FC2ブログ

scribo ergo sum もの書き・八少女 夕のブログ Since March 2012


Posted by 八少女 夕

スイスで運転 -3- ナンバーの話

自動車の運転の話の続きです。今日は、走行中に見かける他の車の持ち主についての考察です。

走っている車がどこから来たのかナンバーを見ればわかるのは日本と同じです。まあ、日本だと日本以外国のナンバーが走っていることはものすごく少ないと思いますが、陸続きの国なのでこちらは国際色豊かです。

私の住んでいる地域、つまり私がよく運転する道のあるところは、アルプス山脈を突っ切ってイタリアへ行くルートにあたります。州のナンバーの車も多いですが、外から来るナンバーもたくさん見かけます。スイスは四国よりも少し大きいぐらいの小さい国ですから、隣国から、もしくは隣国へのルートとして通る車両も多いのです。

こちらはスイスの車のナンバーの一例です。画像はWikimedia Commonsのものです。左のマークからこれはスイスの車で「GR」とあるのが州の略称です。これは私の住んでいるグラウビュンデン州の車。「3」なんて一桁のナンバーは、州の公用車ですね。

Autokennzeichen GR 3
By upload by Adrian Michael (Own work) via Wikimedia Commons

ナンバーは、日本と違って車に所属しているのではなく所有者に所属しています。つまり自動車運転免許の保持車で且つ自家用車を運転する私に専用のナンバーがあり、それは車を買い換えてもずっと自分のものです。そして、ナンバーは相続もできるのです。たとえば「12345」のようなレアな番号だと高いお金を払っても相続する人が多いと思います。四桁ナンバーはちょっとしたステータスです。三桁になるともっとレアですね。

KFZmod
By LuisCosta (Own work) via Wikimedia Commons

こちらはヨーロッパ連合のナンバー。左のブルーと星のマークが共通で、その下に国の印がついています。「D」はドイツの車両です。ドイツ、イタリアの車はよく見かけます。オーストリアやフランスもそこそこいます。オランダや英国ナンバーとなるとぐっと少なくなりますが、夏休みシーズンにはたまに「これはどこだっけ。あ、リトアニアだ!」なんてのも走っています。

まだナンバーを見る前に「これは〇〇の車だ」と予想もします。それぞれ特徴があるんですよ。スイスの車でもやたらと急いでいるのはチューリヒのナンバーが多いです。

危険な追い越しをするくせに、うまくカーブを曲がれないので山道で追いつかれてしまうのはドイツの車に多かったりします。イタリアの車は追い越しに命をかけているタイプと、なぜかウルトラ遅い車にきっかりと別れています。後ろから観察していると同乗者と身振り手振りを交えながら喋りまくっているのが遅いようです。イタリア人らしいでしょう?

関連記事 (Category: 生活のあれこれ)
  0 trackback
Category : 生活のあれこれ
Tag : 運転の話

Comment

says...
 日本も似たり寄ったりですって。某北関東の海のある県、R294を北上していますと、物凄いドン亀車発見。わたくしが時速【自主規制】kmで抜きますと、更にそのわたくしの車を一瞬でぶっちぎって行く車ががが。あのー、こちとら時速【自主規制」kmも出てるんですけど・・・。まあ、スピードガンで計るまでもなく、時速100km以上は余裕で出てますね。あらら、そんな事言ってたらまた抜かれてしまったがや・・・。何度も言います。わたくしの車の速度は時速【自主規制」kmです。間違っても、おまわりさんとは遭遇したくない速度なのであります(笑
2017.12.17 13:52 | URL | #eRuZ.D2c [edit]
says...
いろんなナンバーがあるんですね
カラフルで面白いです

危険な追い越しをする上にカーブで曲がれないってドイツの車こわい…
ドイツ人もハンドルを握ると性格が変わるんでしょうか…
2017.12.17 14:10 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

時速【自主規制】kmですか(笑)
自分が上限ギリギリ(って事にしておきましょう、一応)の時に抜かされると、やはりこころの中で突っ込みますよね。

本日、上限80キロのところを60で走る亀イタリアンがいたので、追い越したところ女如きに抜かされたのが癇に障ったのか、ぴったりついてこられました。でも、クルマの馬力が足りなかったんですかね、最後の急勾配から急にいなくなりました。

こちらはおまわりさんがピンポイントで狙うところを知っていますが、あちらはおそらくそれを知らずに必死で必死で追いかけてくると、「御高い違反切符を切られちゃいますよ〜」とぶつぶつ言いながら運転していました。

お互いに安全運転を心がけましょうね。(棒読み……じゃないですよ)

コメントありがとうございました。
2017.12.17 19:35 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
こんばんは。

基本的に自国語で書くと読めない人が多くなるので、可能な限り記号で表現するようです。
スイスのナンバーの右が州のワッペンです。これがいろいろとカラフルなのですよ。

件のドイツ車はカーブを曲がれないわけではないのですが、九十九折りの道に慣れていないのでかなりスピードを落とすのです。
そこでトロい私にまで追いつかれてしまうのですね。
そもそもドイツのアウトバーンと違ってスイスの道は全体的に狭くて「一車線のみ追い越し禁止」の箇所も多く、無理に追い越しても大して先には進めないのです。

ハンドル握ると人が変わるのは……国籍限らずですかね(笑)

コメントありがとうございました。
2017.12.17 19:54 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
え、クルマのナンバーが、所有者に所属しているんですか。
それはちょっと驚きですねぇ。一人で複数台のクルマを持つ場合って、どうなるんですか?

ナンバープレートも様々ですが、これ、スイスはスイス様式のナンバーで、その他のEU諸国はEU共通の様式のナンバーを付けている、ということでしょうか。
うむう、クルマのナンバーひとつでも、国によってずいぶん違いますね。

ドイツとイタリアの運転の違いも、面白いです。
日本でも県民性があるようで、せかせかと運転する県と、制限速度厳守の県があるようです。もちろん個人差はありますけど。
そうそう、関東に住んでいたころに、よく東〇自動車道や常〇自動車道を走りましたが、この道って制限速度がないんじゃないの、って思うことがしばしばありましたね。
日本では、ドイツ車もイタリア車も、みんな「追い越し命」って感じですね(偏見w)
2017.12.19 10:55 | URL | #V5TnqLKM [edit]
says...
こんばんは。

そうなんですよ。車を変えてもナンバーは変わらないんです。
そしてですね。自分で取り替えられるようになっているんです。一つのナンバーで二台まで登録できるようになっていて、「今日はマ●ラッティで行こう」というときは、ポル○ェについていたナンバーを外して付け替える、ということが可能なわけです。
ただし、ナンバーは一つなので、家に二台あってもナンバーが一つだと、夫が車で出かけたら、家にもう一台あっても妻は買い物にいけない、ということになるので、運転手が二人いる時はナンバーも二つにする場合が多いですね。ちなみに一家に四台あったらナンバーは二つとかありです。私? もちろん一台ですよ(笑)

ナンバープレートでもわかるかと思いますが、スイスはヨーロッパ連合に入っていないんです。
周り中、みんなヨーロッパ連合で通貨もユーロですが、「ここだけ違う」ことがけっこうあるんです。アマ●ンで注文しても届けてもらえない商品とか多いし。

日本の速度制限って、ちょっと不思議ですよね。
あんなに超過しても、捕まるかどうかはかなり運に関係があるという(笑)
速すぎる車はほぼ確実にどこかで捕まります。私もこの間うっかりしていて写真撮られました。運転15年目で初罰金でした。

ナンバーの国の違いも面白いですが、車種の違いも面白いですね。
同じスポーツカーでもイタリア車とドイツ車では走り方がちょっと違ったりします。どっちも速く行きたがるのは一緒ですが。

コメントありがとうございました。
2017.12.19 21:27 | URL | #9yMhI49k [edit]
says...
へえ。
やっぱり、日本とは違うのですねえ。。。
海外のナンバーは初めて見たので勉強になります。

ナンバーが相続できるのは良いですね。
私も今の車を10年ぐらい使ってますから、
今頃変えたらまた忘れそう。。。
2017.12.20 22:42 | URL | #- [edit]
says...
こんばんは。

ここにあるナンバーは比較的新しいモノですので、どこの国のどこから来たのかがわかりやすくできています。
ここまで国際化する前は、それにヨーロッパ連合ができる前は、何が何だかわからないバラバラのナンバーで、今でも時々その古いナンバーできている車を見かけます。連れ合いは「お。懐かしい」なんて言っていますけれど。

そうそう、ナンバー、車と一緒に変わらないので、覚えているのが当然なんですよね。
いつもとっさにナンバーが言えないわたしって(笑)

コメントありがとうございました。
2017.12.21 21:01 | URL | #9yMhI49k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://yaotomeyu.blog.fc2.com/tb.php/1502-cbe6a50a