scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

ポルトは働き、ブラガは祈る

「Infante 323とポルトの世界」カテゴリーの記事です。オリジナル小説「Infante 323 黄金の枷」にはモデルとなったポルトの街が時々登場しますが、フィクションの部分と現実との混同を避けるためにあくまでも「Pの街」として書いています。そういうわけで、本文中には挿入できなかったポルトの写真をこのカテゴリーにてお見せしています。

ブラガの大聖堂

今回、三兄弟の母親であるマヌエラが神に祈るモノローグがありました。

ポルトガルの国教はキリスト教(カトリック)です。日本だと政教分離の原則は当然のことと思われていますが、世界には政教が全く分離していない国の方が多いかもしれませんね。ドイツ系スイスやドイツなどゲルマン系の国々では、それでも「今どき宗教ね」という人も多いのですが、カトリックを信仰する国々では、かなり熱心な信者が多いのです。ポルトガル大統領に選ばれると自動的に「キリスト騎士団」のグランド・マスターとなるという面白い事実もあります。

そのポルトガルの中でももっともホーリーなのがポルトから車で一時間ほどの場所にあるブラガという街です。「リスボンは楽しみ、コインブラは学び、ポルトは働き、ブラガは祈る」という風に、街の人びとの氣質を表す言葉があるぐらいなのです。実際にさほど大きい街ではないのですがやけに教会が多いのです。案内してくれた運転手のお兄さんが「ここは、ポルトガルにローマを再現しようとしていたんだってさ」と説明してくれました。

外を眺めて

この写真は、どこかの教会で撮ったのですが、どこだか忘れてしまいました。なんとなく暗闇の中から明るい外に憧れる23をはじめとするインファンテたちのイメージが浮かんで撮った写真です。

外で普通に育ったマヌエラは熱心なキリスト教徒という設定です。一方で、23は全然敬虔ではないということになっています。この件に関しては、後に特別に一章を割いていますので、ここでは割愛します。敬虔ではないけれど、音楽として「アヴェ・マリア」を弾いたりしている23なのでした。


この記事を読んで「Infante 323 黄金の枷」が読みたくなった方は……

「Infante 323 黄金の枷」「Infante 323 黄金の枷」をはじめから読む
あらすじと登場人物




【次回予告】「Infante 323 黄金の枷」 (11)作業

 夕方までやったが、靴型の山は三分の二くらいになっただけだった。23はメネゼスに翌日もマイアを借りていいかと訊いた。その晩マイアはあまり嬉しそうで、マティルダに「どうしたの」と訊かれてしまった。


マイアは、メネゼスに言われて23の作業を手伝うことになりました。彼と長時間一緒にいられることに舞い上がります。いつだったか話していたサンドイッチの話や、外伝で出てきた「四角い石」の話も出てきます。2015年1月初旬の更新予定です。お楽しみに。
関連記事 (Category: 黄金の枷 とポルトの世界)
  0 trackback
Category : 黄金の枷 とポルトの世界

Comment

says...
今、まさに夕さんのお題を使ってミクをヒロインにして書いている途中です。
ですから今サキはポルトに居ます。
カテドラルの中に座っているのですが、宗教とは無縁のつもりのサキにもなんとなく荘厳さは伝わってきます。
夕さんの写真、回廊のように見えるのですがどこなんでしょうね。窓枠のシルエットが面白いです。

間もなく書き上がると思いますので、もう少しだけお待ちください。
遅くなってすみません。
2014.12.14 15:22 | URL | #0t8Ai07g [edit]
says...
こんばんは。

おお、ミクが活躍中なのですね。嬉しいなあ。
発表されたら、パスティス・デ・ナタを買いにいこうっと。近くのポルトガル・レストランで土曜日にだけ売り出すのですよ! 読むのが楽しみ楽しみ。
でも、慌てずゆっくりどうぞ。待つのも楽しいですよ。
あ、フライイングで「scriviamo! 2015」参加にしちゃっても大丈夫ですので!

写真、どこだか忘れてしまったので、写真の日付と記憶とGoogle Mapをたよりに確定してみました。便利だなあ。
ギマランイスという街(ポルトガル発祥の地)のLargo da Oliveirasという場所があります。道で言うとRua Alfredo Guimarãesです。
ここにIgreja de Nossa Senhora da Oliveiraの修道院が建っていて、その普通の観光客は中には入れない部分ですね。
同じ建物の一部はMuseu de Arte Primitiva Moderna という美術館として公開されているようです。
ブラガに行った日にこの街も行ったのですよ。なかなか面白い小旅行でした。

窓枠のシルエットと一緒にちょっと面白い写真になりましたよね。

コメントありがとうございました。
2014.12.14 16:36 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/943-00dfac4a