scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

リラの花咲く頃

我が家のボイラーが壊れて業者が入ったり、その後片付けがあったりしたので、皆様の記事の読み逃げ状態になっております。お許しくださいませ。本当はコメしたい記事がいっぱいあって、遅れても書きにいく氣満々です。

リラの花咲く頃

宝塚で有名な「すみれの花咲く頃」という歌、ドイツ語やフランス語だと「リラの花咲く頃」であるのはご存知でしょうか。日本でスミレが咲くような時期はまだ少し肌寒さが残り、その時期に出会った少女との仲もまさに「清く正しく美しく」の清潔感の漂う、いかにも日本的浪漫のイメージですが、「リラの花咲く頃」となると少し違います。

日本の、私の知っている東京の春は、二月の沈丁花や梅からはじまって、じわじわとやってきます。三月いっぱいを使って三寒四温という感じでゆっくりと春になっていきます。それが恋とも友情とも言えないような淡い想いを抱える爽やかな出会いに似ているし、今はともかくかつての日本ではそういう淡白に見える関係からじわじわと愛が育った、そんなイメージがあるのです。

こちらの、私の今住んでいるスイスの春はそういうものではありません。昨日は冬なのに突然爆発するがごとくやってくるのです。ある時は一日で、長くても一週間でやってきます。ありとあらゆる花が、申し合わせたかのように花ひらき、香りに満ち、世界が鮮やかな色彩に溢れます。そのパワーと力強さは信じられないほどです。

「大道芸人たち Artistas callejeros」で、ヴィルが蝶子をたとえた花はこのリラでした。すみれのようなおしとやかな花ではなく、溢れるばかりのパワーを秘めた香り高い花。そう、私の大好きな花なのです。
関連記事 (Category: 美しいスイス)
  0 trackback
Category : 美しいスイス

Comment

says...
 こんばんは。
確かに 昔の恋の様ですね。
見合いで 取り敢えず結婚しておいて 愛や信頼は 後からゆっくりと育てる。
そして 家族とななる。
そして 突然の百花繚乱は 一目ぼれ 一瞬で運命の恋に落ちるようですね。

ああっ 大道芸人 イタリアいいですねーーー
僕の方の探偵もどきも イタリアに遠足行かそうかな。
探偵が 蝶子さんを見たら 一目ぼれして 「今 女神が通った」と大騒ぎするかな。
2013.05.14 11:55 | URL | #- [edit]
says...
夕さんと同じく、私も母も大好きな花です。
それに、実は小学生のころ買ってもらって、何度も読んだ本の1冊がオルコットの『リラの花咲く家』でした。
結構乙女だったころもあったなぁ…(若草物語よりもこっちが好きだったのです)
そうか、蝶子さんのイメージなんですね。わかるような気がします。

私は、ゆっくりひとつひとつ花が咲いていく春も、一気に花開く春も、どちらも好きです。
毎年、うちの花たちは、山茱萸に始まって、金縷梅、梅、木瓜、桃、桜、利休梅……とゆっくり開いていきます。その咲く頃合いで風の温度も土の温度もわかります。
でも、青森や北海道に行くたびに、一気に花開く春もなんて素敵!と思います。
きっとスイスの一気に開く春も素敵なんでしょうね!
(あぁ、実は、これが今更新中のある作品のテーマだったりする…)

ボイラー大変でしたね…本当に、突然壊れると困るものの一つですよね…
(うちの実家は植物園で、たまにボイラーのトラブルがあると大変です。。。)
2013.05.14 12:35 | URL | #nLQskDKw [edit]
says...
こんばんは。

すみれの花のような恋もいいんですけれど、今どきは確かに流行らなそう。昔は「赤いスイトピー」なんて流行歌もあったんですよね〜。
めくるめく恋のリラはいま盛りですが、なぜか冬にちょっと逆戻り! 寒いです。

イタリア行ったら、「このパスタは固くてダメだね」っていうかなあ、探偵さんたち。
ぜひ食べての感想を聞きたいです。
そしてゾーラさんとアリアさんも一緒に行く? そしたら、レネがぼーっとなるかも。
近いうちにコラボできるといいですねぇ。
2013.05.14 19:37 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

ああ、だからお花にとても詳しいのですね! 植物園ですか。
温室などにボイラーが必要なのでしょうか。(かなりわかっていない)

一年の半分以上が冬なので、「のんびり春になっている暇はない」ってことなんでしょうかね。東北や北海道もそうなんですね。

現在は「氷の聖人」の時期です。五月の半ばは統計的に寒くなってしまうらしく、例えば「冷たいソフィー(の日)」といわれます。統計通り、寒いです!

お。どの作品だろう。って、まずは「雨」のコメに行きたいんですけれど! 後ほど……。

コメントありがとうございました。
2013.05.14 19:50 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/560-23547d35