る時間を訊いてきたの。きっとブライアンはもうじき来るでしょうね。あなたにしては、妙に首尾よく彼を夢中にさせちゃったのね、ケイト」

 ええっ? なんの冗談?
「それはないと思うわよ。もう二度と会わないと思って、ガサツに食べて飲んじゃったし」

 トレイシーはウィンクをした。
「ダニーによると、彼はあなたのことを周りに全然いなかったナチュラルなタイプで、とても氣になるって言っていたんですって。そもそもあなた、新しい出会いなんて全然ないってこぼしていたじゃない。これもメダイの奇跡かもしれないわよ」

 あんなに真面目に祈っている人たちの信じているメダルで起こる奇跡が、こんなどうでもいいことのわけないじゃない! まあ、でもラッキーというのはどんな形でもうれしいけれど。

 病室の外でコツコツと靴音が近づいてきた。ノックの音が聞こえて、ケイトは、真っ赤になった。


(初出:2017年6月 書き下ろし)

追記


この小説で扱っている『奇跡を起こすメダイ』はこういうメダルです。(画像はWikimedia Commonsより)

Miraculous medal
By Xhienne (Own work) [GFDL, CC-BY-SA-3.0 or CC BY-SA 2.5-2.0-1.0], via Wikimedia Commons
Medal of the Immaculate Conception (aka Miraculous Medal), a medal created by Saint Catherine Labouré in response to a request from the Blessed Virgin Mary who allegedly appeared rue du Bac, Paris, in 1830. The message on the recto reads: "O Mary, conceived without sin, pray for us who have recourse to thee — 1830".
関連記事 (Category: 短編小説集・十二ヶ月のアクセサリー)
  0 trackback
Category : 短編小説集・十二ヶ月のアクセサリー
Tag : 小説 読み切り小説

Comment

says...
メダイ?魚のことかと思いました
メダイでスミスを釣るなんて…
ってなんか俗っぽくなってしまいましたごめんなさい

あんまり信じてない人にまで奇跡を起こしてくれるメダルなんでしょうか?
私にも奇跡を起こしてくれるかな…一枚ぐらい念のために持っておいて…
あっ、でも最初のホテルの奇跡(?)でめげそうなのでやっぱりいらないです
2017.06.28 09:03 | URL | #- [edit]
says...
今はインターネットや通信販売で何でも手に入る時代になったけれど
だからこそ現地に足を運ばないと奇跡を期待できないメダルがあるとなると
足の運び甲斐があるってものですよね。
参考画像に乗せて下さったメダルと似たようなデザインの
アクセを持っていたんですけれど、(特に裏側がこのままの
デザインだった)そうか、日本でよく見るあの手のパーツは、
メダイをモチーフにしたものだったんですね。

ケイトはジョルジアとはまた違ったタイプの
「自分にちょっと自信がない」女性のように見えるけれど、
ブライアンから見たらそんな彼女が「ナチュラル」に見えていたというのは
なんだか読んでいるこっちもとても嬉しかったです。わたしも、読みながら
なんて素朴で性格のいい女性なんだろうと思いましたから。
自分の魅力は案外自分が一番わかっていないものなのかもしれないですね。

しかもお相手が某健康食品の某社長さんのとこの重役さんともなると
これは将来性もパーフェクトに違いないですよ。
(って欲を出すからわたしには奇跡が来ないんだな)
外見は、ケイト的にはそこまでだったみたいですけどね(笑)

それにしても、こんな素敵なデザインのものが
安価で大量に袋詰めにされて売られているなんて、なんだかいいなあて
思いました。わたしもいつか行ってみたいです。

トレイシーもケイトもみんな幸せになれてまさに大団円ですね。
2017.06.28 13:29 | URL | #- [edit]
says...
更新、お疲れ様でした。

ちょ、その教会への行き方、教えてください。余ったマイレージ使って、行ってきますので・・・って、休みもお金もマイレージもないんだったorz

まさに、絵に描いたようなシンデレラストーリーですね。いいなぁ、こういう「出会い」って。
予定通りに旅行していたら、そもそもトレイシーがメダイの購入を頼まなかったら・・・。八少女夕さんがおっしゃる通り、人生、なにが幸いするかわかりませんね。
たしかに、それも奇跡、というわけですね。
2017.06.28 16:25 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
こんばんは。

うまいっ。座布団一枚!
そうなんですよ。お魚じゃなくて、メダルのことで、本当のフランス語の発音だと「メダイユ」に近いんですが、日本のカトリック教会では慣例的に「メダイ」というんです。英語だとそのまんま「メダル」です(笑)

全く信じていない人、異教徒にも奇跡が起こるので、異教徒でも持ってもいいのですが、もっとも普通は奇跡というと「突然カトリックに改宗した」とか「不治の病が治った」とかですけれど。

お金持ちとか、超絶イケメンとか、そういう人と巡り会えるような世俗的な奇跡は、このメダルには期待しないほうがいいと思います(笑)

コメントありがとうございました。
2017.06.28 19:23 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

そうなんですよ。
インターネットの利便性や、お金を積んで誰かに頼んで、というようなことが効かないのですね。
実は、インターネットでは、いっぱい売っています。
しかも結構な値段で。購入する方があるんですよね。

同じデザインのものは、世界中のカトリック教会で売っていますから、それを買ってきて「奇跡のメダイ」と言って転売している方があるってことですよね。奇跡が起こるのを信じて買っていらっしゃる方にはちょっと氣の毒な風潮だなと思います。
まあ、奇跡を期待せずに、ただのお守りとしてはいいと思いますし、私もいくつか持っているのです。

裏のモチーフの十字はイエス・キリスト、Mは聖母マリア、二つある心臓のうちイバラが締め付けているのはイエス・キリスト、剣が突き抜けているのは聖母マリアの心臓の象徴です。これはキリスト教ではよくある寓意ですので、有名な絵画などを観察するとその象徴が描かれているものがけっこうあります。ちなみに表の聖母像は、聖女カタリナ・ラブレの前に現れた聖母の様子を表したものです。

ケイトは「こういう人と、自分は関係ないよな〜」と思って、「この際、ばくばく食べちゃえ」と恥をさらした後ですから、まさかそんなことになるとは夢にも思っていませんでしたね。
「独身の金持ちだ!」とガツガツした人ばかりみていると、こういうやる氣ゼロの女性はかえって新鮮だったと(笑)

マッテオ・ダンジェロが38歳の億万長者ですから、重役も割と若くて仕事のできる感じのいい人。
でも、ここでイケメンだと、独身でいるのにはなんかワケがありそうで、危険なのでその属性ははずしてみました。
ちなみに、ケイトもおそらく十人並みでたいしてモテないので、割と釣り合っているのかも。

このメダイですけれど、
「いくらなんでも手芸屋のボタン売り場じゃないんだから」という感じのどさっと売りで
「聖母マリアの奇跡のメダイの本物をこんな雑な感じで売っちゃうんだ」と思いました。
パリにいらっしゃるときは、ぜひ探してみてくださいね。

コメントありがとうございました。
2017.06.28 20:23 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

あはは。デパート、ボン・マルシェのそばです。
マイレージ、普通はそんなに余らないんですよね。
しょっちゅう海外出張している方は余るらしいですけれど(笑)

シンデレラストーリーかどうかは、これからですね。
まあ、でも、出会わないと、シンデレラもどうしようもないわけで。
ブライアンは、まあ、王子様というほどではありませんが、五年もお金を貯めないとパリに行けないケイト、しかもあまりパッとした見かけでもない彼女にとっては、十分高嶺の花でしたね。ブライアンの方も仕事が忙しくて、あまり出会いもなかったようで、話の合う飾り氣のないケイトに好印象を持ったようです。

この人たち、どうなるんでしょうね。
また出てくるかどうかわかりませんが、まあ、マッテオの会社だから、もしかしたらそのうちに続報があるかも?

コメントありがとうございました。
2017.06.28 20:34 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
ま。日本でもお守りや護符を買いますからね。
それと同じ感覚ですよね。
ヨーロッパのカトリックはそれと同じぐらい自然に入っているものですからね。

私も結構厄とかそういうものは信じている方で。
お守りとかは全部一年ごとに破棄して、更新しているんですよね。
神社の人が言うには効力の問題らしいです。
あと、お守りが重ねたりすると、効果が薄らぐので買わないですし。

2017.06.29 10:12 | URL | #- [edit]
says...
ちょっと最近すさんでいるので、こういうお話し、とても嬉しかったです。
メダイを買ってから巻き起こった不運は、全てこの出会いに収束するための伏線だったというわけですね。
ケイトはもともと奥ゆかしい性格(マイナス思考気味?)みたいですけれど、不運が続いた後でちょっとした幸運に満足してしまったんでしょう。アップグレードはかなりのラッキーですけれど。
気負わずに自分をそのまま素直に出したのがかえって良かったというか、ブライアンはそんなところをナチュラルに感じたのでしょうね。彼女、性格がとっても良さそうですもの。
仕事柄エネルギッシュな女性ばかりに囲まれ、時にはビジネスで戦ったりしているでしょうから、自分に突っかかってこない女性というのは新鮮であると同時に、居心地の良さを感じたんだろうな。きっと・・・。
そりゃ、マイレージ使っちゃいますよ。ブライアン、スマートだなぁ。
ノックの後の展開、サキはきっと2人は上手く行くと思うんだけれど。
2人共ピカピカでない分、お似合いみたいだし。
ちょっとした幸運、これも重なると、ちょっとした奇蹟になるんですね。
2017.06.29 14:11 | URL | #0t8Ai07g [edit]
says...
こんばんは。

日本人の考える「お守り」とは、ほんの少しだけ違うものなのかもしれません。
というか、そもそも日本人の宗教観が少し特殊なので、お守りの位置付けもやはり違ってくるのかも。
まあ、でも、日本の読者にとっては「お守りね」で軽く読んでいただいて構わない作品です。
むしろ本当のカトリックの人が読んだら「なんだこりゃ」的な作品にしてあります。

それはそうと、蓮さんはお守りの扱い方も本格的ですね。
お焚き上げまでちゃんとやっていらっしゃる方って、あまり周りにいなかったので感心しました。

日本に行った時に幾つかの神社に参拝することがあるので、そうやっていろいろとお参りする方は、それぞれのお守りを買ったりなさるのだと想像できます。受験などだと、あちこちでお守りいただいてきてしまったりしそう。
なかなか興味深いトピックですね。

コメントありがとうございました。
2017.06.29 19:17 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

ええ? サキさん荒んでいらっしゃるんですか? いったい何が……。

踏んだり蹴ったりが続くときも、実は意外なラッキーが待っているってこともありますよね。
ケイトはマイナス思考とまではいきませんが、わりと現実的です。
あくせく働いても、ビジネスクラスに乗るなんて夢のまた夢、という生活をしていますから、「ふ〜ん。有名企業の重役か。ま、私とは無縁よね」くらいに他人事に考えています。

ブライアンは、「え。あの会社の重役なの?」というところから、態度急変的な女性ばかりを見てきているので、ケイトのガツガツしていないところが印象に残ったんじゃないかと思います。

マイレージ、人にあげてもいいくらい有り余るのって、いいなあと思います。
ビジネスクラスに乗りまくっていると、そうなるんだろうなあ。

この後の二人は、どうなりますかね。
まあ、少なくとも「即ダメでした」には、ならなそうですよね。
そのうち書くことあるかなあ……。
(他人事だあ)

コメントありがとうございました。
2017.06.29 19:34 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こういう「奇跡」というものは「彼女と結婚できた! 奇跡だ!」とか「大学入学資格試験に合格しました! 奇跡です!」とか「この教会を出た後で、交通事故にあいましたが、無傷でした! 奇跡は本当にあるんですね!」とかで、「神社にお参りする」のと大した違いはない、と聞きましたが。

(↑こういうことばかり考える人間には奇跡も起きないし彼女もできない)
2017.07.01 14:05 | URL | #0MyT0dLg [edit]
says...
こんばんは。

あ〜、もちろんそうですとも。
こんなのははっきり言って奇跡ではありません。少なくともカトリック教会が「ある人を聖人と認めるために必要な奇蹟」には数えません。
ちなみに使う漢字も違います。信仰とは関係ない私の小説は、わざわざ「奇跡」を使ってあります。

カトリック教会の認める奇蹟というのは、たとえば昨日までカトリック教徒を虐待していた異教徒が突然改心して神父になったとか、明日死ぬかもしれない不治の病だった人が突然完治したとか、そういうものです。

でもねぇ。そういう話を創作するのも、おかしな話ですから。少なくとも、私が創作する必要はないと思います。

まあ、「彼女ができる、できないと」コメントには何の因果関係もないのでご安心ください(笑)

コメントありがとうございました。
2017.07.01 14:45 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
「健康食品の販売で有名な会社」ってもしや……!
あの兄ちゃんが面接したのかなぁ、顔では選んでないだろうけど、きっと人柄は重視してるだろうなぁ。もちろん、才能も。
通常の金持ちと普通のその辺の子が上手くやっていけるかとなると、現実世界の中では私は結構懐疑的なんですが(価値観がなぁ~、大事に思うものも違うだろうしな~)、マッテオのところの人ならなんか大丈夫そうな気がするのはひいき目ですかね。でも、どうなるかはこれからですよね。まだ出会っただけという。
自分は対象外だから思いっきり食ってやった~ってのはなんか分かるわぁ。それが新鮮だったって思えるブライアンの気持ちが続きますように、と願っております。

メダイ……サカナじゃなくて、メダル('-'*)
うちにもひとつ、ヴァチカンで買ったのがあるなぁ。ヨハネパウロII世のお墓参りに行ったときに……そうかぁあんまり考えていなかったけれど……そこに行って買ったからこそ意味があるってのは分かるなぁ。お守りとは違う感覚だろうけれど、日本人はやっぱりお守り感覚かしら。
でも、日本のお守り効果は1年というから、そういうニュアンスとはずいぶん違うんでしょうね(私は、買った先の神社に全部持っていくのは無理なので、毎年、実家の近くの神社のどんど焼きの日に持っていきます。前の年に切れて張り替えたしゃみせんの糸も一緒に)。
2017.07.02 05:00 | URL | #nLQskDKw [edit]
says...
こちらにもありがとうございます。

そうなんですよ。マッテオにいちゃんの会社です。
で、この会社は一貧乏人だったマッテオが、根性と人柄と、あと広告塔にしたアレッサンドラの人氣とであそこまで大きくしたので、かなり初期からマッテオの下で働いていた「元ふつーの労働者」だったブライアンは、今は成り行きで重役になっていますが、マッテオと違ってセレブライフには全然なじめないままで、寄ってくる派手なお姉さん方が苦手の模様。さらにお仕事が忙しくて、「出会いもないよ」状態だったようです。だから価値観問題は完全にクリアかも。でも、この先は、そう簡単にシンデレラストーリーって感じはしませんよね。私のところのキャラだけに(笑)

そしてメダイの話ですが。
私もいくつか持っています。一つはデザインはこの聖母マリアのメダイですが、この教会ではなくてルルドで買ったもの。
もう一つはデザインの違うメダイですが、こちらは大聖年の時にヴァチカンで買いましたが、売店のシスター曰く「パパ様が祝福してくださったものよ」で、当時の教皇はヨハネ・パウロ二世だったのです。(ぷち自慢)だから、もちろん大事にしています。

幸い私は、特別な奇蹟でも起こらない限りはどうにもならない苦しみを抱えているわけでもないので、不思議のメダイがどうしても欲しいとは思わなくて、御守り代わりに今持っているメダイを大切にしようかなと思っています。

日本の御守りと違って、有効期限はないですし、お焚き上げも必要ないですが、きっと一神教的には、「カトリックならそれだけ」なんでしょうけれど、私たちは日本人なんですよね(笑)

というわけで今回は、あまり宗教的真剣さとは無縁の話にしてみました。

コメントありがとうございました。
2017.07.02 09:33 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1445-553c734c