scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

チョコが並んだ

ハロウィングッズが撤収された後に来るのはこれですね。

クリスマスだ! チョコ商戦だ!

チョコ、チョコ、そしてまたチョコ。スイスのクリスマスはチョコなしには語れないのです。これがドイツだったりすると、シュトレーンやちょっとスパイスの利いたクッキーなど、もう少し別のものがクローズアップされるのです。スイスでももちろんそれらは販売されるのですが、このチョコレートの華々しい売場が目を奪うので……。

特設チョコ売場は三段階くらいで大きくなっていきます。プレゼント用のチョコ、子供が待降節に少しずつ食べていくタイプのチョコ、それにクリスマスツリーに吊るすオーナメントタイプのチョコなど、これでもかと売るわけです。

我が家では12月になったらプラスチック製のツリーを飾るのですが、そこにもチョコを飾るのがお約束。食べるのは連れ合いでございます。
関連記事 (Category: 美味しい話)
  0 trackback
Category : 美味しい話

Comment

says...
 こんばんは。
スイスのチョコレートって 普通にミルク系のチョコが多いのでしょうか。
写真の金色の熊は くまを模ったチョコなのでしょうか…

日本では クリスマスは宗教色の薄い イベントですからね スイスでは 家族と過す
厳かな日なのでしょうか。
それにしても 甘いもの好きの 僕には チョコ チョコ チョコって 天国です。

そんな僕でも アメリカのミントチョコは 苦手。
2012.11.19 09:50 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

金色のは、ミルクチョコのテディ・ベアです。同じものが復活祭にはウサギになって売られています。

板チョコや小さな贈答用の箱チョコなどには、最近の流行でダークチョコも増えてきましたが、基本はミルクチョコです。クリスマスチョコは90%がミルクチョコかヘーゼルナッツ入りチョコです。

板チョコのダークのものは、ただのダークチョコは少なくて、唐辛子入りとかオレンジ入りなんかのひねったものが多いですね。純粋にダークチョコがおいしいのはベルギーのものだと思うのですが、スイスの田舎にはあまり置いていません(笑)

ミント入りはアフターエイトぐらいですが、どこにあるのか忘れてしまうくらい、ミルクチョコが幅を利かせています。ウゾさんの天国かも。

コメントありがとうございました。
2012.11.19 18:22 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/375-b782fa0d