scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

久しぶりのテット・ド・モワン

今日はスイスのチーズの話。

買い物に行ったら、とあるチーズがお買い得になっていたので買いました。

これです。
テット・ド・モワン

これはテット・ド・モワン(Tête de moine = 修道士の頭)という名前のチーズです。フランス語圏のベルレー(Bellelay)で最初に作られたセミハード系のナチュラルチーズで、削る専用器具、ジロル(Girolle)が必要です。

チーズをジロルにセットして、上のハンドルをまわすと、薄く削られたものが丸まって、この下の写真のようにカーネーションのような形になるんですね。

テット・ド・モワン

味はさほどクセのない食べやすい味ですし、このビジュアルが珍しくて好評なので日本からのお客様がある時はたいてい買って披露するんです。でも、量がありますし値段もお高いので普段買うことは珍しいです。安かったから久しぶりに買ってしまいました。(ここに見えているような量で、スイスでは定価が1000円から1500円くらいですね。日本で同じ物を買おうとすると3500円か4000円くらいするそうです)

なぜ「修道士の頭」というのかというと、あれですよ。ザビエルの頭みたいだからです。そう見えますか?

関連記事 (Category: 美味しい話)
  0 trackback
Category : 美味しい話

Comment

says...
 旨そう。これ、エメンタールでやったらどないでしょ。でもって軽く焙ると・・・解けて一緒か(笑
 しかしスイスはチーズが安くて良いですな。ま、他の物価はお高いようですが。いや、給料も高いから平気かなぁ。
2016.07.16 07:59 | URL | #eRuZ.D2c [edit]
says...
ああ、見えます、ザビエルの頭(笑)
修道士って、みんなああいう頭なのですね。(あれは、自然な成り行き?それとも剃ってる?)

そしてフワフワに削られたチーズがおいしそう^^
ジロルというのも初めて見ました。
これは目新しくて日本からの客は喜びますね。

明日になったら全部の名前を忘れてそうですが、ザビエルとカーネーションは覚えていそう^^
2016.07.16 18:22 | URL | #GCA3nAmE [edit]
says...
こんばんは。

エメンタールは難しいでしょうね。穴があいていますし、ちょっと密度が足りないんじゃないかしら。
むしろグリュイエールですかね。
でも、このテット・ド・モワンじゃないとサイズが合わないんだろうな。

あぶればどのナチュラルチーズも溶けますって(笑)

ナチュラルチーズは、安いとは言いませんけれど、高くもないですね。
プロセスチーズは(虐げられてますが、あるんですよ)日本の方が安いかも。

ビッグマック指数などでいうとスイスの物価は高そうですが、普段買う食品はそこまで高くないかな。
外食は高い。サービスも高い。通販の送料がタダとか普通じゃないですし、医者とか眼鏡とかも日本の10倍くらいかかるかも。
衣類は、う〜ん、安いものもありますがクオリティが悪すぎますね。まともなものはそれよりゼロが二つくらい多くなります。

給料が高いというのは、ある意味真実ですが、ある意味間違いかなあ。許せないほど高い報酬をもらっている人たちが異様にいっぱいいて、平均を押し上げていると考えていただくと。まあ、それを除いても日本の搾取されている労働者たちよりは人間的に働けているようには思います。

コメントありがとうございました。
2016.07.16 21:26 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

あ、こちらにもありがとうございます。

修道士ってなぜかああなんですね。
でもお武家さまの月代みたいに青くないから、剃っているわけじゃないのかな。
最近の修道士はああじゃない人もいますから、昔は剃っていたのかな? 謎です。

このチーズは、おいしいです。
ナチュラルチーズって苦手な方がいらっしゃるじゃないですか。
でも、これはたいていの方が大丈夫です。
そして、この見かけは珍しくて本当に嬉しいですよね。

ここで知って、わざわざジロルを持って帰られた方もいらっしゃるんですよ。
で、百貨店でチーズを発見したら、この倍のサイズだったらしいんですが7000円だったんですって。

> 明日になったら全部の名前を忘れてそうですが、ザビエルとカーネーションは覚えていそう^^

忘れても問題なしです。「ザビエル頭のチーズがカーネーションみたいになって」ですべてのスイス人が「ああ、あれね」とわかるはずですから(笑)

コメントありがとうございました。
2016.07.16 21:56 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
頭を削るとお花が咲くだなんて面白いです
あと、日本のチーズは高すぎです><
2016.07.17 02:21 | URL | #- [edit]
says...
チーズ大好き人間です!!
ブルーチーズ、モッツァレラチーズ等いろいろありますが一番好きなのはカマンベールチーズですね。
このテット・ド・モワンはどのようにして食されるのでしょうか?
ビスケットにのせるとかハイジみたいに溶かしてパンにのせるとかですかね?
あ~、チーズ食べたくなってきましたよ~!!
2016.07.17 03:24 | URL | #- [edit]
says...
おお==チーズ。
おいしそうですね。。。
私はチーズとくれば、酒の肴にしかならないので風情がないのですが。
こういうチーズも食べてみたいですね~~。
美味しそうな画像をありがとうございますです。
2016.07.17 04:52 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

面白いでしょう?
このチーズは、ほんとうにウケますよ。

あ、こっちもスシは高すぎです。
あの値段なら日本だったら銀座の寿司屋に行ける ><

コメントありがうございました。
2016.07.17 17:50 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

おお、たらこさんもチーズ、お好きでしたか!

スイスのチーズはざっくりと分けるとハード系と生系なんですけれど、ドイツ語圏にはハード系、フランス語圏はソフト系がよく売れるみたいです。
カマンベールに近い感じのトンメというチーズがあるんですけれど、おいしいですよ!

テット・ド・モワンは普通そのまま食べます。
溶かすなんてとんでもない!
基本的に溶かすチーズは冬の食べ物で、テット・ド・モワンは夏に食べますね。

こちらチーズ食べ放題です!
チーズ売場が日本のスーパーで言うと魚売場のように広いんですよ。

コメントありがとうございました。
2016.07.17 17:54 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

あ、蓮さんは高いチーズを高級ワインと嗜んでいるイメージあります!

チーズにワインはつきものですよね。
こちらは白にも赤にも合いますよ。
どっちかというと白かなあ。

コメントありがとうございました。
2016.07.17 17:56 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1295-01a9dde5