scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

ワインの話

あ、 銘柄を語ったりしませんから。そこまで詳しくないし、ソムリエでもありません。

でも、日本にいたときよりは、よく飲んでいるし、自分で選んで買っているので、その話を。

たとえばボルドーがいいとか、オーストリアのこれは美味しいとか、まあ、いろいろと聞くんですが、私が一番重視しているのは実は安全性だったりします。あっちの大陸(営業妨害になるのでどことはいいませんが)で作られるワインには、あれこれ化学薬品が入りすぎている、こっちの国ではダイオキシンが……なんて話を聞くとやっぱり心配ですよね。

だから、私は有機農法で作ったマークの入ったものを選びます。可能ならスイス産で、だめならまあ、ヨーロッパでという具合に。値段はそんなに高くなくても、まろやかで美味しいものが多いように感じます。

プレゼントにするなら、イタリアのアマローネ。これがスイスでのお約束です。美味しいんですよ。高いけれど。

次に氣にしているのは、食事に合うかどうか。といっても、肉なら赤、魚なら白という程度の事ですが。実は白ワインは目が冴えて眠れなくなるとの事なので、晩ご飯のときは、わざとロゼに替えたりもします。

あとは美味しく会話を楽しんで飲むとか、ふさわしいグラスに入れるとか、その程度の簡単な事を氣にしていますね。ワインというものはがぶ飲みするものではありません。ゆったりと楽しく、時間をかけて。ヨーロッパの暮らしとワインは切っても切れない関係にあると思いますね。

いまの季節、スイスには子供でも、アルコールがダメな人でも飲めるワインもどきがあります。ワインを発酵させる最初の段階の状態の飲み物で「ザウゼル」と言います。葡萄ジュースよりは甘味が少なくて、ワインのアルコール分もない、とっても美味しい飲み物なのです。ただし、これ、11月などになると、発酵が進みすぎていて、あまり美味しくないのです。飲むなら九月か十月の頭! もし、この時期にいらっしゃる方は、ぜひ試してみてくださいね。
関連記事 (Category: 美味しい話)
  0 trackback
Category : 美味しい話

Comment

says...
日本産ワインには酸化防止剤が入って無いのもありますが
ヨーロッパでも現地で飲むのはそういうのもあるんですか?
でも、日本産はちょっと甘すぎる…ってお姉ちゃんが
2012.09.26 08:44 | URL | #- [edit]
says...
 こんばんは。
関西には 地場産業 として 地場の名産品でワインを作っている処 
幾つか あるのですよ。
無花果ワイン とか 柿ワイン いちごワイン…
糖分があれば 何でも ワインになるからね…
大人になれば 是非 無花果ワイン 飲んでみたいなぁ。

何か 最近は 地球の温暖化の為か 今まで ワインの名産地とされていた処よりも
些か 北のほうが いいワインができているとか。
今までの名産地では ぶどうが熟しすぎて 糖が多くなりすぎて
味のバランスが 狂ってきているとか。

ああっ 澱が ふわっと舞い上がる そして 沈んでいく 真紅のワインを飲んでみたいなぁ。
2012.09.26 10:24 | URL | #- [edit]
says...
お久しぶりっす(` ・ω・´)

ワインと聞くと、ようフランスが思い浮かぶんすよね。

ブドウ畑がいっぱいあるそうで。

それを農家のおっちゃんとかおばちゃんが摘み取って
大きな木箱の中に集めて、上に乗っかって足で踏み潰して
絞り汁を樽に詰めてじっくり熟成。

高級品は何年も寝かされた物らしいっすけど、
そうした長いスパンでできるのがワインっすよね。
2012.09.26 11:34 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

BIOマークのついたものには、亜硫酸塩を最低限にしたものか、全く入れていないものがあるようです。でも、全く入れなくても硫黄ガスを入れたりして、結局同じ物質で酸化防止していたりするので、まあ、これだけは入っているかも、に近いですね。腐敗したワインでは、そもそも飲めませんので。ただ、アルコールを混ぜたり、その他の安く仕上げるための色々な添加物は少なくとも入っていないのでBIOマークのワインの方が体に安全な事は確かです。個人的には、BIOの方が悪酔いしないんですよ。

ダメ子さんはまだ未成年でしたね。ダメ美お姉さんと中の人はお酒の席に行く事もあるんですよね。日本だと日本酒ほどのバラエティがまだワインにはないのかなあ。でも、もの作りへの情熱はすごいから、きっとその内にヨーロッパものよりも美味しいワインが出来るかも!

コメントありがとうございました。
2012.09.26 18:11 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

柿ワインに苺ワイン。ううむ。きっと甘くて美味しいんだろうな。イチジク大好きです。試してみたいですね。
ああ、そうか、暖かいと糖度が上がっちゃうんですよね。最近は、北欧でもワインが出来るって話どこかで聞いたような。リンクしてますね。

ウゾさんは、まだ五年くらい、「ザウゼル」で我慢してくださいね。あれも、おいしいですよ。

コメントありがとうございました。
2012.09.26 18:14 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは、シュナイダーさんだ〜、お元氣そうで何より!

フランスのワイン畑、いいですよね。でも、シュナイダーさんの好きなドイツも、モーゼル川沿いに素晴らしいワインの産地が広がっていますよ。こちらは、白ワインが美味しいです。

赤ワインは年数が経つほどよくなるので、子供が生まれた時に買っておいたものを、成人の時に開けるなんてことができますね。白ワインは一年ほどでお召し上がりください。三年以上経ったら、もう、料理用。

コメントありがとうございました。
2012.09.26 18:19 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/309-eaa5acf7