scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

「森の詩 Cantum Silvae - 貴婦人の十字架」のイラストをいただきました

ものすごく浮かれています。ユズキさんが、とってもとっても素敵な、「森の詩 Cantum Silvae - 貴婦人の十字架」のイラストを描いてくださったのですもの。

「森の詩 Cantum Silvae - 貴婦人の十字架」by ユズキさん
このイラストの著作権はユズキさんにあります。無断使用は固くお断りいたします。

この小説は、昨年から連載していたのですが、今年に入ってから企画のために連載を中断していました。日曜日から連載再開、チャプター3が始まります。このタイミングで、ブログの誕生日お祝いも兼ねて描いてくださったのですが、ああ、どうしよう、感激を表す言葉が見つからないです。本当に、素敵ですよね!

この小説のメインキャラ三名をまさに私がイメージしている通りの姿と立ち位置で配置してくださったのです。下方左がヒロイン、ラウラ。私の小説にはあまりいない「耐えるヒロイン」です。そして、その右にいる青い服を着ているのが、主人公マックスです。ヒーローなのに残念ながら戦闘スペックはゼロ。どうやって絶体絶命のヒロインを救う氣なのか……。対照的にちょっと頼もしいのが、サブキャラなのに存在感を半端なく描いていただいた真ん中にいるレオポルド二世。王様です。ええ、正にこういう話なんです。

ラウラとマックスのアングルがさすがだなあと思います。ラウラの追いつめられている様子や、マックスも全然余裕がない状態で危険に飛び込んでいく様子がこれだけでわかりますよね。ああ、素晴らしい。

書いている本人は、頭の中にこういう姿形でというのがあるんですが、いくら頑張って描写してもやはり読者にはなかなか伝わりませんよね。この三人は、まさに私の頭の中とそっくりです。ですから、これからは皆様にも三人のイメージが定着するかな〜と、一人で喜んでいます。

これだけの詳細なイメージを再現してくださるのは、とても大変なことだったと思います。ユズキさん、本当にありがとうございました!

うって変わって、下でご紹介するのは、先日の「scriviamo! 2015」でユズキさんが書いてくださった、お伽噺風(?)掌編のイラスト。マックスがヴァルト画伯(@ユズキさん)のほのぼの画風によってファンシーイラストになりました。広大な森《シルヴァ》をずんずんと行く、「旅する傍観者」マックスの面目躍如です。あんまり嬉しかったので、こちらもいただいてきてしまいました。

マックス by ユズキさん
マックス by ユズキさん
この二枚のイラストの著作権はユズキさんにあります。無断使用は固くお断りいたします。

ユズキさん、本当にありがとうございました! 大切にします!



この記事を読んで「森の詩 Cantum Silvae - 貴婦人の十字架」を読みたくなった方へ

「森の詩 Cantum Silvae - 貴婦人の十字架」を読むこのブログではじめからまとめて読む
あらすじと登場人物
関連記事 (Category: Cantum Silvaeの世界)
  0 trackback
Category : Cantum Silvaeの世界
Tag : いただきもの

Comment

says...
こんにちは!
余りの素敵さにコメント失礼致します!!

一目見た瞬間「ギャー何これ何これ素敵すぎるイメージ通りすぎる美し過ぎる(><)」
と騒いでしまいました。
夕さんも書かれておられますが、登場人物の立ちキャラを構図で見事に
表現されていらっしゃいますよね。

そうそう、ラウラの衣装も、露出が控え目で、首元まできちんと衣服で覆われてるイメージまさにこの
ままで……!!
マックスも、ヒーローなんだけれど、立ち位置としては絶対ここ! って感じで……

各キャラの色合いも塗り方まですべてが世界観と合っていますよね。
重ね塗りした、クラシックな風合いが何ともいえないです。

個人的にレオポルド二世がご尊顔を拝見出来たのかもう、もう……!!
この方、以外や以外に、ラウラの予想を上回る「いい男」的なポジションというイメージが
勝手に出来上がっておりまして、これからどう物語に、そしてマックスと絡まってくるのか
期待しているのです。

感激のあまり突然の嵐のようなコメントすみません!
それでは、失礼いたします……!
2015.03.06 03:55 | URL | #- [edit]
says...
やっぱりそうですよね。サキもピッタリだと思いますもの。
サキの場合はちょっと変わっているのかな?一番のお気に入りはレオポルド2世なんです。いかにも王!って感じが素敵です。
ラウラの視線、いいですね。そして薄く血が滲んでいるのかなぁ、手に巻かれた包帯が痛々しいです。マックスは彼女を守ろうとしているように見えます。チャライイメージを払拭していい男になってますね。
この構成は完璧なんじゃないでしょうか。
背景も苦労されていたようですが、彼方まで拡がるシルヴァの森が素晴らしいです。鳥は何をイメージしているのでしょうね。ラウラの自由への憧れとか・・・?
これからの物語の展開が楽しみになってくるような素敵なイラストでした。
これからはこのイメージで読んでいこうと思います。

もちろんほのぼの系のマックス、こっちもお気に入りです。
どちらも描けるって凄いなぁ、と思います。
2015.03.06 12:20 | URL | #0t8Ai07g [edit]
says...
こんばんわ(^ω^)

イラストの紹介と感想ありがとうございました!
みなさんに気に入っていただけているようなので、凄く嬉しいけど安堵感のほうが大きいです(;・∀・)

背景にナレーションを入れるとポスターっぽくなるかもとか思ってしまいました。

鳥のシルエットは、サキさんが仰っているので○です(´∀`)
2015.03.06 17:48 | URL | #mQop/nM. [edit]
says...
これは夕さんにとって、すごくうれしいお祝いですね!
さすがユズキさん、このお話の世界観を見事に描かれていますね。
マックスの、ちょっと頼りなさそうなんだけど誠実そうなところとか、いいなあ。
ラウラはもう、マックスでなくても守ってあげたくなる儚さが・・・。(マックス、もっと焦った方がいいよ)
で、レオポルド二世がなんとも男前^^たくましい~。
登場は二人よりもずっとあとなのに、その存在感の大きさが絵にもよく表れています。
それにしても、衣装の完成度がすごい。時代考証とかももちろんだけど、細かいところもキッチリ描かれるユズキさんならではの、素敵なイラストですよね。
あ、そしてあの童話風のかわいいマックス。あれも最高です^^
2015.03.06 19:33 | URL | #GCA3nAmE [edit]
says...
こんばんは。

ね! ね! 素敵でしょう?
よそのブログの小説に、こんなに愛を込めてくださって、嬉しすぎますよ!

そう、マックスは、ここなんです! ここしかありえません。
(どういうヒーローなんだ・笑)

絵柄も、ユズキさんはいろいろ描ける方なんですけれど、正にこういう感じをイメージしていたので、こういう感じで描いていただけて嬉しくって!

そして、レオポルド、なにげに人氣あるなあ。
って、私も好きなキャラなんで嬉しいんです。
男はこうじゃないと(笑)あ、マックス、ごめん。頑張るんだよ!(なに一人でブツブツ言っているんだ、私ったら)

私一人で盛り上がっていると悲しいんで、一緒に盛り上がっていただけて嬉しいです。

コメントありがとうございました。
2015.03.06 20:50 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

わ〜い、サキさんもぴったりだと思ってくださったのですね。
嬉しいなあ。
レオポルド、どうやらこの作品では一番人氣(笑)
なぜか二番目にザッカが来るらしく、マックス……。
まあ、作者までがそうだから、しようがないんですが。

ラウラの左手の痛々しい様子が、本当に上手に表現されていますよね。
マックスも、ようやく傍観者ポジションを捨てそうなので、このイラストは正にチャプター3にぴったりなのですよ。

《シルヴァ》へと自由に飛んでいく鳥。ラウラの自由の憧れ、それは実は、マックスの憧れでもあるし、ちょぴっとレオポルドの想いでもあったりするので、この鳥は嬉しいですね。ユズキさん、本当によくこの世界観をとらえてくださっていて、泣きそうです。

ほのぼのマックスも可愛いですよね。
これからも時々この傍観者くん状態も登場させたいので、このイラストも活用させていただこうと思っています。

コメントありがとうございました。
2015.03.06 20:57 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

もちろん、みんな氣にいりますよ!
チャプター1の書き方がああだったので、きっとお困りになったんだろうなと思ったのですが、めげずにこんなに素敵にしていただけてとても嬉しいです。
それに、ユズキさんのイラストのおかげで、ブログに新しくいらしてくださる方も増えて、本当に感謝でいっぱいです。
私の好きなレオポルドのファンもますます増えそうで「うっしっし」状態です。
やっぱり、この連載が終わったら、レオポルドの話、書いちゃおうっと。

ポスター……。そう、この話を書きはじめる時、ポスターみたいなイラストがあったらいいなあと思ったのですよ。それが実現するなんて。うるうるうる。

《シルヴァ》へ向かっていく鳥も、この作品を熟読してくださっているユズキさんならではのワンポイントですよね。なんて嬉しい。

メインのイラストも、ヴァルト画伯に書いていただいた分も、時々使わせていただこうかなと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

素晴らしいイラスト、本当にありがとうございました!
2015.03.06 21:26 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こちらにもありがとうございます。

そうなんです。毎回のことなんですが、世界観を表すためにものすごく時間かけてくださるのがわかって、申し訳ないくらいで、でも、本当に嬉しいくて飛び上がってしまうのです。

何がすごいって、そう、マックス、かっこいいんだけれど、かっこよすぎないのです。
これ、マックスが「男の中の男」だと、違うんですよ。
でも、このレオポルドとの違いに、マックスの必死さが表現されていて、しかもラウラと、すつかり「二人の世界」だし。マックス、そうですよね。今のところ「ルンルン」状態ですし(笑)

衣装も、そうなんです。西洋風の適当なのでも違和感ないんですが、それをきちんと考証してちゃんと描いてくださるのがユズキさん。だから、できるだけわかっている設定はまとめておいているのですが、それでも絵を描かない私には想像もつかないような部分を形にしてくださって、いただいてから私が驚いてしまうのです。本当にすごいことですよね。

ほのぼのマックスもお氣に入りです。これはどうしても欲しくて強奪してきました。これからも時々使わせていただくつもりです(笑)

コメントありがとうございました。
2015.03.06 21:35 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1017-31847250