scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

【小説】終焉の予感

「十二ヶ月の歌」の十一月分です。

「十二ヶ月の歌」はそれぞれ対応する歌があり、それにインスパイアされた小説という形で書いています。十一月はAdeleの「Skyfall」を基にした作品です。これはご存知ですよね? 同名の007映画の主題歌だった、あの曲です。

ボンド・ガールって、使い捨てですよね。この作品の出発点は、もちろんこの曲の歌詞なのですが、それに加えて「一作限りで使い捨ての存在の心はどんなものだろう」でした。一緒にいるヒーローは、ショーン・コネリーでも、ハリソン・フォードでも、お好きなイメージでどうぞ。


短編小説集「十二ヶ月の歌」をまとめて読む 短編小説集「十二ヶ月の歌」をまとめて読む



終焉の予感
Inspired from Inspired from “Skyfall” by Adele

「見ろよ。あれだ」
夕闇の中、彼は森に囲まれた廃墟に見える建物を指差した。猛烈な湿度のジャングル、体中から吹き出した汗が不快だった。どんな動きをするのも億劫になるが、眼の前の男はそんなそぶりは全く見せず機敏に動き、そのがっしりした背中に疲れの片鱗すら見せなかった。彼の差し出した双眼鏡を覗くと、蔓植物にぎっしりと覆われた今にも崩れそうな石造りが目に入る。ゆっくりと動かしていくと、ここに辿りつくまでに何度か目にした特徴のある文様が塔に浮かび上がっていた。間違えようがなかった。あれがゴールだ。私は大きくため息をついた。

 時間は迫っていた。地球に逆さに置かれた砂時計にはもうわずかの砂しか残っていない。この密林に多くのチームを送り込んだ組織にとって、私は最後の希望だった。そして、隣に確かな存在感を持って立っているこの男もまた、彼の組織、いえ、彼の生まれた大陸にとっての唯一の希望だった。

 私たちほど強い信頼と絆で結ばれたチームはなかった。お互いにはっきりとわかっている。どちらが欠けても目的に達することはできない。多くの優れた仲間たちが失敗したのはそのためだったのだから。彼はこのジャングルのことを知り尽くしていた。現地の人間を自由に利用し、類いまれな知恵と体力で、私に不足しているそれを補うことができた。あの夜も、100%の湿度と猛獣の徘徊するあの危険地帯を全く意識のない私を背負って通り抜けたのだ。彼にはどうしても私が必要だったから。

 ここに来るまで何度もぶつかった古代遺跡での暗号解読、それを即座に誰との通信もせずに、コンピュータすら使わずにできるのは世界中で私だけだった。

 私は子供の頃から落ち着きのないダメな人間だと皆に蔑まれていた。普通の学校に行くのも無理だろうと言われていた。両親は私を施設に入れようと考えていた。でも、難易度の高いクイズを容易に解く姿に教師が目を止め、政府の役人がテストにやってきてからすべてが変わった。暗算が正確でコンピュータよりも速いことがわかり、暗号解読のエキスパートとして秘密の訓練を施された。

 政府はたぶんあの当時から私をここへ送り込むことを想定していたのだろう。この星の汚染が進み人類が住めなくなると想定される期限は当時は200年後だった。あの隕石さえ落ちてこなければ。あれですべてが変わってしまった。人類には突如として時間がなくなった。世界の各国と連携協力して全人類を救済する余裕もなくなった。現代科学が用意した最高の浄化システムは、全ての大陸を覆えるほど大きい範囲に届かない。そして、そのシステムを動かすことのできる唯一の知られた永久エネルギー源は、このジャングルに眠る太古の遺産たった一つだけだった。

 《聖杯》と呼ばれるそれは、もちろんキリストの血を受けた盃などではない。それはただのコードネームにすぎない。奇妙なことに、多くの機関が「それ」に同じコードネームをつけた。だから、この男もそれを《聖杯》と呼ぶ。

 私には多くの仲間がいた。そしてそれよりもずっと多くの敵がいた。この男もその敵の一人だった。お互いを出し抜くために、戦いながらこの地を目指した。そして、私の仲間は全て力つきてしまった。私には助けが必要だった。暗号解読には長けていても、体力と戦闘能力の訓練が不十分なまま時間切れで出発を余儀なくされた。この私の体力と知識だけではどうしてもここへは辿りつけないことはわかりきっていた。だから、私は彼の提案に乗った。二人の目的は一つ、ここに来ること。その同じ目的のために彼のことを100%信頼することができた。まだもう少しは信じていられる。

「明日、夜明け前に出発すれば午前中には着くな。いよいよだ」
彼はこちらを見ると笑った。

 明日。では、今夜は私の最後の夜になるのかもしれない。

 いつも通りに野宿の準備をする男の背を私の目は追った。野生動物に対するカムフラージュ。もっと恐ろしいのは同じ目的を持ってやってくる人間。そちらの方はもうほとんど残っていないけれど。水を浄化し、火をおこす。食べられる果物や草を集め、捕まえた小動物とともに調理する。鼠の仲間だけれど、初めての時に感じた嫌悪感は全くなくなっている。慣れてしまえば肉は肉だ。仕事の分担に言葉はいらない。そう、長年のパートナーのごとく。食事が済んだあとは星を眺め、お互いの国での言い伝えを語りあう。

 最後に宿屋で寝たのは一週間前だった。そこに辿りつくまで、お互いの素性を偽り旅行中の夫婦を装った。私たちはいくつものパスポートを用意していたので、トランプをするように役割を決めた。スペイン語訛りで夫婦喧嘩をしている演技をしたり、オーストラリアからの能天氣なハネムーン客の振りをしたり、ずいぶんと楽しんだ。彼は夫婦としてダブルベッドで眠る時に本能に逆らったりはしなかった。お互いに無防備に体をさらけ出したとしても寝首をかかれることなどはないのだ。《聖杯》を手にするまでは。

 野宿の時には体を重ねるようなことはしない。欲望に流されてしまい危険に対する瞬発力がなくなるようなことは命取りだからだ。それでも、今夜だけは抱いてくれたらどんなにいいだろうと思う。たとえ彼にとっては欲望の処理でしかないとしても、私にとっては人生の最後の喜びになるのだろうから。

 ここに辿りつきたくはなかった。《聖杯》を永久に探していたかった。同じ目的のために協力しあい、同じ道をゆき、そして共に眠った。居心地がよく心から安心することができた。彼は強く、ウィットに富み、臨機応変で、優しかった。右側のこめかみ近くの髪が出会った頃よりもはるかに白くなってきている。左手の薬指に着いていた指輪の痕は強い陽射しに焼かれて見えなくなっていた。私だけが知っている男の人生のひと時。明日の夜には、誰も知らなくなること。

 《聖杯》は一つだ。どちらかの大陸に行く。もう一つの大陸は次の正月を迎えることもなく死に絶えるだろう。《聖杯》を持ち帰れなかったものは絶望と怒りにさらされて終末の日を待たずに抹殺されるだろう。だから、彼が私の予想していることを実行してもしなくても同じなのだ。

 明日、《聖杯》を手にしてあの砦を出た瞬間から、私は彼にとってただの足手まといとなる。放っておけば寝首を掻くかもしれないもっとも危険な存在になる。だから、最初にやるべきことは私を殺すことだろう。彼の大陸の数十億の人間を救うために、完全に正当化される罪だ。私も彼から《聖杯》を奪わなくてはならない。けれど、私にはできない。そもそも彼がいなければこのジャングルから出られないけれど、それは本質的な問題ではない。家族や同僚、何十億の人びと、その全ての命がかかっていても私はこの男に刃を向けることはできない。私の故郷と組織はもうとっくに負けているのだ。

 私が暗号を解かなければ、《聖杯》は永久に太古の知恵に守られ続けるだろう。そうなれば、彼の故郷も彼自身も死に向かうだろう。私は人類にとっての希望でもある。

 私は《聖杯》を守っている最後の暗号を解き、彼の手にそれを渡すだろう。それが私の死刑宣告になる。その瞬間が近づいてきている。だから、今夜、もう一度抱きしめてほしいと思う。周りを欺き夫婦のふりをするためではなく、責任の重圧から逃れるためでもなく、ただ、生まれてきてよかったと思えるように。

「すごい星だな」
天の川を見上げて彼は言った。私はそっと彼の横に座り、同じ角度で空を見上げた。
「世界が終わりかけているなんて、信じられないわね」
そういうと、彼はそっと肩を抱いてくれた。

 流れ星がいくつも通り過ぎる。この人が無事に帰れますように。声に出したつもりはなかったが、肩にかけられた腕に力が込められた。
「大丈夫、帰れるさ。俺たちが出会ったあのバーで、もう一度テキーラで乾杯しよう」

 私は少し驚いて彼の横顔を見つめた。それから黙って彼の肩に頭を載せた。嘘でも構わない。まだ夢を見続けることができる。今は少なくともこの男の恋人でいられる。星は次から次へと流れていった。私は夜が明けないことを願った。

(初出:2013年10月 書き下ろし)

追記

で、動画を貼付けておきますね。


ADELE - Skyfall
関連記事 (Category: 短編小説集・十二ヶ月の歌)
  0 trackback
Category : 短編小説集・十二ヶ月の歌
Tag : 小説 読み切り小説

Comment

says...
 こんにちは。
此の男性も迷っているのでしょうか。
不可能な事だと解っているのに 一時の夢を見る 男性も同じなのですね。
女性が 生きていく事は出来ない… 妙な情けをかけて生かしておけば 余計に悲惨な苦しさが待っている。
其れならば いっそ 自分の手でと思うのでしようか。

世界の終焉を前に飲む 酒… どのような感想を持つのか 想像が追い付かないです。
2013.10.30 08:17 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは、TOM-Fです。

更新、お疲れ様です。八少女夕さんには珍しい(失礼)、SFチックなハードボイルドものですね。
ダブルオーセブンだったら女性が出し抜かれ、インディ・ジョーンズやルパン三世(笑)だったら男性が出し抜かれるというパターンでしょうか。
こういうジャンルの作品も、難なく書かれているように見えて、さすがだなぁと感心しました。
シリアスで刹那的な境遇の中で見え隠れする、女性のリアリズムと男性のロマンチシズムの違いが興味深かったです。
2013.10.30 11:36 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
ぅ…
こうゆう終わり方。
読み手側の想像で、いくつもの結末が生まれるような…
嫌いじゃないです。
いや、むしろ好きです。
妄想族ですから!(笑)

が!が!が!
うぉぉん…。
この続きは読みたいぃぃぃ(>_<)

キリ番目指して頑張ろ、うん(`・ω・´) 笑
2013.10.30 17:02 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは

実はこの先の設定があまりないので、男の真意は謎です(笑)
でも、私の中には「女には恋愛が全宇宙になるけれど、男はやるべきことと恋愛を分けられる」というのがあって、この男もそういうタイプだとすると「しかたないか」と割り切れるのかもしれません。映画なんかだとヒーローがヒロインに手をかけるというのはなんなので、都合良く事故が起るというのがお約束でしょうか。
2013.10.30 21:05 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

確かに。こういうので長編は難しいです。《聖杯》や古代文明、浄化システムの詳細、考えてもいないんですよ(笑)

007ものだと、女は確実に都合よく消えますよね。インディ・ジョーンズ系だと都合よく二人とも生還してめでたしめでたし。そして不二子ちゃんは出し抜いて「いただき〜」と消えますね(笑)

リアリズムとロマンチシズム、悲観的な女と楽観的な男、極限の状況ではその二つの違いが浮き彫りになるのかもしれませんね。

コメントありがとうございました。
2013.10.30 21:16 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

おお。氣になっていただけましたか?! それはとても嬉しい。でも、実はあまり先の設定がない……。翌日の妄想くらいはあるのですが(笑)

私のキリ番リクは踏まなくても、過ぎた後の早い者勝ちなので、よかったらぜひ。
33333は旅行中になりそうなので、ちょっと特殊なリクのお願いをしますが、40000Hitはフリーのリクなので、その時にでも。
(っていうか、設定考えないと!)

コメントありがとうございました。
2013.10.30 21:47 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
珍しいストーリー…ってもう書かれてた
映画っぽい
結末を見に映画館に行かないとw

こういう生活って危険だし自分からは絶対やろうと思わないけれど
結構充実してそうだなあと思いますです
2013.10.31 10:25 | URL | #- [edit]
says...
う~~ん。すごいです。
“私”のこの葛藤、たまらないです。読んでいて精神的におかしくなってしまいそうです。
でもサキは最終的にこの決断は正しいものなんだろうと感じます。
この選択をしなければすべてが終わってしまう。
彼の選択も正しくて、後は女を始末して自分の大陸へ栄光の帰還を果たすだけ……。
彼の選択は私より有利な気がするんだけど……
私が拒否した時点で世界のすべてが終わり。
私が受け入れた時点で彼の大陸が生き残り、私の世界は滅びる。
あ~~!どうするんだろう?2人に愛情はあるんだろうか?
彼が折衷案を持っていることを期待してしまいます。
夕さん、この設定でハッピーエンドを書いてほしいです。
あ、次にキリ番を踏んだらリクエストしてみようっと。
とにかくとてもドキドキして面白かったです。
もう一度言わせてもらおうっと、すごいです!面白いです!
読後感はちょっとモヤモヤしてしまいますが……。

あ、夕さんいつ日本へ出発ですか?
充分にお楽しみくださいネ!!!
2013.10.31 14:41 | URL | #0t8Ai07g [edit]
says...
こんばんは。

そう。あんまりこういうの書かないんですよ。
でも短いのは何でもありなので(笑)
続編希望が来ていて慌てています。

映画っぽいというのは嬉しいなあ。そういう風にイメージして書いたので。

うん、そうですね。私も自分の家で神頼みしていたい方です。
まあ、充実してはいるでしょうね。アドレナリンでっぱなし。

コメントありがとうございました。
2013.10.31 18:42 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

男の方は「主役」だから有利ですよ。(なんだ、そりゃ)
私も個人的には、007ではない結末の方が好きなんですけれどね。
大穴予想ですが、最後の最後で女が偶然生き残り、お持ち帰り凱旋ってのもあるでしょうけれど。
この後、どうなるのかなあ。(人ごとですみません。まだ設定ないし……)

ええと、キリ番は40000Hitの時には通常の三名様早い者勝ちリクエストを受け付けると思いますので
よかったら……。でも、本当にまだ何も考えていないんですけれど。

そして、実は先ほど荷物が旅立ちました。
本人も明日の朝、空港に向かいます。
ちゃんとレンタルのWifiが実家に届いていれば、また日本からお邪魔しますね。
ではでは、行って参ります。

コメントありがとうございました
2013.10.31 18:51 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
う~ん。何とも素晴らしいお話でした。
カッコいい、というのか。夕さんのお話は大概において、カッコいいんですけれど。
私は……そうだなぁ、この先はあまり知りたくないかもしれません。
この終わり方、この葛藤がこの物語の醍醐味のような気がして。
私は、この『私』と同じ気持ち、このままこの夜が終わって欲しくない気持ちがします。この落ちがつかない感じ、好きなもので。
男はきっと、すべきことと愛情とかは別々に考えられるのだろうという夕さんのお考え、私もかなり同感します。でも、もしかして、何か起死回生の一発を考えていたとしたら、カッコいい~とか思ったりもする。どうなるんだろうって思うのが楽しい、というのか。
とにかく、楽しませていただきました(*^_^*)
2013.10.31 19:11 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

実をいうと、続きは書かない方がボロが出ない……。
短編のいい所は詳細を適当にぼかして、何とでも取れるように書ける事で(笑)
続編を書くにしてもやっぱり「最終的には読者の想像にお任せ」になるかも。

このやけにマイナス思考な感じ、実は私の小説のデフォルトです。ほっとくとこうなってしまうので、かなり意識的にプラス思考なものも書くようにしているのですが、筆に任せるとこうなってしまう。たぶん、ヒーロータイプの男性はこういう思考回路を持っていないと思うので、別の事を考えているとは思います。それが考えつかない所に、私の思考の限界があるのかもなあと思ったりもして。

カッコいいと言っていただき、さら楽しんでいただけて嬉しいです。
コメントありがとうございました。
2013.10.31 21:40 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
本当に、読み手の想像力を膨らませる味のある設定ですよね。
それだけじゃなく、文章一つ一つが完成されていて、とても魅力的。

ラストの展開。
この女性ならば、どちらの結果も受け入れるんでしょうね。
たとえ殺されても、それはそれで幸せと思えるのだろうな。
それは悲劇ではなくて、綺麗な一つの恋物語なのかもしれない。
後味は良くないかもしれないけど。

でも、この男はきっと助けるんだろうなあ。
助けることができる技量と自信を、ちゃんと持っていて、この場面では悩むことすらしていない。そんな気がします。
私は、在り来りなハッピーエンドは好きではないので、この女性と自分の故郷を救ったあとで、別の悲劇が待ってるというような妄想を描いてしまいます。
ああ・・・これだから、私はSSが書けないのだなあ。

2013.11.03 00:08 | URL | #GCA3nAmE [edit]
says...
こんばんは。

詳細に書き込むことで、自分の想い描いた通りの世界を読み手に提示する書き方もあれば、ほとんどを丸投げしてしまう書き方もあって、私はどちらも得意ではないのですが、どちらかというと丸投げの方が多いかもしれません。特に掌編はそうですね。

この女は、たぶんどうなっても受け入れると思います。
男に対する想いも大きいんですが、きっとこの人はあまり自分の意志で人生を切り開いたりしない、ずっと誰かの言いなり人生で、それ故に与えられるものを受け入れてしまう、そんな感じでしょうか。
男の方はどうでしょうね。まあ、殺しちゃうのは、後味悪いでしょう。

たぶん、殺すという選択はこの男にはないと信じたいのが女である私の願いであり、甘さでもあるんだと思うんですよね。でも、007映画なら、女は事故に遭いますね、きっと。

limeさんならすばらしいSSか書けると思いますよ。短い小説はまだ読んだことないんですが、あのナギ漫画で見せる一瞬の切り取り方、あれって掌編と似通うものがあると思うのです。もちろん、謎解き関係で掌編というのは難しいかもしれませんね。あれはそれこそ詳細が大切ですし。

コメントありがとうございました。
2013.11.03 14:47 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.11.05 10:37 | | # [edit]
says...
こんばんは。

それはそれは、ひと安心です。杞憂でよかった。
まあ、いろいろありますが、お互い頑張りましょう。

ご連絡ありがとうございました!
2013.11.05 12:56 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
はじめまして、へろんと申します。

20年近く前にホームページでショートショートなんかを書いてましたので、懐かしく読ませて頂きました。特にSF好きなので、この作品に反応してしまいました(^^;)
細かい設定を考えるのが好きなので、どういう背景があるかいろいろ妄想してしまいます。

「一作限りで使い捨ての存在の心」に近いものは、ゲームのキャラクターの心境みたいなものを書いたこともあります。
http://space.geocities.jp/lepi0628/sf/chara.htm

長編もまたゆっくり読ませて頂きますね(^^)
2017.04.22 15:57 | URL | #kYK71OPk [edit]
says...
こんばんは、そして、はじめまして。
scribo ergo sumへようこそ。

奥様と一緒に旅の事を書いていらっしゃるのって素敵ですよね。わが連れ合いも旅好きですが、日本語は読み書きできないので、夫婦ブログ、羨ましいです。
旅関係の記事を探して当ブログにいらしてくださっているのかなと思っていましたが、へろんさんも創作をなさっていらしたのですね。

SF、知識不足でなかなか書けないのですが、たまにこういう「SFもどき」を書いたりします。お氣に召して嬉しいです。
この作品、もうひとつだけ前日譚を書いています。そっちの方がもう少し細かい設定が出てきますので、もし興味がおありでしたら、ぜひ、どうぞ。
http://yaotomeyu.blog.fc2.com/blog-entry-918.html

そして、「キャラクター」
拝読させていただきました。
ゲームだとさらに「使い捨てキャラ」は大変でしょうね。蜂起したくなる氣持ちもわかりますよ。
クスリとさせていただきました。

ちなみに、私は眼鏡愛用者です。コンタクトが体質に合わなかったので仕方なくで、できれば眼鏡じゃなくありたかったと思いますよ。写真に撮られる時にはいつも外します。無駄な努力だとわかっていますが(笑)

これを機会にお二人ともに仲良くしていただけると幸いです。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

コメントありがとうございました。
2017.04.22 18:54 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/713-1e803ff6