scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

「ひぐらしのなく頃に 奏」

今日は音楽の話。この秋に発売された作品を買いました。



このブログによくいらっしゃっている方は、私がゲームやアニメに弱いことをよくご存知だと思います。もともとアニメに限らず映像作品をあまり観ない、テレビも観ないのですけれど、スイスに移住してからさらに何も観なくなって、日本のある程度の年齢の人間であれば観たことはなくても知っていて当然だという作品のことも何も知りません。

にもかかわらず、いきなり某ゲーム&アニメ作品の関連音楽の話をすることになったのは、ひとえに演奏者が知り合いだからです。

「ひぐらしのなく頃に」はもともとコンピュータゲームで、その後にテレビアニメにもなった作品のようですが、その音楽を弦楽四重奏とピアノで演奏した作品がこの秋にリリースされたのです。

このピアニストが、私の高校の先輩である栗原正和氏。同じ合唱部に一年間所属していたのですが、当時からピアノのウルトラ上手な憧れの先輩でした。(私が「ピアノを弾くいい男」を作品に登場させるようになったのは、この方への憧れに遠因があるのですよ)

今はプロのピアニストとして大変ご活躍なのですが、いわゆるクラッシックの演奏活動の他に、こうした少し変わった試みにも積極的に挑戦する方なのです。

で、CDの発売されたのが私が日本にいた時と前後していたのですが、iTunesからもダウンロードできるというのでダウンロード版で購入しました。

原作は私の苦手なホラー系の作品ということなんですが、音楽の方は全くそんな感じはなく、とても美しい旋律です。それも日本の自然のように、光や樹木、水、風といったものを感じさせて、思考を邪魔しない心地いい音楽です。

原作をご覧の方は、私のような感想や聴き方はしないでしょうけれど、私はまた例によって、自分の創作を妄想する時のBGMにしてしまいそうです。実際にそうやって使うのがぴったり来る系統の音楽です。

iTunesでは試聴も可能ですから、興味を持たれた方はぜひどうぞ。
関連記事 (Category: BGM / 音楽の話)
  0 trackback
Category : BGM / 音楽の話

Comment

says...
違うブログに来たかと思いましたw
私にはおはぎに針が入っていそうに聞こえましたです

それはいいとしてこの方が夕さんの初恋(?)の方なんですね///
ホームページを見てみました
当時からこんなオシャレな雰囲気だったんですか?
2016.12.10 13:43 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

あはははは。ダメ子さんは、タイトルだけですぐにおわかりになったのですね。
やっぱり有名なゲーム&アニメなのかな。

そして、ええっ、おはぎに針? と思ってググりました(笑)
ああ、そう言うお話なんだ……、ホラーっていうより、そっちの怖さ?
なんだかよくわかんないけれど、ますます原作を観ることはなさそうだな。

でも、知っていたら聴くだけで怖くなりますね。
いい曲だと思うけれど。

そして、この方にお逢いしたのは高校のときなので、さすがに初恋ってことはないです(笑)
もう50歳過ぎていらっしゃるのに、なんか十代の頃からほとんど変わらないなあ。
なに食べていらっしゃるんだろう? (そういう問題かしら)

コメントありがとうございました。
2016.12.10 21:23 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
オヤシロさまの祟りが、ついに海を渡っちゃいましたか……。

何を隠そう、私は聖地巡礼をするほどの「ひぐらし」ファンでして。でもまあ、万人におススメできるゲームでないことはたしかですね。あのシナリオ、全部クリアしても、ちょっとトラウマ残るし。
でも、「目明し編」以降の音楽は、たしかにいいんですよね。こんなCDが出ていたとは、知らなかったなぁ。不覚orz

それにしても、まさか演奏者がお知り合いとは。
あ、もしやクラシック音楽に造詣が深いのも、この方の影響とか?
2016.12.13 11:44 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
こんばんは。

なんとTOM-Fさんのフィールドでしたか!
なんか、絵柄はあんなに可愛いのに、聞けば聞く程怖そうな作品だこと(笑)
トラウマとは。
でも、TOM-Fさんは聖地巡礼するくらいハマっちゃったんですね?
今度語ってください!

で、原作もお好きなら、ぜひ一度、こちらの作品も試聴して、よかったらご購入くださいませ〜(営業モード・笑)

栗原氏は、去年「ヴィオラ組曲・スイス」という作品の伴奏もしていらして、私はそのことについても別ブログで書いたりしているんです。
http://www.swissinfo.ch/jpn/ブログ-もっと知りたい-スイス生活-_-開放感と-人生に対する肯定感を音に乗せて----ヴィオラ組曲-スイス-/41609258

そして、私がクラッシック音楽ばかり聴いていたのは、そもそも親がクラッシックの音楽家だったからで、普通の歌謡曲は家庭内で禁止されていたからですよ〜。今は誰も何も禁止しないけれど、いまだにクラッシック系が多いですねぇ。でも、造詣は深くないですorz

コメントありがとうございました。
2016.12.13 21:50 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1363-43202949