scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

二つのシャトルシェフ

またカテゴリを少し整理しました。って、増やしちゃったんたですが。この「生活のあれこれ」カテゴリーでは無理をせずに生活を楽しくするアイテムを紹介していこうと思います。すでに別のカテゴリに入れてあった記事で「こっちだな」と思うものも移動してきました。「カテゴリを増やした」つながりですが何故か今年も注目を浴び続けている「マンハッタンの日本人」をまとめ読み出来るようにコピーを一つにしたカテゴリを作りました。

シャトルシェフ

このブログをよく読んでくださっている方々にはそろそろバレているかと思いますが、私はどちらかというと家事に命をかけるタイプではありません。子供がいないので必要もありませんが、もしいたとしてもキャラ弁のために早起きするなんて死んでもイヤなタイプ。

で、連れ合いと二人暮らしの生活でも、栄養や味のバラエティは欲しいけれど、台所に長時間立っている事で幸せというわけではありません。まあ、たまにはそういうこともありますが、基本は美味しくて体にいいものを、いかに効率的に作るかという事にばかり意識がいっています。

今回ご紹介しているのはそんな私の料理の大事なパートナー、シャトルシェフです。煮込み料理の類いを作る時に、食べるまでの時間がほとんどなくて急いでいる場合は圧力鍋(後日ご紹介しますね)を使いますが、そうでもない場合にはこちらを使います。

真空保温調理器シャトルシェフは魔法瓶の原理を利用した調理器です。ステンレス製の中鍋を普通に火にかけて調理して、きちんと沸騰させたら、それを弱火にして調理する代わりに火は止めて、外鍋の中に入れて蓋をするのです。そうすると魔法瓶の中にあるように長時間90℃ぐらいの温度が保たれて、弱火で煮込んだようになるのですね。

例えば、これでシチューを作るとすると、肉と野菜を炒めてスープを入れて五分くらい沸騰させてから外鍋に入れて放置します。弱火で煮るとすると、その間台所から離れる事は出来ませんが、火は完全に止まっているのでそのまま買い物に行ったり、Macの方に戻って小説を書くという事も可能です。目を離しても大丈夫なんですね。

日本にいた時、母がこれを愛用していてその便利さを知っていたので、移住する時に購入して持ってきました。電化製品ではないので電圧の違いや関税を氣にする必要もありません。

そして、手前の小さいのは二度目の帰国の時に追加して買ってきたミニバージョン。これで私はご飯を炊くのです。そう、我が家には炊飯器がありません。毎日使うものではないし、炊飯器を置くスペースはもったいないです。中学生ぐらいからお鍋でも白米は炊けたので、なくて困ると思った事はありません。でも、我が家のコンロは電氣なので、すぐに弱火にするって事が出来ないのです。そのおかげで焦げたり吹きこぼれたりが多いんです。だからシャトルシェフで炊く方がいいのです。

我が家には電子レンジがありません。だからご飯は一合程度しか炊きません。外鍋に入れて20分、それからかき混ぜてから蒸らし時間が10分ぐらいですが、基本的にはその間におかずを作るとちょうどよく出来上がります。


関連記事 (Category: 生活のあれこれ)
  0 trackback
Category : 生活のあれこれ

Comment

says...
ほへえ。便利ですねえ。
シチューはそちらではよく作るのですかね。
こういう鍋の道具が特化しているのも特徴かもですね。
2015.01.16 13:33 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

あ、この鍋は日本の発明です。
今は他の国でも生産しているかもしれませんが、わたしのものはメイド・イン・ジャパン。
こっちでの方が需要がありそうなものと思いますが、こちらでは見たことがありません。
オーブンが発達しているからかも?

シチュー類はよく作ります。
寒い冬には、体の温まるものが一番ですよね。

コメントありがとうございました。
2015.01.16 22:37 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
シャトルシェフ、よく聞く商品名ですね^^
そちらの方も、圧力鍋はよく使われるのでしょうか。
私も夕さんと同じく、調理はなるべく効率よく短時間で作りたい方なので、共感部分が多いです。
友人の専業ママさんたちは一日キッチンに立っていても苦にならないらしく、こんどお料理サークルしようよ、と誘われたのですが、ごめん、仕事が…と言って、じりじりと逃げてしまいました。
そんな私の強い味方はやっぱり圧力鍋です。
おおざっぱな私でも、ちゃんと出来てしまうのがうれしい。
時々、放置しすぎて中身がみんな溶けちゃったこともあるけど・・・それはナイショ(笑)
2015.01.16 23:26 | URL | #GCA3nAmE [edit]
says...
こんばんは。

シャトルシェフは全く知られていませんが、圧力鍋はこちらでもよく使われていますよ〜。
あれもウルトラ便利ですよね。

私はこんな風に、シャトルシェフと使い分けています。
速攻で柔らかくしたいもの、食べるまでに待てないものは圧力鍋。あと、豆ですね。豆は圧力鍋に限ります。

limeさんがおっしゃるように、「溶けちゃった」になりそうなものは、シャトルシェフの方が失敗がないみたい。例えば人参やブロッコリーなどの入ったシチュー類。

それに、実はご飯を炊くとか、カレーのように、圧力鍋を使うと、あとで蒸氣孔の手入れで発狂寸前になるものはシャトルシェフという使い分けをしていたりします。お手入れにすら時間をかけたくない私(笑)

ところで、お料理サークル……。私の苦手な世界だわぁ。一回ぽっきり、もしくは年に一度くらいなら行ってもいいかなと思うけれど、毎週なんて言われたらつらくて泣きます。長時間、延々と料理をしまくるのもつらいけれど、なんというのか、ああいう「定期的に集まって楽しくお喋りしましょう」の世界が実はものすごく苦手です。「女子会」みたいなものも苦手なんですよね。

limeさんが速攻で逃げた、という所に妙な親近感を持ってしまいました。

コメントありがとうございました。
2015.01.16 23:57 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
おはようございます!

おお!これね、実はずっと気になっていて(笑)
経済的だし、美味しくできそうですよね~^^
私は料理好きですが、長時間キッチンに立つ時間はなかなかとれません。煮込み料理は目が離せないから困るのですよねー。しかも、ちょっとトラウマで圧力なべが怖くて使えないのです(笑)
火を止めてタオルで包んで~とかやっているのですが、この方が絶対いい!^^
効率的なのはかえって主婦の方って感じです!うまく力を抜きつつ、料理できる方が長く続きますよね~^^だって生活は終わりが無いですから。

お祝いコメントもありがとうございます^^そうなのです。仕事とこのお話の両立は思っていた以上に大変で、途中何度も受けなければよかったと思ってしまっていました^^;ブログ発なのでもっと簡単だと思っていたのです。アマゾンで予約も始まりました。ツイッタ―で教えて頂いて予約できるとか知ったのです(笑)
まだ私の最終修正が終わってないからなのか?まだ画像が無いですが、「YUKA'sレシピ作りおきで時短弁当」で検索できます。
私ごとのコメントまで一緒に書いてしまいました。すみません。
頂いたお気持ちが出版自体より嬉しかったです*^^*
2015.01.17 00:28 | URL | #GWG7oyQ. [edit]
says...
そういや昨日NHKでやってましたが、「ろうそく5本の熱だけで十五分間でお湯を沸騰させられる鍋」というムチャなお題で大学の研究者グループと企業の技術者グループが勝負する、という企画がありまして、両方ともに課題をクリアし、数秒の差で技術者グループが勝ちました。

この真空調理器と組み合わせれば、災害時の煮炊きに革命が起きるかもしれませんね。

……それより軍事利用が先か(;゚ロ゚)
2015.01.17 03:32 | URL | #0MyT0dLg [edit]
says...
ちなみにこれです。

http://matome.naver.jp/m/odai/2142073929044099401
2015.01.17 03:42 | URL | #0MyT0dLg [edit]
says...
なるほど! これは嬉しいアイテムです。
電圧を気にしなくても良いところが気に入った! 
欲しいかも! 持って帰れる^^

コメの↑サークル話が面白いです。
私も。ささーと身を引く系かも。
なんだろう、おしゃべりは大好きなのですが、ツボが違うとしゃべらないですよね。
逆にツボ入っちゃうとマイク離さない、みたいな。
2015.01.17 03:59 | URL | #- [edit]
says...
こんにちは。

そうなんです。光熱費も節約できるんですよ。
日本のお肉と違ってスイスのお肉って固くて、スネ肉なんて煮ようものなら四時間なんてこともありますからやはり弱火だといっても光熱費が氣になるし、だいたいそんなに台所にいられない!

圧力鍋のトラウマって、よくわかります。ちょっと危険なんですよね。
だから私は安全第一で、扱いの簡単なティファールの圧力鍋を使っていますが、それでもこちらの方が危険度は少ないです。ただの鍋ですから。

そして、あ、予約できるのですね。
2月まで待っていたら忘れちゃいそうですし、早速予約する事にしますね。
いや〜、楽しみ楽しみ。

コメントとお知らせ、ありがとうございました。
2015.01.17 13:43 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんにちは。

おおお、そんな番組が。
15分で、ロウソク5本だけでは、かなり技がいりそうですよね。
でも、日本の技術の粋を集めると可能なんだ。
URLもありがとうございました。ふむふむ。

なんていうのか、スイッチをひねればいくらでも火や水の出てくる世界に人類が慣れて、ものすごくエネルギーの無駄をしているってこともあると思うんですよね。こういうすごい技術が人類の未来のために使われるといいですね。あと、家計のためにも。ところで、あれ実用化されたら、いったいいくらになるんでしょうかね。

コメントありがとうございました。
2015.01.17 13:48 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんにちは。

そう、けいさんにはすごく重要なポイントだと思います。電圧!
日本のように「窯炊き」だの「お粥モード」だののあるすごい炊飯器に「おお」と思っても持って帰れないのですよね。
このシャトルシェフを持ち帰った時、税関の兄ちゃんが目を輝かして「ちょっとまった!それは炊飯器だね。電化製品は関税が……」と言い出したところに「これは電化製品ではありません」と中身を見せて、ものすごく悔しそうな兄ちゃんを尻目に堂々とその場を後にするという、あまりない経験をしたものです(笑)

本文中のリンク先から、もっとくわしい使い方がわかると思います。読んでみて、よさそうでしたら次の帰国の時にでも……。

あはは、そうそう。サークル話。興味のある話題で、話したい事がある人たちならいいんですけれど、なんか「お付き合いで」「とくにお題もなく」みたいに集まるの苦手なんです。当たり障りのない話題を四時間とか。それだったら、ブログのお友だちとオフ会で小説談義してる方がずっと充実した四時間になりそう……なんてことを言うから友達が少ないんだろうか……。

コメントありがとうございました。
2015.01.17 13:58 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/966-e5165b75