scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

苦手なシーン

小説を書いていて、しかも、量産していると、どうしても苦手なシーンを書かなくてはいけないことがあります。

例えば、愛の告白シーン。書いていて恥ずかしいんですよね。かなり苦手です。これまで書いた中で、まあまあ氣にいっている告白シーンはたった一つだけ。「大道芸人たち」のあのシーンだけです。苦手だから告白もへったくれもありゃしない、というストーリーの方がずっと多いというていたらく。全体量からすると愛の告白セリフはとても少ないのですよ。

それと同じくらい苦手なのは、謎解きシーンです。二時間ドラマでいえば崖の上のシーンですね。私はミステリーはほとんど書かないのですが、それでも最後の最後に説明をしなくてはならないことがあります。例えばネタバレを防ぐためにわざと読者の目を違う方向に向けさせた場合は、それも説明しなくちゃいけません。きちんと納得できるように、でもいかにも「説明してます!」ってセリフ棒読みみたいにはしたくないんですが、なっちゃうんですよ。

そう、実はここ数日「夜のサーカス」の最終回を書いておりました。長い! なんとかならないかな、このセリフ臭さ。もうちょっと自然になるようにこねくり回そうとは思っています。
関連記事 (Category: もの書きブログテーマ)
  0 trackback
Category : もの書きブログテーマ

Comment

says...
私はラストシーンを描くのが苦手で、その間息抜きと称して別のものを書き、そこでもラスト書きたくなくて別のものに逃げることを繰り返しています。

終わらないエンドレス。

本当は終わりたくない心理なのか、そういうことばかり繰り返してしまう。

後、頭の中で固まりきっていない章の出だしとかを書こうとして書けないとか、反応が怖くて書けないとか、やっぱりそこから逃げて別のものを書く。

苦手なものを克服する手段はやはり書くことでしか解決できないのだけれど、いろいろ手を出したものの中には逃げたものとは別の苦手なものがあったりして、そういうシーンを何とか書いて、迂遠ながらも苦手なものを一つ解決とかしたり。

つまり逃げの一手の中に少しずつ苦手なものを克服するものもあったりして、多数手を出すことは作者的に褒められたことではないけれど、自分自身と向き合う時間を作り出す時間稼ぎにもなる。

その間、書いているという言い訳はできるし、どう思われようがすこしずつ進んでいくという指標を自分で作ることができるような気がする。

面倒で時間はかかるけれど、そういうやり方が私の苦手なもの克服方法かな? いろいろ書いてたら、いつの間にかそのシーン書いてしまったよ! というのが理想です(´・ω・`)

よそから見れば、多分一番愚かで労力を消費する行動。
2013.08.03 07:25 | URL | #mQop/nM. [edit]
says...
私もメロドラマみたいなのは苦手…
恥ずかしくなってしまいます
と言いながらだいぶ恥ずかしい内容が多いのだけれど
2013.08.03 08:11 | URL | #- [edit]
says...
 こんにちは。
僕は 説明シーン苦手ですねーーー
ミステリーモドキには どうしても解説するシーン必要なのですが 上手く書けませんね。
此の説明で 解るだろうかと でも言葉を重ねるとくどいし…

告白シーンは… いや 恋愛もの全般苦手です!!!!!
2013.08.03 09:53 | URL | #- [edit]
says...
こんにちは、TOM-Fです。

私は告白シーン、けっこう平気ですねぇ。というか、むしろ好きです。必死にコクってきた相手を振るという展開も、書いていて実に楽しいです…って、性格悪すぎですね(笑)
「大道芸人たち」のあのシーンは、なんだか洋画を見ているようで、ドラマチックでしたよ。

謎解きシーン、私も書いたことがありますが、あれはたしかに説明くさかったなぁ。全部きっちりと説明しなければってなると、ついつい台詞とか長くなるんですよね。

おおっ、夜のサーカス、もう最終回を書いているんですか。は、早い。私のStella連載作品は、まだ次話も書けてません。そろそろこの自転車操業から脱却しないと(笑)
2013.08.03 10:01 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
私も告白シーンは苦手です…
書いていて自分で恥ずかしくなってしまうの、わかります
あと、そんなに恋愛経験がないので「本当にこんなことを言っちゃえるものなのか!?」とか、悩んでしまったり;

夜のサーカス最終回ですか、頑張ってください!
読むのが遅くて今はまだ追い付けてないんですけど、ちゃんと最後まで読ませていただくつもりです!
2013.08.03 14:35 | URL | #- [edit]
says...
告白シーンは確かに悩みどころっすね^^;

俺の場合、女の子が喋る機会が多いせいで、
野郎視点で女の子の話したいことがよく掴めないんすよね。
それに乙女心もイマイチ掴めないというか、そんな感じで……。

いざ、告白って言ってもかな~り遠まわしになったり、
うやむやにさせたりとかもどかしい展開にしがちっすね。

2013.08.03 14:51 | URL | #- [edit]
says...
サキはすべてのシーンを一回で書くことは出来ないんです。短いセンテンスでもとりあえず文章にして、何度も読み返し校正し完成させていきます。
完璧な文章を書こうと意気込むと、必ず一文字も書けないという事態に陥ります。大まかにでも文章にすることから、サキの創作は始まります。
でも、大人の込み入った会話のシーン。
絡み合うドロドロとした人間関係。
人の命を何とも思わない極悪人。
他人を上手に利用して立ち回る小悪人。なんか、
苦手ですね。

閑話休題
まもなく日本では8月4日になります。
ちょっと早いですけど夕さん、お誕生日おめでとうございます。
お幾つになられたのでしょうか?サキはお会いした当初はシスカと同じ22歳位かなと予想していましたが、円熟した文章と夕さん自身の語られる情報によって、もう少し上かな?と思っています(^^)
2013.08.03 15:13 | URL | #0t8Ai07g [edit]
says...
こんばんは。

それは文字通りの「エンドレス」?

あ、でも、わかります。一つのものを書いて、行き詰まると「じゃ、とりあえずこっち行ってみようか」という感じ。かつては誰にも見せていなかったので完結する義務もなく、そうやって放り出されたまま忘れられた作品も数しれず。

でも、そうやって、一回りしてくると、ものすごく苦手だったはずのものが「あれ? なぜこれにそんなに悩んでいたんだっけ」になる日が来るのかもしれません。実は、かつては男女が手を握るシーンすらも書けなかったのですよ。でも、一度腹をくくってR18書いたら、吹っ切れたようで多少のことは問題なく書けるようになりました。

少しずつ回り道をしながら克服するのも、行き過ぎたところまで書く荒療治をして克服するのも、どちらもありだと思います。ぼちぼちと克服していかないとね……。頑張ります。

kさんも執筆、頑張ってくださいね。

コメントありがとうございました。


2013.08.03 19:06 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

ダメ子さんのところの人物は、バラエティ豊かですものね〜。
ミエちゃんが一番ドラマチックですが、最近はお姉さんに押されていますね。

個人的にはコマシ君が女の子をざくざく釣るセリフなどで勉強したいところです。
ああいう人って、「恥ずかしい」とか思わないから成功するんだろうなあ(遠い目)

コメントありがとうございました。
2013.08.03 19:11 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

ウゾさんのは大変だと思います。
探偵ものは当然謎解きが必要で、さらにウゾさんの作品だから耽美でもなくちゃいけないし!
でも、苦手のようには見えませんよ。

恋愛もの、苦手ですか?
大丈夫そうだけれど。でも、若者の恋愛よりも年くったキャラの恋愛ものの方が得意そうなイメージがありますよ。あまり身近でないと、意外とすらすら書けちゃうのでしょうか。

コメントありがとうございました。
2013.08.03 19:15 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

TOM-Fさん、意外とSなんですね。頑張れ、マイケル! これから、大変そうだよ。

謎解きというのは、例の平安時代のお話ですね。あれは、説明が大変そうでした。人間関係も複雑で。でも、余韻がありつつ、しかもミステリアスな部分も残して、解いていらっしゃいましたよね。

「夜のサーカス」最終回は書きましたが、まだ真ん中が真っ白ですから。いやあ、まだ先は長い。ちゃんと書けているのは二ヶ月後くらいですかね。「十二ヶ月の歌」は自転車操業です(笑)

コメントありがとうございました。
2013.08.03 19:22 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

大丈夫です。年くっていても、すごい恋愛体験をして書いているわけではないので、結局、紫音さんとおなじこと悩みますので(笑)

あ、「夜のサーカス」の最終回は十ヶ月後です。しかも、まだ真ん中が抜けています。そういう書き方なんです。読んでいただけて嬉しいです。どうぞご無理をなさらずに、お時間のある時にお願いします。

コメントありがとうございました。
2013.08.03 20:22 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

あ、わかります。私も「男ってこんなこと本当に思うのかな」とドキドキしながら書くことがあります。どうやっても男性にはなれませんからね。女でもティーンエイジャーと、百戦錬磨の熟女では変わってきますよね、きっと。でも、シュナイダーさんの書く女の子の悩みは、自然ですよ。自信もって書いていっていいんじゃないでしょうか。

告白は、あれですよね。私もうやむやにしたい……。

コメントありがとうございました。
2013.08.03 20:28 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

サキさんの丁寧な文章作成、すごいなといつも思います。
私の場合は、頭の中にあるシーンをとりあえず書き留めるところからはじまります。どこかに行ってしまう前に書かないといけないので最初はてにをはが間違っていることさえあります。それを後から落ち着いて直して、論理的に書き直したりするんですが、完全に論理崩壊している場合を除いて、できるだけ最初の勢いが消えないように残します。だからムラのある文章なのかなとちょっと反省してみました。(二分で忘れそう)

ありがとうございます。憶えていてくださったんですね。あ、そろそろ先さんのお祝いの準備をなさっているのかな。明日伺いますね。

シスカ、22歳なんですね。おほほほほ。シスカの二倍+2ですね。(先さんより歳上だったりして……)日本時間では、もう。精神年齢は、シスカ程度でしょうか、いや、もっと低いかも。困ったものです。歳だけはあっという間にとりますね〜。また一年間、頑張ろうと思います。

コメントとお祝い、ありがとうございました。
2013.08.03 20:37 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
じっくり考えてみたことはありませんでしたが、言われてみれば、どんなシーンも、得意かというとそうでもなく、頑張って書いている割にはイマイチで、って気がしてきました。
告白シーンは、苦手というよりも、気合が入りすぎると空回りする、という気はします。
多分、ラストの謎解きシーン(探偵が皆を集めて…ってやつですね(^^))も、同じですよね。
書き手の気合いが空回りするような気がしてしまって、上手くいかない。そういうのをさりげなく落とせたら、言うことなしなんでしょうね。難しいですが。

私も「愛してるよ」「私も!」とかいうシーンが書けません。「いつまでも幸せに暮らしました」もダメです。
しかし、スター・ウォーズの「I love you.」「I know.」にはやられました。
これか、いかにここ(このシーン・台詞)までもっていくかだな、と真剣に思いました。
告白シーンも謎解きシーンも、(ある種の小説では)要になる部分で、そこまで積み上げた言葉や内容の上に乗っかっているものではないか、どうやってそこに持ち込むかということだ、と思ったりしています。だからきっと、作者自身がなかなか満足のいく落とし方・まとめ方・爆発させ方ができなくて、悩むのかもしれません……で、苦手、ということに。
きっと【大道芸人たち】のあのシーンは、夕さんが積み上げた言葉の頂上に、見事に乗っかったんですよね。

実は、【海に落ちる雨】は、あのばか(どのばか?)にこの(どの?)一言を言わせるためだけに、第5節まで膨大な話を書きました。たった一言のためだけに。
この気合が、空回りしていないかどうか、自分ではもうわかりませんが……ただ長かったので、それなりに満足はしていました(ちょっと怒りながら^^; お前~こんなにお膳立てしてやらないと言えんのか!と)。
【天の川で恋をして】を書いたとき、恋愛小説なのに愛の告白の言葉なしで終わっていいのか、と思ったりして「前からお前が好きだったんだ」とか言わせるべき?とか思ったけれど、あっさり自分の中で却下しました。キスシーンさえない。精一杯で「戻ってこいよ」でした^^;
「大道芸人たち」のあのシーン…(^^) おぉ、実は、こっそり読んでしまっているけれど、二度目に通るのが楽しみです。じっくり味あわせていただきます(*^_^*) で、じっくり感想を書きに来ます(*^_^*)(*^_^*)

ちなみに、私が実は最も苦手(というより面倒くさい)なのは、話の流れ上、繋ぎのためにどうしても書かなければいけないけれど、書いていて退屈なシーンです。読む人に、書き手が退屈しているのがばれないかどうか…^^;
長々とお邪魔いたしました(*^_^*)
2013.08.03 20:48 | URL | #nLQskDKw [edit]
says...
こんばんは。

スターウォーズのあのシーンは記憶に残る名台詞ですよね。
台本では「I love you too.」だったとか。でも、それだったら、ちょっとがっかりだったかも。やっぱり、ハン・ソロはああでなくちゃ。

思うんですけれど、「天の川」のゆうちゃんが「愛している」と言ったりキスしたりするよりも、あのセリフとそれから自転車で手をぎゅっと握るシーンの方がずっとらしくて、嘘っぽくなく伝わると思うんですよね。今は日本にも人前でベタベタするタイプのカップルも多いでしょうが、それでも日本の風土に合うラブシーンもあると思うのです。で、それから外れたものを自分で書いたりすると、「なんだかなあ」感が強いのかなと。だから「夏、朱雀」の告白シーンは「なんだかなあ」で、同じ二人の「春、青龍」での告白シーン(?)だと「まあ、ありか」に感じるのかもしれません。後者は、彩洋さんのおっしゃる「積み上げた」ものの結果出てきたセリフだからかもしれません。

しかたなく書くつなぎシーンってあるかな? あれ? ないかも。そんな直球だけで書いていたかしら。でも、書いていて「ここは読者にはとても退屈だろうな」というシーンはあります。私はあまのじゃくなのか、そういう退屈シーンにバレないように最重要キーワードを書いたりしています。単純に自己満足ですが。

ま、どう反省しようと、結局自分の書き方で書くしかないんですけれど……。

コメントありがとうございました。
2013.08.03 22:14 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
忘れていました。
お誕生日おめでとうございます!!!
良い1日でありますように。あ、時差が微妙ですが。
これからもよろしくお願いします(*^_^*) えーっと、お互い年齢不詳ということで^^;
(今、変なコメントが行ってしまったかもしれません(..) すみません)
2013.08.03 22:44 | URL | #nLQskDKw [edit]
says...
こんにちは。

あの後、寝てしまったので、こっち時間でも誕生日になってから読みました。
ありがとうございます。
まったりとした一日、思いついて土用の鰻が食べたくなったものの、どこにもないので茄子の蒲焼きなどを作っています。どんな誕生日だ……。
そうですね、ここから先は永久に年齢不詳の怪しい感じで(笑)

変なコメント、どこにも見つかりませんでしたよ(ちょっとがっかり?)

お祝い、ありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
2013.08.04 14:59 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/657-7771d6de