scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

環境と便利さの共生を目指して

お氣づきの方もおありかと思いますが、記事をいろいろとシリーズ化しようとしております。

三月にブログをはじめて以来、たぶん今まで「一日最低一記事」を死守してきたと思うんですよね。それもこれも、定期的に見に来てくれる訪問者の方を増やしたいが故。最初は、孤独でしたからねぇ〜。おかげさまで毎日いらして下さる方、出会えてよかったと思えるリンク先さま&ブロともさんたちに恵まれ、三ヶ月が楽しく過ぎました。みなさん、本当にありがとう!

で、ここしばらく試みているのが、「小説」「写真」「トラックバックテーマ」「もの書きとしての思う事」などのジャンルの違うネタをバランスよく書いていく事なんですが、これを曜日で振り分けようかなと。要するに、記事を考えるための便宜なんですけれど。それで、月曜日のネタはこの「美しいスイス」。スイスに関する記事と写真で、スイス暮らしについてつらつら書こうかなと。

ダムの夏

この写真は、我が家から車で20分くらいの所にある人造湖でございます。要するにダム。我が家の近くには結構な数の水力発電所がありまして、「父なるライン」をフルに活用して発電しているわけです。「フクシマ」以前からスイスにはエネルギーとコストに関する議論は盛んで、例えば電力会社と「原子力発電によるエネルギーを使わないプラン」が選べたりするようになっています。もちろん、多少割高です。一方、安い電力を使っている人は、自分が何をしているのかも自覚させられるというわけです。

「フクシマ」以後、スイスでは強い世論を受けてスイスでは速やかに脱原発と2020年という期限が決定されましたが、日本と同じで原発の停止後のエネルギーをどうするかはまだ決まっていません。ただ、日本でよりも「環境と安全のために心を砕くのは先進国としては当然のことで、そのお金がかかるのは止むをえない」という「常識」があります。だから、想像するに、こうした水力発電や太陽発電、また、騒音と外観から嫌われている風力発電が増えていく事と思われます。

ダムの人造湖は自然と人間の利便性が一致した、実に美しい風景だと思います。かつてここはただの川縁でしたが、いまは近くに「湖畔の眺め」などという名前のレストランも出来て、脇の国道を通行する人たちがしばし停まり、時にはピクニックなどもして楽しむ憩いの場所になっています。もちろん、本当の自然とは違うのですが、このバランスのとれた美が、自然と人間の平和な共生の一つのあり方かなと思わせてくれるのです。
関連記事 (Category: 美しいスイス)
  1 trackback
Category : 美しいスイス

Comment

says...
 こんばんは。
ダムは 災害などがあり 一時的に大量な電気が必要な時に 瞬時に大量の電気を作れると
聞いたことがあります。
そのため 事故の危険性 莫大な建設費用を賭してでも造るのだと。

僕も 旅行者としてですが 少しだけ スイスにいたことがあります。
本当に 何か 独自性の強い 些か シャイな 自らに閉じ篭るような 不思議な感じを受けました。
それにしても チーズフォンデゥ 不味かった 名物なのに。
美味しい食べ方って あるのでしょうか。
2012.06.04 13:47 | URL | #- [edit]
says...
八少女夕さん、始めましてこんにちは。
先日はブログにアドバイスのコメントを誠にありがとうございました。
canariaと申します。

日本よりも環境に対する意識が進んでいるのですね、素晴らしいです。
日本は、要求だけは人一倍するのに、コストがかかるとなった途端反発する風潮がありますよね・・・消費税しかり、環境問題しかり・・・
いつか日本も、こういった意識が進むといいなあと思います。日本の環境と日本人の感覚に合った形で・・・
小説たくさん書かれているのですね・・・!少しずつ読ませて頂きたいと思います!
2012.06.04 14:33 | URL | #- [edit]
says...
なるほど。
実は……。ダムのある上流の方が、下流の方よりも基本的に水害が少ないんです。まあ、決壊しちゃったら終わりでしょうけれど、その直前までは。ルツェルン辺りが水浸しになっているような時にも、私たちの所は何ともありませんでした。
昨日の大雨で、今日のライン河の水量はすごい事になっています。下流はどうなっているのかなあ、とちょっと
氣になります。

> それにしても チーズフォンデゥ 不味かった 名物なのに。
> 美味しい食べ方って あるのでしょうか。

あはは。チーズの配合がまずかったのか、ワインがまずかったのか、鍋奉行が下手だったのか……。
そもそも、本場のチーズフォンデュは、チーズとパンだけなので、日本人には「話の種」以上には魅力的ではないかも。我が家で冬にお客様を迎える時には、「ラクレット」を出す事の方が多いです。ふかしジャガイモに、溶かしたチーズといろいろなトッピングをして食べる料理で、もう少しバラエティがでるんですよね。
もし次回がありましたら、ぜひお試しください。
2012.06.04 18:56 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。ようこそ!
> 先日はブログにアドバイスのコメントを誠にありがとうございました。

アドバイスだなんて……。わがままを聞いていただき、コメント欄残していただけてとても嬉しいです。


> 日本よりも環境に対する意識が進んでいるのですね、素晴らしいです。
> 日本は、要求だけは人一倍するのに、コストがかかるとなった途端反発する風潮がありますよね・・・消費税しかり、環境問題しかり・・・
> いつか日本も、こういった意識が進むといいなあと思います。日本の環境と日本人の感覚に合った形で・・・

そうですね。本来、日本人も知性豊かで社会的な国民性があるので、大丈夫と思いたいんですが……。こと政治に関してだけは、「他人事で文句を言うだけ」スタンスが目立ちます。スイスと日本の大きな違いは直接民主制です。たぶん、自分たちの意見で実際に国の方向性を決めている誇りが、日本とはちょっと違うんでしょうね。

> 小説たくさん書かれているのですね・・・!少しずつ読ませて頂きたいと思います!

ありがとうございます。長いものもありますが、短いものもあります。
読んでいただけるととても嬉しいです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
2012.06.04 19:02 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは〜。
そうなんです。「フクシマ」はヨーロッパの原子力政策を根底から覆しちゃいました。
フランスなんか、大統領が飛んじゃったし……。
頑張って日本。この夏もなんとか乗り切ってほしいです。
2012.06.04 19:11 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する