scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

魅力のこと。外側と、中身と

WEBサイト制作で一番大切なのは、見かけではなくて魅力的なコンテンツだとよくいわれる。どんなにかっこいいページを作っても、中身がなかったり、全然更新しないと、直にお客さんは来てくれなくなるってこと。

とはいえ、あまりに見かけが稚拙だと、どんなに中身が立派でも相手にしてもらえないのも事実。

結局、外見と中身のバランスがとても大切だってことなんだと思う。

小説も、人に読んでもらおうとすると、バランスに氣を配らなくてはいけない。言いたい事や、共感ポイントがある事はとても大切。何を伝えようとしているのか、もしくは、「ああ、こういう感情、わかる」と思ってもらえる何かが含まれていなくてはならないと思う。たとえちょっとでも。

その一方で、文章が読みやすいかとか、登場人物やストーリーに魅力があるかっていうのも外せないポイントだと思う。

ブログの小説は、読者もシビアだ。お金を出して買った本なら、少なくとも最後まで読もうとしてくれるだろうし、そうしたら「ずっとつまらなかったけれど、最後の一章ではまりました」みたいな逆転ホームランだってあるだろう。でも、ブログだと、一度面白くなかったら、もしくは退屈だったら、すぐに去られてしまう。そんな氣がする。誰だって、無限に時間があるわけではないし。

アクセス数の増加が目的になってしまうのは本末転倒だけれど、公開している以上、ただの自己満足でも意味がないと思う。高校生ぐらいならそれでも許されるけれど、これだけ長く書いていて、それはないだろうと自分でも思う。口コミでアクセス数が増えるくらい、魅力的な小説を生み出すのが目標。まだまだ精進する事はいっぱいある。
関連記事 (Category: もの書きブログテーマ)
  0 trackback
Category : もの書きブログテーマ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/31-d90414e1