scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

大道芸人たちの見た風景 - 16 -

普段、内陸国にいるので、海を見るとはしゃいでしまいます。

ビーチ!

同じ地中海でも、イタリアで見る海、フランスで見る海、スペイン、マルタ、モロッコから見る海は全く違う印象を与えます。

フランスのビーチは、どこも洗練されたイメージ。底抜けに明るくて、ヴァカンスという言葉がどこまでも似合います。ここではなんとしてでも魚介類を食べなくては。前回の更新ではブイヤベースをアリオリ・ソースと一緒に食べる稔が登場します。

パリパリのフランスパンと一緒に、燦々と降り注ぐ太陽の下で、魚介のエキスがたっぷりとでたスープを食べた彼は、「ああ、生きていてよかった」とため息をもらしたことでしょう。もちろんワインは白で。海外のこってりした食事に胃が悲鳴を上げたら、魚のスープを。日本人に優しい食事です。

この記事を読んで「大道芸人たち」を読みたくなった方は、こちらからどうぞ

関連記事 (Category: 大道芸人たちの見た風景)
  0 trackback
Category : 大道芸人たちの見た風景

Comment

says...
はじめまして。
ご訪問ありがとうございましたm(__)m

一度でいいから 本場のブイヤベースを食べてみたいですね。
青い空と海が見渡せるレストランでワインをたしなみながら・・・
贅沢かもしれませんが。
2012.09.29 23:41 | URL | #- [edit]
says...
 おはよう御座います。
やはり 魚貝類は ギリシャの海辺で 食べたい。
あの 海辺の無骨な店で タコ イカ エビの三択しかない店で…
タコのぶつ切りを炭火で焼いて レモンをかけて 最高に美味しい。
オヤジに捕まっているタコが 隙を見て 狭い道を横切り 海に ボトッと落ちて
逃げ切る…
タコに 逃げられたオヤジは また 近所の漁師から タコ買っている…

そう 客の誰もが タコを食べながら タコを応援していて オヤジにタコの脱走を教えないーーー  
2012.09.30 00:51 | URL | #- [edit]
says...
こんにちは。こちらでは、はじめまして(笑)

そうですね。南仏で食べるブイヤベースの味は格別です。北海道で食べる新鮮な魚介の鍋物に近いものがあるかもしれません。味はもちろんなのですが、雰囲氣もごちそうのうちですね。

後ほどそちらにもお伺いしますね。

コメント、ありがとうございました。
2012.09.30 12:29 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんにちは。

へえ、それいい!
みんなでタコを食べながら、脱走タコを応援。シュールな光景です。

ギリシャの魚介は、ほんとうに美味しいですよね。
地中海の料理は、日本人の胃に訴えかけますよね。

コメントありがとうございました。
2012.09.30 12:31 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/312-997f410d