scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

ムパタ塾のこと - 11 -

まだ続くのかと呆れていらっしゃる方もおいででしょうが、軽く無視してみます。ムパタ塾の話です。

黄昏れて……

アフリカというと時おりこんな意見を耳にします。「なんてかわいそうな貧しい人たち。誰もが幸福になる権利があるのに」この手の言葉を聞いたら、どんな人が発しているのかまず知らなくてはなりません。もしその人がアフリカのことをテレビでしか知らない人であるのなら、その言葉にはあまり重みはありません。

誤解されると困るのですが、人種に優劣があるとは思ってはいません。そして、アフリカやアジアやその他の開発途上の国で悲惨な状況のもとで暮らしている人がいることも確かです。だから発言が間違っているといいたいのでもありません。

ただ、「人はみな同じ」という発想には賛同できません。「豊かさ=西欧資本主義国の暮らし」という基準にも納得がいきません。何千万年もの間、自然とかかわり合いながら大地のもとでエコロジカルに生きてきた人たちにプラスチックの買い物袋とウォシュレットのある生活を「ほら、幸せでしょ」と押し付けることはナンセンスだと思うのです。

彼らは私たちとは別の時間感覚を持っています。「ほら、このデジタル時計をはめることができる生活をするためには、きちんと時間通りに蟻のように働かないと」と説教をしても意味がないと思うのです。

彼らが平均で受け取る給料はとても額が低いのです。はじめにそれを聞いた時、私も憤慨しました。けれど、あとで彼らの仕事ぶりとそれを監督する人を見て思いました。「まあ、ちっと安いかもしれないけれど、安すぎるってほどでもないかも」

生産性というものはほとんどなく、一人でできることを十人ぐらいがだらだらとやっている。言われたことを憶えるのも当たり前ではなく、監督者はほぼ同じ小言を毎日言っても改善されないことに慣れています。でも、彼らはそれに不満を持っているわけでもない。日本の企業戦士のほうがずっと不幸せそうです。

物質的で、生産性が高く、変化がめまぐるしく、大量の人間が絶えず移動している社会を、何を置いてでも手に入れるべきユートピアだと思うアフリカ人は少ないに違いありません。彼らは一日中家の戸口に座って、ビールを飲みながらだらだらと話をするのが大好きです。給料をもらったその日のうちに全額を酒に換えてしまう男たち、十以上の数を使う必要のない生活、歌と伝承とダンスに満ちた夕暮れ。

「かわいそうな人たちを救うためには、教育が肝心です」
そういう力説を聞く度に、ある意味では正しいかもしれないけれど、それが本当に幸せになる唯一の道かなと考えてしまうのです。
関連記事 (Category: アフリカの話)
  0 trackback
Category : アフリカの話

Comment

says...
 こんにちは。
難しいですねーーー 
何よりも 全人類に西欧資本主義国程度の暮らしを 提供できるほど 地球には資源はない。
コーヒー農園や カカオ農園の労働者に 西欧並みの賃金を与える。
其れによって コーヒーが一杯 五千円になる事 板チョコが 一枚 一万円になる事…
今まで 手軽に手に入れる事ができた 享楽 先進諸国は 捨てる事できるのでしょうか。

実際に 安い労働によって 先進国の生活は支えられているのですよね…

感情論ではなく かなりの覚悟と 計画性をもって取り組まないと 出来ない変革でしょうね。
そして 其の変革 誰が 喜ぶのでしょうか。
2013.04.09 08:29 | URL | #- [edit]
says...
サキはこの先人類が今の生活を維持するには、一刻も早く宇宙に出る以外方法がない。と思っています。
クウやタウリ達が生活する世界はその初期段階です。
アフリカでエコロジカルに生きる人々をそのままにするのかは難しい問題です。
いまのままの状態を全体が続ければ、いくら彼らがエコロジカルに生きても破綻はやってきます。
人類だけなんですよね。“自力で”宇宙空間までを生息域に加えられるのは。
2013.04.09 14:03 | URL | #0t8Ai07g [edit]
says...
こんばんは。
FC2メンテナンスで、コメ返がずっと送れずに、遅くなりました。

そうですね。
私たち先進国と言われている国に住む人が商品を格安で手にすることができる影に、労働者の人たちが雀の涙の賃金で働かせられているという事実がありますよね。それと同時に、たとえば巨大プランテーションに変えられてしまったために自給自足のできなくなった人たちが、市場経済に巻き込まれて貧困化していく面もあって、先進国の業は深いなあと思うことがあります。

コメントありがとうございました。
2013.04.09 22:22 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。
FC2メンテナンスで、コメ返がずっと送れずに、遅くなりました。

クウやタウリの活躍するほど、ちゃんとした宇宙開発のできる時代になればいいでしょうけれど、発電所ひとつももまともに制御できない程度の科学しか持たない現実の人類は宇宙に住めるようになるとは想像できなくなってきたんですよね……。
かつては科学や経済の発展というものは、人類の未来のための正統な手段だと思っていましたが。
きれいな大氣や水、食べるものがあって、過ごしやすい温度(火星や水星に較べると)をもつかけがえのない地球をもっと大切にしないといけないんじゃないかなあと思うことの多い日々です。

コメントありがとうございました。
2013.04.09 22:24 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/528-c00e8e0a