scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

黒歴史の話

キリスト昇天の祝日で昨日から四連休です。洗濯しかしていないけれど……。と、どうでもいいことを語ってみました。今日の話題は全くそれとは関係なく。

さすがにもう時効だと思うし、ちょっと語ってみようかな。私の創作の原点の話です。

私は、四歳か五歳、つまり記憶にあるもっとも昔の時点から、物語の妄想癖がありました。何故だかはわかりません。もちろん当時は文章に書いていたわけではなく、マンガにしていたわけでもありません。一次創作と二次創作の区別もつかない段階で、ストーリーもあってなきがごとし。

で、そういうことをペラペラ話す子供ではなかったし、小学校に入ってからもそのことを話すような友人はいなかったので、勝手に一人で黙々と妄想していました。

で、四年生ぐらいの時でしょうか、クラスで交換日記なるものが流行りました。親しい友達と一日おきにノートを受け取り、何かを書いて翌日渡すもの。今でもそんなことをやっている子供っているんでしょうか。私は当時一番親しかった友と交換日記をはじめました。そのノートに文字で「あったこと」「おもったこと」のようなごく普通の日記を書いていた時期があったかは、もう憶えていません。どういうわけだか私たちは交換創作マンガを書くようになってしまったのです。

当時私の通っていた私立小学校にはフランス語の授業があり、クラスの生徒はそれぞれ授業時間はフランス語の名前で呼ばれていました。交換日記の主人公たちは、私とその友達のフランス語名を持った、(たぶん)フランス人の女の子たちでした。どんなストーリーだったかも忘れましたが、やけにドラマティックでした。とっくになくなってしまったその何冊かのノート、見つけることがあっても頭を抱えるに間違いありません。

「scriviamo!」の「二十年後の私へのタイムマシン」で書いた「タイムマシンの出てくる話」は実話で、この交換日記の直後に私が一人で描きはじめた作品です。このストーリーはよく憶えていて、今から廃品利用しようにもキャラの名前くらいしか使えるところがありません。まさに黒歴史です。

でも、あの作品で書いたように、私はその誰にも見せられないひどすぎるマンガに愛着を持っています。あれからずいぶん時間が過ぎて、私は厚顔無恥にも作品をバンバン公開するようになりました。その原点があの時代のショウワのノートに書かれた稚拙な作品にあります。(もう地球から消滅してしまいましたが)

今でもまだまだ発展途上ではありますが、少なくとも当時よりは上達していることは間違いありません。そう考えると黒歴史を通るのもさほど悪いことではないのではないでしょうか。
関連記事 (Category: もの書きブログテーマ)
  0 trackback
Category : もの書きブログテーマ

Comment

says...
交換日記やりましたよねぇ~。
私は日記をDJ風に綴ってましたよ。(笑)
ちなみにうちの娘達も交換日記の経験がそれぞれあるので
時代は関係ないんでしょうね。
こんな風に作品の裏側?を見せてもらうのって楽しいですね^^
2013.05.10 06:01 | URL | #G5P3Ad7M [edit]
says...
 こんにちは。
僕は 今まさに 黒歴史量産中ですよーーーー
おおっ 僕も小4 十歳の頃から小説もどき 書き始めたのですよね。

唯 僕の場合 パソコン上の掲示板に発表している為 自然消滅してくれない!!!!!
きっかりと 三年半ほど書いていたたのが 残っているーーー
消えない黒歴史 偶に 懐かしんで 読み返しています。   
2013.05.10 06:20 | URL | #- [edit]
says...
ってことは書き直した漫画ももうすぐ公開されるんでしょうか?

私は妄想はあっても書くことはなかったです
私の場合は見せないなら書く必要はないかなあと
今も考えるのは楽しいけれど書くのはめんどくさいです
(書いてるとき楽しいこともありはするけれど)
2013.05.10 09:04 | URL | #- [edit]
says...
こんにちは。

黒歴史(物理)は結構手の届く範囲内にありますが、普段は手に取ることもないですね……
中高のころに書いた(描いた)小説の断片やイラストですが。

妄想そのものは幼稚園児(6歳程度)まで遡ることができますね。
あの頃はどちらかというと二次創作に近かった気もしますが、何かに書き起こすようなことはなかったです。
まあ、今でもあの続きを完成させようと目論んではいますから、黒歴史はある意味現在進行形です。
2013.05.10 09:40 | URL | #T7ibFu9o [edit]
says...
おはようございます。

あ。akoさんもやっていらしたんですね。そして、お嬢さんの頃もまだ存在していたと。
今だと小学生ならまだ携帯なども持っていないだろうし、交換日記コミュニケーションもかろうじて存在しているのかな……。

DJ風の日記! ちら見してみたいです。

作品の裏側は語れば語るほど傍目からは痛くなるものですが、本人としては、止まらない……。
まあ、いいです。学校のクラスで語っているのとは違って、ブログは「勘弁してくれ」な方に無理矢理読ませているわけでもないので(笑)あ、でもスイスの事を知りたくていらしている方は「勘弁してくれ」かも……。

コメントありがとうございました。

P.S. お申し出の件、感謝感激です。どうぞ、そのまま公開してくださいませ。で、もし、ご迷惑でなければお持ち帰りさせていただいてご紹介したいのですが……。
2013.05.10 10:02 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
おはようございます。

ウゾさんがいま書いているのは、全然黒くないですよ。
小学校四年生で書かれたものが掲示板に? それは興味津々……。
私のあの時代のものは、さすがに公開は無理。公害レベルです。
(幸い当時はそういうメディアもありませんでしたし)

この記事を書くにあたって、「持ってきていたっけ」と日本から船便で送った黒歴史シリーズを確認したら高校以前のものはありませんでした。さすがに船便代すらもったいなくってゴミ袋行きになっていたみたい。高校の時のものも、情けないものがかなり混在していますが。で、真っ赤になりながら昨日読んじゃいました。

コメントありがとうございました。
2013.05.10 10:07 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
おはようございます。

子供の時から自己完結型で、「自分さえ楽しめればそれでいいや」だったみたいですね。それが幸いして、世間にみっともないものをさらさずに済みました。今はどうなんだという話は、おいておいて(笑)

書き直したマンガは次の2月30日に公開予定です!
もしくはダメ子さんのように絵がうまくなったら(笑)

高校生の時に書いていたマンガのわずかな片鱗は現在執筆中の「森の詩 Cantum silvae - 貴婦人の十字架」に入っております。あれをまともにしたくて書き出した話なので。もっとも、どこが書き直しなんだというくらい関係のない話になってますが。

とありがとうございました。
2013.05.10 10:17 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
おはようございます。

あ、私も高校生の時に書いていて途中までになっている小説、いつかはちゃんと書き直したいなあなどと思っていたりします。

昨夜、はじめてワープロ(コンピュータ以前)で打ち出した小説、読んじゃいました。ということはもう大学に入っていたな。「書き直せば、いけるかな」レベルでした。ついでに高校の時に書いていたマンガも開いちゃいましたが、のたうち回りました。拷問レベルでした。マンガから撤退して大正解だったようです。

でも、子供の頃から創作に向かっている時の熱は変わっていないみたいで、生涯こうやって楽しんでいるんだろうなと思います。現在進行形の黒歴史、お互いに長く続けて行きたいですね。

コメントありがとうございました。
2013.05.10 10:26 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
夕さん、こんばんは^ ^
黒歴史……。月子は小さい時からかなり変り者だったらしく、一人でずっとシルバニアファミリーの人形達にお洋服を作ったり…etcだったようです。
妄想癖は多分9歳ぐらいからですかね、いつもいつも空を見上げて別の世界の事を考えていました。
交換日記、可愛い交換日記帳をクラスで回しているグループがあったような記憶があります。
中高は小さなメモ帳に書いた手紙を授業中にこっそり回すのが流行っていましたね^ ^
2013.05.10 13:04 | URL | #- [edit]
says...
暗い子でしたが、つまらない絵や漫画のようなものを書いて友人と見せ合いっこするようなことはありました、ノートにみんなで順番に絵というかイラストをたくさん描いていました。担任の先生にも一応認められていて、仲間で書き合ったものは先生が最後に見てくれていました。そして評価もしてくれていたような記憶もあります。良い先生だったのかな?
通学中や授業中にも次々と物語を頭の中に描き出すことは簡単でした。色々なストーリーが無限に湧き出てくるような気がしていました。
サキはイラストで描けるような気になっていたんですが、自分の頭の中に湧き上がってくる物語を絵にするだけの画力はとうとう出てこなかったです。
やむを得ず文字にしています。
絵で表現したかったなぁ。
2013.05.10 13:54 | URL | #0t8Ai07g [edit]
says...
こんにちは。

わあ、なつかしい。シルバニア・ファミリー!
かわいくて大好きでした。
そうですか。お洋服を作ってあげたなんて、女の子らしい!

「この空を見上げて」だったんですね。とても共感しちゃいます。わたしも雲をぼーっと見ながら、続きを考えていたなあ。

あ、メモ帳まわすのも流行りましたね、デキる女の子、今の言葉で言う「女子力の高い」女の子はすごくかわいいたたみ方をしていましたね。私は……。女の子度が15%ぐらいしかなかったし、たたみ方以前の問題だったかも。

コメントありがとうございました。
2013.05.10 14:22 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんにちは。

それはいい先生でしたね。
子供の描くもの、上手な子のはいいでしょうけれど、そうでない子供の作品をも見て、評価して。人格者だわ……。

文字で書くのって音楽にたとえると歌みたいなもので、とりあえず「こういう音を出したい」と思うと直結で出るんですけれど、イラストは楽器のようなもので「こんなの」だと思ってアウトプットすると全然違うんですよね。思った通りの音(イラスト)が出てくるようになるまでには、氣の遠くなるような練習をしなくちゃいけないんですが、その前に諦めてしまい「歌(文字)でいいか」になってしまった私です。せめて自分のキャラだけでも思った通りに描けるといいのに。私の思った通りにサラサラッと描いてくださる羽桜さんのラフに感心しながら思いましたよ。

コメントありがとうございました。
2013.05.10 14:31 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
あ、私も妄想壁のある子でした(笑)
外で遊ぶ活発な女の子でしたが、ひとりのときは空想の中で生きてました。
漫画を描くのも好きな子でした^^

そして、夕さんの記事で思い出したことが!!!!
私ずっと、「誓約の地」が小説初作品だと思っていたのですが。。。
思い込んでいただけでした。
最初の作品、思い出しました。今度、カミングアウトしようかな(苦笑)
そう言えばあのダイアリ―、どこ行ったのだろう???
話しが酷過ぎて世に出してはいけない作品です^^;;

2013.05.10 15:52 | URL | #GWG7oyQ. [edit]
says...
こんばんは。

そうか〜、やっぱり子供の頃から「お話づくり」をしている人が、のちに創作を発表するようになるんですね。

お。ぜひカミングアウトしてください〜。黒歴史の公表を流行らせようとする私でした。

コメントありがとうございました。
2013.05.10 18:26 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
再確認中です(^^)
GW前、津軽に出発する前に、古いノートの公開をしましたが、あの後、棚から出てくるあれこれを見て、面白すぎて。
いずれちら見第2弾をするかどうかはともかく…^^;
(大体、字のびっちり感がすごい。あれはもう、夏目漱石『こころ』とトルストイの影響ですね)
でも、自分でもびっくりですね。あれ、こんなの書いていたのか、と驚くし、覚えていない自分にも驚くし。
しかもあの頃は全て手書きで、数えていないけれど、自分一人で書いたものだけで30冊近く、友人と共作したものも同じくらいあります。しかも、びっちり文字が…(しかもたまにでかい)いやはや、若いエネルギーには驚きます。
絶対、同じものは書けないし、公開できるようなものではありませんが(設定が甘い…でも、発想には驚くような新鮮さがありますが^^;)、そのエネルギーは今の私にはないと思うので、それはそれで肯定的に捉えております(^^)

交換日記は必須アイテムですよね。私もやっていましたし、まさに呼び合う名前とかも別の名前になっていたことも…
ついでに、文字まで作ったりして(つまり暗号ですね)、鏡文字もやったし…あの想像力が今はもう懐かしい…の世界です。

【大道芸人たち】ゆっくり進んでいます。
イタリアを出てスペインに入りました。
【樋水…】はとても完成された、よく構成されたお話でしたが、夕さんの筆が【大道芸人たち】のほうが踊っている感じがして、結構好きです。踊っているというのは、自由で、流れる向きを気にせずに、ありのまま、人生ってこうだよ、みたいな。まさにロードムービーを見ている感じで、特にイタリアからスタートしたので、あのイタリア映画の明るさとそしてちょっぴり辛い現実のかげりみたいな印象がそのまま出ていて、私としてはすごく流れ行く先が楽しみです。
それに、キャラがいいです。感情移入しやすいのは、みんなすごく等身大だからかしら。
いやもう、摩利子さまに続く、大海のツボにはまっている蝶子さん、今後が楽しみです。
いえ、もちろん、摩利子さまびいきは変わりませんが^^;
では、また、ゆっくり。
2013.05.11 03:17 | URL | #nLQskDKw [edit]
says...
こんばんは。

憶えていない自分……。昨日の私だ(笑)実は、高校の時に書いていたマンガの「外伝」を昨夜発見したのですよ。しかもワープロで打たれた小説の形式をとっていて、ということは大学以降にわざわざ書いたらしい。ということは外伝だけで挫折したらしいけれど、あのマンガを小説化する企画もあったらしい。全く記憶にございません……。

謎のエネルギー、ありましたね。あのエネルギーを勉強に向けりゃよかったのに(笑)

「大道芸人たち」、着々と読んでいただけて恐縮です。ご推察の通り、好き勝手に書いています。一応、起承転結程度はありますが、それ以上の仕掛けはほぼゼロです(笑)しかも読者には謎を作らない形式をとって書きましたので、重要な伏線もばらまいておりません。

蝶子、氣にいっていただけて嬉しいです。ゆりと違って作者にも痛快なヒロインです。まだ執筆中の第二部もあるので個人的にはまだ「過去のヒロイン」ではなく、思い入れも続行中。もっとも、この人はじゃじゃ馬で作者の思う通りにはなかなか動いてくれませんが。一番怖れているのは、稔関係のボロが山のように出ることですが、まあ、これはあきらめましょう。不都合なところが出てきたら、またご教授いただけると幸いです。

コメントありがとうございました。
2013.05.11 22:05 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/559-4d9423cf