scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

まさかの第二弾「神様限定! 創作バトン」

この間やったばかりだろうと言われそうですが、再びTOM-Fさんからからいただいたバトンです。というか、自分とこの回された神様が、やってもいいよって、お氣に入りのギャルつれて登場です。っていうのは、このバトン、小説には書いていない設定なんかもサラッと解説できちゃうんで。
では、いきます。


【壱・ではまず呼び出す人に語らせてやってください。 なんというタイトルのお話から来ましたか?】

(瑠水)高橋瑠水です。チャプター1の終わりそうな現在、18歳です。連載中の『樋水龍神縁起 Dum Spiro Spero』からやってきました。
(龍王)バトンを受け取った、樋水龍王神です。島根県奥出雲樋水村にある由緒ある神社で主神やっています。『樋水龍神縁起』本編ならびに『樋水龍神縁起 Dum Spiro Spero』からきました。本体は樋水川です。
(作者注・樋水村は架空の村で樋水川のモデルは斐伊川です)

【弐・その世界では主にどんな生活をしていますか?】

(瑠水)現在は高校生です。これから東京の大学(地質学を学びます)に進学する事になっていますが、大学生活はワープして、チャプター2では社会人らしいです。かなり過疎のちょっと特殊な村で育ったので、出雲の高校でも変わり者扱いされていました。東京に行くとなるとどうなるかちょっと心配ですね。
(龍王)けっこう忙しいです。縁結びから進学のお願いごとのような個人的なお祈りが来る事もありますし、冠婚葬祭を一手に引き受けているんで。それと同時に雨や川として流れて農地を潤したり、個人のお宅に行ってお鍋の中でほうれん草を茹でたり、24時間態勢ですかね。

【参・暮らしの中で嬉しい事ってありますか?】

(瑠水)お社の龍王の池に行くと、とても幸せな氣持ちになるんです。あと、とても仲のいい友達のシンと一緒にバイクに乗ったり、クラッシック音楽を一緒に聴いたりすることです。
(龍王)ちょっと前に仲間が増えた事。支流で蛟川といいます。

【四・辛いことってありますか?】

(瑠水)高校で「氣味の悪い子」って、こそこそ言われる事かな。あと、龍王様のことは村のみんなもいるっていうのに、「水底の皇子様とお媛様」がいるっていうと、「それは妄想だ」って言われてしまう事です。この間、二人の近くに行こうとしたら、龍王様に追い返されたこともつらかったな。
(龍王)ありません。

【伍・ぶっちゃけ、自分の扱いや境遇についてどう思っていますか】

(瑠水)龍王様やこの世にもういない人を見える事を高校で言わなければよかったなって思っています。あと、樋水や出雲が好きだから、こっちの大学に通いたかったんだけれど、みんなが東京に行けっていうんですよね。龍王様やお社の神主さんたちにも歓迎されていないみたいで、でも、お姉ちゃんみたいに東京でやっていく自信もないし。こっちに残るシンと連絡していろいろと相談しようと思っていたんだけれど……いい友達だと思っていたんだけど……ちょっと、いろいろあって、氣まずくなっちゃって。
(龍王)龍神とはそこにあってなきものなので、扱いや境遇などには頓着しません。

【六・好きな異性のタイプを教えてください】

(瑠水)子供の頃から感じている「水底の皇子様」です。いつもお媛様と一緒にいて、幸福なんです。先日溺れそうになった時に、たぶん助けてくれたのも皇子様だと思います。氣を失っちゃって、ちゃんと見ていないんですけれど。
(龍王)川に性別はないので、この質問には答えられません。

【七・得意な歌はなんですか?】

(瑠水)村の大衆酒場「三ちゃんの店」でカラオケさせられた事があるんですけれど、あまり上手じゃないんです。全然歌謡曲を聴かないので、歌える歌もないし。お父さんとお母さんが若いころに流行ったっていう宇多田ヒカルって歌手のCDがうちにあって、今はあれの中の「First Love」を歌いたい氣持です。
(龍王)祝詞

【八・どうしても許せない事ってありますか?】

(瑠水)どうしてもってほどじゃないですけれど、シンとずっといい友達でいたかったです。
(龍王)愛も憎しみも全て同じひとつの空に集結するものです。許されるものも許すものも存在しません。

【九・こちらについて質問はありますか?】

(瑠水)これから私はどうなるんでしょうか。
(作者回答)「大道芸人たち」の日本編を読めば、大体わかりますよ。でも、詳しくはネタバレになるので答えられません。龍王様はなにかありますか。
(龍王)質問されて答えられるつもりだとは驚いたね。

【拾・最後に、今後の予定ややりたいことがあれば】

(瑠水)う〜ん、水底の皇子様とお媛様と会う事ができたらいいなあ。
(龍王)それは、このストーリーでは無理だと思うからあきらめなさい。

【お疲れさまでした。最後に、回したい神様を5人選んでください】

(作者)もう十分まわったから、いいでしょうと龍王様が……

(まだやっていなくて、やってみたい人間の皆さん、ご自由にお持ち下さい)
関連記事 (Category: 構想・テーマ・キャラクター)
  0 trackback
Category : 構想・テーマ・キャラクター

Comment

says...
若いころに流行ったっていう宇多田ヒカルの「First Love」・・。

若ッ!! 瑠水ちゃんのご両親若いわ~ぁぁあ!! (m´□`m) 笑
2013.06.16 06:31 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

読んでいてシンがとてもかわいそうになってきた……
瑠水ちゃんはそういう気持ちをよく知らないから仕方ないんでしょうけどね。

それにしても、龍王様の得意の歌って「祝詞」なのですね。
どちらかというと捧げられる側でしょうに。
門前の小僧習わぬ経を読む、といったところなのでしょうか。

本当にこのバトンはキャラクターの性格がよくわかりますよね。
こちらもまたやってみようかな……
2013.06.16 14:49 | URL | #T7ibFu9o [edit]
says...
キャラクターの裏面も見えてしまいそうなバトンっすね^^

俺もいつかやってみようかな~と考えていたり。
2013.06.16 15:11 | URL | #- [edit]
says...
さすが夕さん!と思いながらこのバトンを読みました(^^)
龍王様、最高です! 祝詞に受けまくりです。しかも、随所随所で神様度をアピールし(あ、神様だから当たり前ですね)、ついでに神様らしくたしなめ、いやもう、しばらく面白くて転がりそうで、なおかつ、しみじみとまた読み返してしまいました。
ついでに、セットになって出てきたのが瑠水……対比したら面白すぎて、この組み合わせで来るところも夕さんらしい、見事な感性ですよね~。と理屈を書いてみたけれど、いえ、もう純粋に面白いです。
神様限定、とか言いつつ、いつ本物の神様が出てくるんだろうと思っていたけれど、そうかよく考えてみたら、こんながっしり登場の神様って、夕さんのところにしかいないのかも(私が知らないだけかもしれませんが…)。
でも、瑠水、ほんとうにねんねだなぁ。東京に行って、修行ですね。
First Love、この歌詞の意味が心から分かるくらいに大人に早くなってほしいですね(^^)
シンちゃん、確かにかわいそうですもの…今や、けだもの扱い…健全な若者なのに。
2013.06.16 15:15 | URL | #nLQskDKw [edit]
says...
おー(//∇//)裏話的じゃないですけど番外編みたいなのいいですよね!意外な一面が見られたりして・・お遊び的な座談会みたいなのも好きです~( ´艸`*)二度美味しい気がして・・
あああwリクしていいなら!完結した後でもいいのでw緩い感じのなんでもありの座談会みたいなのも見てみたいですw可能だったらでいいのでw

それにしてもシンくん不憫なこと言われてますね・・wでも私的にはキタ━━゚+.┗┐ヽ(′ω`*)ノヽ(*′з`)ノ┌┛゚+.━━コレ♪よくやった~って場面でしたよ~!wシンくんをぼかぁ応援しておりますw( ´艸`*)
2013.06.16 16:18 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

えーと、この歌が大ヒットしたとき、設定上、一は23歳、摩利子は21歳でございました。
どっちがCDを持っていたんだろう。一だろうな、多分。

コメントありがとうございました。
2013.06.16 16:49 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

とにかく思春期の女の子は殴ってやりたくなるくらいわかっていない事が多いです。
とくに瑠水は遅れています。
チャプター2ではさすがにもう少し育ちますが。

龍王はカラオケにはいかないし……(笑)

そうなんですよ。皆さんのを読んで、その利点に氣がつきまして。
ぜひ、紗那さんも他の作品でやってみてくださいませ。

コメントありがとうございました。
2013.06.16 16:56 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

最初は龍王など神様だけを出そうかとも思ったのですが、神様だけに迷いがなさ過ぎて、面白くなかったです(笑)
神様限定バトンといわれても、本当の神様の言葉を創作するのって、やりにくいですよね。樋水の三柱は一応うちの創作の範囲なので喋ってくれるかなと。
樋水龍神縁起の世界では、いろいろな事に迷う人間の思惑とそれを超えた樋水そのものとの違いみたいなものをすごく意識して書いていて、このバトンではその差をテーマに書いてみました。面白いと言っていただけて嬉しいです。

実をいうと(小説には出てきませんが、私の中では)『First Love』が東京に行ってからの瑠水の心のテーマだったりします。東京に行くまでのこの頃はまだよくわかっていないけれど。シンは、実はもう一段かわいそうなことに……(ごにょごにょ)

コメントありがとうございました。
2013.06.16 17:04 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

おおお、座談会ですね。その発想はなかったけれど、ぜひ実現してみようと思います。
せっかくだからチャプター1が終わった後に、一度(笑)

シンは、羽桜さんはご存知の通り、かなりかわいそうですよね。
高校三年生になるまで頑張って待ったというのに。
羽桜さんには、これからもお世話になると思いますが、どうぞよろしくお願いします。

コメントありがとうございました。
2013.06.16 17:11 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

そうなんですよ。しつこすぎるので小説では語れなかった事も、さらりと書けるので
ものすごく重宝するバトンなんです。
シュナイダーさんバージョン、しつこくお待ちしています。

コメントありがとうございました。
2013.06.16 17:13 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんにちは、TOM-Fです。

おおっ、まさかの二回目。ここまで使っていただけたら、このバトンも本望でしょう。
キャラの性格、よく出てますね。龍王サマは、しっかり日本の神様してますし、瑠水ちゃんは…ま、いいでしょう。可愛いから許す。
あらためて、「大道芸人たち」の「奥出雲エレジー」編を読み直しました。やはり、あのパートはいいですね。
で、瑠水ちゃんのパートナーの前職が○○○となっていたので、ええって驚きましたけど、やはり彼なんですね。むむむ、これは続きがますます楽しみになってきました。
FirstLove、ずいぶん意味深ですね。この先を暗示しているのかな。瑠水ちゃん、東京でどうなる、どうする?
真樹クンも、なにやら大変な目に合いそうですが、がんばるんだよ~(笑)
2013.06.17 03:26 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

稔がうらやましがっている、あのお方は、そうなんです。そんな職業なんですよ。
けっこうなネタバレでしたが、どうせあと数時間でわかることなので、いいや。
この連載が終わった後で、もう一度、「大道芸人たち」の日本編を読むと、あちこちに「こ、これは!」という記述が出てくるはずです(笑) そんなところで遊んでどうする。

真樹、皆様の応援を励みに頑張ると思います。

コメントありがとうございました。
2013.06.17 21:59 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/601-69778757