scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

タイトルの話

小説書くときに、題名から出来る場合と、ストーリーから出来る場合とありまして。題名から出来る場合はもちろんそれで問題ないのですが、ストーリーが決まったあとに、はたと題名どうしようと悩む事があります。

「大道芸人たち」はストーリーから決まったもので、書きはじめた当初は題名がありませんでした。「Artistas callejeros」というチーム名が決まったあとで、しばらくはこのスペイン語だけを題名にしていましたが、公開するにあたって日本語訳をくっつけました。これは悪くない題でした。というのは、ヒロインだけ、もしくはヒロインと恋をする誰かさんだけを示唆するような題にしたくなかったからです。実際にそういう話でもないので。

「夜のサーカス」はもともと旅行中にiPhoneで書いた小説で、かなり適当につけた題名です。スカイさんのご要望は「サーカスのピエロ」だったので、サーカスが出て来ればそれでいっか、というような軽い感じでつけました。というか、サーカス団の名前を適当なイタリア語で、とやっているうちに「チルクス・ノッテ」になって、そこからの和訳なのです。でも、連載するにあたり、この題名から話のイメージを拡げたので、ストーリーとは合っていると思います。

ブログにお邪魔させていただく皆さんの小説を拝見すると、それぞれよく考えられた素敵な題名がついています。題名って「読んでみようかな」と思わせるとても大きなファクターなので、適当につけちゃダメだろうとは思うのですが、どうも、皆さんのような素敵な題名が浮かんでこないんですよね。ううむ、困ったものです。
関連記事 (Category: もの書きブログテーマ)
  0 trackback
Category : もの書きブログテーマ

Comment

says...
 こんばんは。
題名は 悩ましい問題ですよね。
僕は 大概 小説書きあがり… ブログへの記事としての打ち込みも終り… 此の時点でも まだ
決まっていない事 よくあります。
偶に 此の言葉入れたいなぁ と言う事もあるのですが… 中々 使えなかったり 題名 弄りすぎて
わけ解らなくなったり…
次の stella も 実は 題名 決まっていない… 前のstella の
ノスタルジック ワルツ も 本文も全て打ち込んだ
最後に付けていたりする。
僕の 題名の付け方 凄くいい加減です。
2012.11.18 10:02 | URL | #- [edit]
says...
俺は大抵作品内容から作っていって
最終的にタイトルを付ける具合っすね。

如何せん、最初に思いついたプロットも設定を追加していくうちに
どうしても方向性が変わっていくこともありますし、
何せ、設定したテーマをタイトルに反映したい俺にとっては
最後の最後につけるのが常ですね。

まぁ、他の小説の原稿とごっちゃにならないように
仮題くらいはつけてたりしますけどね^^;
2012.11.18 13:34 | URL | #- [edit]
says...
こんにちは。

ウゾさんの題名、どれも素敵ですよ。
詩的な美しい響きでありながら、ちゃんと中身とリンクしてある。
しかも露骨なネタバレでもなく……。

ウゾさんのStella復活は嬉しいです。
月末を楽しみにしていますね。

コメントありがとうございました。
2012.11.18 14:56 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは、TOM-Fです。

作品のタイトル、すごく悩みますね。名は体を表すといいますからねぇ、といって、これだっていうタイトルもなかなか思いつかないし。
八少女夕さんの作品のタイトル、けっこう好きですよ。作品世界を、短い言葉で上手く表しているように感じますね。

作品のタイトルもそうですけど、各話のサブタイトルも悩みますね。公開ぎりぎりまで、あーでもない、こーでもないと弄り回すこともしばしばあります。

私の場合、いざとなったら、映画や小説やらのタイトルをもじったり、そのまま頂いたりすることが多いですね。えへへ、手抜きです。
2012.11.18 15:50 | URL | #- [edit]
says...
こんにちは。

そうですよね。
ネタバレが困るような話の場合は、題名にも困ったりします。特に長編ですかね。
皆さんのタイトルの付け方を参考にさせてもらっています。
シュナイダーさんの新作は受験の後でしょうかね。
楽しみにしていますね。

コメントありがとうございました。
2012.11.18 16:40 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんにちは。

あ、サブタイトル、私も悩みます。
こっちは、長期の意味でのネタバレを考える必要はないのですが。「大道芸人たち」も、かなり苦労しました。楽だったのは日本編ぐらいかなあ。
今後のものも悩みまくりです。もじったりはいい案ですね。参考になります。

コメントありがとうございました。
2012.11.18 17:01 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
私は、短い詩ですが、
本文がほとんど先に出来上がってしまうため、
題名に30分以上悩んでしまうことが
あります。この間はそれで、日にち変わってたww
題名入れずにアップしちゃって、10分以上ブログ放置とかwww


2012.11.19 02:40 | URL | #- [edit]
says...
星の名前から付けたり本当に適当で、
あっという間に決まってしまうことがほとんどですが、
自分でしっくり来ないと作品自体が出来上がらないこともあります。
主人公の名前と同じように呼び慣れるにつれて、
ストーリーが勝手に出来上がっていくような気がしています。
タイトルはとても大切な物です。
2012.11.19 13:51 | URL | #0t8Ai07g [edit]
says...
こんばんは。

そうなんですか。皆さん、同じ事で悩んでいるんですね。ほっとしました。
私の場合は、小説の出来上がりからアップまでは少なくとも半月はある事が普通なのですが、その間にくるくる変わったりします(笑)

コメントありがとうございました。
2012.11.19 18:17 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

そうですよね。タイトルによってストーリーの動き方も変わりますね。「夜のサーカス」もあのタイトルにしたのでああいう話になったと自分でも思います。「大道芸人たち」もたとえば「パピヨンの旅」(笑)みたいなタイトルだったら、全然違った話になっていただろうし。とくに後からできた第二部は存在しなかった可能性があります。そう思うと、もっと大切にしろ、と自分で思いますね。

コメントありがとうございました。
2012.11.19 18:30 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/373-2a7bd805