scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

投影してる?

基本的に小説を書く作家(テレビや雑誌にでてくるような有名人ではなくてブロガーなど)はペンネーム(ハンドルネーム)を使うし、男性だか女性だかはっきりしない事が多い。まあ、私のようにいちいち性別やら年齢やらがわかるように記事やプロフィールに書いてしまうタイプもあるが、一年近く男性か女性か全くわからない場合もある。いや、それ自体は問題ないし、それでいいのだと思う。

で、作品を読んでいて、この作者は男性ではないか、もしくは女性ではないかとふと頭をよぎることがある。たとえば乗り物や兵器に対する描写が丁寧だったりすると男性かなと思う。単純に私のイメージとしてそういうものには男性の方が深い興味を持つんではないかと思ってしまうから。女性かなと思う方は、宝石や洋服の描写の方にリアリティがこもるイメージがある。

そして、それと同じくらい「ほぅ?」と思うのは、(その作者から見て異性と思われる)キャラ。例えばある女性が、もしくは男性が「こんなに魅力的だ」という時に書く内容が違う氣がする。それは初対面の女性もしくは男性のどこを無意識に見ているかの話でもある。ありていにいうと、男性はそんなところを見ているのかと、はっとさせられる描写だったりする。

一方で、実際には存在しない憧れの存在を、作者にとっての異性に向けているような氣もする。たとえば私は女なのでぱっとしないヒロインが、よくできた男性と恋をする話が何故か多くなる。一方、私がこの方は男性かもと思う作者の作品では、男の描写はかなり現実にいそうな親しみのあるタイプなのに、かわいくてスタイルもよく頭脳優秀なヒロインがきらっと光っていたりするのだ。

してみると、自分では「女の妄想に過ぎない」と言われるような小説は書きたくなくて、懸命に男性心理も普段から勉強しつつ書いているつもりだが、実のところは私が書くものはやはり女の視線のみで書かれているのかもしれないと思う。
関連記事 (Category: もの書きブログテーマ)
  0 trackback
Category : もの書きブログテーマ

Comment

says...
●ペンネーム
男か女かは、まあどうでもいいですね。
明らかに男性ネーム、女性ネームならどっちなのかは考えますけど、性別が作品の善し悪しに関係することはないはず。

●描かれる性
人の描く性の差は、作者の性別も関係あるだろうし、関係ないこともあると思う。
男はできた女が格好いいと思うとか、女は自分を無条件に愛してくれる男がいい、とかはテンプレートな例ですけど、経験を詰んでる人ほど幅広い人物を描けるんじゃないだろうか。
性別からくる異性への知識不足があるほど、異性の描写は画一的になるし、同性を描くにしても、人生経験が薄ければ人物描写は妄想じみたキャラになりやすいのではないかと思う。
現に異性は妄想か、身近な人を参考にしますしね。
上手い人ほどその差は無くなると思う。
男性を描くときは観察的視点が多く、女性の心理描写の掘り下げが上手い人が男性であったこともあるし、作家としてではなく、人間として人とどう関わっているかも作品に大きな影響を与えることでしょう。
作品を読むことは、作者の人生の一部と向かい合うことでもあると思う。

●脱線
記事の話とは関係ないですが、俗にいう「中二病」というのは、人生経験が薄いゆえに発症しやすい現象なのではないかと思っていて、そういった作品のありえない人物像やありえない周囲の反応というのは、ひとえに作者の経験そのものが足りない故に発生する現象ではと推測しています。
もっとも、それを上手く昇華して、作品として成り立たせているものもあるので、そういった作品=ありえない作品ではないとも思うのです。
2013.07.18 08:13 | URL | #Tf9aLMeg [edit]
says...
特にキャラ小説だと異性キャラが理想的になりがち
ってのは私もよく思います
(いいとか悪いとかではなく)

女性の書くできる男性はどこか少女マンガ的で変に色気がある気がします
逆に男性の書く理想の女性はちょっと真っ直ぐ過ぎるような
前者の典型が携帯小説で後者の典型がライトノベルじゃないかと
だから同性には評判がよくないのじゃないかなと思っています

もちろん狙って書いてる人も多いと思いますが
2013.07.18 10:44 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは、年齢性別不詳(もうたいがいバレてますね)のブロガー、TOM-Fです。

私の場合、男性女性を問わず、登場人物にはあえてリアリティを持たせないようにしていますし、自身の「何か」を投影することもしないように心がけています。小説はエンタテイメントであり、キャラは役者であると思っているからですが、それでも描写などは、経験からくる無意識の「視点」に引きずられている部分はあるだろうと思います。
以前に八少女夕さんが拙作を一気読みしてくださったときにいただいた感想で、してやったり、と思いつつも、ああなるほどな、と感心したことを思い出しました。
いずれにせよ、キャラクターメイキングに関しては、その作品の中では良きにつけ悪しきにつけ「魅力的」な人物だと思ってもらえるようには書きたいものです。

八少女夕さんの小説は、短編であっても人生の重みを感じさせられるものが多くて、「女性の妄想」などという言葉で片付けられるようなものではない、と思っています。読者として楽しませてもらっていますし、物書きとして参考にもさせてもらっていますよ。
2013.07.18 11:46 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
 こんばんは。
僕が登場人物を作る時に 一番気を付けている事は 如何にもの作者の理想像を出さない と言う事。
小説を読んでいて 一番冷めるのが… 如何にも作者のこうありたかったと言う様な 
作者と同性の人物が 作者の理想でありそうな完璧な恋人から愛されているとか…
何かねーー そーゆー作者の嗜好が露わに読めてしまうと… 少々面白い話でも すっと冷めてしまう。
男性 女性関係なく 小説に 作者の素顔が露わに読めるのは あまり好きではないです。
2013.07.18 12:33 | URL | #- [edit]
says...
俺はどう見ても野郎が書く内容みたいですけどね^^;

ただ、登場人物を設定する時に理想像をヒロインに
いつも投影しているのは無意識にやってますね。

何故か、こう、こういう子がおったらええなぁ~
って気分でキャラ設定していると似たような
ヒロインが出来上がっていくという……。

大抵は心優しすぎる性格か、寡黙だけで根は優しい子、とか。
とにかく優しい子ばかりです^^;
2013.07.18 14:32 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

ペンネームから「男性だと思っていた」「女性だと思っていた」は時々あります。で、作風で「あれ?」と思うと、あとからひょんなことで作風での印象の方が実際にカミングアウトされた性別と一致しているとわかったことが多いです。だからどうってことではないですが、やっぱり作風には出るのかな、という話になります。

人生経験が作品に深く影響していくという御説には100%賛成です。どのくらいの引き出しを持っているかが、作品に深みを出すのも事実です。基本的には、たくさんの作品を読んでいるだけではダメだと思っています。作品にはどうしてもその方の言いたいことだけが抽出されて出てくる上、自分の好みの作家を読み続けることで余計その傾向が強化されてしまうと思うから。とはいえ、現実に私が男にはどうやってもなれないように、あらゆる経験を自分でするのも不可能なわけで、現実にはどれだけ人間観察をしているかが重要になるんですが、どうなんでしょうね。やっぱりフィルターがかかりすぎているのかなと不安になったりもします。まあ、それがkさんのおっしゃる「作品とは作者の人生の一部」ってことなんでしょうけれど。

「中二病」という言葉は、私が日本にいた頃にはまださほど一般的ではなくて、私はこの言葉を「ネット用語辞典」のようなやはり多少フィルターのかかった解説でしか知りません。ブログ生活をして実際に使われている方を拝見すると、この言葉、もっと広い範囲の意味を含んでいるようで、ちょっと生きた用法がわからなくて困惑しはじめています。だから、ちゃんと理解していない可能性があるのですが、主に若くて実際の人間関係の複雑さや人間関係における時間の作用を実感としてご存じない方が、多少現実離れした人物やそれに対する反応をするというのならば、なんとなくわかるように感じます。作者はわかって「シャレとして」書いていても、読者はそう反応しないということもあるでしょうし、反対に、現実への痛烈な批判としてあえてありえないことだけを抽出している作品もあるかもしれません。

人生経験の差が文章に現われてくるのは、必ずしも小説だけではなくて、エッセイやブログの記事、それどころか学術論文にすら出てきてしまうのではないかなと思います。これだけの文章を一年半ちかく垂れ流している私も、その人生経験の浅さを露呈しているんだろうなと、ちらっと思っています。

コメント、ありがとうございました。
2013.07.18 18:15 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

そうなんですよね。
私が書いた一番できる男は、たぶん「少女マンガ! ありえねぇ」の可能性がありますね(ま、この人は特殊で、最後はカミサマになっちゃったのでいいことにしておこう)。一応、顔の描写、性格など、よく読むと「その顔は決してイケメンではない」「この人、私は全くいらない」になるようにはしましたが。ある種の男性の書かれる理想のヒロインは確かに裏がなさそうです。「普通はこのタイプは、裏あるんだけどね〜」と小姑感想持ってしまうこと、確かにあります。(ああ、清純だったあの時代はいまいずこ……)

狙って書けるのはすごいです。ダメ子さんのところの中の人は、時々狙って描いていらっしゃいますよね。狙って描いているけれど女性の反感を買わない微妙な線での切り上げ方が見事だなあと、思っていますよ。

コメントありがとうございました。
2013.07.18 18:28 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

TOM-Fさんの年齢はともかく、性別は80%くらい私の中では固まっています(笑)

私はTOM-Fさんとは反対かもしれません。まったく投影のないキャラは一人もいないかも。
そんなに人格分裂なのかと思われるでしょうが、自分がなりきれないキャラはセリフが書けないのですよ。歴史物にしろ、エンターテーメントにしろ全部、どこか自分の感じたことや普段思っていることが入っているように、もしくは「こういうことで傷ついたことあるよなあ」なんてのが入るようにしています。

最近、苦手な男性視点での作品にあえて挑戦しているんですが、男性はどう読んでいるんだろうなあと怖いながらも興味があります。

私もTOM-Fさんの小説からいろいろと学ばせていただいていますよ。連載中の作品、毎週、続きを楽しみにしています。あ、あと実現可能性30%とおっしゃっていたのも……。

コメントありがとうございました。
2013.07.18 18:56 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

なんというのか、その全然中学生らしくないストイックさというのか、醒めた視点がウゾさんらしさって氣がしますよ。

「自分がこうなりたかった」は時々あります。でも、「何もかも」はないですね。例えば「旅をして暮らしたい」という憧れが「大道芸人たち」のベースになってはいますが、あの四人の誰かになりたいわけではないし。「こんなことを言ってみたい」「こんなことがあったら痛快かも」の積み重ねではありますが、理想とはちょっと、いやだいぶ違うかな。

コメントありがとうございました。
2013.07.18 19:49 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

私には絶対に書けないタイプの小説がいくつかあるんですが、シュナイダーさんの作品はそのタイプの一つですね。舞台設定もそうなんですが、キャラ設定も、小道具もいつも感心しています。男性だからでもないのでしょうが、スピード感にも溢れていますよね。

「こういう子がおったらええな〜」なんですね。シュナイダーさんに「女の子を紹介して」と言われたら、どんな子が好みにあうか、間違わずに紹介できそうです! って、私の世代の「かなり昔は女の子」を紹介されても困るでしょうけれど。

コメントありがとうございました。
2013.07.18 19:57 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんにちは。

性別不詳の方、多いですよねー(笑)
特にこの、小説カテゴリは多そう!
最近では、一人称では判断できないことも多いですし……。
私は……どうなんだろう?(笑)

といっても小説、星恋詩しか載せてないし。
私は、そうだなあ……人物に、自分の目指す姿とか、考えていることとかを書いている気がする……。

女の子の話口調がどうにも書けなくて、試行錯誤の上星恋詩に至ったという。
観察力、あげたいなあ……
2013.07.20 02:39 | URL | #- [edit]
says...
こんにちは。

スカイさんのイメージはどっちもありだと思いますが、想像では今のところ若干男の子寄りです。たぶん、星売りの影響だと思います。もちろん女の子ですとおっしゃられても「あ、そうだったんだ」と納得して受け入れられる部分もあります。ドイツ語だと「子供」や「少女」という単語は中性名詞なんですが、「星恋詩」はそういう感じで透明で無性の感覚のある作風ですよね。

日本語は難しいですよね。口のききかた一つで印象ががらっと変わります。ヨーロッパの言語だとよほど乱暴にしないかぎり男の子と女の子はほぼ同じように話すので。これがまた日本語で小説を書く面白みであると同時に研究が必要なところだなと私もいつも思っています。あ、ちなみに私「星恋詩」のお姫様の口調、好きです。

コメントありがとうございました。
2013.07.20 12:31 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。
すぐにコメントしようと思ってのですが、執筆の方を優先してしまいました……

そうですね、ペンネームから性別を推し量るのって結構難しいですよね。
それよりも、普段書く文章やその内容からの方がよほどわかります。
多分、ボクの性別については誤解していないと思いますけどもね(笑)

異性のキャラって難しいですよね。
書くのをラノベと公言してますから、テンプレになった性格やラノベらしいある種の理想を押し付けたような性格のキャラが多くなってしまうのが悩みの種です。
こんな人間いないだろ、って感じで。割り切ればいいんでしょうけれどね……

それと、たまに計算でキャラを作ってしまうこと。どうしても全体のバランスを見てしまうんですよね。
男女比はまったくバランス考えてないですけど。

異性のキャラをうまく書ける人ってすごいな、と常々思っているボクでした~。
2013.07.20 15:36 | URL | #T7ibFu9o [edit]
says...
こんばんは

私も今日の午後はだーっと書いていました。
全然書く必要のない新しいものを。もう宣言しているお尻に火のついたものから書けばいいものを……。

紗那さんの性別は今はもうはっきりしていますが、かなり長いこと違う方だと思っていましたよ。
で、ときどきやっぱり文章や書く内容から「ん?」と思っていました。

ラノベの形式美というのか、お決まりのキャラというのがあるわけなのですね? 実をいうと、ラノベというものを知ったのもブログがはじめてで、出版されたようなプロのラノベを読んだことがないのですが、ブログの小説のラノベジャンルでは確かにおっしゃるような類型があるようにも思われます。そうであっても紗那さんの作品のキャラはそれぞれに個性的だと思いますけれど。

計算でキャラ。ああ、なるほど。例えば男性キャラのスペックが高いので、女性キャラ一人で対峙するのは荷が重そう、もう一人おちゃらけキャラを投入してしまえ、みたいな感じでしょうか。わたしもやるかな、いやあまりそういう風には増やさないかな。もっとも、長編のシナリオバレを防ぐために必要もないサブキャラを入れるなんて事はします。「夜のサーカス」でもステラとヨナタンだけでは持たないので、山のようにサーカス仲間を投入しましたしね。

うん、異性キャラは難しいです。書いていながら「これ男性が読んだら、腹を抱えてありえないと叫ぶかも」と心配していたりしますよ。というわけで、あまりにも変だと思うところはご指摘いただけると今後の恥さらしの縮小に役立ちますのでご協力くださいませ。

コメントありがとうございました。
2013.07.20 19:15 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
サキさんのリンクから飛んできて気が付き、コメント。

あはは、男性か女性か、そもそも人ではないだろうというペンネームの方、それぞれいますよね
例えば、小説の傾向からおそらくと予測することは出来ても、結局名前のイメージから無意識に性別を決めてたりすることも無きにしも非ず。意外と予測の域だけに終わりますかね

男性を平凡、女性のキャラは特濃とする傾向が強いラノベ形式通りに私はいつも書いていますが、結構難しいです
なんというのか、自分が嫌いなキャラとか性格とかを書こうとすると失敗してしまったり、掴みどころのない空想上の性格の子であっても冷静に考えてみるとただの変態だったりとそんな失敗が多いです
まぁ、自分達が感じたことのない世界を提供するのが小説や漫画だとも考えているので、結構割り切りますけど(笑)

以上です。
2013.07.23 17:57 | URL | #iVT7Zno6 [edit]
says...
こんばんは。

そうなんですよ。女性名で中の人は男性というのもありますので、ペンネームはあてになりませんね。

ラノベだと、そういう傾向が強まるわけなのですね?
オルナちゃんのような、極上のヒロインが、ある種の類型としてあるんだろうなというのは想像できます。あと、対戦するボスの方も? でも、ポテト奪い合いは予想外のキャラでした(笑)

現実にはないものと割り切って書くのもひとつの手法でしょうね。ラノベワールド、ちょっと注目してみようと思います。

コメントありがとうございました。
2013.07.23 20:08 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/634-4d217712