scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

大道芸人たちの見た風景 - 15 -

光と影

私は、どういうわけだか、ガーゴイルやこの写真のような石に彫られた意味もない動物や怪物のようなものが好きです。この写真は、中でも特にお氣に入り。スペインらしい光と影がでています。

小説でもそうですが、明るいだけの能天氣なものは書きたくありません。けれどドロドロした苦しいだけのものも書きたくありません。日々の淡々とした日常の中にある悲喜こもごもを書けるようになるのが理想です。そう、こんななんてことのない日常の風景のように。

「大道芸人たち」はここ数回、多少重めですが、こういう私の書くものですから、ずっと重いまま続く訳ではありません。ただし、ストーリー上、最重要点にきています。前を飛ばしてこられた方も、この辺は飛ばさない方が……。

この記事を読んで「大道芸人たち」を読みたくなった方は、こちらからどうぞ
関連記事 (Category: 大道芸人たちの見た風景)
  0 trackback
Category : 大道芸人たちの見た風景

Comment

says...
 こんにちは。
海外でも 日本でも… 化け物尽くしの様なモノ ありますよね。
絵画から 庭園の様なところから
メメント モリ とか言って 骸骨をしれっと 描き込む。
悪趣味も 趣味だと言い放つような感覚 結構 あざとくて 好きです。




2012.09.22 07:35 | URL | #- [edit]
says...
おはようございます。

ありますあります。有名寺院に幽霊の絵とか、教会の正面に骸骨の絵のある「死者の門」とか。
みつけると「おお、あったぞ」と喜んでしまいます。

コメントありがとうございました。
2012.09.22 10:38 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
 おじゃまします

 少し違うかも、ですが
私も鬼瓦とかしゃちほことか、
建築物と生き物が融合したのを
見るの好きです。
 それ程詳しくはないのですが、
それを扱った本を持っている程です。
 遊び心とおまじないが混じっているので
見て良し意味もありで心がおどります。

 八少女さんでも、何気ない感慨と小説の
宣伝が、良い感じでミックスされた文章で
上手いな と自然に感じられ良いですね。
(嫌みでないですよ)

おじゃましました
2012.09.22 15:23 | URL | #- [edit]
says...
こんにちは。

ああ、そうです。私も大好き、鬼瓦やしゃちほこ。
シーサーの載っている屋根なんかも。
そういう本もあるんですね。やっぱり、好きな人多いのかなあ。

ははは。恐れ入ります。このブログ、本来は小説とその宣伝だけを扱うと決めて始めたんですが、もはやコンセプトは無いに等しくなり……。でも、この「大道芸人たちの見た風景」カテゴリだけは、しつこく初心貫徹で宣伝してます。イラストのない分、こっちで補おうかなと……。

コメントありがとうございました。
2012.09.22 17:18 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/305-60e8a845