scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

ポルトでの復活祭

敬虔とは口が裂けても言えませんが、私はカトリック教徒です。幼児洗礼を受けてなので、「信仰を持つようになったきっかけは」と訊かれても困るのですが、多くの日本人がお盆にお墓参りをしてご先祖さまの前で真面目に手を合わせるのと同じように、教会に赴くときは真摯な氣持ちで臨みます。とはいえ、普段から真面目なのではなく、どうもクリスマスと復活祭には……程度になってしまうんですけれど。

Igreja dos Congregados

移住してからまもなく15年になるんですが、クリスマスや復活祭をスイス以外で迎える事って滅多にないのです。

今年は、生まれて初めてカトリックの街で復活祭を経験しました。そう、私の住んでいる地域はほとんどがプロテスタントなのですね。ポルトガルはカトリックの国です。

特に意識しないで予約して、ついた翌日が復活祭に当たる事を一ヶ月くらい前に知った(復活祭は毎年日付が変わるのです)ので、ぜひミサに行こうと思っていました。

街中教会だらけなので、どこでミサに預かるか、と考えたのです。第一希望は「サン・ジョゼ・ダス・タイパス教会」でした。ええ、本当に個人的なこだわりで。(作中に時折でてくるんです)

残念ながらミサをする氣配がなく閉まっていたので、では「セ」と呼ばれる大聖堂にしようかなとも思ったんです。でも、二つの理由でやめました。大きい理由はミサが11時からだった事です。連れ合いは「カトリックのミサなんてごめんだ」ということで別行動だったので、朝の九時くらいからのミサにちゃっちゃと預かり、合流したかったのですね。もう一つの理由は、実は、テロを怖れていました。大聖堂は十分標的になりそうだったので。もちろんそんな事は何もなかったんですが。

で、サン・ベント駅の真ん前にある、アズレージョの美しいコングレガドス教会で預かってきました。ここは、九時と十時と次々とミサが行われ、そのせいかさほど混んでいなくて、ゆったり座れました。

Igreja dos Congregados

ミサの最中は写真などは撮れませんし(そもそも儀式の間は撮影禁止)、去り際に一枚だけ映したのですが、こういう感じの内装です。それなりに重厚ですし、装飾も立派ですけれど、キンキラキンではなく落ち着く教会です。ミサはあたり前ですがポルトガル語で執り行われます。でも、どこで何をやるかは決まっているので、問題はありません。唱える言葉はごにょごにょと日本語で。

十字架の行列

さて、派手なパレードでもやるのかと思っていましたが、特にそんな事はなく、ホテルで卵形のチョコレートやドラジェをくれる以外は、あまりいつものポルトと変わらないなあと思っていました。そうしたら翌日の月曜日に十字架の行列に出くわしました。

というか、お店の(言葉の通じない)おじさんが、わざわざ「行列が通るよ!」と身振り手振りで教えてくれたのです。行ってみたら、神父さんたちが十字架と聖水を持って、それぞれのお店に入り祝福をしている所でした。

写真を撮らせてもらい、お礼に頭を下げてから十字を切ったら、十字架を差し出されました。キスしろってことらしいです。もちろんしてきましたよ。
関連記事 (Category: 黄金の枷 とポルトの世界)
  0 trackback
Category : 黄金の枷 とポルトの世界

Comment

says...
こんばんわ。同じヨーロッパでも言葉や宗教が異なると空気もまた違うように感じられるのでしょうね。うちの職場なんて連休がとれてもせいぜい三日くらいなので、ほんとに羨ましい!
さて、復活祭。実は春の季語なんですよね。染卵も傍題にありまして、一度は詠んでみたい言葉です♪
2016.04.05 15:42 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。
わ〜い、ココうささんだ!

そうなんですよ。カトリックの祭儀の方が、装飾的で、民俗的な祭がたくさん取り入れられていて、そういう文化の好きな私にとっては好みだったりします。

連休三日ですか……。う〜ん、行けてもアジアかハワイぐらいかな。
とんぼ返りでヨーロッパまで行くと時差で体がつらくなりますよね。
それが私の足がなかなか日本に向かわない原因だったりもするのですが。

そして、イースターのような海外のお祭りも季語になるのですね。それは知りませんでした。
確かにちょっと面白い俳句になりそうです。
もし詠まれたら、教えてくださいね!

コメントありがとうございました。
2016.04.05 22:02 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
カトリックなのですね。
話しだけ聞いていると、日本の神社と似ているところがありますね。
私も正月に健康祈願や厄払いの祓いをうけたりと毎年そういうのをしてます。どうにも死がまとわりつく仕事なので、今年一年はこれで大丈夫だじぇ。。。と願掛けをしてます。

派手ではないのが、私好みでもありますね。
2016.04.07 10:43 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

そうなんです。カトリック教徒なんです(一応)
プロテスタントはカトリックの純粋でない所に抗議して出てきた宗派なので、「イエス・キリストが言ったか」「聖書に書いてあるか」というような事にこだわるのですが、カトリックの方はかなり土着の信仰を取り込むような形で広がった事もあり、各地の昔のお祭りを残しているような事があるのです。民俗好きな私には、答えられない部分でもあります。って信仰は好き嫌いではないですけれど……。

お医者さんは先端科学などと触れられていらっしゃる方々ですから、信仰や迷信のようなものとは縁がないように思いますが、でも、生死と関わる事ですし、神秘的な事を体験する事も多いでしょうし、自分の意志の力の及ばない所を天に祈願するというのは自然な事なのでしょうね。

コメントありがとうございました。
2016.04.07 17:36 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1223-259995c2