scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

名前の話・キャラ編

ブログをはじめるまではあまり氣にしていなかったけれど、最近ちょっと困っていることが。

短編を山のように書いているので、適当な名前がつきかけているのですよ。しかも、数の限られている欧米人の名前よりも、日本人キャラの名前に苦悩しています。とくに男性の名前。

ストーリーや中に何が書いてあるかも、もちろんこだわりますが、それと同じくらい私は人物の名前にもこだわってしまいます。たとえば、「ごく普通の何でもない人」を表すのに、いまはやりのキラキラネームは合わないじゃないですか。

私の頭の中にお話が降りてくる時、しばらくは名前がないことが多いのです。妄想を続けるうちに、キャラも増えてくるのでとりあえず名前を付けます。ところが、その名前がけっこう同じだったりするのですよね。

何故そうなるのかというと、知っている人の名前を付けるのに抵抗があるからなのです。ドロドロの恋愛を妄想するのに、それが元同僚の名前だったりしたら、「ちょっと待て」とそこでブレーキがかかってしまう感じです。で、なんとなくそういうしがらみのない名前がいくつか頭の中にストックされていて、とりあえずその名前で続きを考えると。だけれども、その妄想が長くなると、定着してしまってもう他の名前が付けられなくなってしまうのです。

自分一人で妄想しているだけなら、「またこの名前か」でもいいのですが、発表するとなるとそれでは困る。それで、かなり早い段階から別の名前を考えなくてはならないんですよね。困ったものです。

話はちょっと飛びますが、基本的に珍しい名前は、エキセントリックな人にしかつけません。例えば「蝶子」。基本的には、よくきく馴染みのある名前を考えます。同じ音でも漢字によってイメージが変わるので慎重につけます。本当はひらがなにしたかったけれど、地の文に紛れると読みにくくなるので漢字にしたということもけっこうあります。

一方で、ヨーロッパ人の方は、もう少し感覚的につけています。こちらは同じ名前の人がたくさんいるので、「この知り合いと同じ」でも、全く問題なく使っています。同じ名前でも国によって全く違ってくるので(「シャルル」と「カルロス」のように)国籍によっていろいろとバリエーションがつけられて便利です。

欧米の名前にも、ちょっと上流階級の人がつけたがる名前と、下々の名前というのもあるので、その辺も考慮しながら楽しんでつけています。
関連記事 (Category: もの書きブログテーマ)
  0 trackback
Category : もの書きブログテーマ

Comment

says...
キャラクター人物の年齢にも因るでしょうが、若いキャラなら
突拍子もない名前でも、今の日本ならありえるのかなぁーと
思います。私は飲食店に勤務していますが、見聞きするなかで、
子供にそんな名前付けるんだー
っていうのしょっちゅうでww話それましたが、現実の方がもう小説より
名前の荒廃?!は進んでるような気がしまして…。
2013.07.30 05:36 | URL | #- [edit]
says...
 こんにちは。
漫画や小説では 悪辣非道な人物には 現実には無さそうな名前を付けてる方いますね。
実際の人物と名前がかぶらない様に なさそうな 突拍子のない名前を付け配慮しているようです。

僕は ほんとに適当で… 掌編では名前なし人物 多いですしね。
探偵もどきの ハロルドとアルアレドも 初め名前なかったし… ワトスン君は 
未だに本名決めてないし…
というか… こいつらの会話って 何語で喋っているのだろう…

そういえば 僕の年齢の前後って あやかって名前の女性多いですよ 流行っていたのかなぁ…
色々な 漢字バージョンで 彩香 彩夏 彩華 クラスに幾人かいるなぁ。
2013.07.30 07:55 | URL | #- [edit]
says...
私のところの名前は…言うまでもないですが
むしろ普通の名前ってこれでよしってのがないので
なかなか考えられないです
私も知り合いの名前だったりするとすごく嫌ですし…
男の人の名前が不足するって事は女の人のほうが
名前の種類が豊富ってことなのかなあ?
2013.07.30 09:35 | URL | #- [edit]
says...
いっそ、大正、明治、江戸期の名前から引っ張ってくるとか。
わりと名を残している人は突き抜けた感じのものもあるし、きっと当時のキラキラネームかもしれないけれど(笑)
検索するといっぱいでてくるので、昔の人のキラキラネームの感性は今とあまり変わらない気がする(´・ω・`)

自分から悪そうな名前を名乗ったりするのも昔からいますね。
わりと自分を売り込むために変名を使って人に覚えさせようとしていたということもあるかもしれない。
今みたいに情報を簡単に伝えられないし、宣伝手段が少ないので、印象深く覚えてもらいたいという気持ちが働くのかも。

昔の戦国以前の武士の名乗りがあるじゃないですか、あれも周囲に自分の名前の名乗りを上げて名前を売る行為とも言えるので、自分の名前は記憶に残りやすい格好いいものにしたい気持ちがあるんじゃないかと思う。
(こいつとやりあった証拠として名乗らないと周囲が認知できず、褒美がもらえない、が正解ですが、武士の名前は百姓や町人と違って字面がかっこいい理由はそういう慣習の名残じゃないかと思ったり)

小説の登場人物だから、そういう方面(印象づけ)での名前の使い方は間違ってないように思う。
商業作家の人は最初のインパクトのために変わった姓名でまず読者の目を持って行かせるとかしているので、キラキラネームは望まれているのかもと思う。

でもリアルとお話の区別はつけろって感じで(´・ω・`)
2013.07.30 09:39 | URL | #mQop/nM. [edit]
says...
こんばんは、TOM-Fです。

キャラの名前、困りますよね……というか、悩みますよね。
日本人の名前でお困りなら、生命保険会社がやっている名前ベスト100などのランキングサイトをご覧になれば、ざくざくと出てきますよ。

作品やキャラのイメージに合わせて名前を考えるのは、ほんとうに楽しい作業ですが、同時に苦しい戦いでもありますよね。
私も、それぞれの作品でそれぞれのコンセプトに従って名前をつけていますので、名前を決めるまでに、かなりの候補を落選させています。
知り合いの名前は、その人が思い浮かんで困ることもありますが、そこは現実と創作だと割り切って使っている場合もあります。あまり制約すると、使いたい名前を使えなくなっちゃって、かえってストレスが溜まりそうなので。

八少女夕さんのキャラの名前で私が好きなのは、「瑠水」ですね。なんていうか、すごく透明感があっていいです。男性では「レネ・ロウレンヴィル」 彼はファーストネームではなく、ファミリーネームの方が好きなんですけどね(笑)
2013.07.30 11:52 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
うちの場合は、メインのほうは、もう〇十年も前からこの名前で、実はわりとありふれた名前 (というのか、ありそうな名前)なので、変えようかと思ったのです。でも、もう〇十年も付き合ってきた名前だけに、変えてみたらしっくりこなくて、戻しました。
もう友達の名前レベルになっていて、変えるとすごい違和感で。
でも、そういう古くから付き合っている名前でなければ、どうしていたかなぁ。
ぽん、と浮かんだ名前を使って、あとは漢字では少しだけ悩むかしら……
真のシリーズは、そもそも時代が少し古いので、あんまり凝った名前はかえっておかしいし。

結果的にあんまり凝ることはありません。すごい突飛な名前をつけることはほとんどないです。
どちらかというと感覚はヨーロッパ人に近いかも。同じような名前でいいのでは派。
でも、小説のいいところで、目で見るからこそ、漢字は少しイメージを膨らませやすいようにできたらいいなとは思います。
とか言いつつ、最近の小説で、面倒くさいので、その土地のあたりの地名を使った大海でした^^;
(苗字ですけれど)

うん、瑠水、いいですよね。蝶子もいいです。摩利子も。
やっぱり、下手に突飛な名前ではなく、すっと違和感なく頭に入ってくる名前がいいですね。
2013.07.30 15:18 | URL | #nLQskDKw [edit]
says...
こんばんは。

本当に存在しているんですね!
すごいなあ。
大人になって、本人はどう思うのかなあ。
自分でその名前を好きならいいけれど。

コメントありがとうございました。
2013.07.30 19:15 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

ああ、そうか。
自分と同姓同名の極悪非道って、確かに嫌かもしれませんね。

全く名前がないまま書き終えてしまった作品は、もしかしたらないかも。
脇役だとあるんですけれどね。
あ、でも、あだ名だけってのはいいですよね。ワトスン君のように。

あやかさん、多いんですか。確かにきれいな漢字のバリエーションが多そうな名前ですよね。
私が子供の頃にはそんなになかった名前だけれど。あやこさんはいっぱいいたけれど。
最近はむしろ「子」のつく名前の方が珍しいのかもしれませんね。

コメントありがとうございました。
2013.07.30 19:20 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

なんかですね。ぴたっと来る名前が少ないんですよね。
男性の名前は、漢字の組み合わせでいくらでもバリエーションができるはずなんですが。
どういうわけだか、音読みの組み合わせの男性よりも、訓読み系を探したくなるんですよ。
「あきら」とか「ひろし」とか「たかし」とか。
もうちょっと工夫をしてみることにします。

ダメ子さんのところの名前は、よく考えてありますよね。
ミエちゃんとかキアラちゃんとか。本当にありそうだし。コマシくんには笑いました。

コメントありがとうございました。
2013.07.30 19:25 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

そうか、その手がありましたか。
沖田総司から聡とか、浅野内匠頭からイメージでで匠とか。いろいろ連想でもできそうですね。

江戸時代の「鼬の権蔵」とか「疾風の銀次」とかやっぱりもともとは自己アピールだったんでしょうか(笑)

作品でキラキラネームをつけるのもいいんですが、書いていると連呼しなくちゃいけないじゃないですか。かなり間抜けな感じになるかなあと、足踏みしてしまうのですよ。極端な例でいうと

 「僕たちのこれからのことについて真面目に話さないか」
 と光宙(ぴかちゅう)は言った。

みたいな(笑)
もっとも、リアルでも光宙くんはそんな人生を背負うんですね。

名付けの方向、もうちょっと間口を広げて、ちょっと考えてみます。

コメントありがとうございました。
2013.07.30 21:04 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

そうそう。「ランキング100」なんてのもよく覗いてみるんですが、やっぱり流行の名前が多いんですよね。
ランキングだから当然なんですが。
基本的に十年後に「この名前(笑)」となっているかもしれないものは避けます。でも、ランキングの10位以下でそつのなさそうなものは参考にしたりしますね。

「樋水龍神縁起」のヒロインたちは「瑠璃媛」→「ゆり」、「瑠璃媛」→「瑠水」という連想でつけました。
はじめは「るみ」にしようかと思ったのですが、地の文にひらがなの名前が埋まっちゃうのに本編で凝りたので「瑠美」を最初の候補にしたのです。でも、キャラクターに合わないのですよ。「美」よりは「水」だなと。でも、これは「何と読むかわからない」のスレスレだなとちょっと反省した名前でもあります。

「ドメイン・ロウレンヴィル」も悪くない設定だったなと思いました(笑)「大道芸人たち」のネーミングで最初に決まったのがレネです。ちょっとプロヴァンスっぽいイメージが先行してますね。あ、「四条蝶子」もフルネームですっと降りてきました。残りの二人が難産でした。

TOM-Fさんのところのネーミングも凝っていますよね。とくに「エーデルワイス」はやんごとない皆さんなので、フルネームがすごいです。キャラのイメージにあった名前だな〜と、感心しているのですよ。

コメントありがとうございました。
2013.07.30 21:40 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

そりゃそうですよ。名前も言霊だから、ある程度呼んだらもう動かせなくなるでしょうね。とくにあの二人に関しては難しそうです。

私が小説に出す時に注意するのは、ふりがながなくても読む方に私の考えているのと同じ音がすっと出てくることですかね。例えば天響(てぃな)とか本人が「いい!」と思って名付けても、次の週に小説をアップして何割の読者が憶えていてくれるかと考えると……。でも、毎回ルビを振るのは面倒くさいし! 「龍の媾合(みとあたい)」で懲りました。

苗字は地方ものを書くときだけ、「○○県の苗字ランキング」のようなものを参考にします。生馬真樹や高橋一は島根県に多いそうで。(高橋はどこでも多いけれど)ここでも、やっぱり難読苗字はできるだけ避けます。変換も面倒くさいし(それか……)あと、途中で結婚する女性キャラは、旧姓と結婚後の姓のどちらにも馴染みやすいか悩んでからつけますね。

なんか、こういう記事を書くと、皆さんの意見がわっと集まって面白いし参考になりますね。味をしめたのでまたやろうっと。

コメントありがとうございました。
2013.07.30 21:55 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
みなさん、名前付けにはやっぱり苦労されているんですね。
コメントを読んでいても楽しいです。
私も、メインキャラの名前には本当に何日も迷います。
何度も何度も名前を読んでみて、しっくりくるまでが、大変なのですよね。

心がけていることは、読みにくい漢字は絶対使わないこと。
以前、わりと人気の小説を読んでいたんですが、みんな名前が読みにくく、ルビもなく。その度にストレスを感じてしまったので、途中で読むのをやめてしまったのです。
名前って、小説の上では、顔のようなものだと思うのです。
名前の出てくるたびに、「えっと、なんて読むんだっけ」と、つまづくと、テンポが崩れてしまいますもんね。
タレントや俳優も、できるだけ読みやすい名前にしてほしいと、いつも思います。
(向井理くん、好きだけどけっこうストレスでした・笑 なぜかすっと読めなくて)

最近の、子供のキラキラネーム(というらしいです)も、すごいなあと思いますよね。
私の友人は、自分の子供に「王子」と「ダイヤ」とつけていました^^;
もう、なんでもありです。シャネルちゃんやサファイヤちゃん、最近はせふれちゃんとからぶほちゃんもありました><

読みやすささえクリアすれば、今の日本、どんな名前だってありそうなので、問題なさそうです。
やっぱり作者が、ずっと愛情をもっていけそうな名前。これが一番大事ですよね^^
2013.07.31 00:43 | URL | #GCA3nAmE [edit]
says...
お久しぶりっす^^

俺は名前を付ける時は何かをモチーフにしたがるのがクセっすね。

特に日本人以外のキャラが多いもんで、
それでいて架空世界なんで洋風の名前を付けるにしても
川の名前とか山の名前とかをモチーフにしてみたり、
神様の名前を文字ったりなどなどしてますよ~。
2013.07.31 14:42 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

ああ、やっぱり。limeさんは名付けなどをとても丁寧になさっている印象があります。
文字として視覚で感じる名前と、声に出してみて聴覚で感じる名前、両方がぴたっとくると嬉しいですよね。

難しい感じで止まってしまうこと、私もよくあります。それと、読み方自体は難しくないけれど「なぜわざわざこんな苗字なんだ」と引っかかったまま分厚い小説の終わりまで首をひねっていたこともあります。ものすごく珍しい苗字であることが、特に重要な話でもなく、それなのに常にファーストネームでなくその苗字ででてくる。本人は凝ったつもりでも、こんなことが読者がのめり込めなくなる原因になるのかと目からウロコでした。

日本の俳優さんや女優さん、簡単に読める名前が少なくなってきましたよね。インターネットなどの文字としてしかしらない方が増えて、音として聞いたことがないので向井理さんをはじめ読めない人ばかりです(泣)

キラキラネーム、私の想像を超えていました……。たとえどんなに変でも、子供への愛情と将来への希望を込めた名前なのかと思いきや、「らぶほ」に「せふれ」? どう育ってほしいと願っているのか。それに小学校で即いじめに遭いそう。もし私がその名前だったら、20歳になった途端、家庭裁判所に駆け込んで改名したいなあ。いろいろな方がいるんですね。

そうですね。これからもやっぱり大事に名付けていこうと思います。
コメントありがとうございました。
2013.07.31 19:34 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

試験は大丈夫ですか〜?

河の名前シリーズは、よくできているなあと感心しましたよ。人の名前として違和感ないですよね。
神様の名前もありですよね。あとは有名文学から引っ張って来たりなんてのもあるでしょうね。

あ、日本人でも河の名前はいいかもしれませんね。主に苗字になるでしょうけれど……。

コメントありがとうございました。
2013.07.31 19:50 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/649-009c02fa