scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

Japanisch - 園芸のブーム

真っ赤な楓が秋の柔らかな日差しに揺れています。

日本の楓 in Switzerland

これはもちろん日本からの輸入種で、一般にJapanisch Ahorn、つまり日本の楓と呼ばれています。楓はこちらにもあるのですが赤くならないし、もちろんメープルシロップも採れない種のものしかなくて、まあ、そこら辺に生えているのですが、とくに注意が向けられる事もありません。氣がつくと葉っぱが落ちて冬眠に入っている。でも、日本種は鮮やかな紅葉を見せるので、近隣の注目を集めます。

田舎だけあって、園芸に命をかけている住民は多く、競ってエキゾチックな植物を植えたがります。で、人氣のあるものにはなぜかJapanischとついているものが多いのです。雪柳、木瓜、八重桜、藤、石楠花、小手鞠など。また、菖蒲や紫陽花など「日本の」とはついていなくても日本起源のものもよくみかけます。

もちろん、日本の庭園のような侘び寂び、菖蒲が八つ橋とセットになっているようなお約束もまるでないので、全く日本的ではないのですが、それでもこの楓の紅葉のように、きゅっと心を締め付けられる事があります。

関連記事 (Category: 美しいスイス)
  0 trackback
Category : 美しいスイス

Comment

says...
 こんにちは。
日本的な植物でも スイスの風景の元 スイスの空の下でみると 違ってみえるのでしょうね。
面白いですね 園芸が趣味の方 多いのですね 何か スイス人の気質は真面目で シャイな
そして 質実剛健 女性の方は 家事のエキスパートのイメージがあるので
少し 予想外でした。
もっと 実のなるような 食べられるモノを植えているイメージでした。

日本では 今年は 紅葉が遅れているようで 葉っぱ たいして色付いていませんね。 
2012.10.22 08:27 | URL | #- [edit]
says...
おっ!
拍手も秋の装いですね、なごみます。

日本の紅葉はたしかに遅れていて、秋が来たようで来ていないような、宙ぶらりんな感じです。
今年始めた僕の楓ちゃん(ミニ盆栽)は、果たして……。

あ、あと、ブログ、携帯からでも更新できるものを、新しく始めました。つまらない内容ですが、八少女さんのお好きな時にいらしてください。
2012.10.22 12:56 | URL | #mmBY2wkg [edit]
says...
こんばんわ。

そちらの園芸は凄そうですね。こちらじゃ、何の変哲もない住宅地に一件だけあっても浮きまくっていますが。
欧米ではガーデニングが盛っていそうですね。イメージでは、イギリスとか凄そうです。

楓や紅葉は私も好きです。京都にあるのは、特に赤いものを集めて植えてあるから、
本当に目に鮮やかな『赤』ですよね。
2012.10.22 15:20 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

ええとですね。食べられるものもしっかり植えています。
庭というものをやる方は、東京だったらここに一軒家が建つぞ、とい広さでやるものでして、野菜コーナー、草花コーナー、そして庭木コーナーなどありとあらゆることに手を出すわけです。
そして、ひらひらと儚く桜が散っているというのに、そこで一句詠んだりというようなことは全くせずに、必死になって花びらを掃除していたりするわけです。

まあ、ガーデニングというのも、一種の見栄の張り合いであったりもするので、いかに珍しく美しい植物があるかというのも重要なのです。ただし、−15℃になるのが普通なので、いくら珍しくてもバナナなんかは植えられませんけどね(笑)

日本の紅葉はあと一ヶ月は先でしょうか、楽しみですね。

コメントありがとうございました。
2012.10.22 17:17 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。
そうなんです。秋バージョン。直に冬バージョンになるかもしれません。先週、一度雪も降りましたし。今は、ぶり返しのインディアン・サマーですかね。

ミニ盆栽の楓ちゃんですか! それは風流な。写真載せてくださいね。

それと、新企画ですね。では、早速、このあと伺いますね!

コメントありがとうございました。
2012.10.22 17:20 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

田舎で土地が安いためか、「一軒家」=「ガーデニング」のようになっています。
たまに、トリカブトとか大麻とかが堂々と生えていて目を疑ったりしますが、基本的に園芸種の用で違法なものではないようです。

日本には紅葉の名所があり、とくに赤やオレンジの鮮やかさはこちらの自然には全くない華やかさです。一度その時期に日本に帰りたいですね。

コメントありがとうございました。
2012.10.22 17:23 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/339-ab0ad49c