scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

【キャラクター紹介】エレオノーラ・デ・トリネア

久しぶりのキャラクター紹介の記事です。発表済みの作品や、まだ発表していない作品のキャラクターをちょこちょこっと紹介して、作品に親しみを持ってもらおうかな、という姑息な企画の第4回目。

今回はまだ作品に登場したことのない女性です。でも、近いうちに(って今週ですが)スピンオフの中でフライング的に登場するので、特別に描いていただいたイラストのお披露目を兼ねての紹介します。


【基本情報】
 作品群: 「森の詩 Cantum Silvae」シリーズ
 名前: エレオノーラ・デ・トリネア (Eleonora de Trinea)
 居住地: トリネア侯国の港町トリネア
 年齢: 「森の詩 Cantum Silvae - トリネアの真珠」(未発表)では19歳。
 身分: トリネア侯国第一候女

* * *


エレオノーラは、センヴリ王国(モデルはイタリア)に属するトリネア侯国の第一候女です。本来ならば深窓のお姫様でしかるべきなのですが、事情があってとても残念なことになってしまっているじゃじゃ馬姫です。

彼女は、伝説の《男姫》ヴィラーゴ ジュリアにひどく憧れていて、男装で出歩くときのはその男性形であるジューリオと名乗るほどです。馬に乗ったり、剣術などは「そこら辺の男どもには負けない」と自負しているのですが、ダンスをしたり詩を暗唱したりするのは苦手です。

男装のエレオノーラ
このイラストの著作権はうたかたまほろさんにあります。無断転用は固くお断りします。

彼女は一年前に兄をなくしています。侯国を担うにふさわしい跡継ぎと誰からも敬愛されていた兄が突如死去したことで、ただのじゃじゃ馬姫は、トリネア侯国の世継ぎとなってしまいました。

彼女は数年前にグランドロン国王レオポルド二世との縁談がありましたが、話が出たばかりの時に、あっさりと断られています。本来ならばトリネア候が激怒してもおかしくない扱いでしたが、エレオノーラはとても候女として人前に出せる振舞いができないので、候はほっとして話を大きくしませんでした。

上の麗しいイラストは、わたしのリアルの友人でもあるうたかたまほろさんが描きおろしてくれた男装姿のエレオノーラです。ああ、なんて素敵なのかしら。嬉しい~。

そして、この下のプロモーション動画で使われているたくさんのイラストも、まほろさんによります。本編の方は、え~と、もう少しお待ちくださいね。(全然書けていません)



【参考】
「森の詩 Cantum Silvae - 貴婦人の十字架」を読む森の詩 Cantum Silvae - 貴婦人の十字架
あらすじと登場人物
関連記事 (Category: 構想・テーマ・キャラクター)
  0 trackback
Category : 構想・テーマ・キャラクター
Tag : キャラクター紹介 いただきもの

Comment

says...
夕さんの中で、新たな物語がどんどん生まれて、完成しつつあるんですね。
このイラストも、紹介のあらすじにぴったりで、とても素敵。
リアルでこんなお友達がいてうらやましい限りです。
PVの雰囲気にもばっちりですもんね!(何度見てもカッコいい><)
また、新しい章が始まるのを楽しみにしています^^
2016.08.15 22:55 | URL | #GCA3nAmE [edit]
says...
わ~ぃ!こういうキャラは大好きです!
「トリネアの真珠」というタイトルに惹かれます。エレオノーラを表しているのでしょうか?
第一候女と言う立場も素敵ですが、男装の麗人という設定もグッときますね。
まるでサファイヤ姫のよう。でもこの例えは相当古いですね。
ディランとの接点はあるのでしょうか?
スピンオフの登場を待っています。
ワクワク!
2016.08.16 11:25 | URL | #0t8Ai07g [edit]
says...
PVでも気になっていたのですが、エレオノーラ候女は深窓の令嬢のような容姿でありながら、「残念」なことになっているという、なかなか美味しいキャラのようですね。
レオポルド陛下とそういう話があったというところをみると、この先にもそういう展開を期待してしまいますが……って、なんか前にもこんなこと書いたような気がする。ま、いっか。
スピンオフ小説、明日の投稿、でしょうか? 楽しみにお待ちします。
2016.08.16 15:19 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
こんばんは。

どんどんできて動くんですが、完成にはほど遠いです。
まずい。本当にちゃんと執筆しないと。

このイラストも含めて、うたかたまほろさんには、新キャラ三人分のイラストを描いていただいているんです。
もう、本当に頭が上がりません。イメージにぴったりなんですよ。
残りの二人も、そのうちにご紹介したいと思うのですが……。

そして、新しい章ではないのですが、明日、limeさんのリクエスト掌編で、このエレオノーラも出てきます。
彼女は脇役なんですけれど。

そちらも読んでいただけると嬉しいです。

コメントありがとうございました。
2016.08.16 21:10 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こちらにもありがとうございます。

あ、サキさんがお好きなタイプでしたか。
実は、本当に「残念」なお姫様なんですけれど、このイラストだと素敵に見える(笑)

「トリネアの真珠」は例によっていくつかの掛詞ですね。
エレオノーラ……真珠になれるのかしら。
ラウラと一つ違いなんですが、えらく違うんですよね〜。

でも、サキさんったら、よくサファイア姫なんてご存知でしたね!
私はその存在も忘れていました。
でも、あんなかわいい子じゃないなあ(笑)

本編では、レオポルドとの絡みはばっちりありますが、明日発表の掌編ではレオポルドたちは出てきませんよ。

あ、あとですね。
本当に申し訳ないのですが、私の勘違いで違う名前を広めちゃったんです。
「ディラン」じゃなくて「デュラン」だったのです。なぜ自分で間違えた……。
で、自分の所は全部書き直したんですけれど、もう皆さんの作品の中の方はあきらめて、ごめんなさいしちゃおうと思っています。本当にすみません。

というわけで、次回その名前が出て来る時は「デュラン」と書きますけれど、許してくださいね。

コメントありがとうございました。
2016.08.16 21:30 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

このシリーズ、本当に正統的ヒロインがいませんよね。
父親ですらかばいきれない「残念」さを持つエレオノーラ。一応TOM-Fさんの予想通りヒロインなんです。

隠してもしかたないので開示しちゃいますが、「トリネアの真珠」は、レオポルドとエレオノーラの縁談が一つの柱になっているんです。まあ、いわゆる恋愛譚ではないことは、もう予想できたかと思いますけれど(笑)

スピンオフは明日です。
TOM-Fさんもおなじみのあるキャラが中心になっています。そして、エレオノーラも出てきますよ。
読んでいただけると嬉しいです。

コメントありがとうございました。
2016.08.16 21:36 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
おお、正統派のお姫様!!??
・・・と思いきや、ちょっとひねているお姫様なのですね。

こうやってキャラクターを先行させて発表するのもいいですよね~~。
物語が徐々に夕さんの中で出来上がっているのでしょうね~~。
また楽しみにお待ちしております。
(´▽`*)
2016.08.20 05:24 | URL | #- [edit]
says...
こちらにもありがとうございます。

ええ、全然正統派ではなく、「ダメな姫君」なんです。

このシリーズは、既に発表しているキャラもしくはまだ未発表のキャラ、どちらも出しています。
選択は適当ですね。
キャラクターそのものがストーリーを左右する場合はネタバレになりますが
この場合はそうでもないので、興味を持っていただくつもりで登場させました。

待っていただけて嬉しいです。あ、頑張らねば。

コメントありがとうございました。
2016.08.20 21:35 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1309-9a877d8b