scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

最後は二人で

「樋水龍神縁起 Dum Spiro Spero」の最終章「命ある限り」につけていただいた 羽桜さんのイラストをもう一度ご紹介します。

命ある限り by 羽桜さん
イラスト by 羽桜さん
このイラストの著作権は羽桜さんにあります。羽桜さんの許可のない二次利用は固くお断りします


最初に羽桜さんにイラストをお願いした時には、本当に最初の「百花繚乱の風」のシーン、瑠水が真樹と音楽を聴いているシーンだけのつもりだったのです。有名なアニメなどの二次創作ならまだしも、見ず知らずの人間のオリジナル小説でいきなりイラストを描けと言われても面食らいますよね。羽桜さんはとてもそんな私の申し出に快く応えてくださいました。そして、最初にお渡しした設定のわかる一文だけでなくて、「Dum Spiro Spero」全部を読んでくださったのです。

どんな服にするか、どんな背景でどんな時間帯の光にするか、髪の長さは、表情はと、本文を書いた私でも意識していなかった部分まで丁寧に読み込んで下絵を作ってくださったのです。

この最終回のシーンは、最初に出てきたシーンと共通する点がいくつかあります。二人が一緒にして、時間帯が夕方です。でも、この小説を通して二人が変わってきたその違いも丁寧に描き込まれています。

私が感心したのは、二人の周りに散っている黄金の光です。少女マンガ的な「キラキラ」と思ってもいいんでしょうけれど、これは私にとっては「龍の媾合」というシーンで二人の間に特別な絆がある事を示唆した記述があるのですが、そこで「見える者」にだけは見える不思議な光として登場したものなんですよ。

そりゃ、私は「樋水龍神縁起」オタクですが(作者だからあたりまえ)、この光をみてひとりで「よっしゃ!」と叫んでいる図は、さすがにアブナイものがありました。

そういうわけで、羽桜さんには連載の開始前から、最後まで、本当に驚かされっぱなしでした。体調が良くないときや、とてもお忙しい時にも、連載に穴があかないようにと無理をしてくださった事、心から申し訳なく思っています。

羽桜さん、本当にありがとうございました。そして、また機会がありましたら、どうぞよろしくお願いします。
関連記事 (Category: いただきもの)
  0 trackback
Category : いただきもの
Tag : いただきもの

Comment

says...
そうそう、このイラスト。
瑠水の驚いた表情もいいですけど、真樹のなにかを超越したような優しげな表情がたまりませんね。うん、いいヤツだなぁ。
舞っている金粉みたいなものが、気になっていたんですよね。やはり「龍の媾合」がらみでしたか。二人の行く末を暗示しているというわけですね。
一連のイラスト、とても素敵なものばかりでしたね。文章からイメージを思い浮かべるのも楽しいものですが、やはりイラストなどの画像の持つ情報量はすごいなぁと思います。
文章の内容に合ったイラストとのコンビネーションも、この作品を拝見するときの楽しみのひとつでした。
いろんな意味で、羽桜さんの「仕事」っぷりにも惹かれました。
お二人とも、お疲れさまでした。
2013.12.08 15:30 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
こんばんは。

この真樹の表情も、私が見ていない分だけでも、相当描き直してくださったみたいで、ものすごくこだわってくださったようなのです。

金粉を見て、他の方がコメントで「少女マンガみたい(意訳)」と言及なさっていましたが、何も知らない方にはそう見えるかも、そしてそれでいいんだと思うのですよ。羽桜さんからも特に「そうです」というお話はなかったし。単に私がひとりで「よっしゃ!」なだけで。

羽桜さんのプロ意識の高さには本当に学ぶものがたくさんありました。適当に描いてもいいのに、絶対にそうなさらないんですよ。性格的にすぐに適当になってしまう私には、「これではいけない」と思ういい機会を与えていただきました。

コメントありがとうございました。
2013.12.08 22:26 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/730-3f57a8da