scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

芝生のお手入れ

羊たち

日本と違って、スイスでは雑草がボウボウ生えているという光景はあまり見ません。ないわけではないんですが、氣がつくときれいに刈られています。

例えば公道でも数週間に一度芝刈りの車が通って刈っていきます。でも、すぐに回収しません。しばらく放置して乾かしています。そうなんです。刈った草は干し草にして家畜の冬のご飯にするんですね。

そういうわけで、わざわざ生やしてから一斉に刈り取るときもありますが、果樹園などそう簡単には刈り取れない所もあって、そんな時は夏の動物たちのレストランとなるわけです。

果樹の方も家畜の糞が肥料になるので一石二鳥。有機農法になるわけです。

ここのところ毎朝みかけるこの三頭の羊たち。キュートなので停まって眺めてしまいます。


関連記事 (Category: 美しいスイス)
  0 trackback
Category : 美しいスイス

Comment

says...
とても理にかなったサイクルですよね。
自然の恵みで育っていく家畜たち。

この羊たちも、放牧されてる羊なんですよね。柵があるのかな?
(ノラ羊とか、野生の羊とかは、いないですよね^^;)
可愛くて、じっと見入っちゃうの分かります。

さあ、無駄に生えまくってる我が家の庭の雑草・・・。
頭が痛いです><

2016.09.05 23:09 | URL | #GCA3nAmE [edit]
says...
こんばんは。

こういう果樹の所に限らず、東京や大阪などでは考えられないような贅沢な土地の使い方をしていて、いまだに三圃式農法なんですよね。だから3年に1回は、牛がのんびりと草を食み、糞を落としていくのが見られます。

羊、山羊、牛、馬のいる所には、一応、出歩かないように杭が打ってあってそこから紐で囲っています。まあ、本氣で脱走しようとすればいくらでも逃げられるような感じですけれど、いなくならないみたいですね。

野生の山羊や牛の仲間は、高山に住んでいます。この辺りの野生動物は狐や鹿ですね。

あ、雑草、時々、個人のお宅の庭にも羊や山羊を使って食べてもらったりしていますよ。
日本でも、そういうシステムがあるといいのでしょうけれどね。
それに、お掃除ロボットと同じようなシステムで、芝刈りロボットも時々見かけます。
日本では、それは受け入れられそうだけれど、どうなんだろう?

コメントありがとうございました。

2016.09.06 21:47 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
我が家の雑草はぼ~ぼ~ですなあ。。。
まあ、暑さが引いたころに草刈りはするつもりはいるのですけど。
リサイクルで回っているのがいいですね。
草をちゃんとエサとして利用するのも。
ウチは燃えるゴミに出しているからなあ。。。

羊が可愛いですね。
(/・ω・)/
2016.09.10 03:08 | URL | #- [edit]
says...
こちらにもありがとうございます。

あはははは、日本の真夏に草取りは酷ですよね。
それにこの時期の草の成長ってものすごく早かった記憶が。

高速道路の道端の草も全部きれいに刈っています。
それもちゃんと干し草として活用しているようです。
でも、排気ガス込みかも。

この羊、かわいいですよね。顔が黒い羊、好きです。

コメントありがとうございました
2016.09.10 20:37 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1320-7ee4f2e5