scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

【動画】「大道芸人たち Artistas callejeros」第二部のプロモーション & いただきもの

2012年に発表した長編小説「大道芸人たち Artistas callejeros」は、今でも当ブログで一番ポピュラーです。そして、完結当初より「この小説には続編があります」と言っておきつつ、ずっと書き終えないまま放置しているのですが、5月から、その第二部のを一部分だけ先行公開する事にしました。

なぜ全部連載しないのかというと、真ん中がまだ書けていないからです。というわけで書き終わっているチャプター1だけ。

でも、せっかくなので、ここでプロモーションをしようと思い立ち、再び動画を作ってみました。まずはこちらをご覧ください。



この動画を作成するにあたっては、ユズキさんに多大なるご協力をいただきました。既に描いていただいてあるイラストを使わせていただきたいと恐る恐るお願いしたらですね。ご快諾いただけただけでなく、なんと新たに4人分描きおろしてくださったのですよ!

私とこの小説のために貴重な週末をまるまる使って描いてくださったこの4枚、当ブログの新しい宝物になりました。

こちらにご紹介するにあたって、縮小して少しトリミングさせていただきましたが、動画に使いやすいようにと大きいサイズでの透過PNG形式でくださったのです。至れり尽くせりなお心遣い、本当にありがとうございました。

蝶子 by ユズキさん稔 by ユズキさんレネ by ユズキさんヴィル by ユズキさん

このイラストの著作権はユズキさんにあります。無断使用は固くお断りします。

そして、森の中の4人のイラストもですね。わざわざこの動画のために塗り直してくださっています。ユズキさん、何から何まで、本当に感謝です!



【大道芸人たちを知らない方のために】
「大道芸人たち Artistas callejeros」は2012年に当ブログで連載していた長編小説です。興味のある方は下のリンクからどうぞ

「大道芸人たち Artistas callejeros」を読む このブログで読む
縦書きPDF置き場「scribo ergo sum anex」へ行く 縦書きPDFで読む(別館に置いてあります)
あらすじと登場人物
関連記事 (Category: 大道芸人たちの見た風景)
  0 trackback
Category : 大道芸人たちの見た風景
Tag : いただきもの 動画

Comment

says...
かっこいい~! よーすーぎーるー!!
キラキラと入っている第二部のセリフが気になる気になる!
そうか。夕さんは途中駅方式で執筆されるから、途中がと言うわけですかね。

どんな旅になるんだろう。
捨てる旅? 見つける旅? つくり出す旅?
5月まで待てない。けど待つ(キリリ)
2016.04.24 02:34 | URL | #- [edit]
says...
ふごおっ、蝶子さんの「上書き」発言が!
でも『外泊』じゃないんですよね、きっと。
ヴィルに対して言っているのかな?

発言を見る限り、
なんだか皆第一部より大人になっていますね。
自分の心の問題が明らかになって、決意も新たに……
みたいな感じでしょうか?

イラスト、本当に素敵です〜
イメージ通りすぎて本当にもう……鼻血が……
ヴィル様が泣いていんだとか言ってるし
蝶子さんとラブラブだし本当に続きが楽しみです!
夕さん、ユズキさん、動画作成お疲れ様でした!
2016.04.24 04:59 | URL | #- [edit]
says...
いいですねぇ、このPV。
キャラの台詞が、じつに思わせぶりで、興味深々です。
新たな旅に出る四人、このさきどうなっていくんだろう。

ユズキさんのイラストも相変わらず素敵だし、哀愁と情熱の漂うフラメンコギターの音楽もぐっときます。
完結してなくても全然OKですから、連載お待ちしています。
またあの四人に会えるのが、楽しみです。
2016.04.24 06:21 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
こんにちは。

かっこいいと言っていただけて嬉しい〜。
かっこいいのはユズキさんのイラストなんだけれど、それでも嬉しい〜。

思わせぶりなセリフ、それぞれ引っ張りだしてみました(笑)

そしてそうなんですよ。
この方式で書くと、書いていて面白い所はどんどん書き終わるんだけれど、「つまんない展開だ」「ここは面倒で書きたくない」ということろがまとめて後に残ってしまう……。でもいつまでも終わっていないからと放置していると、永久に発表できないので、まとまっているチャプター1だけでも発表して自分のモチベーションあげようかと。

たぶん、第一部とは違うタイプの旅になります。
同じじゃ書く意味ないし。
待っていただけるのは嬉しい。
さ、頑張って書くか。

コメントありがとうございました。
2016.04.24 12:17 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんにちは。

「上書き」久しぶりですが、『外泊』じゃないです。でも、実はもっと深刻かも(笑)

第一部と第二部を明白に分けたのは、トーンが全く変わってくるからだったりします。
で、チャプター1だけは、その中間に位置するんです。
「変わらずにいたい」という想いと、そうはいかない現実と、ま、人生ですからね、いろいろと。

イラスト、本当に素敵ですよね。
ちゃんとそれぞれの特徴を捉えて、内面までも考えて描いてくださっているのがわかって本当に嬉しいです。
ポーズや表情、私の方からは全く何もリクエストしていないんですが、「なぜ知っている?」というくらい4人の特徴がよく表れています。ありがたいことです。

動画で満足していないで、まじめにあと伸ばしにしている部分を書かなくちゃいけないんだけれど、ああ、面倒くさい〜(それなのか!)

お氣に召して嬉しいです。頑張って執筆します。

コメントありがとうございました。
2016.04.24 12:25 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんにちは。

思わせぶりですよね!
わざわざ一番「な、なんだそりゃ」なセリフを引っ張りだしてきました。
後で読んだら「それかよ」と思うかも(笑)

BGMは二つ候補があったんですが、もう一つの候補はピアソラの「Éxtasís」だったのですが、それだとあまりにも一つのエピソードに偏ったイメージになるので、こちらを採用しました。

チャプター1は第一部と第二部の本題の橋渡しになるストーリーなので、独立してもそれでOKかなと思います。
そういうわけで、また読んでいただけるととても嬉しいです。

コメントありがとうございました。
2016.04.24 12:29 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
どの作品もいいんですがなんとなく大道芸人たち は
(現在の)夕さんのテンションに一番近いんじゃないかなあと思ったりします
2016.04.24 13:45 | URL | #- [edit]
says...
あ、BGMがとって素敵!
絶対読みたくなると思います。
ヨーロッパの写真もたくさん使われていますし、なんといってもユズキさんのイラスト、素敵ですねぇ!
4人とも素敵なんですが、ブランベック特にお気に入りです。サキは最初、ブランベックに少しだけ違和感を感じていたんです。でもこのPVを見てその感覚は吹っ飛んでしまいました。ストンとはまった感じです。
台詞の選択も秀逸だなぁ。
第二部
今さらかき回して何になる・・・
楽しみに待っています。
2016.04.24 13:46 | URL | #0t8Ai07g [edit]
says...
相変わらず、夕さんのプロモ、かっこいいですね~。いや、ユズキさんのイラストもカッコいいなぁ~。こんな世界観が一緒に出せるのって、羨ましいです。何よりも押し付けがましくなく、さりげなくきゅっとおいしいところを掴まれている感じがして。ある日、映画館でこの予告編見たら、前売り券買いに行っちゃう。

第2部は稔の恋が展開する方向の話かと思っていたのですが、それもあるのかな。しかも、蝶子やヴィルの言葉の向きからは、何だかあの親父が出てくるような気がして……気のせいでありますように。
そして、うん、変わっていって、でも変わらないものもあるに違いない4人の展開に期待膨らみます。そう、このお話が一番、少しキャラの年齢がこっちよりというのもあって(いや、全然こっちよりじゃない! どんだけサバを読む?)、少しオトナなイメージなんですよね。
気長にお待ちしています(*^_^*)
2016.04.24 15:39 | URL | #nLQskDKw [edit]
says...
こんばんは。

ああ、テンション。もしかしたら近いのかもしれませんねぇ。
特に第二部のテンションは、いまの私に近いのかも!

コメントありがとうございました。
2016.04.24 17:40 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

BGM、お氣に召しましたか。ずいぶん前に日本に来た番外編の話を書いたときにフラメンコの手拍子を説明するために探した曲なんでけれど、私もとても氣にいってしまって(笑)

ユズキさん、この動画の件では、本当にお世話になったんです。
レネのイラストを描いてくださったことがあるのはユズキさんお一人で、前回のイラストも素敵だったんですけれど、今回も彼の控えめで優しい感じがとてもよく出ていて嬉しくなってしまいました。

セリフは、あえて思わせぶりなものを選択しています(笑)
その方が「読もう」と思っていただけるかなと。

読んでいただけるととても嬉しいです。

コメントありがとうございました。
2016.04.24 17:48 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こちらにもありがとうございます。

動画ばかり作っていないで、本文書けって感じですけれど、作り出すと面白くてやめられません。
もともとの動画は、4人のソロ画像の所が、それぞれ既にいただいていたイラストをトリミングして使ってあったのですが、それをご覧になったユズキさんが、わざわざ描きおろしてくださるとおっしゃってくださって。
貴重な週末をこれで潰させてしまったのです。もう本当にユズキさんには足向けて眠れません!

第二部は稔もですけれど、レネも……ですよ。あ〜、あの親父とは誰のことかな(白々しいしらばっくれ方・笑)
第一部のあの感じが好きな方には「え〜」というような展開もありまして、だから明確に切っているという話でもあります。
まあ、私の書く「続編」にはありがちなトーンかもしれません。(おいおい)

そして、年齢が近いといったら、本当は「樋水龍神縁起」の新堂朗あたりが一番です。彼と私は同い年〜。彼の方が早生まれなので一学年上ですけれど。その他に「ファインダーの向こうに」のジョルジアの周りの面々や「バッカスからの招待状」「いつかは寄ってね」の田中&涼子あたりも年齢はこっちより(笑)

若いメンバー(ステラ、瑠水やマイアなど)を書くときには若干控える、普段私が考えていることに近い感覚、こっちよりのメンバーの話を書くときには出てきますよね。

とにかく早く続きを書かなきゃ。期待していただけて嬉しいです。

コメントありがとうございました。
2016.04.24 18:01 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

わぁーー!
素敵な動画ですね!
私、夕さんの作るプロモのファンなんです~
自分の書く話の動画なんて、頭の中で考えるので精いっぱいなのに、実現してしまう夕さんはすごいです。
私もいつか挑戦したい……

大道芸人たち、まだ読めていないんですよね……
今年は結構時間がとれそうだし、追いつきたいところです!
2016.04.26 16:04 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

おわわわわわ。ファンだなんて、どうしよう。オロオロ。でも嬉しい〜。

自分で絵が描ければいいのですが、それが出来ないので、みなさんにおんぶに抱っこです。
今回はユズキさんの多大なるご協力があって完成にこぎ着けました!

動画って、難しそうに見えますけれど、素材さえあれば、けっこう簡単にできるのですよ。
私の場合はMacに附属しているiMovieというアプリでお手軽に(笑)
でも、一度やりだすと、何だか嬉しくてハマッてしまうのです。
スカイさんも、お時間が出来たらぜひ一度トライしてみてくださいませ!

あ、「大道芸人たち」あれ長いんですよね。
第二部も、今回はチャプター1だけですし、そんなに進みませんので、お時間のあるときにどうぞ〜。

コメントありがとうございました。
2016.04.26 19:19 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんにちは!(出遅れ過ぎた><)
むふふ。また、新たな旅がはじまるのですね!

毎回唸るのですが、今回も本当にめちゃかっこいいPVです!!
これ見ただけでわくわくが止まりません。
編集も効果も曲選びも、プロ級です!
あ、お仕事もそちら方面だし、もうプロと言って過言ではないですよね。
そして今回もユズキさんのイラストがカッコいい。
小説のイメージを余すところなくイラストに出来てしまうセンスがすごいなあ~。
こんな大人な絵が描きたい><

もう一度このお話を復習して、新たな旅を待っていますね!
今度はどんな出会いがあるんだろう~。(別れはないよね?)
2016.04.27 00:53 | URL | #GCA3nAmE [edit]
says...
こんばんは。

お忙しい所、ありがとうございます!
そう。いい加減に発表しないと、私の中での4人の状態と、みなさんの中の4人が乖離する一方なので、とにかく重要な所だけ発表しちゃえと。そして、構っていただければ、また書くつもりになるのかなとも思ったんです(他力本願)

動画ですけれど、プロ級だなんてとんでもないです。
こういう作業の好きな方が見たら、たぶんおへそで茶を沸かすダメダメレベルですよ。
なんせ、大もとのテンプレートは、Macに附属したものを使っているだけですし。

でも、こういうのって作っていて、本当にトキメくんですよ。
小説だとどんなに頑張っても音楽とかまで再現できないじゃないですか。
あとは、イラストが自在に描ければいう事ないんだけれど。

でも、その分、ユズキさんのように奇特な方が助けてくださるのだから
有り難や、有り難や。
ユズキさん、ファンシーも、ポップも、大人っぽいのも、自由自在なんですよね。
本当に素晴らしい。

そして、あまりに昔の連載で、本当にすみません。
思い出していただいて、また旅におつき合いいただけたら、これに勝る歓びはありません。
あ、出会いも、再会も、それに別れもね(笑)

コメントありがとうございました。
2016.04.27 18:40 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1233-cfb5ef97