scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

「樋水龍神縁起 Dum Spiro Spero」座談会 その2

樋水龍神縁起 Dum Spiro Spero」チャプター2もつつがなく終わったので、予告通り、素敵な挿絵を描いてくださっている羽桜さんにいただいたリクエストの続きというか第二弾です。

「樋水龍神縁起 Dum Spiro Spero」座談会 その1

「その2」は「瑠水をめぐる男たち」でお送りいたします。



大手町のBar『Bacchus』にて。

(田)今日は、お忙しいところ、皆さんお集まりいただきましてありがとうございます。今回の座談会は、東京はこの店で開催しろという事で、司会も仰せつかりました。私は当店のバーテンダー田中佑二です。って、新堂さんじゃないですか、大変ご無沙汰しています。(作者注・新堂朗は『樋水龍神縁起』本編の主役で『Bacchus』の常連でした。ついでにいうと樋水龍王神社で祀られている三柱のうち背神安達春昌命ならびに最近よく現れる蛟はこの人という設定です)
(新)こちらこそ、久しぶりだね。今回のメンバーは、皆勝手に話すはずなんで、特に仕切らなくてもいいそうだ。

(田)ええと、今回は、龍王様はいらっしゃらなかったんですか?
(新)神在月だからね。龍王神と媛巫女神は行事が目白押しでね。あとで「なかったことにする」のと、島根組が通ってきた根の道を閉じなくちゃいけないので今回は私が来たんだ。前回同様コストは樋水龍王神社に請求してくれたまえ。
(田)はい。それで今回は「瑠水さんをめぐる青年たち」編ですか。で、いらっしゃった方は……。

(真)生馬真樹です。出雲から来ました。お忘れかもしれませんが、チャプター1で主役だったはず……。
(拓)結城拓人です。ピアニストやってます。チャプター2で瑠水といろいろあった所です。
(彰)早良彰です。瑠水の幼なじみで義兄です。本当はずっと瑠水の事を……いや、言うまい。
(稔)えっと、作品違うんですけれど、瑠水さんにときめいたつながりで来てみました。安田稔って言います。(作者注・稔は『大道芸人たち』の日本編で瑠水にデレデレでした)
(三)三ちゃんこと、三造です。「大衆酒場 三ちゃんの店」をやってます。ただの部外者です。瑠水ちゃんにもときめいたりしてませんが、新堂先生がシン君連れて飲みにいくって聞いちゃね。ま、みんな勝手にやってて。バーテンさん、この間と一緒で、梅酒サワーとチェイサーとして焼酎ね。

(真)あの……もしかして、あの結城拓人さんですか? うわっ、本物なんですね。あの、サインをいただいても……。
(拓)ああ、サインね、はいはい。ん? 君、出雲から来たって言ったか?
(真)はい。そうですが?
(拓)ってことは、お前が例の島根男かっ! くっそ〜。

(彰)拓人さんはいいじゃないですか。瑠水の水揚げもしたし、いい人扱いだし。僕なんてただの悪役ですよ。
(稔)なんだって、結城、お前いつの間に!
(拓)んな事言ったって、僕だっていい面の皮だったんだからさ。く〜(泣)

(真)えっと、東京でいったい何が? (作者注・田舎者で、会話の意味について行っていません、幸い)
(拓)(冷たく)君は何も知らなくていいよ。

(彰)ところで、瑠水は今どこに?
(拓)(島根に帰ると)聞いたけれど、教えてやらない。(と、ちらっと真樹をみる)
(稔)お前、陰険だぞ。
(拓)うるさい! 失恋してまだ一週間経っていないんだ! 
(稔)他の女に慰めてもらえばいいだろ。それか園城にさ。
(拓)他の女じゃ代わりにならないよ。それに真耶は「デートしないで時間があるなら、練習でもしろ」って冷たいしさ。
(彰)自業自得……。

(新)君、会話に加わらないの。
(真)いや、どうも氣遅れしちゃって。都会の皆さんとはテンポが違うのかな。それに、どうも結城さんにも嫌われているみたいだし。
(田)まあ、理由はさっきからの会話を聞いているだけでも、なんとなくわかりますが。(といって、真樹と朗にウィスキーをそっと出す)
(三)あ。バーテンさん! 俺っちもそれ飲みたいな。

(真)あの、この後の事なんか、訊いてもいいですか? (すっかり朗と飲むモード)
(朗)訊いてもいいけれど、この座談会が終わったら記憶消すことになっているよ。
(真)だったら訊いてもしかたないか。ふう。
(朗)チャプター3は、君の話から始まるってことだけは伝えておこうかな。出番が近づいているから、覚悟しておいてくれよ。
(真)はい。読者の皆さんも、今後ともどうぞよろしくお願いします。
関連記事 (Category: 樋水龍神縁起の世界)
  0 trackback
Category : 樋水龍神縁起の世界
Tag : リクエスト

Comment

says...
「瑠水をめぐる男たち」……ではなく、「瑠水にあしらわれた男たち」に見える……^^;
なんだかんだ言いつつ、瑠水は恐ろしい女かもしれない^^;
龍王さまを期待していたら、そうか、忙しい月でしたね。
今日、お客さんに出雲さんという方が来られて、仕事中、意味なく一人ニヤニヤしていたのは誰にも気づかれていないはず……
真樹、チャプター3、頑張ってね!
2013.10.18 14:36 | URL | #nLQskDKw [edit]
says...
こんばんは。
蝶子も言ってます。
「そういうのは見た目よりしたたかなのよ」って(笑)
本人自覚はないようだけれど、かなり破壊力ありますよね。

龍王神は今月と来月はずっと出雲ですね。ま、パスタは茹でにきていると思いますが。
そういえば、また出雲に行く予定なのですよ。出雲と伊勢のはしごです。なんてミーハーな……。

真樹、スタンバイ入っています。来月あたまの再登場です。
どうぞよろしくお願いします。
コメントありがとうございました。
2013.10.18 21:58 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんにちは、TOM-Fです。

来ましたね~、座談会。
って、新堂先生まで登場ですか。豪華メンバーだなぁ。
瑠水ちゃん、ほんとうにいろんな男性を振り回してますね。頼りなさそうですが、さすがはヒロインというところですか。
真樹は、あれからどうなったのか、再会が楽しみなような心配なような、複雑な気分です。
拓人と真耶の出番は、もうないのでしょうか。だとしたら、ちょっと残念ですね~。あと、真耶さまと摩利子さまの二大女傑対決なんかもあると嬉しかったり(ry

次話を、楽しみにお待ちしています。
2013.10.19 09:04 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
こんばんは。

「水底の皇子さま」は瑠水の初恋(っていうのか?レベル)の相手ですからねぇ。無理矢理出してみました。それに神社の三柱の中では、添え物で行事には特にいなくても良さそうだし(笑)

萌えどころはとくにないのに、何故こんなにモテるのだと作者自身が首を傾げています。真樹は、まあ、拓人があたるのも無理のない展開になりますので、ご安心を。

拓人と真耶はもう出番ないですね。正式な次回の出番は「大道芸人たち」の第二部です。でもリクさえあればまた書きますよ〜。あ、羽桜さんにも言われていたんだ。たぶん、二人をメインにした外伝を遠からず発表するかと思います。

真耶と摩利子の対決……。怖すぎる。でも、そのうちに女傑四キャラ比較みたいな企画をしようかな〜などと思っています。適当なバトンでもないかな。探してみます。

コメントありがとうございました。
2013.10.19 11:34 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは!ニヤけて見させて頂きました!(*´∀`*)
拓人くんやっぱり可愛い・・・w美味しいです!w真くん、知らなくていいのだ・・(優しさw
座談会は可愛いですね~(//∇//)

外伝もどうなるんだろうww期待する(見たい)展開になるのかしら、どうなのかしらw
楽しみにまっております(//∇//)
2013.10.19 14:01 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

拓人は大人げなく意地悪しています。ちょっと子供みたいですね。
真樹は、いくら記憶を消すと言ってもこの話題ちょっと酷な話題かなと思って、おばかにしてみました。
座談会、味をしめましたよ。とてもいい提案をいただき感謝しています。

そうですね。羽桜さんの期待する展開に近くなるのは「大道芸人たち」の第二部が始まってからでないと……なので、外伝は「どっちとも言えず」になるかもしれません。でも、ちょいだしぐらいなら……。
日本に行っている間にでも展開を考えますね〜。

リクエストとコメントありがとうございました。
最後のイラストの方も、どうぞよろしくお願いします。
2013.10.19 17:52 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

なんとまぁ……随分と古い言い回しでシンにわからないように会話しているあたり、大人なのか? いや、ある意味意地悪してるだけの子供にも見える。

しかし、2章の最後まで読んで、拓人がこのまま引き下がるのかな、と思ってしまう。まさか追いかけて行きはしないも気はするけど、音楽で遠くからでも存在を伝え続けるぐらいのことはしそう……

相も変わらない、終わったら記憶の消される座談会、面白かったです。
3章も期待しております。
2013.10.21 12:19 | URL | #T7ibFu9o [edit]
says...
こんばんは。

あはは。真樹にわからないように氣を遣っているのではなく、単に真樹がもの知らずでよかったんでしょうね(笑) 拓人は拗ねて意地悪しているガキですね。

拓人はどうでしょう。今のところ再登場は考えていないのですが、二人が鉢合わせをする可能性のある機会が、「大道芸人たち」の第二部で一度だけ(誰かさんが樋水龍王神社で○○する予定)ありまして、そこでどうしようかな〜。

このゆるすぎる座談会、クセになっております。じつは、この作品ではないのですが、もう一度だけやろうかと企んでいます。そのときもどうぞよろしく。

コメントありがとうございました。
2013.10.21 20:08 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/704-263e083a