scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

ジンジャーエール

日本のように街をひと回りすれば美味しいものを買えるわけではないので、こちらにきてからいろいろと手作りをするようになったのです。

そして夏の家仕事といったら果実のシロップだったんですけれど。今年から今まで行っていた有機農家が土曜日は営業しなくなってしまったので、いちごやラズベリー、ブルーベリーの大量購入は出来なくなりました。それで代わりにいろいろと試しているのです。その一つが自家製ジンジャーエールです。

ジンジャーエール

やってみようかなと思ったのは、実は数ヶ月前までスーパーで買えるショウガは中国産だったのが、タイ産に変わったこと。まあ日本産があるわけでなし、スイス産なんて考えるだけ無駄なので、とりあえずタイならいいかなと。氣安めですけれど。

で、自家製ジンジャーエールの作り方というのは、何種類もあって、たとえばパン用の酵母をつかって炭酸の部分まで作ってしまう本格的なものもあるんですけれど。

手作り炭酸って、加減を間違えるとふたを開けた途端、振りまくったシャンパンみたいになってしまうこともあるので、私は「ジンジャーエールの素」をつくり、飲むときに炭酸水で割るタイプを採用しました。

で、作り方ですけれど、ざっくりいうと「薄切りショウガと同量の砂糖を寝かせて水分をだし、水とスパイスを加えて煮たものを漉す」わけです。このやり方自体は、果実のシロップとほとんど同じなので、とくに目新しいものはありませんでした。

(興味のある方は、ネットにいろいろとレシピが載っていますよ〜)

ジンジャーエール

出来上がったのがこちら。私はショウガの皮も使い、さらに砂糖はすべて非精製糖(白砂糖でないもの)を使っているので色は濃いです。でも、この砂糖のさまざまなミネラル類が複雑な味わいを出すらしく、美味しいと思うんです。

割るのは炭酸水ですけれど、甘いのが苦手の方はスパークリングウォーターでもOK。また、これをお湯で割ってもなかなか美味しいです。紅茶に混ぜれば風邪をひいた時のショウガ紅茶にもなります。

問題はですね。今年初めて作ったんですけれど、とんでもない人氣なんですよ。連れ合いの工場兼店舗に持っていくと、彼と客(というか冷やかしの常連)が数日で空けちゃうんです。これは大人も子供も飲めますし、アルコールほど「飲ませてくれ」というハードルが高くないらしく……。

というわけで、なくなってはまたショウガを買ってきて作っています。

関連記事 (Category: 美味しい話)
  0 trackback
Category : 美味しい話

Comment

says...
売ってるペットボトルのジンジャーエールはあまり好きじゃないけれど
こうやって生の生姜で作るとおいしそうですね
割って飲む分には果物よりいいのかも?
問題が大人気なことなんて自虐風自慢!?

それと瓶の上の方の細くなった部分がやたら長いのが気になりました
2016.05.16 13:28 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

日本にある市販のはカ○ダド○イでしょうか。
こちらではシュ○ェッ○スのものが多いですけれど、個人的には手作りの方が美味しいです。
まあ、なんで割るかにもよりけりですけれど。

自虐風自慢でなく、完璧な自慢です(キリッ)
っていうのは冗談ですが、あれですよ。せっかくかなりの時間かけて作っても1日で空けられたりするとちょっと。

あの細長い瓶は、もともとシュナップスが入っていたんです。背が高くてたくさん入っているように見えますが、となりのウィスキーの空き瓶は500mlも入るのに、この瓶は200mlしか入らないんです。たぶんそれで少ないイメージを持たせないために首が長いのかも(笑)

コメントありがとうございました。
2016.05.16 18:15 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
ジンジャエール自分で作っているんですね!すごい!
私はすぐ市販のものに走ってしまうんで、手作りされてる方みると尊敬します。
手作りのほうが色んな添加物とかなくて体に良さそうですし、やってみたいと思うんですが、続きません(-_-;)
ダメですね……すぐ楽な方へいってしまう…。

ジンジャエール、数日でなくなってしまうとはすごい人気!おおう…美味しそうです(*´ω`*)私も飲んでみたい♪
これから夏になりますしね。炭酸はほしくなります(*´∀`*)
2016.05.17 12:36 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

東京に住んでいた頃は、私も手作りなんてほとんどしませんでしたよ!
日本はとても便利ですから、体に良くて美味しいものが簡単にお手頃価格で手に入るのですもの。
でも、こちらに来てからは、そうはいかなくなって「なけりゃ作れ」的になりました(笑)

シロップづくりは、もともと義母の妹が教えてくれたニワトコの花のシロップに始まります。
それからイチゴジャムとシロップ、ラズベリージャムとシロップというふうに、季節の手作り品が増えていき、最近は作ることが当然のように期待されていたりします。でも、こちらでも若い方は手作りをしなくなって来ているんだと、義母の世代の方はよく嘆いています。共働きでそんな時間がなくなって来ているんでしょうけれど、せっかく古い世代から伝わっていることだから、異国から来た嫁ですが、ちょっとは引き継いでみようかな、なんて。

炭酸、ネットで調べたら重曹とクエン酸で簡単にできるみたい。今度トライしてみようかなと思っています。
重い瓶を買って帰ることから解放されるなら、という魂胆です(笑)

コメントありがとうございました。
2016.05.17 18:28 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
そう言えば、居酒屋さんなんかに「自家製ジンジャーエール」ってメニューがあったりするけど、こんなふうに作ってるんだ。確かに、自分好みの味に仕上げるのはいいですよね。でも、どちらかというと、夕さんに作ってもらって味わいたい「君作る人、僕食べる人」の世界だな。わ、古い?)。
2016.05.18 18:37 | URL | #nLQskDKw [edit]
says...
こんばんは。

ジンジャーエールの世界も奥深いみたいです。
本来はもっと発酵させてお酒っぽくするんだろうけれど、我が家はお子ちゃまバージョンで。
「君作る人、僕食べる人」って、古かったっけ、と思った時点で終わっているなあ、私も(笑)

よかったら我が家に遊びにいらしてくださいね。
シロップ飲み較べもできますよ〜。

コメントありがとうございました。
2016.05.18 21:26 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1270-6a552f5e