scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

樋水龍神縁起の世界 - 3 -

写真で興味を持っていただいた方に、小説を読んでもらおうとするコーナー。(一時間ほど本文なしでした。失礼しました)

京都にて(大徳寺高桐院)

和室の魅力ってあると思うのですよ。古くなればなるほど趣を増す、木の柱。畳の陰影。

「木と紙の家をなぜ建てるのだ」と欧米人に訊かれるのです。「三匹の子豚」の童話ではありませんが、スイスの外壁の厚みが一メートルもあるどっしりとした家と較べて、日本の家はいかにもぺらぺらな建築に思えるようなのです。

日本の、スイスほど寒くならない地域の建物に限るでしょうが、障子一枚+雨戸のような建物には、外界からの遮断は家の目的ではないように思えるのです。そうではなくて目に入る景色(借景も含めて)、風や音を家の中でも共に楽しむ、そういう作りになっているのではないでしょうか。

「大道芸人たち」の出雲の章にもちらっと出てきましたが、「樋水龍神縁起」のメインの舞台である樋水龍王神社の境内には、龍王の池に面して離れが建っていることになっています。この場所は平安時代に既に家が立っていてそこに媛巫女瑠璃が住んでいたのでした。それから何度か建て直されていますが、イメージとしてはやはりこういう日本建築です。ここで、月の光や龍王の池とともに神社の日常が紡がれた、そんな舞台です。



官能的表現が一部含まれるため、成人の方に限られますが……「樋水龍神縁起」四部作(本編)は別館にPDFでご用意しています。
縦書きPDF置き場「scribo ergo sum anex」へ行く 縦書きPDFで読む(scribo ergo sum: anex)


関連記事 (Category: 樋水龍神縁起の世界)
  0 trackback
Category : 樋水龍神縁起の世界

Comment

says...
 こんにちは。
いい写真ですね。
谷崎の陰影礼賛を思い出しました。
家の隅に 影が存在している 存在を許されている 落ち着きます。 
家の隅々まで明るくて 病的なまでに影を追いやる 今の日本の 煌々と毒々しいまでも明るい電燈は
何処か 人の心を蝕んでいくような 不気味さを感じます。

うーーん この家 ネコが数匹 まったりしていそうな雰囲気です。
2013.03.09 06:13 | URL | #- [edit]
says...
おはようございます。

す、すみません。本分を忘れていました……。
光と影が、よかったですねぇ。大徳寺の高桐院、お庭も素晴らしかったのですが、この建物もすばらしかったです。このアングルのちょうど手前の位置に巨大なカマキリがいて、陽のあたった畳の上で日向ぼっこをしていました。
> うーーん この家 ネコが数匹 まったりしていそうな雰囲気です。

してそうです。でも、猫がいたら、カマキリは捕まっちゃうだろうな……。

コメントありがとうございました。
2013.03.09 07:26 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
素敵ですね~~^^

私も日本家屋の良さってあると思います。
手をかけた日本建築って、本当に雅です。
庭も家の一部で、少し暗い部屋の中から眺める庭はまるで額縁のようだったり。

自然の音を、風を、香りを感じる、それも含めて考えられている気がしています。
静寂も何もないのではなく、無音の音を聞くような感じがして、居住まいまで正される感じがします。

私も大人なので、次は「樋水龍神縁起」をゆっくり読もうと決意しました!^^

2013.03.09 12:35 | URL | #GWG7oyQ. [edit]
says...
こんばんは。

こうやって、姑息に宣伝をしているのですよ。ぼちぼち新連載がはじまるので、それまでに皆さんの興味を惹き付けられたらいいかなあと。イラストが自分で描けると、いいんですが、それはできないので。

日本の建築って、建物だけじゃありませんよね。その外側、その暮らし、その文化がすべて含まれているように思われます。そして、シンプル。禅の思想が日本に広く根付いたのは、この暮らしぶりとマッチしたからではないかとまで考えています。

ああ、いい表現ですね。無音の音を聴く静寂。これも、プラスプラスを考える西洋の文化と逆で、マイナスマイナスを目指す日本古来の美ですよね。

「樋水龍神縁起」、読んでくださった方は、みな「予想と違っていた」とおっしゃる小説です。やっぱり長いんですが、お時間のある時に読んでくださったら、感謝です。あ、官能的な表現はあるといっちゃ、あるんですが、全然大した事ないです。ほんと。

コメントありがとうございました。
2013.03.09 17:17 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/486-e605745a