scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

ノスリが飛んだ

先ほど、無事に戻って参りました。旅行中も見捨てずにお越し下さった皆様、ありがとうございます。先ほど、お友だちのブログを巡回させていただきましたが、この旅行中に数多くのみなさまが一斉にお誕生日を迎えられたご様子、お祝いが遅れてしまってすみません。また、あちこちのブログで、当ブログのご紹介もいただいていて、そのお礼にも伺わなくてはと焦るばかりで、コメには至っておりません。遅くなりますが、どうぞお許しくださいませ。そんなこんな言っている間に、当ブログが20000Hit行ってしまいそうです。ご覧になられた方は、どうぞお氣兼ねなくリクエストをどうぞ(前後賞ありです)


新しいカメラの一番のポイントは、ポケットに入る事です。シャッターチャンスはいつめぐってくるかわかりませんからね。

ノスリは飛んでいく

数週前の土曜日に、義母が半泣きになって、連れ合いの所に電話してきました。散歩の途中に野鳥が怪我をしているらしく飛べないというのです。で、彼と私が見に行った所、確かに飛ばずにウロウロしているノスリがいます。ただ、私たちはちょうど知り合いとレストランで待ち合わせをしていて、時間がありませんでした。で、専門家に電話して様子を見てもらうという事にしました。

知り合いと別れた後、義母に電話した所、「専門家が言うにはいなかった」ということで、連れ合いが暗闇の中、懐中電灯を持って見に行きましたが、やっぱりいなかったらしいです。

で、翌日、また義母が「同じ所にいる」と言うので、私たち夫婦と、再び呼び出された専門家が行くと、そこにはいませんでした。もう少し離れた所にじっと座っているのがいたので、連れ合いが近寄ってみると、それは普通に飛んでいきました。それが、この写真のノスリです。望遠を最大にしたので、若干ぼけていますが。

専門家曰く、ノスリは飛べるのに、ぼーっと座っている事も多いそうで、今回は義母が早とちりして騒ぎすぎたみたいです。まあ、ノスリが無事でよかったということで。

こういうふうに、この辺りの人びとは、野生生物に優しいですね。田舎なので、いろいろな野生生物がいます。鹿や山羊の仲間、狐、兎、イタチやリスやハリネズミなどはごく普通に目撃できますし、鷲や鷹、フクロウなど猛禽もよく見られます。
関連記事 (Category: 美しいスイス)
  0 trackback
Category : 美しいスイス

Comment

says...
 おはよう御座います。
無事に 何事も無く 帰ってこられたのですね 何よりです。

鳥って 偶に ケガしている様なそぶりを見せて 自分に注意をひきつけ 子供を守ったりしますからね…
侮れないですよ。

可愛いなぁ 飛べるのに ぼーーーと座っている。
個体の性格ではなく 全体の性質なのですね。
何て 野生動物として問題のある性格 可愛いです。
2013.03.23 00:25 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。
ウゾさん、早起き!

無事に戻ってきましたよ〜。ちょうどあっちで天候が崩れだしたので、いい頃合いでした。まだ帰りたくないって名残惜しい感じで帰るのがベストなんでしょうね。

鳥、ほんとうに侮れませんよね。飛べるのに、紛らわしいヤツめ、なんですけれど、まあ、敵が来たらちゃんと飛ぶみたいなんで、いいんでしょう。見ているとかわいいです。

コメントありがとうございました。
2013.03.23 00:34 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
ムパタ塾の話しをずっと拝見している事も合わせ、八少女さんが作品の中で度々言及していらっしゃる、自然と人との関わりを思い出しました。
その土地の人々が元来持つ野生動物に向ける優しさと同時に、きっと八少女さんご自身が優しい眼差しを心に持っていらっしゃるから、より一層そういう優しい方々が周りに集まるのだろうなと思いました。
ノスリ飛べて良かった〜〜本当に安心!お義母様も一安心ですね。それにしても、本当にノスリ、可愛いヤツですね^^
2013.03.23 05:47 | URL | #- [edit]
says...
おはようございます。
戻って参りました! いや〜、旅行は楽しくて大好きだけれど、自分のベッドでむさぼる惰眠も素晴らしいですね〜。

自分が東京育ちだからかもしれないのですが、アフリカに行ったときや、スイスに越してきてからの、人びとの野生生物への暖かいまなざしと適度な距離感を保ちつつ優しくするその態度に、かなり驚きました。こう、私にとっては野生とは触れては行けない世界で、それゆえに意識していなかったのですが「関係ない世界」に近かったのです。

この辺では、道のハリネズミを危険のない庭に移してやったり、傷ついた小鳥を助けたりと自然に関わる行動が自然に行われていて、学ぶことがたくさんあります。ノスリには騙されましたが(笑)

canariaさん、お元氣なのかな〜と、ちょっと心配でしたが、コメント拝見してちょっとだけ安心しました。
コメントありがとうございました。
2013.03.23 11:32 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

無事、旅行から帰ってきたのですね。
途中の記事を拝見する限り、とても充実していたようでなによりです!

ノスリの件は、日本じゃ見られない光景ですよね……あ、夕さんの義母さんの行動が、です。
日本だと、かわいそうだとは思っても、なかなか行動に移しませんし、そもそも、見て見ないふりをする場合が多いのではないかと……悲しいことですが。
しかし、不思議な習性ですね。鳥って、警戒心が強い種ですから、普通だったら飛び立って行ってしまうんでしょうけど、ノギスはぼーっとしてるんですね。
確かに、怪我して動かないのかと勘違いしてしまいそうです。
何はともあれ、鳥が無事でよかったです。
2013.03.23 13:18 | URL | #T7ibFu9o [edit]
says...
こんにちは。

ただいま! かなりリフレッシュできました。今、大量の洗濯物を済ませた所です。

そうなんですよね。近くには「ハリネズミを交通事故から救おう会」だの「コウモリの友」だの、サークルともなんともいいがたい寄り合いがありまして、それぞれが活動したりもしているようです。要するに、暇なのか? ともちょっと思うんですが、かなり牧歌的な世界ですね。

また、紛らわしい移動のしかたをするんですよ、この鳥が。ちょっと浮いたか浮かないかぐらいの飛翔で数メートルだけ動いたりして、そのままそこに座っていたりするのです。そうすると傍目には「飛びたくても飛べない」状態だと思えてしまうのですよね。飛べるなら、ちゃん飛べといいたい所ですが、まあ、ノスリにもいろいろと都合があるのでしょう。

本当に無事でよかったですけれど。

コメントありがとうございました。
2013.03.23 14:04 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
夕さん、こんばんは。
そしてお帰りなさい^ ^

スイスって凄いですね。
色々とドキドキやカルチャーショックが多いのでしょうね(動物に対して)。ハリネズミを交通事故から守る会、月子は入ってしまうかもしれません、スイス、ヨーロッパ各地の素敵なお話と風景、とてもワクワクしながらいつも読んでいます。
それにしても鳥ちゃん無事で何よりでした。
2013.03.23 15:02 | URL | #- [edit]
says...
こんにちは、そして、ただいま〜。

ハリネズミ、本当にかわいいですよ!
痛いので触れませんが。
年に数回、轢かれてしまった子をみかけます。みんなで氣をつけてはいるんですけれどね。

日本の都会のように刺激的なものがほとんどないので、人びとにはたぶん多くの時間があるのだと思います。野生動物ではありませんが、牛や山羊の行列が通る時、10分くらいエンジン止めて車が待っていますし。けっこう学ぶこと多いなと思いました。

コメントありがとうございました。
2013.03.23 15:30 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
おかえりなさい。

旅行、満喫されたみたいですね。帰宅後の写真やパンフなんかの整理は楽しいですけど、洗濯とかちょっと大変ですね。お疲れさまです。

スイスでの野生生物とのふれあい、なんだか微笑ましくていいですね。青空に翼を広げて飛ぶノリス、さわやかです。
こちらでは、よく見かける鳥といえばカラスですが、青空を舞う黒い影って感じで、爽やかさはゼロです。しかも、ヤツらはなかなか賢くてしぶとい連中です。繁殖期になると、襲ってきたりするし、可愛げもないですねぇ。いやべつに、カラスに恨みはないんですけどね、なんかえらくちがうなぁと思ってしまいまして。

ところで、アクセスカウンターですが、今拝見したら20048でした。すでに、前後賞どころかニアピンですらない……残念。
2013.03.23 16:32 | URL | #- [edit]
says...
ただいま〜(^-^)/
洗濯は終了しましたが、連れ合いの散らした荷物が…

カラス、賢過ぎて怖いですよね。
スイスにもいます。もっともゴミを荒らすのは、キツネです。
カラスは農家に殺されてみせしめ状態で吊るされてます。怖っ。

コメントありがとうございました。

あ、どうも踏まれた方からリクエストないようなので、よろしかったらリクエストしてくださいませ(^_^)
2013.03.23 17:03 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
コメントが前後していますがお許しください^^

お帰りなさい^^
旅行中もUPしてくださっていた記事を読んで楽しませて頂いていました^^
無事に帰って来られたようで、よかったです^^

自然がいっぱいのスイス。
日本も犬や猫や動物を飼う方もとても多いと思うのですが
スイスの方は、自然にいる野生動物にも優しいのですね。
とても素敵ですね~~
それだけ自然と共存するということが当り前なのだと思います^^

ノスリを思うお義母様がとても可愛らしく感じて、優しい方だなぁと思います^^
早とちりでよかったですよね^^
2013.03.23 23:07 | URL | #GWG7oyQ. [edit]
says...
おはようございます。
順番だなんて、そんな、大丈夫です。昔の記事へのコメも大歓迎ですし(笑)

スイスという国は、動物虐待にもものすごく厳しいのです。ドイツやオーストリアでは工場で生産されるような養鶏(生きた鶏がベルトコンベアーを回っているひどい状態)はもちろんできませんし、屠殺のときも残虐な方法は禁止されているくらいです。日本に較べるとペットの不法投棄も少ないと思います。とても高くても、飼う人はたいてい不妊手術をしますし。

野生生物や、野生の植物に対する意識もかなり高く、自然を大事にしているのがよくわかります。日本でも田舎の方は同じなのかもしれませんが。日本の都会では、本物の自然に触れあう機会が少なく、魚は切り身で泳いでいると思っていた子供がいたなんて笑い話も聞きます。触れ合いが少ないと命を尊重することも覚えられないと思うのです。コンピュータゲームだけでなくて、ときには、田舎で本物の自然に触れあう機会を持てるようになるといいなと思ったりもしています。

休日に何度も呼びだされた専門家の方は氣の毒でしたが、まあ、ノスリが無事でよかったということで。

コメントありがとうございました。
2013.03.24 10:57 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/492-06349f6c