scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

ムパタ塾のこと - 4 -

ムパタ塾の話は続きます。四人の他の参加者と一緒にケニアのマサイ・マラ国立公園のムパタ・サファリクラブにやってきました。

これまでの話は、カテゴリー「アフリカの話」でまとめて読む事が出来ます。こちらからどうぞ。


ライオン三兄弟

ケニアは赤道直下にある国ですが、マサイ・マラ国立公園は標高1500mの高地にあるので非常に過ごしやすく、マラリアの原因となる蚊もいませんでした。公園の中は野生動物が自然のまま生活しているので、人間の方がそれにあわせなくてはなりません。現代社会、特に日本では、お金さえ払えば大抵のものは用意されているのですが、それが全て取り上げられた世界と言ってもいいでしょう。東京にあるすべての利便性、電氣も水道も、自由に外で歩け、買いたいものが買える自由もありませんでした。もちろん携帯電話なんか通じないんですよ。ま、当時は携帯なんか持っていませんでしたが。

自由にならないのは、物質的なものだけではありませんでした。コミュニケーションも。現地の人は当然日本語は話せない訳です。

当時の私は、今ほど厚顔無恥に英語で誰とも話せた訳ではありません。たぶん、大学を卒業した平均的な日本育ちの日本人並みにしか会話能力がなかったのです。しかし、このムパタ塾以来、私の外国人とのコミュニケーション能力に大きな変化が現われます。その理由は——。

実はですね。参加者たちは「言葉の心配はありません。現地には通訳をするスタッフがおりますので」と言われていたのですよ。で、そのつもりで行った所、実はそのスタッフと私の語学能力が、どっこいどっこいだったのです。私も、あまり人に頼るのが好きな性格ではないので、大して変わらない人に通訳してもらうよりは自分で話した方が早いとしゃしゃり出るようになってしまいました。そして、参加して数日で、ケニア人も日本人参加者も、通訳を求めて私の顔を見るようになってしまったというわけなのです。

このむちゃくちゃコミュニケーションは、その後のアフリカ一人旅と、その後の現在の連れ合いとの出会い、つきあいに大きな影響を及ぼしました。そして、今の私があるという訳なのです。

次回は、ムパタ塾のカリキュラムについて話そうと思います。
関連記事 (Category: アフリカの話)
  0 trackback
Category : アフリカの話

Comment

says...
 こんばんは。
いい写真ですね!!!! ケニアの日常の一角を切り取ったかのような 気負った処のない いい雰囲気です。

ほんとに 会話は気合の処あると思います。
少々間違っていても 何と無く 何が言いたいのか解りますからね。

赤道直下かぁ でも 高地ならば虫も少なくて 過ごしやすいのかなぁ。
僕 エジプトにいるとき ハエの多さに 辟易したものだが…
ついに次回は カリキュラムですか 楽しみです。
 
2012.12.25 10:16 | URL | #- [edit]
says...
こんにちは。
三匹の仔猫ならぬ三匹の仔ライオンです。やっぱり子供はどんな動物でもキュートですね。でも、バリバリの野生ですから、過酷な生存競争が待っているんだと思います。

そうなんですよね。「な〜んだ。こんな語学力でも通じさせれば通じちゃうんだ」のコツだけなんだと思います。

ケニアの中でもマサイマラ国立公園は、本当に過ごしやすいですよ。ま、ハエはいますけれどね。っていうか、そのうちにハエが氣にならなくなるのがアフリカかも……。(そしてスイス)

コメントありがとうございました。

2012.12.25 13:20 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
お邪魔します

人には何か大きな転換期があるのかも
知れませんが、八少女さんはそれを見極め
しっかりと掴んだのかもしれませんね。

ムパタ塾の話を読んでいると、
人生は何がどうなるか分からない
と本気で思わせてくれます。


話は変わって
もうお休みに入られたのですね。
休暇たっぷり楽しんで下さいね。

お邪魔しました
2012.12.25 14:00 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

「人生何がどうなるのかわからない」まさにその通りでしょうね。
実際に、この時、アフリカに行かなかったら、私は今でも日本にいたでしょうね。

休暇の初日の本日は、義母と連れ合いの娘と連れ合いの前妻をお客に、4時間かけてガチョウを焼いてもてなしました。ほんとうに、「人生ってなにがどうなるのかわからない」(笑)

コメントありがとうございました。
2012.12.25 20:52 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
いま、お昼休みです^^ ムパタ塾楽しみにしていました!
若いころに原始的な経験をすると、大人になってから肝が据わるというか、一回り大きな雰囲気が滲み出しますよね。
本当にうらやましいです。僕はよく泳げるようになりたかったら、岸壁から飛び込めとか(帰ってこれたら泳げるようになっている)、英語しゃべれるようになりたかったら、渡航した直後に空港でパスポート破いて知らない町に行けと言いますが、そのようなことを地でやってこられた党首はいつもすっげーと思ってます。

2012.12.26 04:38 | URL | #- [edit]
says...
おはようございます。

引っ張れるだけ引っ張っているシリーズ記事ですが、楽しみにしていただけて嬉しいです。

子供のときは、髪を引っ張られただけでめそめそと泣く、しょーもなく臆病でしたが、いつの間にか無鉄砲になりました。人生「まさか!」の連続ですが、おかげで大抵のことには動じなくなりました。

水泳の話で思い出したことがあります。これも近日中に記事にしちゃいます。ネタをいただき恐れ入ります。

コメントありがとうございます。
2012.12.26 11:49 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/407-7d2c9321