scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

小説書きのみなさんに訊いてみたい事

日々、こんなに多くの小説書きの皆さんと交流しているので、一度訊いてみたかった事をここで書きます。

コメントなどで批評があった場合、作品書き直しますか?

私はね、あからさまな「てにをは」の間違いとか、そういうものを自分で見つけた時、もしくは自分で「この言い回し意味不明」と氣づいた時は、その文節を訂正したりはしますが、それ以外はしないんですよね。プロットとか、性格や状況描写とか、「こういうエピソードはちょっと」とか言われても、もはや直しようがない所まで(30回先とか)書いちゃってから公開しているので、後から手を入れるのって難しいんですよ。

だから、批判をいただいた時、(みなさん、お優しいんで、今までお一人からしかもらっていないんですけれど)、次の作品の参考にさせていただくってことにして、公開している作品に大幅な手は入れません。ご批判は尤もだと思う部分があってもです。

でも、みなさんは、どうしていらっしゃるのかなあ。

ちょっと興味があるので、小説書きの方で、お時間がある方は、コメントの方、どうぞよろしくお願いしま〜す。

追記




何人かの方から、メッセージや拍手コメントいただきました。
結論から言うと、「書き直す」派はいないみたいですね。今後の参考でいいのかと、ちょっと心が軽くなりました。
こうしてご意見を伺えるだけでも、ブログはじめてよかったなと思います。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

でも、このテンプレート、メッセージの位置が紛らわしいみたいで、ごめんなさい。先程、テンプレートをいじって、もう少しわかりやすくしました。
みなさんのご意見、まだ聞きたいです。お時間がある小説書きのみなさま、よかったら教えてください。
関連記事 (Category: もの書きブログテーマ)
  1 trackback
Category : もの書きブログテーマ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する