scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

ラファエロが好き

今日は、絵画の話など。

ヨーロッパの大きい都市を訪れる時には、必ずと言っていいくらい美術館を訪れます。とくにラファエロがあれば、最優先して観に行きます。

ベルヴェデーレの聖母

音楽の趣味と同様、絵画の趣味も単純に好きか嫌いかだけの問題だと思うのです。で、私は、ラファエロの描く絵が誰のよりも好き。ダ・ヴィンチやボッティチェリ、フェルメールにバン・ジョーンズなど、他にも美しい名作を残した画家はいっぱいいるのに、どうしても私はラファエロの絵に惹かれてしまうのです。

写真で見ても実物を見てもあまり変わらない絵というのもあるのですが、ラファエロは、実物を見ないとあのよさはわからないのではないかしら。日本にも行く事があるでしょうが、日本では大変な行列でゆっくり鑑賞できないので、できれば所蔵美術館でじっくり観たいもの。ソファに腰掛けて、または、遠くから近くから、あらゆる角度で鑑賞し、別の絵を見た後からまた戻ってきたりもします。

ラファエロのある都市は、他にも見所が多い美しい街が多いです。フィレンツェ、ウィーン、そしてドレスデンは、少なくとももう一度は行きたいですね。
関連記事 (Category: 写真)
  0 trackback
Category : 写真

Comment

says...
おじゃまします

絵への知識の無い私の場合
直感ですが、
クリムトの絵には惹かれます

写実も好きなのですが、
印象派のぼやけた中に
他にも何かあるかな
と思わせてくれる絵が好きです

お邪魔しました
2012.12.01 15:10 | URL | #- [edit]
says...
こんにちは。

クリムト、いいですね。ウィーンで観たのですが、まさに輝くような絵でした。装飾のようでもあり、幻覚のようでもある。幸福と退廃が見事に同居している。正にあの時代のヨーロッパを表した絵という感じでした。所蔵している美術館も、昔の宮殿ですから、とても豪華でした。

ラファエロなどのルネサンス絵画と較べるとクリムトはより観る側の解釈を求める絵のような氣がします。表現しようとしているものが大分変容している、芸術というものの意味合いも変わっていると感じます。実をいうとどちらもわたしは好きです。まあ、ラファエロだけはなぜか別格で好きなのですが。

好きになれないというか、理解できないのは、真っ黒な中に点がひとつあって、それだけというような前衛的すぎる作品です。単純に好みの問題なのですが。

コメントありがとうございました。
2012.12.01 16:04 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
絵を見ただけでぷにっとやわらかそうな肌///
2012.12.02 04:00 | URL | #- [edit]
says...
夕さん
温かい言葉を頂いてありがとうございました。
返事が遅れて申し訳ありません。
美味しいものには落ち着きを失うことがあって、
魚骨を喉につっかえてしまい、二日間悪戦苦闘していました。
情けないですね^^

ラファエロの作品は女性の母性を強く感じられて私も好きです。
母性は愛の記憶、優しい表情に何故かホッとします。

女子と女性、年齢層に合った美しい言葉の使い分けは
少なくとも日本は酷いですね。言葉の文化が退化して行くことが
怖いです。どうしてなんでしょうね。

スイスが今、どんな気候なのか想像つきませんが、
夕さんも体調には気を付けて暖かくお過ごしくださいね。
2012.12.02 05:36 | URL | #- [edit]
says...
おはようございます。

そうなんですよ。このぷにぷに感がなんともたまらないです。
この優しさは、ラファエロ独特のものだと思うのですよ。
当時の他の巨匠の絵と較べてみると、ますます「彼らしさ」にうなりますね。
ずっと観ていたい癒しの絵です。

コメントありがとうございました。
2012.12.02 09:26 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
おはようございます。

えええっ。大丈夫ですか? 魚の骨は危ないですから! 

ラファエロの絵は宗教画であっても、歴史の場面を描いたものであっても、すべて優しい人間らしさがにじみ出ている所が好きです。時おり、茶目っ氣の強いものを描き込んだりもして。

日本の人々は、ものすごくマーケティングに踊らせられやすいと思うのですよ。たぶん私がイライラするのはその部分だと思います。流行語というのはいつの時代にもどの国にもあるのだと思うのですが、日本の場合は大半がメディアの金儲けのために使われていて、それを自覚せずに使う、または使われる人が多いと思いますね。言葉だけでなく選挙などもそうですが、イメージや雰囲氣で何かを選ぶのではなくて、きちんと頭で考えて何かを選ぶ国民に戻るべき時期が来ているのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。

スイスは十月に一度極寒と初雪が来ましたが、その後マイルドになり、ようやくここ数日普通の冬になりました。おかげさまで元氣にしています。お氣遣い、ありがとうございます。また、そちらにも伺いますね。

コメントありがとうございました。
2012.12.02 09:41 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/390-629c54ec